やすだ đŸ˜ēãŗょうたろうぎブログīŧˆäģŽīŧ‰

厉į”°é‹˛å¤Ē郎(ツイッã‚ŋãƒŧã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗト@visco110)ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ã§ã™ã€‚ãƒ–ãƒ­ã‚°åč€ƒæĄˆä¸­ã€‚

ã“ãŽč¨˜äē‹ã‚‚ãƒĸテるためであるīŧˆã€Žã™ãšãĻはãƒĸãƒ†ã‚‹ãŸã‚ã§ã‚ã‚‹ã€æ›¸čŠ•īŧ‰

  

 

 

 

   

 īŧīŧŽã¯ã˜ã‚ãĢ

 

  äēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇã€Žã™ãšãĻはãƒĸテるためである』。こぎæœŦãĢ書かれãĻいる恋愛ãĢついãĻぎ指摘ぎ多くãĢ僕はæ—ĸčĻ–感があãŖた。というぎも、éĻ´æŸ“ãŋぎあるフロイトやジジェクが書いãĻいることとかãĒり重ãĒãŖãĻいたからだ。åŊ“äēēãŒæ„č­˜ã—ãĻいるãƒģいãĒいãĢé–ĸわらずäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇã¯ãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆæ´žã§ã‚ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã¯äē‘えるだろう。さらãĢジジェクぎ恋愛čĻŗãĢかãĒりčĻĒ和įš„であるということも。それらãĢついãĻ、æœŦį¨ŋではčĒ­č€…がį´åž—できるようãĢį¤ēしãĻゆくつもりである。
 だがそぎことが重čĻãĒぎは、たんãĢ「äŧŧãĻã„ã‚‹ã­ã€ã¨ã„ã†čŠąã§ã¯ãĒい。むしろそぎようãĒæ¤œč¨ŽãŽå…ˆãĢ、こぎæœŦãĢ書かれãĻいる恋愛čĻŗを掴むこと、そしãĻįĩåą€ã“ぎæœŦをčĒ­ã‚ã°ãƒĸテるようãĢãĒるぎか、あるいはこぎæœŦを「おう」čĒ­ã‚ã°ãƒĸテるようãĢãĒã‚‹ãŽã‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ãŒæˇąãé–ĸわãŖãĻくるからだ。だが一čļŗéŖ›ãŗãĢそれčĒžã‚‹ã“とはå‡ēæĨãĒい。順į•ĒãĢčĻ‹ãĻゆこう。

 


 īŧ‘īŧŽäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇã¯ãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆæ´žã§ã‚ã‚‹īŧˆīŧ‘īŧ‰åå‹•åŊĸ成

  

  『すずãĻはãƒĸテるためである』は前半ãƒģ垌半で内厚が分かれãĻおり、前半は「あãĒたがãƒĸテãĒいį†į”ąã€ãĢついãĻ、そしãĻ垌半はそれを受けãĻぎäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇæĩãŽã‚ĸドバイ゚とãĒãŖãĻいる。
 垌半ぎ内厚ãĢついãĻは垌でč§Ļã‚Œã‚‹ãŒã€ã˛ã¨ãžãšã€æœŦæ›¸ãŒčĄæ’ƒįš„ã§ã‚ã‚ŠéĄžæ›¸īŧˆãƒĸテæœŦīŧŸã€€å“˛å­Ļ書īŧŸīŧ‰ã‹ã‚‰éš›įĢ‹ãŖãĻいるとすれば、そぎį†į”ąãŽå¤šãã¯å‰åŠéƒ¨åˆ†ã‚†ãˆã¨č¨€ãŖãĻいいだろう。

 

 ãĒぜ、あãĒたはãƒĸテãĒいぎであろうかīŧŸ
 ãĒぜãƒĸテãĒいかというと、それは、あãĒたがキãƒĸチワãƒĢいからでしょう。*1

 

 ãĢ始ぞり、そぎキãƒĸチワãƒĢいį†į”ąã‚’čĒžãŖãĻゆくくだりだ。
 遊厜čĻį´„しãĒがらčŋ°ãšã‚‹ã¨ã€ã‚ãĒたがキãƒĸチワãƒĢいį†į”ąã¯ã‚ãĒたがč‡Ēæ„č­˜éŽå‰°ãŽįŠļ態ãĢé™ĨãŖãĻいるからであり、ぞたč‡Ēåˆ†ãŽé ­ã§č€ƒãˆãĒくãĒãŖãĻしぞãŖãĻいるからであるīŧˆp.25-26īŧ‰ã€‚č‡Ēåˆ†ãŽé ­ã§č€ƒãˆãĒいというぎはバã‚Ģīŧˆãã‚‚ãã‚‚č€ƒãˆã‚‹įŋ’æ…ŖがãĒかãŖたīŧ‰ã§ã‚ã‚‹ã‹ã€č‡†į—…īŧˆč€ƒãˆã™ãŽãĻわけがわからãĒくãĒãŖãĻしぞãŖたīŧ‰ã§ã‚ã‚‹īŧˆp32īŧ‰ã€‚でもバã‚Ģã‚‚č‡†į—…ã‚‚æ šãŖこは同じで、ようは「č‡Ē分がわからãĒい」「č‡Ē分が持ãĻãĒい」ということであるīŧˆp.83īŧ‰ã€‚ぞずはそぎようãĒč‡Ē分をį›´čĻ–することが、非ãƒĸãƒ†ã‹ã‚‰č„ąå‡ēするįŦŦ一歊である、というわけだ。
 はやくもį˛žįĨžåˆ†æž*2ぎ匂いがする。į˛žįĨžåˆ†æžãŽé‡čĻæĻ‚åŋĩãĢã€Œé˜˛čĄ›æŠŸåˆļ」*3があるが、それはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎだ。

 

ã€€ã€é˜˛čĄ›æŠŸåˆļ】
 į˛žįĨžå†…į•ŒãŽä¸ģčĻŗįš„æ„č­˜įš„厉厚をäŋã¤į„Ąæ„č­˜įš„ãĒč‡Ēæˆ‘ãŽåƒãã€ã¤ãžã‚Šã€Œé˜˛čĄ›ã€ã‚’į›Žįš„とするåŋƒįš„抟åˆļã‚’ã„ã†ã€‚é˜˛čĄ›ã¨ã¯ã€ãã‚Œã‚’æ„č­˜ã™ã‚‹ã“ã¨ãĢよãŖãĻ、不厉、不åŋĢ、č‹Ļį—›ã€įŊĒæ‚Ē感、æĨãĒおをäŊ“験するようãĒ情動やæŦ˛å‹•ã‚’æ„č­˜ã‹ã‚‰čŋŊい払い、į„Ąæ„č­˜åŒ–しãĻしぞうč‡Ē我ぎ働きâ€Ļâ€Ļ*4

 

 つぞりバã‚Ģã‚„č‡†į—…、ã‚ŗãƒŗプãƒŦック゚と向き合うことはč‹Ļį—›ãĒぎでそれをéŋけるīŧˆį„Ąæ„č­˜ãĢæŠŧしčžŧめãĻしぞãŖãĻ気äģ˜ã‹ãĒいīŧ‰ã¨ã„ã†ãŽã¯é˜˛čĄ›æŠŸåˆļãĒぎである。ぞたそぎようãĒįŠļ態ぎぞぞ恋愛ãĢäš—ã‚Šå‡ēすことãĢより、įĩæžœįš„ãĢåŊŧåĨŗãĢ寞しãĻã‚‚åˇąãŽæ­Ēãŋを隠č”ŊしãĻゆくことãĢãĒる。それはåŋ…ずバãƒŦバãƒŦであり、キãƒĸチワãƒĢがられる。
 『すずãĻはãƒĸテるためである』は、ぞずそぎことをčĒ­č€…ãĢįĒãäģ˜ã‘ã‚‹īŧˆã‚ãĒたはキãƒĸチワãƒĢいīŧīŧ‰ã€‚これはきわめãĻį˛žįĨžåˆ†æžįš„ãĒドクトãƒĒãƒŗã§ã‚ã‚‹ã¨č¨€ãˆã‚‹ã€‚

 

ã€€ã§ã¯ãŠãŽã¸ã‚“ãŒé˜˛čĄ›æŠŸåˆļãŖãŊã„ã‹ã€‚å…ˇäŊ“äž‹ã‚’čĻ‹ãĻゆくと、äēŒæ‘ãĢã‚ˆã‚Œã°ã€Œč‡†į—…」であることãĢ向き合わずãĢやãŋくもãĢå‡ēäŧšã„įŗģやパãƒŧテã‚ŖãĢ行ãŖãĻバã‚ĢãŖãŊãæŒ¯ã‚‹čˆžã†ã“ã¨īŧˆp.41īŧ‰ã€ã‚ŗãƒŗプãƒŦック゚をčĒã‚ã‚‰ã‚Œãšã€ãã‚Œã¨ã€Œã¤ãã‚ãŖãĻį”ŸããĻいくこと」がå‡ēæĨãĒいįŠļ態īŧˆp.60īŧ‰ã€ã“れといãŖたåŠĒ力もしãĻいãĒいぎãĢč‡Ē分はį‰šåˆĨだと思いčžŧむことで「č‡Ē分をはげぞしãĻいる」ことīŧˆp.66īŧ‰ã€ã“れらはことごくキãƒĸチワãƒĢいというぎだがīŧˆåƒ•ã‚‚そう思うがīŧ‰ã€ã“れらぎ所äŊœã¯ã€į˛žįĨžåˆ†æžįš„ãĢはすずãĻã€Œé˜˛čĄ›æŠŸåˆļ」ぎ一つである「反動åŊĸ成」ãĢ芲åŊ“する。

 

 【反動åŊĸ成】
ã€€é˜˛čĄ›æŠŸåˆļãŽã˛ã¨ã¤ã€‚č‡Ē我ãĢč¨ąã—ãŒãŸã„æœŦčƒŊčĄå‹•ãŠã‚ˆãŗそぎ洞į”Ÿį‰ŠãŒčĩˇã“ãŖãĻãã‚‹ã¨čĄå‹•ã¨ã¯é€†æ–šå‘ãŽæ…‹åēĻã§å¯žã™ã‚‹é˜˛čĄ›æŠŸåˆļをいう。*5

 

 そしãĻ、こぎようãĒ態åēĻãĢ寞しäēŒæ‘が「キãƒĸチワãƒĢい」というぎとãģとんお同じことを、į˛žįĨžåˆ†æžã‚‚ぞたåŽŖ告する。

 

 こうした態åēĻをとるæœŦäēēはį§˜ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸæ”ģ撃性、性įš„æœĒ成į†Ÿã€įŠ¯įŊĒ性*6ãĒãŠã‚’æ„č­˜ã—ãĻいãĒã„ãŒã€å‘¨ã‚ŠãŽč€…ã¯ããŽæ…‹åēĻãĢ「しすぎ」「ãļる」「éĻŦéšŋ」といãŖたåŊĸåŽščŠžã‚’ã¤ã‘ãĻ不č‡Ēį„ļã•ã€ãŽã“ãĄãĒさ、あるį¨ŽãŽä¸åŋĢを感じãĻいることが多い。*7

 

 こぎようãĢ、æœŦ書前半ぎäēŒæ‘ぎä¸ģåŧĩは、į˛žįĨžåˆ†æžã§ã„ã†ã€Œé˜˛čĄ›æŠŸåˆļ」īŧˆãŽä¸‹äŊã‚ĢテゴãƒĒãƒŧである「反動åŊĸ成」īŧ‰ãĢきわめãĻčŋ‘い。

 


 īŧ’īŧŽäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇã¯ãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆæ´žã§ã‚ã‚‹īŧˆīŧ’īŧ‰åĻčĒ

   


 æŦĄãĢčĻ‹ãĻゆきたいぎはこぎįŽ‡æ‰€ã§ã‚る。

 

 「ã‚ĒãƒŦは『č‡Ē分がある』し、ãĒãĢがåĨŊきかč‡Ēåˆ†ãŽč¨€č‘‰ã§č¨€ãˆã‚‹ã—ã€č‡Ēæ„č­˜éŽå‰°ãĢãĒるãģおヘマじゃãĒいぜ」ãŖãĻ、あãĒた。
 あãĒãŸãŒã€ã„ãĄã°ã‚“č‡†į—…でバã‚ĢãĒį”ˇã§ã™ã€‚バã‚Ģ中ぎバã‚Ģ。*8

 

 これは前半部分ぎナ゚ト、ここぞで一通り「バã‚Ģã€ã€Œč‡†į—…」「ã‚ŗãƒŗプãƒŦック゚」と向き合うずし、とčĢ­ã—たあとãĢãƒ€ãƒĄæŠŧしとしãĻå‡ēãĻãã‚‹čŠąã ã€‚ã•ã‚‰ãĢæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢčĒŦ明される。

 

 äēēから「あãĒãŸč…°ã¯äŊŽã„けれお、じつはエナã‚Ŋãƒŧですよ」とか「あãĒãŸã€ã˜ã¤ã¯č‡†į—…ãĒんでしょ」と指摘されるとすると「äŋēã¯æ šãŒč‡†į—…だから、かえãŖãĻäģ•äē‹ãŒã§ãã‚‹ã‚“です」とか「į§ãŒã‚¨ãƒŠã‚ŊãƒŧãĢčĻ‹ãˆã‚‹ã¨ã—たら、プロとしãĻčĒ‡ã‚ŠãŒã‚ã‚‹ã‹ã‚‰ã ã€ã¨ã‹ã€ã™ãč¨€ã„ãŸããĒりぞせんか。「あãĒãŸã€ã˜ã¤ã¯ã‚šã‚ąãƒ™ã§ã—ã‚‡ã€ã¨æŒ‡æ‘˜ã•ã‚Œã‚‹ã¨ã€Œãã‚Šã‚ƒãã†ã§ã™ã‚ˆį”ˇã§ã™ã‹ã‚‰ã€ã¨ã‹č¨€ã†ã€‚ãã‚Œã§čŠąã‚’įĩ‚わらせようとする。「それをčĒã‚ãĒã•ã„ã‚ˆã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã¨ã€ŒčĒã‚ãĻぞすよ」とįŦ‘うか怒ãŖãĻしぞう。
 「č‡Ē分ぎプナイドを厈る」ãŖãĻことãĢį•°å¸¸ãĢすばやく、かしこいんです。*9

 

 â€Ļâ€Ļã“ãŽã€ã„ãĄã„ãĄã€Œã˜ã¤ã¯ã€ãŒäģ˜ã„ãĻいるところもぞた「そうでãĒいようãĢčĻ‹ã›ãĻいたんだãĒã€ã¨ã„ã†é˜˛čĄ›æŠŸåˆļを感じるところである。さãĻおき、ようするãĢé€ƒã’č…°ãŽé–‹ãį›´ã‚Šã¯ä¸€į•Ēキãƒĸã„ã¨ã„ã†čŠąã īŧˆãĄã‚‡ãŖとåˆēさるīŧ‰ã€‚
ã€€é˜˛čĄ›æŠŸåˆļぎ一つである「åĻčĒã€ãĢはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒ記čŋ°ãŒã‚る。

 

 【åĻčĒã€‘
 č‡ĒåˇąãŒįŸĨčĻšã—ãĒがらそぎ存在をčĒįŸĨすると、不åŋĢã€ä¸åŽ‰ã€ææ€–ã‚’ã˛ããŠã“ã™ã‚ˆã†ãĒ外įš„ãĒįžåŽŸã‚„č‡Ēåˇąč‡ĒčēĢぎįžåŽŸãŽå­˜åœ¨ã‚’、そぎもぎとしãĻčĒįŸĨしãĒいč‡Ēæˆ‘ãŽé˜˛čĄ›æŠŸåˆļ。小此木ãƒģéĻŦå ´(1972)*10は、不åŋĢ、č‹Ļį—›ãĒįžåŽŸã‚’、明įĸēãĢčĒįŸĨすることをごく単į´”、åšŧį¨šãĢéŋけるæļˆæĨĩįš„ãĒåĻčĒã€æ­Ēんだä¸ģčĻŗįš„čĒįŸĨãĢé–ĸするįžåŽŸįš„čĒįŸĨを拒åĻしãĻ「č‡Ē分ãĢはそうčĻ‹ãˆã‚‹ãŽã ã‹ã‚‰äģ•æ–šãŒãĒい」と、č‡ĒåˇąãŽä¸ģåŧĩを頑ãĒãĢæŠŧし通す、「ä¸ģčĻŗぎåŧˇčĒŋãĢよるåĻčĒã€ãĒおãĢさらãĢæŗ¨į›Žã—ãĻいる。*11

 

 「äŋēã¯æ šãŒč‡†į—…だから、かえãŖãĻäģ•äē‹ãŒã§ãã‚‹ã‚“です」「į§ãŒã‚¨ãƒŠã‚ŊãƒŧãĢčĻ‹ãˆã‚‹ã¨ã—たら、プロとしãĻčĒ‡ã‚ŠãŒã‚るからだ」というぎは、åĻčĒãŽåŽšįžŠãĢいう「č‡Ē分č‡ĒčēĢぎįžåŽŸãŽå­˜åœ¨ã‚’そぎもぎとしãĻčĒįŸĨしãĒã„ã€ã€ã¤ãžã‚Šã€Œč‡†į—…」や「エナã‚Ŋãƒŧã€ã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’č‚¯åŽšįš„ãĒæ–‡č„ˆãĢįŊŽãæ›ãˆãĻいるぎであり、ぞたそぎようãĒįŊŽãæ›ãˆãĢよãŖãĻ「ä¸ģåŧĩぎåŧˇčĒŋãĢよるåĻčĒã€ã‚’čĄŒãŖãĻいるぎである。

 

ã€€ãžãŸã€ã‚šã‚ąãƒ™ã¨æŒ‡æ‘˜ã•ã‚ŒãĻ「そりゃそうですよį”ˇã§ã™ã‹ã‚‰ã€ã¨į­”えることぎãĒãĢが「åĻčĒã€ãĒぎかというと、一čĻ‹č‡Ēåˆ†ãŽã‚šã‚ąãƒ™ã•ã‚’čĒã‚ãĻいるようで、原際ãĢは「č‡Ē分å›ēæœ‰ãŽã‚šã‚ąãƒ™ã•ã€ã¨ã„ã†æœ¨ãŽč‘‰ã‚’ã€Œį”ˇãŽæ€§æŦ˛ä¸€čˆŦ」というæŖŽãŽãĒかãĢ隠しãĻいるからである。
 こぎようãĢ「一čĻ‹čĒã‚ãĻいるようãĒåŖ上」というぎは、単į´”ãĢčĒã‚ãĒいäē‹ã¨åŒæ§˜ã‹ã€æ™‚としãĻそれäģĨ上ãĢåĻčĒįš„である。

 

 â€Ļâ€Ļã¨ã“ã‚ãŒã€ã“ã“ã§ä¸€ã¤å•éĄŒãŒį”Ÿã˜ã‚‹ã€‚
 というぎも、こぎようãĒ分析は「čĻŗå¯Ÿč€…ãŽäēŒæžščˆŒã€ãĒぎではãĒいかという扚判が存在しうるからだ。*12
 これは『æŦ˛æœ›äŧšč­°ã€ãŽæ›¸čŠ•ãŽæ™‚ãĢもチクãŖと書いたことãĒぎだが、čĻŗå¯Ÿč€…īŧˆį˛žįĨžį§‘åŒģぎįĢ‹å ´â€Ļâ€ĻここではäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇīŧ‰ãŒčĸĢčĻŗå¯Ÿč€…ãĢ寞しč¨ē断を下したīŧˆã‚ãĒãŸã¯č‡†į—…ですīŧã€€ã‚ãĒたはバã‚Ģですīŧīŧ‰ã¨ãã€čĸĢčĻŗå¯Ÿč€…ãŒãã‚Œã‚’čĒã‚ã‚Œã°čĻŗå¯Ÿč€…ãŒæ­ŖしかãŖたことãĢãĒるが、čĸĢčĻŗå¯Ÿč€…ãŒãã‚Œã‚’æ‹’åĻしãĻもīŧˆãã‚Œã¯ã€ŒåĻčĒã€ã§ã‚るからīŧ‰ã‚„はりčĻŗå¯Ÿč€…ãŒæ­ŖしかãŖたことãĢãĒるぎである。

 

 これãĢ寞し、į˛žįĨžåˆ†æžå´ã¯é€šå¸¸ã€ŒåŧˇčŋĢ性やįĄŦį›´æ€§ã€ä¸åŽ‰ãŒäŧ´ãŖãĻいるかおうかで判断できる」とåŋœį­”する。しかし有劚ãĒ反čĢ–ãĢãĒã‚Šåž—ãĻいるかおうかは少々į–‘問である。ãĒぜãĒら「åŧˇčŋĢ性やįĄŦį›´æ€§ã€ä¸åŽ‰ãŒäŧ´ãŖãĻいるかおうか」を判断するぎもやはりčĻŗå¯Ÿč€…ã ã‹ã‚‰ã ã€‚

 

 äēŒæ‘į†čĢ–もそぎ部分は同じで、æœŦåŊ“ãĢあãĒたがãƒĸテãĒいぎはキãƒĸチワãƒĢイいからであるかおうか、ぞたæœŦåŊ“ãĢキãƒĸチワãƒĢいぎはč‡Ēæ„č­˜éŽå‰°ã‚„ãƒã‚Ģã‚„č‡†į—…さぎせいであるかおうかはæąēしãĻįĢ‹č¨ŧできãĒい。というより、そもそもč¨ŧ明するつもりで書かれたæœŦではãĒい。
 ただそれは間違ãŖãĻいるとかįœ‰å”žã§ã‚ã‚‹ã€ã¨ã„ã†ãŽã¨ã‚‚ãĄã‚‡ãŖと違う。äŊ•æ•…ãĒら恋愛čĢ–という領域はį§‘å­Ļや原č¨ŧãĢよãŖãĻぞãŖたく明らかãĢされãĒã„ã¨ã¯č¨€ã‚ãĒいが、それでもįžįŠļ、そぎようãĒã‚ĸプロãƒŧチでわかãŖãĻいることはぞだぞだ少ãĒいからである*13。
 つぞりおうį”Ÿãã‚‹ã‹ã‚’č‡Ēåˆ†ã§č€ƒãˆã€æąēめるということぎåģļ長įˇšä¸ŠãĢ『すずãĻはãƒĸテるためである』をおうčĒ­ã‚€ã‹ã¨ã„う問いがあり、そぎä¸ģäŊ“įš„ãĒæąē断īŧå—けå…Ĩれぎプロã‚ģ゚はæœŦ書をčĒ­ã‚€ã†ãˆã§ãŠã†ã—ãĻもæŦ ã‹ã›ãĒã„ã¨ã„ã†čŠąã§ã‚ã‚‹īŧˆã“ぎæœŦをおうčĒ­ã‚€ã‹ã¨ã„うことãĢついãĻは最垌ãĢčŋ°ãšã‚‹īŧ‰ã€‚
 äē‘いæˇģえるãĒらば、それはį˛žįĨžåˆ†æžãĢとãŖãĻも同じことである。「į˛žįĨžåˆ†æžã¯į§‘å­ĻではãĒい」ことは「į˛žįĨžåˆ†æžã¯åŊりである」ことを意å‘ŗしãĒい。į˛žįĨžåˆ†æžã¯ä¸€ã¤ãŽį”Ÿãæ–šã§ã‚る。

 


 īŧ“īŧŽã‚¸ã‚¸ã‚§ã‚¯ãŽæ‹æ„›čĻŗã¨ãŽéĄžäŧŧ

 

  銚くことãĢ、æœŦ書ぎ恋愛čĻŗ、とりわけ垌半部分ãĢčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ĸドバイ゚ぎ多くぱロヴェニã‚ĸぎナã‚Ģãƒŗæ´žå“˛å­Ļč€…ã§ã‚ã‚‹ã‚šãƒŠãƒ´ã‚Šã‚¤ãƒģジジェクとかãĒã‚Šä¸€č‡´ã™ã‚‹ã€‚
 しかし、さãģお銚くずきことでもãĒいぎかもįŸĨれãĒい。ここぞでčĻ‹ãĻきたようãĢ、重čĻãĒところがį˛žįĨžåˆ†æžã¨ä¸€č‡´ã™ã‚‹äēŒæ‘ぎ恋愛čĻŗが、同じくį˛žįĨžåˆ†æžīŧˆãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆãã—ãĻナã‚Ģãƒŗīŧ‰ã‚’ベãƒŧã‚šãĢしãĻいるジジェクぎ恋愛čĻŗã¨å¤šããŽå…ąé€šį‚šã‚’持つぎはåŊ“į„ļぎことかもįŸĨれãĒいからだ。
 厉į”°ã¨ã„えばツイッã‚ŋãƒŧでは「ジジェクバã‚Ģ」としãĻ通ãŖãĻã„ã‚‹ãƒ•ã‚ˇãŒã‚ã‚‹ãŽã§ã€æąēしãĻį‰Ŋåŧˇäģ˜äŧšã§ã¯ãĒいことはäģŠã‹ã‚‰å…ˇäŊ“įš„ãĢį¤ēしãĻゆく。だがジジェクぎ恋愛čĻŗぎ全厚を提į¤ēするぎはそれだけで一個ぎčĢ–æ–‡ãĢãĒãŖãĻしぞうぎで、ここでは典型įš„と思われるįŽ‡æ‰€ã‚’三つ挙げることãĢする。ぞた同時ãĢäēŒæ‘-ジジェクがčĒžã‚‹æ‹æ„›čĻŗそぎもぎãĢついãĻもčĻ‹ãĻゆきたい。

 

 īŧ“īŧīŧ‘ 厚åŧã¯å­˜åœ¨ã—ãĒい

 

 äēŒæ‘ãĢよれば、åĨŗ性はさぞざぞであり、あãĒたはåŊŧåĨŗとぎé–ĸäŋ‚ãĢついãĻč‡Ēåˆ†ãŽé ­ã§č€ƒãˆãĒければãĒらãĒい。たとえば冒頭ãĢæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒåĨŗ性ぎåŖ°ãŒåŧ•į”¨ã•ã‚ŒãĻいるが、これはæœŦ書ãĢおけるäēŒæ‘ぎ恋愛čĻŗãĢæ˛ŋうもぎであり、かつčĻį‚šã‚’å°„ãĻいる。

 

 「だいたいさ、そういうマニãƒĨã‚ĸãƒĢãŖãĻ、åĨŗ性一čˆŦぎæ”ģį•Ĩæŗ•ã§ã—ょ。せいぜいīŧĸ型はこうæ”ģめろとか、おåŦĸ様ã‚ŋイプはこうでゎãƒŖãƒĢã¯ã“ã†ã¨ã‹ã€ãã†ã„ã†åˆ†éĄžã§ã—ã‚‡ã€‚ã€ã‚ãŸã—ã€‘ã¯ãŠã“ãĢいるぎよīŧŸã€€ã‚たしをåŖčĒŦきたいんでしょīŧŸã€€ã—かもåŖčĒŦきかたもæœŦãĢ書いãĻある通りぎテクニックäŊŋうんだãŖたら、そこãĢは【あãĒた】すら、いãĒいじゃãĒい。恋愛とかã‚ģック゚とかãŖãĻ、一äēēã˛ã¨ã‚Šã‚„ã‚Šã‹ãŸãŒåžŽåĻ™ãĢãĄãŒãŖãĻãĻ、それがæĨŊしいぎãĢ」*14

 

 ぞた、キãƒŖバクナやéĸ¨äŋ—でぎ「įˇ´įŋ’」を勧める垌半部分でも、そぎ大きãĒį›Žįš„ぎ一つは「åĨŗ性というぎは、いろいろいるんだ」ということをäŊ“感することだとčŋ°ãšãĻいる(p.122)。
 これをジジェクãŖãŊãč¨€ã†ã¨ã€æ‹æ„›ã¨ã¯ä¸ģäŊ“同åŖĢがå‡ēäŧšã†å ´æ‰€ãĒぎであり、ぞたそうするしかãĒい場所でもある。そこãĢåĨŗ性一čˆŦやåŖčĒŦき斚一čˆŦといãŖãŸã€Œãšã‚‹ã€ã‚’æŒãĄčžŧむことは、一čĻ‹åŠšįŽ‡įš„ãĒようでいãĻ、原は恋愛感情がį”Ÿãžã‚Œã‚‹ãƒ€ã‚¤ãƒŠãƒŸã‚ēムč‡ĒäŊ“を゚ポイãƒĢしãĻしぞうことãĒぎである。
 手ãŖ取り旊く、į›´æŽĨã‚¸ã‚¸ã‚§ã‚¯ãŽč¨€č‘‰ã‚’čĻ‹ãĻãŋよう。

 

 ごく一čˆŦįš„ãĒåĨŗたらしぎį”ˇãĢãŋられるåĨŗ性遍歴を思いå‡ēそう。åŊŧぎåŖčĒŦきčŊとしたåĨŗ性は、おれも「䞋外」である。おぎåĨŗ性もį‰šæŽŠãĒã€ã„ã‚ãč¨€ã„é›ŖいもぎであるがゆえãĢåŖčĒŦかれたぎである。åŖčĒŦかれたåĨŗ性ぎé€Ŗ鎖は、ぞさãĢ䞋外įš„ãĒåŊĸčąĄãŽé€Ŗ鎖であるâ€Ļâ€Ļ。*15

 

 åĨŗãŸãĄã¯ãŋãĒ「䞋外」であり「į‰šæŽŠã€ã§ã‚ã‚Šã€Œã„ã‚ãč¨€ã„é›Ŗいもぎである」。åĨŗたらしīŧˆãƒĸテるäēēīŧ‰ãĢとãŖãĻåĨŗãŸãĄãŒããŽã‚ˆã†ãĒもぎであるからこそ、åŊŧはåŖčĒŦきãĢ成功する。åĨŗたらしは、恋愛ãĢおいãĻåĨŗæ€§ãŽéĄžåž‹ã ã¨ã‹æ™Žéįš„ãĒåŖčĒŦき斚といãŖたã‚ĸã‚ŦãƒĢマをį™ēčĻ‹ã—参į…§ã—ようとするキãƒĸチワãƒĢいäēēとはæ­Ŗ反寞ぎå–ļį‚ēã‚’čĄŒã†ã€‚ã¤ãžã‚ŠããŽã¤ãŠį›¸æ‰‹ã‚’よくčĻ‹ãĻ、おう恋愛するかをぞãŖたく一からå‰ĩ造するīŧˆã‚るいは一įžŦでそぎįĩčĢ–ãĢčžŋりį€ãīŧ‰ãŽã§ã‚る。

 

 īŧ“īŧīŧ’ č‡Ē分をčĻ‹ã›ãĒã„č€…ã¯æ„›ã•ã‚ŒãĒい

 

 äēŒæ‘は「ゎナゎナãĢ寞å‡Ļせよ」という。åŸēæœŦįš„ãĢã¯å‰åŠãŽã€é˜˛čĄ›įš„ãĢこじらせãĻいるäēē間はキãƒĸチワãƒĢã„ã¨ã„ã†čŠąãŽåģļ長įˇšä¸ŠãĒぎだが、æœŦ書も垌半ãĢãĒã‚‹ã¨čŠąãŽãƒˆãƒŧãƒŗはįŠã‚„かãĢãĒã‚Šã€å…č¨ąæ›´æ–°æ™‚ãĢおけるäē‹æ•…者į”¨ãƒ“デã‚Ēと晎通ぎビデã‚Ēくらいぎ違いはある。ともあれ、

 

ã€€ã€Œč‚šã‚’čĻ‹ã›ã‚‹ã€ã¨ã„うぎは「į›¸æ‰‹ãĢ寞しãĻ、ãŋんãĒãĢ寞しãĻ、äģŠãŽč‡Ē分を開į¤ēする」ということです。それは「ただホãƒŗãƒã‚’č¨€ã†ã€ãŽã¨ã¯é•ã„ãžã™ã€‚
 あãĒたはåŊŧåĨŗぎ前で、ãŋんãĒぎ前で、ãĒるずく「č‡Ē分をčĻ‹ã›ã‚‹ã€ãŽã§ã™ã€‚
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 ただ「č‡Ē分をčĻ‹ã›ãĻ」それがおう受け取られるかは「į›¸æ‰‹ãĢぞかせる」ぎです。*16

 

 ぞた、

 

 そしãĻåŊŧåĨŗãĢčĻ‹ã›ã‚‹ãŽã¯ã€ã‚ãĒたぎ「ã‚Ģッã‚ŗいいéĸ」だけでãĒくãĻいい、むしろã‚ŋイミãƒŗグをčĻ‹ãĻ「ã‚Ģッã‚ŗわるいéĸ」もčĻ‹ã›ãĄã‚ƒãŖたãģうがいい。*17

 

 という。ではジジェクはおうか。

 

 ä¸ģäŊ“ãŒč‹ąé›„ã¨čģĸį§ģįš„ãĒé–ĸäŋ‚を取りįĩãļためãĢã¯ã€ã‚ã‚‹ã˛ã¨ã‚Šã‚’č‹ąé›„ã¨ã—ãĻ崇拝するためãĢã¯ã€č‹ąé›„ãŽčĄŒį‚ēぎ世į•Œå˛įš„ãĒ意å‘ŗをčĒč­˜ã™ã‚‹ã ã‘ではじゅうãļんではãĒいぎだ。こぎčĒč­˜ãŒæœŦį‰ŠãŽå´‡æ‹ãĢãĒるためãĢã¯ã€č‹ąé›„å€‹äēēぎį‰šį•°ãĒįŠēæƒŗという「į—…į†å­Ļįš„」ãĒ領域からとられたčĻį´ ã‚’、そこãĢäģ˜åŠ ã—ãĒければãĒらãĒい――こぎ「įžåŽŸãŽå°ã•ãĒかけら」こそが、つぞり、こぎå…Ŧįš„ãĒéĄ”ãŽčƒŒåžŒãĢある「原像」をäŧãˆã‚‹æ„Ÿč§ĻīŧˆãĒんらかぎäēē間įš„ãĒåŧąãŋや「愛åŦŒãŽã‚ã‚‹åŧąį‚šã€*18īŧ‰ã“そが、うわずだけぎåĨŊ意įš„čŠ•äžĄã‚’įœŸãŽå°Šæ•Ŧへと変えるぎである。*19

 

 äēēはå…Ŧįš„ãĒ顔ãĢ恋をするわけではãĒく、å…Ŧįš„ãĒ顔ãĢ原像が加わãŖたときãĢはじめãĻ恋をするīŧˆã‹ã‚‚しれãĒいīŧ‰ãŽã§ã‚ã‚‹ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“č‡Ē分をčĻ‹ã›ãŸã‹ã‚‰ã€ã‚Ģッã‚ŗわるいéĸをčĻ‹ã›ãŸã‹ã‚‰ã¨ã„ãŖãĻį›¸æ‰‹ãŒč‡Ē分ãĢ恋をするとは限らãĒいが、少ãĒくともそうしãĒければあãĒたがãƒĸテる可čƒŊ性はãĒい、むしろそこをæąēしãĻčĻ‹ã›ã‚ˆã†ã¨ã—ãĒいč‡Ēåˇąé˜˛čĄ›ãŽæ…‹åēĻがキãƒĸチワãƒĢい、というわけだ。

 

 â€Ļâ€Ļこう書くと「そうか、č‡Ē分ぎåŧąã„ところをčĻ‹ã›ã‚Œã°ã„いんだīŧã€ãŋたいãĒčĒ­č€…がå‡ēãĻきそう。
 というか『すずãĻはãƒĸテるためである』全äŊ“ãĢäē‘えることだが「そうかīŧã€€ã“うすればよかãŖたぎかīŧã€åŧãŽį†č§ŖでぞすぞすキãƒĸチワãƒĢい斚向ãĢ向かãŖãĻしぞうäēēは、一厚数いるんだろうãĒ。それはもうäģ•æ–šãĒいようãĒ気がする。
 「キãƒĸチワãƒĢいぎはマニãƒĨã‚ĸãƒĢæœŦじゃãĒい。マニãƒĨã‚ĸãƒĢæœŦを、教į§‘æ›¸ã‚’æš—č¨˜ã™ã‚‹ãŋたいãĢしãĻéĩœå‘‘ãŋãĢしãĻ原čˇĩしようとするäēēがキãƒĸチワãƒĢいぎです」īŧˆp.8īŧ‰ã¨äēŒæ‘がäē‘うぎは『すずãĻはãƒĸテるためである』č‡ĒäŊ“ãĢもåŊ“ãĻåĩŒãžã‚‹ã€‚į§čĻ‹ã§ã¯č‘—č€…ã‚‚ããŽã‚ˆã†ãĢčĒ­ãžã‚ŒãĒいよう、所々で気éŖãŖãĻいるようãĢ感じた。こぎæœŦとおぎようãĒé–“åˆã„ã‚’å–ã‚Œã°ã„ã„ãŽã‹ã¨ã„ã†čŠąã¯æœ€åžŒãĢぞたč§Ļれる。

 

 īŧ“īŧīŧ“ 恋愛そぎもぎをį›Žæ¨™ãĢしãĻはãĒらãĒい

 

 そしãĻこれが最も重čĻã‹ã‚‚įŸĨれãĒいぎだが、äēŒæ‘はæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢč¨€ã†ã€‚

 

 「こぎクãƒĢマがかãŖã“ã„ã„ã‹ã‚‰ã€č˛ˇãŖãĻ䚗りぞわしたらåĨŗãĢãƒĸテるだろう」じゃãƒĸテぞせんよ。éĢ˜ã„お金å‡ēしãĻč˛ˇã†ã ã‘ãƒ ãƒ€ã§ã™ã€‚ã‚ãĒたが、それãĢåŋƒã‹ã‚‰ãƒãƒžãŖãĻãĒいからです。*20

 

 ã‚Ēã‚ŋクį”ˇãĢも、ãƒĸテるį”ˇã¨ãƒĸテãĒいį”ˇãŒã„ãĻ、ãĩつうぎį”ˇãĢもãƒĸテるį”ˇã¨ãƒĸテãĒいį”ˇãŒã„ã‚‹ã€‚č€ƒãˆãĻãŋればあたりぞえぎことãĒぎですが、だとしたらã‚Ēã‚ŋクであãŖãĻãƒĸテãĻãĒいあãĒたぎãģうが、ハマれるもぎを持ãŖãĻãĒくãĻåą…å ´æ‰€ãŒãĒくãĻč‡Ē分というもぎがしãŖかりしãĻいãĒい「ãĩつうぎ」ãƒĸテãĻãĒいį”ˇã‚ˆã‚Šã‚‚、ãƒĸテやすいはずãĒぎです。*21

 

 そしãĻきわめつけはここだ。

 

 ãģんとはね、一į•Ēいいぎは「åŊ“初ぎį›Žįš„である【ãƒĸテること、åĨŗぎ子とãĒかよくãĒること、ã‚ģック゚すること、åŊŧåĨŗをつくること】ãĒおを、一回、æœŦ気でåŋ˜ã‚ŒãĄã‚ƒã†ã€ãã‚‰ã„、ぞずは、そぎã‚ĩãƒŧクãƒĢをæĨŊしむことãĒんです。*22

 

 さãŖそくジジェクぎ寞åŋœįŽ‡æ‰€ã‚’čĻ‹ãĻã‚†ã“ã†ã€‚ãĄãĒãŋãĢこれはジジェクがさぞざぞãĒæœŦぎãĒかでįš°ã‚Ščŋ”しčŋ°ãšãĻいる、ジジェクぎ恋愛čĻŗを典型įš„ãĢį¤ēすもぎぎ一つである。

 

 恋愛は、ジョãƒŗãƒģãƒĢã‚šã‚ŋãƒŧが「æœŦčŗĒįš„ãĢ副į”Ŗį‰Šã§ã‚るようãĒįŠļ態」とå‘ŧãļもぎぎåĨŊ䞋である。すãĒã‚ãĄã€ã‚ã‚‰ã‹ã˜ã‚äēˆæƒŗã—ãŸã‚Šæ„č­˜įš„æąē厚ãĢよãŖãĻåŧ•ãå—けたりすることぎできãĒい、最もåĨĨæˇąã„æ„Ÿæƒ…ã§ã‚ã‚‹īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰ã“れらぎįŠļ態ぎ栚æœŦįš„パナドック゚はこうだ――それらはきわめãĻ重čĻãĒãŽã ãŒã€ãã‚Œã‚’ã‚ã‚Œã‚ã‚ŒãŽčĄŒå‹•ãŽį›´æŽĨįš„ãĒį›Žæ¨™ãĢしたとたん、逃げãĻいãŖãĻしぞうぎである。そうしたįŠļ態をもたらす唯一ぎ斚æŗ•ã¯ã€ããŽįŠļ態をめざしãĻčĄŒå‹•ã™ã‚‹ãŽã§ã¯ãĒく、äģ–ぎį›Žæ¨™ã‚’čŋŊæą‚ã—ã€ãã‚Œã‚‰ãŒã€Œč‡Ēį„ļãĢ」į”Ÿãžã‚Œã‚‹ã“とを望むことである。たしかãĢãã‚Œã‚‰ã¯ã‚ã‚Œã‚ã‚ŒãŽčĄŒå‹•ãĢåąžã—ãĻいるが、įĒŽæĨĩįš„ãĢは、われわれがäŊ•ã‚’するかãĢよãŖãĻではãĒく、われわれがäŊ•ã§ã‚るかãĢよãŖãĻわれわれãĢåąžã—ãĻいるäŊ•ã‹ãĒãŽã§ã‚ã‚‹ã€‚ã“ãŽã‚ã‚Œã‚ã‚ŒãŽčĄŒå‹•ãŽã€Œå‰¯į”Ŗį‰Šã€ãĢナã‚ĢãƒŗãŒä¸ŽãˆãŸåå‰ã¯ã€ˆå¯žčąĄÎąã€‰ã§ã‚ã‚‹ã€‚*23

 

 おわかりいただけただろうか。
 「æœŦčŗĒįš„ãĢ副į”Ŗį‰Šã§ã‚るようãĒįŠļ態」はジジェクぎæąēめã‚ŧãƒĒãƒ•ãŽä¸€ã¤ã§ã‚ã‚‹ã€‚ãœã˛ãƒ”ãƒŗときãĻいただきたい。*24

 

 非ãƒĸテãĢã‚ã‚ŠãŒãĄãĒ勘違いとしãĻ、よくæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒã“ã¨ãŒč¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€‚
 「非ãƒĸテは恋愛をįžŽå°‘åĨŗã‚˛ãƒŧムだと思ãŖãĻいる。つぞりæ­Ŗしい選択č‚ĸを選ãŗįļšã‘ãĻいればåŊŧåĨŗはåŖčĒŦける、フナれたぎはいずれかぎæŽĩ階で選択č‚ĸを間違えたからだ、と」
 こぎ錯čĒ¤ã¯ã‚きらかだ。あãĒたはäŊ•ã‚’選択しãĻもフナれる。というよりäŊ•ã‚’選択しãĻもキãƒĸチワãƒĢがられる。
 äŊ•æ•…か。į­”えは選択č‚ĸãĢあるからではãĒくそもそもあãĒたがäŊ•č€…かãĢかかãŖãĻいるからであり、ぞたそぎことと向き合ãŖãĻいãĒいからだ。

  これはあãĒたぎãƒĢック゚がæ‚Ēã„ã‹ã‚‰ã¨ã‹č˛§äšã ã‹ã‚‰ã¨ã„ã†čŠąã§ã¯ãĒいīŧˆãã†æ€ãŖãĻるとしたら、最æ‚Ēīŧīŧ‰ã€‚そうではãĒくãƒĸテãĒいことを「選択ぎčĒ¤ã‚Šã€ã¨č€ƒãˆã‚‹ã“とãĢよãŖãĻč‡Ē分č‡ĒčēĢã‚’é˜˛čĄ›ã—ãĻいるからである。「選択ぎčĒ¤ã‚Šã€ãĒらばč‡ĒåˇąãĢæˇąãæ šåˇŽã—ãĻいはいãĒいぎでさãģãŠã¯å‚ˇã¤ã‹ãĒい。だが原際は、そぎようãĒč‡Ēåˇąé˜˛čĄ›īŧˆãŸãžãŸãžé¸æŠžã‚’間違えただけさīŧ‰ã“ããŒå•éĄŒãĒぎであり、そうすることãĢよãŖãĻ選択äģĨ前ぎä¸ģäŊ“ãĢãƒĄã‚šã‚’å…Ĩれることをé˜ģんでいるぎである。『すずãƒĸテ』éĸ¨ãĢäē‘えば「そんãĒあãĒたこそが、こぎうえãĒくキãƒĸチワãƒĢい」。

 

ã€€čŠąã‚’æˆģすと、「æœŦåŊ“ãĢ一į•Ēいいぎは恋愛ぎことを一回æœŦ気でåŋ˜ã‚Œã‚‹ãã‚‰ã„äŊ•ã‹ãĢハマることだ」とäēŒæ‘-ジジェクはいう。そぎとおりだと思う。
 そりゃそうでしょう、åŽĸčĻŗįš„ãĢčĻ‹ãĻくださいよ。ここãĢäēŒäēēぎ非ãƒĸテがいるとする。一äēēはãĒんとかしãĻåŊŧåĨŗがæŦ˛ã—い、ã‚ģック゚したいとジãƒĒジãƒĒしãĻいる非ãƒĸテ。もう一äēēはãĒãĢかåĨŗäģĨ外ぎことãĢハマãŖãĻいる非ãƒĸテ。äģ˜ãåˆã†ã¨ã—たらâ€Ļâ€ĻじゃãĒくãĻ半垄īŧ•ãƒĄãƒŧトãƒĢäģĨ内ãĢå…ĨãŖãĻきãĻもいいかãĒと思うぎは、おãŖãĄã§ã™ã‹ã€‚

 

 â€Ļâ€ĻいつぎぞãĢかäēŒæ‘į›Žįˇšã§čĒžãŖãĻいるがそういえば僕も非ãƒĸテぎキãƒĸチワãƒĢい側だãŖた。゚マã‚Ŋ。
 äģĨ上、äēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇã¨ã‚¸ã‚¸ã‚§ã‚¯ãŽæ‹æ„›čĻŗが随所でäŧŧãĻいることをčĻ‹ãĻきた。そもそも「こことここがäŧŧãĻã„ã‚‹ã€ã¨ã„ã†čŠąã§ã¯ãĒく、栚嚚がäŧŧãĻいるためãĢ個åˆĨぎį™ē言ãĢも同じようãĒもぎがå‡ēãĻくるという順åēãĒぎだが。
 ここぞでčŋ°ãšãĻきãĻ、冒頭で「こぎæœŦãĢ書かれãĻいる恋愛ãĢついãĻぎ指摘ぎ多くãĢ僕はæ—ĸčĻ–感があãŖた」と書いたぎは一äŊ“おういうこãŖãĄã‚ƒã€ã¨ã„ã†ãŽã¨ã€ãã‚ŒãŒãŠãŽã‚ˆã†ãĒ恋愛čĻŗであるぎかぎã‚ĸã‚Ļトナイãƒŗはį¤ēせたようãĢ思う。そこで最垌ãĢ「こぎæœŦをčĒ­ã‚ã°ãƒĸテるぎかīŧŸã€ã€Œã“ぎæœŦをおうčĒ­ã‚ã°ãƒĸテるぎかīŧŸã€ãĢついãĻč‹Ĩåš˛ãŽč€ƒå¯Ÿã‚’åŠ ãˆãŸã„ã€‚

 


 īŧ”īŧŽã§ã€ã“ぎæœŦをčĒ­ã‚ã°ãƒĸテるぎīŧŸ

 

   さãĻ『すずãĻはãƒĸテるためである』をčĒ­ã‚ã°ã€ãƒĸテるぎかīŧŸ
 įĩčĢ–ã‹ã‚‰č¨€ãŖãĻしぞâ€Ļâ€ĻわãĒい。順į•ĒãĢゆく。

 

 『すずãĻはãƒĸテるためである』は、ãƒĸテãĒいį”ˇãŸãĄãĢã‚ã‚ŠãŒãĄãĒį˛žįĨžéĸぎčē“きãĢ゚ポットを充ãĻ、į˛žįĨžåˆ†æžįš„ãĢ「抑圧しãĻいるもぎと向き合わせることãĢよãŖãĻį—‡įŠļīŧˆã‚­ãƒĸチワãƒĢさīŧ‰æ˛ģį™‚する」斚æŗ•čĢ–で書かれたæœŦである。
 したがãŖãĻ、こぎæ˛ģį™‚が成功するかおうかぎįŦŦ一歊は、čĒ­č€…ãŒããĄã‚“ã¨ã€Œč‡Ē分ぎį›´čĻ–したくãĒいéĸ」と向き合えるかおうかãĢかかãŖãĻいる。
 だからこそ「そうか、だからč‡Ēåˆ†ã¯ãƒ€ãƒĄã ãŖたぎかīŧã€ã€Œã‚ˆã—こぎæœŦを原čˇĩしãĻäģŠåēĻこそãƒĸテるぞīŧã€ã¨ã„うčĒ­åžŒæ„Ÿã ãŖたとしたら、それはæ€Ēしいぎである。æœŦåŊ“ãĢ向き合ãŖãĻいるãĒã‚‰ã€ã‚‚ã†ãĄã‚‡ãŖとåĢŒãĒčĒ­åžŒæ„Ÿã‚’掋すはずだから。

 

 これはナã‚ĢãƒŗをčĒ­ã‚€ã•ã„ãĢã‚‚ã—ã°ã—ã°č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã“ã¨ã ãŒã€ãƒŠã‚Ģãƒŗį†čĢ–ã¯čĄ¨åą¤įš„ãĢį†č§ŖするぎではãĒく「äŊ“験する」もぎ、そしãĻ「ナã‚Ģãƒŗįš„äēē間をつくりあげる」ためぎもぎである。同じようãĢ、čĒ­č€…は『すずãĻはãƒĸテるためである』をåŊšįĢ‹ãĻたければ、čĒ­ãŋつつåŋƒãŽã†ãĄã§ãĒぞãŖãĻゆくåŋ…čĻãŒã‚る。こぎæœŦãĢ書かれãĻいるバã‚Ģã‹ã‚‰č‡†į—…、そしãĻ「遊åēĻãĒč‡ĒäŋĄã€ã¸ã¨ã€ã•ãĒがら地į„、į…‰į„、そしãĻ夊į•Œâ€Ļâ€ĻというようãĢ「くぐり抜けãĻゆく」åŋ…čĻãŒã‚るぎだ。そぎようãĒ意å‘ŗで『すずãĻはãƒĸテるためである』はビãƒĢドã‚Ĩãƒŗã‚°ã‚šãƒģロマãƒŗである。ただし「č‡Ēåˇąã‚’įŠãŋ上げãĻゆく」それではãĒく、「これぞでぎåŋƒãŽã­ã˜ã‚Œã‚’ãƒĒã‚ģットしãĻゆく」、ã‚ŧロ地į‚šã‚’į›ŽæŒ‡ã™ãƒ“ãƒĢドã‚Ĩãƒŗã‚°ã‚šãƒģロマãƒŗである。

 

 æŦĄãĢ、これはį–‘問į‚šãĒぎだが「こぎæœŦãĢ書いãĻã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’ããĄã‚“ã¨į†č§Ŗできるäēēは、もともとわかãŖãĻいたäēēãĒぎではãĒいかīŧŸã€ã¨ã„うことがある。
 そういうäēēは、こぎæœŦãĢ書いãĻあるようãĒことをäģ–でīŧˆäēēãĢよãŖãĻさぞざぞãĒâ€Ļâ€Ļ䞋えばそれこそフロイトやジジェクでīŧ‰čĒ­ã‚“でįŸĨãŖãĻいたり、äŊ“験įš„、ぞたはį›´čĻŗįš„ãĢわかãŖãĻいたりする。
 逆ãĢäē‘うとこぎæœŦãĢ書いãĻあることがぞãŖたく寝č€ŗãĢ水だというäēēはäģŠãžã§äŊ•ã‚’ã‚„ãŖãĻいたぎかということがある。そういうäēēがこぎæœŦをčĒ­ã‚“で果たしãĻį†č§Ŗできるぎだろうか。

 これãĢついãĻは、ぞあäēē間はグナデãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗãĒぎで、ぞãŖたく寝č€ŗãĢ水だãŖたり厌全ãĢčĒ¤čĒ­ã—ãĻしぞうäēēも、逆ãĢ厌全ãĢį†č§Ŗするīŧã—ãĻいたäēēも、įžåŽŸãĢはいãĒいということだろうか。

 

 「č‡Ē分がこぎæœŦと遊切ãĒ間合いを取れãĻいるかはわからãĒいが、書いãĻあることはãĒるãģおと思う」というようãĒ感æƒŗであれば、おそらく上手くčĒ­ã‚ãĻいるぎではãĒいかと思う。
 ここでもįŦŦ三į¯€ã§čŋ°ãšãŸã‚ˆã†ãĒ、ãƒĸテることを「į›´æŽĨãŽčĄŒå‹•ãŽį›Žæ¨™ã€ãĢするぎではãĒãã€ãã‚Œã¯č„‡ãĢįŊŽã„ãĻ「éĸį™Ŋい恋愛čĢ–ぎæœŦ」というくらいぎ感じで、æĨŊしんでčĒ­ã‚“だãģうがいいようãĢ思う。æĨŊしんでčĒ­ãŋã¤ã¤ã€ã‚ã‚Šã¨ã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ã€‚ãã‚“ãĒãã‚‰ã„ãŒãĄã‚‡ã†ãŠã„ã„ã€‚

 

 こぎようãĢã€ã„ã‚ãč¨€ã„é›Ŗい、つぞり「これäģĨ上はčĒŦ明できãĒいぎで悟ãŖãĻãģしい」という部分がæœŦ書ãĢおうしãĻもå‡ēãĻくるぎは、įŦŦäēŒį¯€ãŽæœ€åžŒã§čŋ°ãšãŸã‚ˆã†ãĢ、æœŦčŗĒįš„ãĢこぎæœŦが恋愛という非原č¨ŧįš„ãĒé ˜åŸŸã‚’æ‰ąãŖãĻいるためである。おぞけãĢč¨€č‘‰ã¨ã„ã†ãŽãŒã€ãŠã‚“ãĒãĢčĒ¤č§ŖぎäŊ™åœ°ãŒãĒいようãĢį´°åŋƒãŽé…æ…Žã‚’しãĻもį„Ąé™ãĢčĒ¤čĒ­ã§ããĻしぞうもぎであるからだ。
 したがãŖãĻ僕č‡ĒčēĢ、こぎæœŦをæ­Ŗしくį†č§ŖできãĻいるかおうかはč¨ŧ明できãĒい。原は大いãĢ勘違いしãĻいる可čƒŊ性もある。もãŖã¨č¨€ã†ã¨ã€åƒ•ãŒããĄã‚“ã¨čĒ­ã‚ãĻいるかおうかはäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇãĢもわからãĒい。
 だがįĸē原ãĢč¨€ãˆã‚‹ã“ã¨ã¯ã€įžįŠļは僕よりもäēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇãŽãģうがãƒĸテãĻいるということだ。とãĻもくやしい。

 

 そんãĒわけで『すずãĻはãƒĸテるためである』をčĒ­ã‚ã°ãƒĸテるぎかīŧŸã€€ã¨ã„う問いãĢ寞するį­”えは「それはいãŖãŸã‚“č„‡ãĢįŊŽã„ãĻ、æĨŊしくčĒ­ã‚“だãģうがいいよ」とãĒる。おそらくそれが、おかしãĒčĒ­ãŋ斚をしãĻさらãĢキãƒĸチワãƒĢくãĒるぎをéŋける最善ぎ斚æŗ•ã§ã‚る。
 そしãĻプナ゚ãĢãĒるかおうかはâ€Ļâ€Ļ僕ぎįĩŒé¨“ãĢį…§ã‚‰ã—合わせるãĒらば、こぎæœŦãĢ書かれãĻいることは成功äŊ“é¨“ã‚ˆã‚Šã‚‚å¤ąæ•—äŊ“験ぎãģうãĢ多く思いåŊ“ãŸã‚‹éƒ¨åˆ†ãŒã‚ã‚‹ã€ã¨ã ã‘č¨€ãŖãĻおく。ãĒぜãĒら「成功ぎãģうはč‡Ē分でそぎつおåˇĨå¤ĢするしかãĒいんですよ」「僕はそぎ゚ã‚ŋãƒŧトナイãƒŗぞではé€ŖれãĻゆきぞす」というぎが、そもそもぎこぎæœŦぎã‚ŗãƒŗã‚ģプトだからだ。

 â€Ļâ€ĻそんãĒわけで、僕もãŧãĄãŧãĄãƒĸテãĻゆくとしぞすかīŧ

 

į˛žįĨžåŒģå­Ļäē‹å…¸

į˛žįĨžåŒģå­Ļäē‹å…¸

原䞋 åŋƒį†å­Ļäē‹å…¸

原䞋 åŋƒį†å­Ļäē‹å…¸

脆åŧąãĒるįĩļ寞―キãƒĒ゚ト教ぎéēį”Ŗとčŗ‡æœŦä¸ģįžŠãŽčļ…å…‹

脆åŧąãĒるįĩļ寞―キãƒĒ゚ト教ぎéēį”Ŗとčŗ‡æœŦä¸ģįžŠãŽčļ…å…‹

斜めからčĻ‹ã‚‹â€•å¤§čĄ†æ–‡åŒ–を通しãĻナã‚Ģãƒŗį†čĢ–へ

斜めからčĻ‹ã‚‹â€•å¤§čĄ†æ–‡åŒ–を通しãĻナã‚Ģãƒŗį†čĢ–へ

*1:äēŒæ‘ãƒ’ãƒˆã‚ˇã€Žã™ãšãĻはãƒĸテるためである』

*2:į˛žįĨžåˆ†æžå­ĻはフロイトãĢよãŖãĻå‰ĩ始され、åēƒįžŠãĢはフロイトäģĨ垌ぎ分洞をåĢめたį†čĢ–äŊ“įŗģ全äŊ“を指す。æœŦį¨ŋでは「フロイト洞」と「į˛žįĨžåˆ†æžã€ã¯ãģãŧ同įžŠã¨ã—ãĻæ‰ąã†ã€‚

*3:ã€Œé˜˛čĄ›æŠŸåˆļ」æĻ‚åŋĩはフロイトč‡ĒčēĢãŒæå”ąã—ãŸã¨ã„ã†ã‚ˆã‚Šã€åŊŧぎテク゚トぎį¤ē唆を受けãĻã‚ĸãƒŗナãƒģフロイトや゚ピãƒŧã‚˛ãƒĢ、ビブãƒĒãƒŗグといãŖãŸåžŒé€˛ãĢよãŖãĻįĸēįĢ‹ã•ã‚ŒãŸã€‚それゆえæœŦį¨ŋでは「フロイト」や「フロイトä¸ģįžŠã€ã§ã¯ãĒく「フロイト洞」「į˛žįĨžåˆ†æžã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’äŊŋį”¨ã—ãĻいる。

*4:åŧ˜æ–‡é¤¨ã€Žåĸ—čŖœį‰ˆį˛žįĨžåŒģå­Ļäē‹å…¸ã€

*5:同書

*6:ここでいう「įŠ¯įŊĒ性」とはã‚ŦチãĒįŠ¯įŊĒč€…ãŽãã‚Œã§ã¯ãĒく、青嚴期ãĢあるãĻいおčĒ°ãĢでもčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹å‚žå‘を指す。

*7:同書

*8:äēŒæ‘、同書

*9:äēŒæ‘、同書

*10:小此木啓吞īŧéĻŦå ´į¤ŧ子『į˛žįĨžåŠ›å‹•čĢ–』

*11:åŧ˜æ–‡é¤¨ã€åŒæ›¸

*12:というより、į˛žįĨžåˆ†æžãĢ寞する扚判としãĻは原際ãĢäē‘われãĻきãĻいることである。フナãƒŗクãƒģīŧĒãƒģブãƒĢノãƒŧ『原䞋åŋƒį†å­Ļäē‹å…¸ã€ãĢおいãĻは、「反動åŊĸ成」ぎ項į›ŽãĢæœŦį¨ŋでčŋ°ãšãŸãŽã¨ãģãŧ同じようãĒ指摘がīŧˆåčĢ–ã‚‚åĢめīŧ‰č¨˜čŧ‰ã•ã‚ŒãĻいる。åŸēæœŦįš„ãĢé˜˛čĄ›æŠŸåˆļすずãĻãĢäē‘ãˆã‚‹čŠąãĒぎで、æœŦ文ではとくãĢ断りãĒく「åĻčĒã€ãĢ寞しãĻ遊į”¨ã—た。

*13:ãĒお、ここでį§‘å­Ļや原č¨ŧぎ側ãĢã„ãĄãŠã†ä¸€į›ŽįŊŽã„たぎは「恋愛åˇĨå­Ļ」ぎようãĒもぎをæƒŗ厚したぎでは全くãĒく、ã‚Ēã‚Žãƒģã‚Ēãƒŧã‚Ŧã‚šīŧã‚ĩイãƒģã‚Ŧダム『性æŦ˛ãŽį§‘å­Ļ』やã‚ĢãƒŧãƒĢãƒģグナマãƒŧ『愛ぎč§Ŗ剖å­Ļ』ぎようãĒč„ŗやéēäŧå­ãŽį ”įŠļ、或いは原験ãƒģčĻŗ察といãŖたã‚ĸプロãƒŧチで明らかãĢãĒãŖãĻゆく部分はあるし、それはäģŠåžŒįĸē原ãĢåĸ—大しãĻゆくと思われるからだ。

*14:äēŒæ‘、同書

*15:゚ナヴりイãƒģã‚¸ã‚¸ã‚§ã‚¯ã€Žč„†åŧąãĒるįĩļ寞』

*16:äēŒæ‘、同書

*17:äēŒæ‘、同書

*18:äģ–æ›¸ã§åŒã˜čŠąã‚’å‡ēしたさいãĢã€ã‚¸ã‚¸ã‚§ã‚¯ã¯č‹ąé›„ãŽã€Œæ„›åŦŒãŽã‚ã‚‹åŧąį‚šã€ãŽäž‹ã¨ã—ãĻ「č‡ĒčģĸčģŠãĢäš—ã‚ŒãĒい」というぎを挙げãĻいた。

*19:ジジェク、同書

*20:äēŒæ‘、同書

*21:äēŒæ‘、同書

*22:äēŒæ‘、同書

*23:゚ナヴりイãƒģジジェク『斜めからčĻ‹ã‚‹ã€

*24:僕はこぎįŠļ態をčĒŦ明するåĨŊ䞋としãĻ『キãƒŖプテãƒŗįŋŧ』ぎ大įŠēįŋŧを挙げたい。åŊŧãŒč¤‡æ•°ãŽåĨŗ性からåĨŊæ„ã‚’æŠąã‹ã‚Œã‚‹ãŽã¯ã‚ĩッã‚ĢãƒŧãĢå¤ĸ中だからである。もしåŊŧがåĨŗãĢå¤ĸ中だãŖたら、たãļんãƒĸテãĻはいãĒいだろう。