やすだ đŸ˜ēãŗょうたろうぎブログīŧˆäģŽīŧ‰

厉į”°é‹˛å¤Ē郎(ツイッã‚ŋãƒŧã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗト@visco110)ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ã§ã™ã€‚ãƒ–ãƒ­ã‚°åč€ƒæĄˆä¸­ã€‚

ãĒãĢもしãĒいためãĢåŋ…čĻãĒこと

 先æ—Ĩ、īŧŽīŧ¨īŧĢæ•™č‚˛ãŽįĻįĨ‰æƒ…å ąį•Ēįĩ„『ハãƒŧトネットīŧ´īŧļã€ã§ã€Œã˛ãã“ã‚‚ã‚Šæ–°æ™‚äģŖ」とį§°ã—ã€é•ˇæœŸåŒ–ãĢともãĒいéĢ˜éŊĸåŒ–ã™ã‚‹ã˛ãã“ã‚‚ã‚ŠãĢついãĻį‰šé›†ã—ãĻいたが、そこで一į•Ēå°čąĄæˇąã‹ãŖãŸãŽã¯ã€ã˛ãã“ã‚‚ã‚ŠåŊ“äē‹č€…ではãĒくそぎ母čĻĒãŽč¨€č‘‰ã§ã‚ãŖた。六十å…Ģæ­ŗãĢãĒるという母čĻĒはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒことをäē‘ãŖãĻいた。「į§ãĢはもう時間がãĒいぎ。これぞでぎäēēį”Ÿã§č‰˛ã€…ãĒことをįŠ į‰˛ãĢしãĻきたし、一æ—ĨぎãĒかで気力ぎある時間はįŸ­ã„。だからあãĒãŸã¯ã˛ãã“ã‚‚ã‚ŠãŽæœŦをčĒ­ã‚ã¨ã„うけれお、čĒ­ã‚“でいる時間はãĒい。わたしはãŧãƒŧãŖとしãĻいる時間がとãĻã‚‚č˛´é‡ãĒぎ」

 

ã€€ããŽã‚ˇãƒŧãƒŗをčĻ‹ãĻいãĻãĩと思いå‡ēしたぎは、ある外å›ŊぎįĩåŠšåŧãĢ参加した時ぎことだãŖた。é€Ŗæ—Ĩé€Ŗ夜ぎパãƒŧテã‚ŖãĢ参加するãĒかで、ãĩといつも隅でじãŖと椅子ãĢåē§ãŖãĻã„ã‚‹č€äēēをčĻ‹ã‹ã‘た。一åēĻããŽč€äēēãĢ挨æ‹ļをしたが、åŊŧã¯æĄæ‰‹ãĢåŋœã˜ãĻくれたもぎぎ、įĩ‚始į„Ąč¨€ã§į„ĄčĄ¨æƒ…だãŖた。ただ、抟åĢŒãŒæ‚ĒいわけではãĒã•ãã†ã§ã€ãŠãĄã‚‰ã‹ã¨ã„ã†ã¨įŠã‚„かãĒįŠē気ãĢ包ぞれãĻいたぎをæ†ļえãĻいる。

 

f:id:visco110:20180831110136j:plain

ã€€č€äēēがåē§ãŖãĻいた中åē­ã€‚

 

 īŧŠ

 

 ãŧおãŖとしãĻã„ã‚‹ã“ã¨ã¯ã€ãŸã é€€åąˆãĒぎではãĒã„ã€‚ã‚ã‚‹æĄäģļが揃うと、しãŋじãŋとしたå‘ŗわいや充čļŗ感を感じられるぎではãĒいいか。
ã€€ææƒšč€äēēという、小čĒŦが元とãĒãŖãŸå¤ã„č¨€č‘‰ãŒæ€ã„æĩŽã‹ãļ。これはįžåœ¨ãŽč¨€č‘‰ã§ã„うとčĒįŸĨį—‡ãŽč€äēēという意å‘ŗだ。しかし「恍惚」というぎはåŋ…ずしもčĒįŸĨį—‡ã‚’意å‘ŗせず、元æĨはãŧんやりãƒģうãŖとりしãĻいる、あるいはį‰Šäē‹ãĢæ˛Ąé ­ã—ãĻいるという意å‘ŗだ。

 

 į˛žįĨžį§‘åŒģãŽæ–Žč—¤į’°ã¯æ˜”īŧˆãŸãļん「マãƒĢæŋ€ã€ãĢį™ģ場した時だãŖたと思うがīŧ‰ã“ã‚“ãĒことをäē‘ãŖãĻã„ãŸã€‚ã€Œã˛ãã“ã‚‚ã‚ŠãŽæ‚Ŗč€…ã•ã‚“ãŽåŽļãĢč¨Ē問すると、čĻĒåžĄã•ã‚“ãŒįŸé‘ īŧˆã‹ãã—ゃくīŧ‰ã¨ã—ãĻいらãŖしゃる場合が多い」。おうも子䞛ぎことãĒおで不厉があると、かえãŖãĻæ„č­˜ãŒã‚¯ãƒĒã‚ĸãĢãĒるらしい。だが「それはåŋ…ずしもいいことではãĒã„ã€ã€ã€Œã¤ãžã‚Šãƒœã‚ąã‚‰ã‚ŒãĒã„ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã™ã­ã€ã¨čŠąãŒįļšã„ãĻã‚†ãã€‚ã“ã“ã§ã¯ãƒœã‚ąã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚‹į¨ŽãŽã‚´ãƒŧãƒĢイãƒŗと捉えられãĻいる。
 čĒįŸĨį—‡ã¨ã€ŒãŧãƒŧãŖã¨ã™ã‚‹ã“ã¨ã€ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“é•ã†ãŒã€ãŸã å…ąé€šį‚šã‚‚あるぎではãĒいか。それはäŊ•ã‚‰ã‹ãŽã€Œã™ã‚‹ãšãã“と」をįĩ‚えたäēēãŒã€ã˛ãŖそりと充原感を噛ãŋしめる、あるいはäēēį”ŸããŽã‚‚ぎをå‘ŗわう時間ãĒぎではãĒいか。

 

 īŧŠ

 

 ところで、そういうäēēį”ŸãŽæ™Šį¯€ãŽå¤§ã„ãĒる恍惚とはåˆĨãĢ、äēēはįŸ­æœŸįš„や中期įš„ãĢも、たとえば一æ—Ĩというã‚ĩイクãƒĢぎãĒã‹ã§ã‚‚ã“ã†ã—ãŸæ™‚é–“ã‚’æŒãĄã†ã‚‹ãŽã§ã¯ãĒいか。つぞりそぎæ—Ĩすずきことをやりįĩ‚えた垌ãĢ、ただじãŖとしãĻいるだけでしãŋじãŋと充原感がこãŋ上げãĻくるといãŖたようãĒ。
 これは先æ—Ĩ書いたįĨžįĩŒį—‡įš„čĒ­æ›¸åŽļãŽčŠąīŧˆhttp://visco110.hatenablog.com/entry/2018/08/30/175505īŧ‰ã¨ã‚‚é–ĸäŋ‚しãĻくる。ここで僕は、įĨžįĩŒį—‡įš„ãĒ「すずきこと」をį‚ēした垌でãĒいとäēēはčŊãĄį€ãã“とはできãĒいとčĢ–じãĻいるが、čŊãĄį€ã„たあとãĢå‡ēæĨる最éĢ˜ãŽã“とは「ãŧおãŖとすること」ãĒぎかもįŸĨれãĒいとäģ˜ã‘加えたい。

 

f:id:visco110:20180511115300j:plain

 åĻģぎ原åŽļäģ˜čŋ‘。æļŧしいå­Ŗį¯€ãĢここでãŧおãŖとする時間はすばらしい。

 

 かといãŖãĻįŸĨり合いãĢは「åˆĨãĢäŊ•ã‹ã‚’やりとげた垌じゃãĒくãĻもただãŧãƒŧãŖとするぎがåĨŊき」というäēēもいるぎで、そぎへんはäēēãĢよるぎかもįŸĨれãĒいが、少ãĒくとも僕ãĢは「すずきことをやりįĩ‚えた感」がãĒければį„Ąį†ã ã€‚むしろ、そぎようãĒæĨŊしい時間が垌から垅ãŖãĻã„ã‚‹ã¨č€ƒãˆãĻäģŠã¯é ‘åŧĩる、といãŖた運į”¨ãŽäģ•æ–šãĢãĒるだろう。ãŋãĒさんはおうだろうか。


 â€ģ文中ぎåŧ•į”¨ã¯å¤§æ„ã‚’äŧãˆã‚‹ã‚‚ぎで、一字一åĨæ­ŖįĸēãĒもぎではありぞせん。