やすだ đŸ˜ēãŗょうたろうぎブログīŧˆäģŽīŧ‰

厉į”°é‹˛å¤Ē郎(ツイッã‚ŋãƒŧã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗト@visco110)ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ã§ã™ã€‚ãƒ–ãƒ­ã‚°åč€ƒæĄˆä¸­ã€‚

įĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļぎためãĢīŧˆæˆ–いはググãŖãĻも救済されãĒかãŖたäēēへぎ三つぎå‡Ļæ–šįŽ‹īŧ‰

 įœŸãŽå‹‡æ°—とは、äģŖæ›ŋæĄˆã‚’æƒŗ像することではãĒく、明įĸēãĢčŋ°ãšã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĒäģŖæ›ŋæĄˆã¯å­˜åœ¨ã—ãĒいというäē‹åŽŸã‹ã‚‰å¸°įĩã™ã‚‹ã“とを受け厚れることである。äģŖæ›ŋæĄˆã¨ã„ã†å¤ĸをいだくことはį†čĢ–įš„æ€č€ƒãŒč‡†į—…であることぎč¨ŧ拠であり、そうしたå¤ĸは、われわれがčĸ‹å°čˇ¯ãĢé™ĨãŖたãŋずからぎč‹ĻåĸƒãĢついãĻæœ€åžŒãžã§č€ƒãˆæŠœãã“ã¨ã‚’åĻ¨ã’るフェテã‚Ŗãƒƒã‚ˇãƒĨとしãĻ抟čƒŊする。

 īŧˆã‚šãƒŠãƒ´ã‚Šã‚¤ãƒģジジェク『įĩļ望する勇気』īŧ‰

 

   įĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļīŧˆâ€ģåŒģå­Ļįš„ãĢåŽŗ密ãĒčŠąã§ã¯ãĒく比喊としãĻですīŧ‰ã€‚たんãĢæœŦåĨŊきというぎではãĒく、äēēį”Ÿã¨æ›¸į‰ŠãŒæˇąãä¸å¯åˆ†ãĢįĩãŗつけられãĻいる、ãĢもかかわらずおこか「こじれãĻ」おり、つねãĢåž—äŊ“ぎįŸĨれãĒいį„Ļį‡Ĩ感ãĢ駆られãĻいるäēēãŸãĄã€‚ãŸã¨ãˆã°ã€Œč‡Ē分はčĒ­ãžãĒければいけãĒいæœŦを全į„ļčĒ­ã‚ãĻいãĒい」とか「いぞčĒ­ã‚“でいるæœŦではãĒくåˆĨぎæœŦをčĒ­ã‚€ãšãã§ã¯ãĒかãŖたぎか」とか「こぎæœŦはつぞらãĒい気がするけれお我æ…ĸしãĻčĒ­į ´ã™ãšãã§ã‚る」とか。こうした、雑åŋĩだらけで、įĢ¯įš„ãĢäē‘ãŖãĻæœŦとぎé–ĸäŋ‚が不åĨå…¨ã‹ã¤åŸˇį€įš„ãĒäēēãŸãĄã€‚

 

 䞋えば「æ´ģå­—ä¸­æ¯’ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’čžãã¨čģŊくイナãŖとするぎがこぎį¨ŽãŽäēēį‰Šã ã€‚æ´ģ字中毒īŧŸã€€ãã‚“ãĒポップãĒč¨€č‘‰ã§čĒžã‚Œã‚‹ã‚‚ぎじゃねãƒŧんだよīŧã€€ã¨ã€‚ぞたčĒ°ã‹ãŒåž—意気ãĢ「月ãĢニ十冊čĒ­ãŋぞすīŧã€ãĒおとプロフã‚ŖãƒŧãƒĢãĢ書いãĻいるぎをčĻ‹ã‚‹ã¨ãƒ ã‚Ģムã‚Ģするぎもこぎäēēį¨Žã ã€‚「月ãĢニ十冊čĒ­ã‚ã‚‹æœŦãŖãĻおんãĒįĢ‹æ´žãĒæœŦだよīŧŸã€ã¨ã€‚

 ぞたåŊŧらはネットで「čĒ­æ›¸ãĢ集中できる斚æŗ•ã€ãĒお検į´ĸしãĻãŋるぎだが、そこãĢ書かれãĻいるäē‹æŸ„は、およそ゚キãƒŗダイバãƒŧがナイトプãƒŧãƒĢぎã‚ŦイドをčĒ­ãžã•ã‚Œã‚‹ãã‚‰ã„ãĢぞãŖたくč‡Ē分ãĢé–ĸäŋ‚がãĒい。いわくæ­Ŗしいå§ŋå‹ĸでåē§ã‚Œã€ã„わく静かãĒéŸŗæĨŊをかけろ、いわく先ãĢ雑į”¨ã‚’済ぞせるずし。そんãĒã“ã¨ã§é•ˇåš´ãŽčĒ­æ›¸ãĢ寞するį„Ļį‡Ĩ感がįˇŠč§ŖするãĒら初めからč‹Ļ労ãĒおしãĒい。

 

 f:id:visco110:20180830165723j:plain

 ãĒおį”ģ像ãĢæˇąã„æ„å‘ŗはありぞせん。

 

 â€Ļâ€ĻというようãĒäēē向けãĢ、つぞりåē§ã‚Šæ–šã ãŽã‚ĢフェイãƒŗだぎたぞãĢはå–ĢčŒļåē—でčĒ­ã‚ã ãŽã€ãã†ã„ã†čĄ¨éĸįš„ãĒå‡Ļæ–šįŽ‹ã§ã¯ãŠã†ãĢもãĒらãĒいäēēぎためãĢã“ãŽč¨˜äē‹ã¯æ›¸ã‹ã‚ŒãĻいる。したがãŖãĻ、č‡Ē分はé–ĸäŋ‚ãĒいと思ãŖたäēēはčĒ­ãŋįļšã‘ãĻもかぞわãĒいがクãƒŦãƒŧムは一切受けäģ˜ã‘ãĒい。ここから先は一čˆŦįš„ãĢæ­Ŗã—ã„čŠąã¯ãžãŖたくしãĒいぎでそぎつもりで。

 

 īŧŠ

 

 わかãŖãĻいぞすね、あãĒたはįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļã§ã™ã€‚ã•ãžčž›ã‹ãŖたでしょうね、でも大丈å¤Ģ。ここãĢいるぎはãŋんãĒįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļだから。įĨˆã‚Šãžã—ょう。

 さãĻįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļといãŖãĻも、やはりäēēãĢよãŖãĻį—‡įŠļぎ重さãĢ違いがある。ここでは比čŧƒįš„į—‡įŠļぎčģŊいäēēから順į•ĒãĢ、三つぎå‡Ļæ–šįŽ‹ã‚’提į¤ēする。

 

 【įŦŦ一ぎå‡Ļæ–šįŽ‹ã€€éĸį™ŊくčĒ­æ›¸ã™ã‚‹ã€‘

 

 これはæ—Ĩ々ぎį”Ÿæ´ģぎ中でčĒ­æ›¸ã‚’ã—ãŸã„ã¨č€ƒãˆãĻおり、原際ãĢ書åē—でæœŦã‚’č˛ˇãŖãŸã‚Šã‚‚ã™ã‚‹ãŒã€ã„ãžã„ãĄčĒ­æ›¸ã¨ã„うもぎぎ門ãĢå…ĨれãĻいるようãĒ気がしãĒい、č‡Ē分はぞだ外側ãĢはじかれãĻいる気がする、といãŖたãƒŦベãƒĢぎäēē向け。

 ようするãĢ、もãŖとčĒ­æ›¸ãŒéĸį™Ŋければ捗るというåŊ“ãŸã‚Šå‰ãŽčŠąãĒぎだが、そぎためぎ斚æŗ•ã¨ã—ãĻはぞず「金をかける」ということがある。もãŖã¨č¨€ã†ã¨č˛ˇã„ãĢčĄŒãæ™‚é–“ã‚„åŠ´åŠ›ã‚‚ã‹ã‘ãŸãģうがよい。é›ģčģŠãĢ乗ãŖãĻ、æ—Ĩ帰りできるį¯„å›˛ã§æœ€ã‚‚å¤§ããĒ書åē—へゆく。そこで値æŽĩを気ãĢせず最もčĒ­ãŋたいæœŦ、そぎæ—ĨからčĒ­ãŋ始めるであろうæœŦã‚’č˛ˇã†ã€‚ã“ãŽč¨˜äē‹ã‚’čĒ­ã‚“でいるようãĒäēēãĒらäŊ•ã‹ãĩさわしい一冊がčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹ã¯ãšã ã€‚内厚įš„ãĢå°‘ã—čƒŒäŧ¸ãŗするぎもいいīŧˆãŸã ã—手ãĢč˛ ãˆãĒã„ã‚‚ãŽã¯č˛ˇã‚ãĒいようãĢīŧ‰ã€‚

 もう一つぎ斚æŗ•ã¯ã€čĒ­æ›¸ã¨ã„ã†čĄŒį‚ēじたいをéĸį™Ŋくする斚æŗ•ã€ã„ã‚ã°ã‚˛ãƒŧミフã‚Ŗã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗである。ネットでは時々、夏äŧ‘ãŋぎåŽŋéĄŒã‚’īŧ˛īŧ°īŧ§éĸ¨ãĢ可čĻ–化したり、「äēēį”ŸãŽãƒ­ã‚°ã‚¤ãƒŗボãƒŧナ゚」とį§°ã—ãĻč‡Ē分ãĢ小éŖいを与えたりするčŠĻãŋがäēē気を博しãĻã„ã‚‹ãŒã‚ãŽéĄžã„ã ã€‚

 

 

 古典įš„ãĒぎはčĒ­æ›¸æ—Ĩč¨˜ã‚’ã¤ã‘ã‚‹ã¨ã‹ã€ä¸€åŽšé‡ã‚’čĒ­ã‚“だらč‡Ē分ãĢäŊ•ã‚‰ã‹ãŽã”褒įžŽã‚’与えるといãŖたやり斚があるが、もう少し手がčžŧんでくるとčĒ­æ›¸äŧšã‚’開いたりネットで感æƒŗãĒã‚Šæ›¸čŠ•ã‚’į™ēčĄ¨ã—ãŸã‚Šã¨ã„ãŖたこともこれãĢåĢãžã‚Œã‚‹ã€‚ãĄãĒãŋãĢ僕は南斚į†ŠæĨ ãŽã€Œãƒ­ãƒŗドãƒŗ抜書」ãĢあやかãŖãĻ「抜書帖」をつくãŖãĻおり、これが大きãĒåŠąãŋとãĒãŖãĻいる。「抜書帖」ãĢついãĻはåˆĨぎ抟äŧšãĢぞたį´šäģ‹ã™ã‚‹ã‹ã‚‚įŸĨれãĒい。

 

 【įŦŦäēŒãŽå‡Ļæ–šįŽ‹ã€€č˛ ãŽæ„Ÿæƒ…を刊į”¨ã™ã‚‹ã€‘

 

 これは、įŋ’æ…Ŗįš„ãĢčĒ­æ›¸ã—ãĻいるぎだけおį„Ļį‡Ĩ感ãƒģ雑åŋĩが多くしãŖくりこãĒい、čĒ­æ›¸į”Ÿæ´ģãĢ寞し、ぞるでã‚ĩイã‚ēぎ合わãĒい服をį€ãĻいるようãĒ違和感がある、というようãĒ中į¨‹åēĻぎį—‡įŠļぎäēē向け。

Â ã€€č˛ ãŽæ„Ÿæƒ…ã¯į‰Šäē‹ãĢæ‰“ãĄčžŧむためぎエネãƒĢã‚ŽãƒŧãĢčģĸæ›ã§ãã‚‹ãŽã§ãœã˛åˆŠį”¨ã™ãšãã§ã‚る。たとえばäģ•äē‹ã§č…šãŒįĢ‹ãŖたりäēē間é–ĸäŋ‚ぎトナブãƒĢã§æ‚˛ã—ããĒãŖたり、ãĒんだかもう世間がåĢŒãĢãĒãŖた時、ぞたはネットでムã‚Ģつく書きčžŧãŋをčĻ‹ãŸæ™‚ãĒおは、そぎ感情をčĒ­æ›¸ãĢ向けることãĢよãŖãĻ一気ãĢãƒĸチベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗが最éĢ˜æŊŽãĢ達することもあるぎで、僕ãĒおはたぞãĢそういう感情を喚čĩˇã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĒもぎをわざわざčĒ­ãŋãĢ行ãŖたりするãģãŠã ã€‚å…ˇäŊ“įš„ãĢäē‘うと、æ”ŋæ˛ģįš„ãĢčŗ›åŒã§ããĒいé™Ŗå–ļぎSNSã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗトや、ヤフãƒŧニãƒĨãƒŧ゚ぎã‚ŗãƒĄãƒŗトæŦ„、ぞとめã‚ĩイトといãŖたようãĒ。我ãĒがらį—…įš„である。

 

 【įŦŦ三ぎå‡Ļæ–šįŽ‹ã€€čĢĻめãĻčĒ­ã‚€ã€‘

 

 寝ãĻもčĻšã‚ãĻもæœŦをčĒ­ãžãĒければãĒらãĒいというį„Ļį‡Ĩ感ãĢ駆られ、原際ãĢčĒŋ子ぎいい時はかãĒりčĒ­ã‚“でいるけれお、čĒ­ã‚ãĒいときは半æ­ģäēēぎようãĢįĩļ望しãĻおり、時ãĢčĒ­æ›¸ãĢたいする憎æ‚Ēが噴å‡ēし、いãŖãčžžã‚ãĻしぞえばいいとも思うが、そうãĒるとč‡Ē分がč‡Ē分でãĒくãĒãŖãĻしぞうようでたぞらãĒく恐ろしく、おうしãĻもį„ĻりがãģおけãĒい、というようãĒ重į¯¤ãĒäēē。

 

 最初ãĢäē‹åŽŸã‚’一つ。čŗĸ明ãĒįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļは「そもそもæœŦをčĒ­ãžãĒければãĒらãĒいį†į”ąã¯ãĒい」とåŋƒãŽåĨĨåē•ã§æ°—äģ˜ã„ãĻいる。そりゃįĸēかãĢ、įŸĨ識ãĢãĒãŖãŸã‚ŠčŠąéĄŒãŒåēƒãŒãŖたりあるいはčĒ­ã‚€ã“とč‡ĒäŊ“がæĨŊしかãŖたりはするかもįŸĨれãĒいが、čĒ­æ›¸ãĒおãĒくãĻもį”ŸããĻいけるもぎである、いや、むしろ「ãĒくãĻも文åĨぎつけおころがãĒいäēēį”Ÿã¯é€ã‚Œã‚‹ã€ã¨äē‘うずきであろう。

 čĒ­æ›¸ã¯äēēį”ŸãĢとãŖãĻ最も大切ãĒことではãĒい。äēēį”Ÿã¯æœŦぎ外ãĢある。しかしįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļは、æœŦをčĒ­ã‚€ã“とãĢたいするį„Ļį‡Ĩ感から「äēēį”ŸããŽã‚‚ぎ」がうわぎįŠēãĢãĒãŖãĻいることが多い。おこãĢいãĻも、äŊ•ã‚’しãĻいãĻも「最čŋ‘æœŦがčĒ­ã‚ãĻいãĒã„ã€ã€Œã„ãžã„ãĄį†ąä¸­ã§ããĒい、おかしい」ãĒおとį„Ļり、įŊĒæ‚Ē感を感じãĻいる哀れãĒį”Ÿãį‰ŠãĒぎだ。

 

 したがãŖãĻ、こぎįŠļ態から抜けå‡ēすためãĢはあるį¨ŽãŽã€ŒčĢĻめ」がåŋ…čĻãĢãĒる。

 それは「čĒ­æ›¸ã‚ˆã‚Šã‚‚大切ãĒもぎがäēēį”ŸãĢはたくさんあり、それãĢ比ずたらčĒ­æ›¸ãĒおãĒんでもãĒい」ことをįŽ‡į›´ãĢčĒã‚ã‚‹ã¨ã„うことだ。ずつãĢč–„ã€…ã‚ã‹ãŖãĻいることãĒぎで、これをčĒã‚ã‚‹ãŽãĢさしたる支障はãĒいはずである。そしãĻこぎæŦĄãŒé‡čĻã§ã‚る。それは「čĒ­æ›¸ã‚ˆã‚Šã‚‚大切ãĒもぎをåŋƒįŊŽããĒくæĨŊしむためãĢ、æ•ĸえãĻぞず最初ãĢčĒ­æ›¸ã‚’する」ということだ。

  åˆĨぎäē‘い斚をすれば、č‡Ē分ぎčĒ­æ›¸ãĢたいするこだわりはį†ä¸å°ŊãĒもぎであると厌全ãĢčĒã‚ãŸã†ãˆã§ã€ããŽį†ä¸å°ŊさãĢ垓うということである。

 

f:id:visco110:20180830173622j:plain

 

 こぎčĻŗį‚šã‹ã‚‰ã„えば、おぎæœŦからčĒ­ã‚ã°ã„いぎかわからãĒいとか、čĒ­ãŋ始めたけれおåˆĨぎæœŦãĢするずきだãŖたか、といãŖた雑åŋĩãĢはãģとんお悊ぞされずãĢ済む。ãĒãĢしろただčĒ­æ›¸å¤–ぎ時間ぎためãĢčĒ­æ›¸ã‚’しãĻいるぎだから。éĸį™ŊいからčĒ­ã‚€ãŽã§ã‚‚ãĒい、ためãĢãĒるからčĒ­ã‚€ãŽã§ã‚‚ãĒい。čĒ­æ›¸č‡ĒäŊ“ãĢはäŊ•ã‚‚期垅しãĒい。そぎようãĒことはäŊ•ã‚‚č€ƒãˆãšã€į„Ļã‚ŠãŒåŽãžã‚‹ãžã§ã˛ãŸã™ã‚‰čĒ­ãŋįļšã‘るだけである。

 

 ところが、こぎようãĒčĢĻåŋĩをもãŖãĻあらためãĻæœŦをčĒ­ã‚€ã¨ã€æĄˆå¤–ãĒãĢを手ãĢとãŖãĻもéĸį™Ŋく感じられたり、これぞでぎ雑åŋĩが嘘ぎようãĢ集中å‡ēæĨたりする。これはいãŖたんすずãĻぎ期垅をã‚ŧロãĢしたことãĢよる劚果かもしれãĒい。ジジェクは最新刊『įĩļ望する勇気』ぎãĒかでåŧˇčĒŋしãĻいる。įĩļ望をæŊœã‚ŠæŠœã‘ã‚‹åŋ…čĻãŒã‚るぎだ。そうしãĒければįœŸãŽå¸Œæœ›ã¯čĻ‹ãˆãĻこãĒい。中途半įĢ¯ãĒč§Ŗæąēį­–ãĢå›ēåŸˇã—ãĻいãĻはいけãĒいぎだ。

 かくしãĻ再ãŗčŋˇã„ãĒくčĒ­æ›¸å‡ēæĨるようãĢãĒãŖたįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļぎãŋãĒさん、おめでとう。これからも「čĒ­æ›¸äģĨ外ぎ時間ぎためãĢčĒ­æ›¸ã‚’しãĻいる」ことをæąēしãĻåŋ˜ã‚ŒãĒいようãĢ、それが新たãĒčĒ­æ›¸äēēį”ŸãŽåŽŸį‚šã§ã‚ることを、時折思いčŋ”されんことを。