やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

恋愛と売春はなにが違うのか?

 ささやかな疑問から始めよう。

 ゲーテファウスト』におけるマルガレーテは、通常は敬虔な女性と見做されている。罪を犯しつつも、深い悔悛によって天上界へと救済されるばかりでなく、その聖なる祈りによってファウストの魂をも救う。だが彼女をめぐる罪と赦しの壮大なドラマの脇で、一見どうということもないシーンが、彼女の敬虔さにかすかな疑問の影を落としている。

 それは第一部の中ほど、メフィストフェレスが主人に代ってマルガレーテを誘惑するシーンである。悪魔が彼女の気を惹くために使ったのは宝石箱だった。効果はあり、マルガレーテは、このような素敵な贈り物をしてくれるのはいずれの紳士であろうか、と想いを馳せたのだった。

 

 かわいいマルガレーテは、口のはしをっちょっぴりつりあげて、こんなふうに思った。

 諺にも、貰った馬の歯並みのよしあしはいわぬがよいということがある。

 それに、親切にこんなりっぱな品をわざわざ持ってきてくだすった方が、神にそむくようなひとであるはずがない。

 (手塚富雄訳『ファウスト』昭和五十七年、中央公論社

 

 かくしてファウストはマルガレーテの誘惑の契機を掴むのである。

 それにしても「こんなりっぱな品をわざわざ持ってきてくだすった方が、神にそむくようなひとであるはずがない」というのは、彼女の欺瞞を示すセリフなのだろうか? 案外、信仰心と富の享受が、彼女のなかでは矛盾なく同居していたのではないかとも思える。

 

f:id:visco110:20180628172526j:plain

 ドラクロワ「マルガレーテを誘惑しようとするファウスト」(1828)

 

 我々はたいてい、金銭を用いて異性を口説くことは純粋な恋愛ではないと感じる。

 たとえば将来を誓った若く貧しい同郷の男女がいて、女が金持ちの後妻だとか妾になるという近代以降に膨大に書かれた物語では、とくに説明がなければ金持ちと女には情愛はないものとされる。

 だがおかしくはないだろうか。一方は同郷の貧しい青年、一方は金持ちというだけで、なぜ青年のほうを愛しているということにほぼ決まっているのか。

 近代以降、なにか金銭が介入すると本物の愛とは思われない、そういう観念を我々は抱いているのではないだろうか。

 

f:id:visco110:20180627123642j:plain

 

 *

 

 十三世紀フランスの笑話(ファブリオー)「お蔵番修道士の話」では、修道士が次のように人妻を口説いている。

 

 「神様のお救いがありますように。あなたの愛をわしに下さらんか。もうずっと何年も前から、わしはあなたのお父上の家におられた頃から、あなたが好きじゃった。だがその頃わしは見習い坊主で、子供だったので、知恵も働かなんだ。だが今では、賢明に話すことの出来る年になっている。わしの望みを叶えてくれるなら、このわしはお宝を自由にできる身じゃから、金銭を進ぜよう。いや宝石でも服でもいかほどなりともかまわぬ」

 

 「奥さん、もしあなたに、愛の心でわしを抱いてやろうという気があり、たった一度の口付けでいいんだが、わしを喜ばせてやろうという気になったら……いまここに持っている百朱(スー)を上げよう。そして明日の昼前に、クリュニーの一番金持ちの男の蔵にあるよりももっとたくさんの金銭を進呈しよう」
 (森本英夫他訳『フランス中世艶笑譚』昭五十九年、社会思想社

 

 「あなたのお父上の家におられた頃からあなたが好きじゃった」のあたりがなんともイヤラシい。とはいえ、これは悪魔の所業ではなく、たんなる好色な修道士のふるまいである。おそらくクリュニー修道院の権勢や膨大な蓄財を皮肉っているのだろうが、少し割り引いてもかつての求愛が経済的メリットを率直にアピールすることを恥としなかったことが伺える。

 

f:id:visco110:20180627123703j:plain


 ファブリオーのみならず、西欧中世の民衆小説全般を見渡しても、性欲や物欲と切り離された、純粋な恋愛感情というのはほとんど見出せない。それはトルバドゥールや騎士道小説といった貴族階級のための……つまり幻想や様式美の世界の側にのみ見出されるのである。

 

 そして純愛の雛形である宮廷恋愛がいつ、どのように民衆にまで広まったかというのはドニ・ド・ルージュモンやノルベルト・エリアスジャン・ルイ=フランドラン等の追及した重要なテーマであるが、このブログでは大まかに「最初に中世貴族のなかで、やがて近世-近代になって民衆にも」という程度に把握するに留める。

 

 *

 

 少し話を拡げて考えてみる。

 近代においては、パラン=デュシャトレによる、十九世紀パリの売春婦についての仔細をきわめた調査が名高い。

 彼は売春婦一人ひとりへの綿密な観察や聞き取りはもちろん、警察・刑務所病院等の公式記録、専門家や行政官の証言と、可能なかぎりありとあらゆる資料を収集・吟味し、統計的分析を加えた。その水準は、のちの社会科学的調査を先取りしていたとさえ言われる。

  そうしてパラン=デュシャトレは、当時のパリの売春婦は主として勤労者階級女性による「一時的な就業形態」であると結論づけた。

 彼が調査した売春婦のうち約六割は売春従事年数が四年以下であり、逆に九年以上の売春従事年数を持つ者はわずか二%ほどであった。また彼女らの売春婦になる以前の職業は家内労働者か工場労働者である場合が多かった。
 つまり大半の売春婦は、確たる専業娼婦であるというよりも普通の女性が困窮したさいにやむなく一時的に売春を行い、ほどなく一般職や家庭に帰ってゆく、いわば素人売春だったのである。

 

 パラン=デュシャトレは、働き口の少なさと低賃金こそが、売春の最大の要因だと力説する。「とりわけパリで、そして、おそらくすべての大都市でも、職がないことと、低賃金の必然的な帰結としての貧困ほど、売春の原因として大きいものはない」

 (シャノン・ベル『売春という思想』平成十三年、青弓社。「」内はパラン=デュシャトレ『十九世紀パリの売春』より)

 

  パラン=デュシャトレの調査は非常に重要であると受け止められているため、後の学者による言及が多く、単純な解釈は許されないところがある。だが概して、彼の調査は「社会通念上における売春婦と素人女性とのあいだの垣根を取り払うのを促進した」とはいえるだろう。

 

 このことは、売春がけっして特殊な人による特殊な行為ではないという、今日からみれば当たり前の、しかしなんのかんの言って今日でも多くの人が心の中で線を引いている、その線の根拠を問う。

 これは上で述べたような、想いを誓いあった同郷の馴染みを捨てて金持ちの妾になることがなぜ不埒な行いとされるのか、なぜ「そこに愛はない」とされるのか、という疑問と少なからず重なってくるであろう。純愛観念と娼婦蔑視はコインの裏表であるように思える。

 

f:id:visco110:20180627123728j:plain

  

 *

 

 バーン&ボニー・ブーローによると霊長類のメス(や若いオス)は、餌をもらったお礼や相手の攻撃をかわすために性的サービスを供給する場合があるという(『売春の社会史』平成三年、河出書房新社)。

 これを学術用語では「プレゼンテイション」というらしい。「売春は人類最古の職業」と俗に云われるが、実は売春の歴史は人類より古い、とも云える。

 

 オスがエサを運んでくれる。お礼に(?)セックスをする。それは愛なのか、売春なのか。霊長類のこのような行いに答えを出せるだろうか。出せるとしても、少なくとも彼ら自身はそれを行っているとは思っていない。「愛」や「売春」といった人間独特の概念の世界に彼らは生きていないのだから。

 

f:id:visco110:20180627123803j:plain

 

 少し想像の混ざった話をするのを許していただきたい。
 かつて船乗り matroos といえば現地妻と結びつけて考えられたが、逆に云えば、彼らがただ一人の妻しか持たなかった場合、さまざまな支障が出ることは目に見えている。そしてその船乗りの相手をする港の女たちも、いわゆる娼婦というよりは「彼らの妻」あるいは「彼の妻たち」なのであって、一夫一婦制に馴染んだ我々からは奇異に映るかも知れないが、これは一種の多夫多婦制であり、「彼らの妻たち」というのはとりたてて売春と呼ぶ必要はないように思える。

 

 近年のフェミニズム用語では「性暴力連続体」というのも耳にする。レイプから売春、恋愛、結婚まですべてをひと繋がりの連続体として認識しようという議論だ。これに僕は半ば同意する。

 恋愛や結婚にまで性暴力的なニュアンスを付加することになれば、男が男だというだけで糾弾されるような事態を招きかねないのではないか、という素朴な危惧はあるが、しかし性にまつわるあらゆる行為は連続体であるという認識そのものにはとくに異存はない。

 

 *

 

 他にも傍証として挙げたいものは幾つかあったが(たとえば夜這いや乱交風習、またイラン・エジプトの一時婚について)きりがないので、そろそろ文を締め括ることにする。

 

 恋愛と売春には明確な線引きはない。

 

 素人と娼婦のあいだにも確たる区別はない。

 

 一夫一婦制も絶対ではない。

 

 かくして、現存の恋愛観、売春観、また一夫一婦制的な家庭観を自分なりに相対化してみた。ひとえに、人間本来の性の多様性を認識しようというささやかな試みであったが、充分に説得的たり得たかどうかは読者諸賢の判断に委ねることとする。

 

ファウスト―悲劇 (1971年)

ファウスト―悲劇 (1971年)

フランス中世艶笑譚 (1984年) (現代教養文庫〈1104〉)

フランス中世艶笑譚 (1984年) (現代教養文庫〈1104〉)

十九世紀パリの売春 (りぶらりあ選書)

十九世紀パリの売春 (りぶらりあ選書)

売春という思想 (クリティーク叢書)

売春という思想 (クリティーク叢書)

売春の社会史―古代オリエントから現代まで

売春の社会史―古代オリエントから現代まで