やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

哲学者の新しい服(或いはサンタグムの闘争)


 『現代思想 特集=<消費社会>の解読』 (1982)に掲載されている上野千鶴子の論考「商品 差別化の悪夢」を読んだ時は、「衝撃」というのは云い過ぎだがかなり興味深いことを書いているなと思った。上野はそこで、言語学における「サンタグム」と「パラディグム」という概念をもちい、人の消費欲求に見られるある法則を説明しようと試みていた。

 

 上野の書き方はひじょうに難解なので、かなり僕なりに意訳することを許していただきたいのだが、まず碁盤の目あるいは方眼ノートのようなものを想像してほしい。その横線が「サンタグム」であり縦線が「パラディグム」である。そしてひとつの商品とは、サンタグム(横線)とパラディグム(縦線)が交わる点である。

 

 ここでいうサンタグムとは(もともとの言語学的意味では「時間の流れ」を意味するそうだが、さておき)統一性のことであり、たとえば階級だとか価値観、生活スタイルのようなものを指す。
 階級といえばピラミッド、あるいはミルフィーユのようなイメージが浮かぶ人は少なくないと思うのだが、あの階層の一つ一つは横線でありすなわちサンタグムであると言える。
 ただ、話は階級だけに留まらず、たとえば「パンク風」とか「育ちのよいお坊ちゃん風」「オタク風」みたいなものにも統一性があるのでサンタグムと云える。つまり必ずしも上下、優劣を意味するわけではないというわけだ(しかし「スポーツマン」のほうが「オタク」より上なのではないか、といったスクールカーストのことはひとまず置いておこう)。

 

 サンタグムは連続した並びである「セリー」を持つ。セリー(Série)というフランス語は音楽用語で「音列」などと訳されるが、そっちで理解しようとするとかえって難しくなるので、ここでは単に英語の「シリーズ」と同じと理解すればよいだろう。つまりオタクの部屋にはオタク風の机があり、オタク風の服があり、オタク風の本がある、それってシリーズだよね、ということだ。

 

 さて、一方パラディグムとは縦の線であり、代替可能な選択肢の集合をいう(これは言語学的意味においても消費欲求を語るさいにも違いはない)。たとえばダイソーの三本100円のペンと丸善の千円のペンとモンブランの五万円のペンは同じパラディグムに属する。かくしてサンタグムとパラディグムの交わる点は、一つの商品を指す。
 そして、上野は次のように話を続ける。

 

 ところで商品を買う、つまり生活のセリーの中に、そこになかった新しいモノを持ちこむことはどういうことか? ダンヒルのライターを買う、ということは、ダンヒルを使うような生活のセリーと結びついているはずなのに、それがライター以外に拡張しない場合には「一点豪華主義」と言う。誰もが知っているように、庶民にとって「ピアノを買う」ということは「ピアノのある山の手ふうの生活」への憧れを意味していた。私たちが笑うのは、四畳半へピアノを持ちこむ、生活のセリーの中でのそのアンバランスであって、スタンダード・パッケージ全体を底上げしたいという、庶民の欲望の方ではない。人なみ願望を笑うことは、誰にもできない。やがて人々はピアノを置ける応接間つきの郊外一戸建住宅を買い、レミーマルタンを飲み、パイプをくゆらす。一つのモノはサンタグムの系列に意味を波及する。こうして一つのサンタグムの全体が別のサンタグムに置きかわり、「人なみ化」が完成する。

 (『現代思想 特集=<消費社会>の解読』所収、上野千鶴子「商品 差別化の悪夢」)

 

 つまり「ダンヒルのライター」や「ピアノ」といった商品=モノは、所有者のそれまでのセリー(四畳半暮らし)にとって異質であり、それを放置することは滑稽なアンバランスとなる。それゆえ、やがて異物が排除されるか、あるいは異物じたいがそれにふわさしい環境を強制する=所有者のサンタグムを置き換えるというわけだ。

 

 なお、上野の言及は主に高度経済成長期を想定しているので、こうした「人なみ化」、サンタグムの上方への置き換わりが強調される言い回しとなっている。国民生活全体が底上げされ、誰もが「明日は今日より良くなる」と思い、また実際にそうなった時代であった。異物側が排除される(たとえば気負って買ってはみたものの、分不相応なものとして質屋に売られる)場合について言及がないのもそのためであろう。

 

 こうした上野の論考は、のちにボードリヤールの初期著作、とりわけ『物の体系』の強い影響下にあることに気付いた。『物の体系』には「サンタグム」「パラディグム」そして「シリーズ」(セリー)という言葉が頻繁に使用されているしその使われ方もかなり近い。またこの種の指摘はボードリヤール‐上野のラインだけではなく、たとえば経済人類学者のメアリー・ダグラスも次のように書いている。

 

 消費に埋め込まれた価値をめぐる長い対話の中で、ひとまとまりの財は、多少とも一貫性を持ち多少とも意図的な一組の意味を提示する。それは、コードを知っており情報を得るために財を走査する者によって、読み取られる。
 (メアリー・ダグラス『儀礼としての消費』)

 

 さらに、ポール・ファッセル『階級』ではこうしたことについて極端に即物的かつ仔細にわたる(どの階級の部屋には何が置いてあるといった)記述があり、俗な好奇心を満足させて愛読書の一つになっている。つまりこうした認識はとうの昔に、比較的広範に共有されていると言えるだろう。
 だが、それはべつに上野の論考の興味深さを損なうものではない。僕は上野の論考を読んでいた当時(といってもリアルタイムではなくおよそ15年ほど前の話だが)、自分の限られた収入のなかでいかに部屋や持ち物を「イイ感じ」にするか、といったことを試行錯誤していた。まあ若者が誰でも考えるようなことではあるけれど、そのさいに上野の提示したサンタグム‐パラディグム、そしてセリーといったモデルは、自分なりの思考の基盤を与えてくれたのである。

 

 □

 

 時は経ち、僕の部屋いじりもいったん終わって『現代思想』のその号は書庫の片隅に追いやられた。上野の論考もすっかり忘れ去り、したがってジュリエット・B・ショアの著書のなかで「ディドロのガウン」の話を見つけた時でさえ、それを思い出しはしなかった。

 

 一八世紀フランスの哲学者デニス・ディドロは、『私の古いガウンを手放したことについての後悔』という題のエッセーを書いた。ディドロの後悔は、美しい緋色のガウンの贈り物によって引き起こされた。彼はその新たに手に入れたモノを喜び、すぐに古いガウンを捨ててしまった。しかし間もなく、そのガウンを着た自分の環境がガウンの優雅さをぴったりと反映していないような気がしはじめ、彼の喜びは苦しみに変わった。彼は自分の書斎や、擦り切れたタペストリー、机、椅子に不満を感じるようになり、部屋の書棚にさえも満足できなくなった。書斎にある、慣れ親しんだものではあるが使い古した家具や備品が、一つまた一つと入れ替えられた。最後には彼は、新しい環境で流行の堅苦しさの中に居心地悪く座っている自分に気づき、「他のすべてのものをその独自の優雅なスタイルに従って調和させる、尊大な緋色のガウン」の及ぼす力を後悔した。
 (ジュリエット・B・ショア『浪費するアメリカ人』)

 

f:id:visco110:20190624154659j:plain

 フラゴナール『ディドロの肖像』(1769-?) 

 

 最近になって上野千鶴子の単行本『〈私〉探しゲーム』をぱらぱらめくっていたところ、かつて読んだ上野の論考がそのまま収録されていた。それを読み返しているうち、ようやく僕は気付いた。

 

 「ディドロのガウンって思いっくそコレじゃん」

 

 そうなのである。「ディドロのガウン」の話とは、美しい緋色のガウンというセリーを乱す異物によって、ディドロのサンタグムが変化してしまった話だったのである。
 ショアはアメリカの消費社会を論じた同著作において、こう話を続けている。

 

 現代の消費研究者たちは、そのような調和を求める努力を「ディドロ効果」と呼んでいる。そして、ディドロ効果は強制的なものである(中には問題を予見して最初のアップグレードをしない人たちもいる)と同時に、所得が増えていく社会にあっては、その調和を求める循環に巻き込んで後を追わせる圧力は圧倒的なものである。
 (同書)

 

 「所得が増えていく社会にあっては、その調和を求める循環に巻き込んで後を追わせる圧力は圧倒的なものである」……これもまた、上野が例えに出した、ピアノが「サンタグムの系列に意味を波及」し、やがて「人なみ化」が完成するといった高度経済成長時代の話そのものである。

 

 □

 

 現在、「ディドロ効果」という言葉で検索をかけると、ヒットするのはほとんど「売る側」の記事ばかりである。ディドロ効果をビジネスに活用する、ディドロ効果で売り上げをアップさせるマーケティング、ディドロ効果でリピーターやファンを増やす、云々。そっちの界隈ではわりと知られている言葉のようだ。
 しかしディドロが言いたかったのは「こんなことなら古いガウンを捨てて新しいガウンに乗り換えるんじゃなかった」というまったく逆のベクトルであり、またジュリエット・B・ショアもディドロの趣旨にそって、こうした消費のサイクルに乗せられてしまうことによるさまざまな弊害(働きすぎ、クレジット破産、環境への負荷、ゆとりの喪失、云々)を説き、オルタナティヴなライフスタイルである「ダウンシフター」を推している。ショアが最も重要と考えるのは次のようなことである。

 

 ダウンシフターは自分のライフサイクルを自分の価値観と一致させていることだ。生活の減速が起こっているのは、多数のアメリカ人が、実は自分の価値観と自分の生活がもはや一致していないと認識しているから、あるいは彼らがもっとも気遣いしたいもの(子ども、家族、地域社会、自己発達)にかける時間がないから、自分のやっている仕事に心をおけないから、アイデンティティのためのお金と消費の結びつきが無意味に思えはじめたから、という理由による。
 (同書)

 

 豊かになりたい、「となりのジョーンズ家に負けたくない」という思いと、質素でゆとりのある暮らしへの志向は、どちらが我々の理想像としてふさわしいかは一概には言えない。それは状況や選択次第だろう。けれどまあ今は高度経済成長期でもないし、GDPと幸福の関係なさも見えてきているし、やはりディドロの云いたいことを一八〇度反転させるのはいかがなものか、ということもある。
 いずれにせよ、この売りつける側(資本、マーケッター)と買わないようにする側(ディドロ、ダウンシフター)のせめぎあいは、蓋をあければサンタグムを維持しようとする力と変えようとする力との終わりなき戦いだったのである。

 

階級(クラス)―「平等社会」アメリカのタブー (光文社文庫)

階級(クラス)―「平等社会」アメリカのタブー (光文社文庫)

浪費するアメリカ人――なぜ要らないものまで欲しがるか (岩波現代文庫)

浪費するアメリカ人――なぜ要らないものまで欲しがるか (岩波現代文庫)

「私」探しゲーム―欲望私民社会論

「私」探しゲーム―欲望私民社会論