やすだ đŸ˜ēãŗょうたろうぎブログīŧˆäģŽīŧ‰

厉į”°é‹˛å¤Ē郎(ツイッã‚ŋãƒŧã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗト@visco110)ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ã§ã™ã€‚ãƒ–ãƒ­ã‚°åč€ƒæĄˆä¸­ã€‚

ポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグãŖãĻおうãĒぎīŧŸ

 

 

 

 「äģŠå›žã¯ãƒã‚¸ãƒ†ã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグãĢついãĻč‚¯åŽšå´ã¨åĻ厚側ãĢ分かれãĻäģŽæƒŗ討čĢ–するãŖãĻことで、あたしはåĻ厚側ãŖãĻことãĢãĒãŖãĻるんだけお、ハッキãƒĒ言ãŖãĻåĻĨ協しãĻおčŒļをæŋã™æ°—はãĒいからね。ãŖãĻいうかバãƒŧバナãƒģエãƒŧãƒŦãƒŗãƒŠã‚¤ã‚¯ãŽãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗ扚判でå°ŊきãĻるんじゃãĒいīŧŸã€€ã‚ãĒた、ãĒんだかニãƒĨãƒŧã‚ĩイエãƒŗ゚とかéŊ§ãŖãĻį†čĢ–æ­ĻčŖ…しようとしãĻたãŋたいだけお、ぞあčĒŦ垗力ãĢはæŦ ã‘るわよね」
 「あãŖビãƒŧãƒĢください、ジョッキで。â€Ļâ€Ļえãƒŧとぞあ、バãƒŧバナãƒģエãƒŧãƒŦãƒŗナイクがäē‘うようãĒãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗãŽå•éĄŒã¯įĸēかãĢあるんだけお、それでも」

ã€€ã€ŒãĄã‚‡ãŖと垅ãŖãĻ。čĒ­č€…ぎためãĢ、一åŋœã‚¨ãƒŧãƒŦãƒŗナイクが指摘しãĻã„ã‚‹ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗãŽå•éĄŒã‚’čĻį´„しãĻおくわね。ぞずįŦŦ一ãĢã€ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗãĢはそこぞでぎ劚果はãĒã„ã“ã¨ã€‚éĄ˜ã†ã ã‘ã§ä¸Šå¸ãŽæŠŸåĢŒãŒč‰¯ããĒãŖたり、åĨ‘į´„が取れたりしãĒいし、ぞしãĻやåŋƒãŒåŽ‡åŽ™ã¨ãĒんらかぎ斚æŗ•ã§é€Ŗ動しãĻいãĻ、運å‘Ŋが変わãŖたり、äŊ•ã‹ãŒåŧ•ãå¯„せられたりもしãĒい。į˛žįĨžį™‚æŗ•ãĢはåģļå‘Ŋぎ劚果があるかおうかãŖãĻいうぎもエãƒŧãƒŦãƒŗナイクがį´šäģ‹ã™ã‚‹äģŠä¸–į´€ãĢå…ĨãŖãĻからぎåŒģå­Ļį•ŒãŽéĸ¨æŊŽã§ã„うと、けãŖこう垎åĻ™ã€‚前回ぎブログではそぎへん、少しツッã‚ŗミがį”˜ã‹ãŖたかも」

 

visco110.hatenablog.com

å‰å›žč¨˜äē‹ã€‚äģŠå›žã¨é–ĸäŋ‚ãŒæˇąã„ãŒã€ãžã‚čĒ­ãžãĒくãĻã‚‚åˇŽæ”¯ãˆã¯ãĒい。


 「でもさあ、䞋えばやる気をå‡ēしたら、čēĢだしãĒãŋや喋り斚とかãĢ垎åĻ™ãĢå‡ēるじゃãĒいīŧŸã€€ãã†ã„うぎがåĨŊå°čąĄãĢįš‹ãŒãŖãĻäēē間é–ĸäŋ‚å…¨čˆŦãŒã†ãžãčĄŒããŖãĻ可čƒŊ性は」
 「それはčēĢだしãĒãŋã‚„å–‹ã‚Šæ–šãŒč‰¯ã‹ãŖたからでしょ」
 「あ、うん、それをやるためぎ気力ãŖãĻいうかâ€Ļâ€Ļ」
 「あぎねえ、気力があるとかãĒいとかじゃãĒくãĻ、čēĢだしãĒãŋã‚„å–‹ã‚Šæ–šãĒんãĻ、大äēēだãŖたらãŋんãĒ気をéŖãŖãĻるもぎãĒぎよ。とくãĢåĨŗはね」
 「あ、ああ」
 「ぞあいいわ。とりあえずäģ–ãŽå•éĄŒã‚’ãąãąãŖã¨å…¨éƒ¨č¨€ãŖãĄã‚ƒã†ã‹ã‚‰ã€į´åž—いかãĒいことがあるãĒã‚‰ãžãŸåžŒã‹ã‚‰č¨€ãŖãĻ」
 「あãŖはい」
 「įŦŦäēŒãŽå•éĄŒã¯ã€åŽ‰æ˜“ãĒæĨŊčĻŗはæŗ¨æ„ã‚’怠る原因ãĢãĒるãŖãĻことね。čŋ‘äģŖåŒģå­ĻをåĻ厚しãĻあやしげãĒ民間į™‚æŗ•ãĢé ŧãŖãŸã‚Šã€ã†ãĄãŽå­ãŒã„ã˜ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻることãĒんかぞさかãĒいだろう、ãĒんãĻč€ƒãˆãĻ寞å‡Ļが遅れたり、よくčĻ‹ã‚‚せずãĢé“čˇ¯ã‚’æ¸ĄãŖたり。大きãĒãƒŦベãƒĢではã‚ĢãƒŦãƒŗãƒģã‚ģãƒĢロが、æĨŊčĻŗä¸ģįžŠãĢよãŖãĻさぞざぞãĒ備えを怠り、įŊ厄を招いたäē‹äž‹ã‚’挙げたį ”įŠļ書『Never Saw It Coming:Cultural Challenges to Envisioning the Worst』がある。それãĢよると、同時多į™ēテロぎ時も、イナクæˆĻäē‰ã‚‚、ハãƒĒã‚ąãƒŧãƒŗãƒģã‚ĢトãƒĒãƒŧナも、ãƒĒãƒŧマãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ãŽæ™‚ã‚‚ã€æ”ŋåēœãŽä¸æŗ¨æ„ãĢよãŖãĻčĸĢåŽŗãŒæ‹Ąå¤§ã—ãŸåą€éĸãŒãĄã‚‰ãģらあるâ€Ļâ€Ļぞあ時間がãĒいからįĢ¯æŠ˜ã‚‹ã‚ã­ã€
 「お、おう」
 「įŦŦä¸‰ãŽå•éĄŒã¯č‡Ēåˇąč˛ŦäģģčĢ–と厚易ãĢįĩãŗつくこと。前向きãĢį›Žæ¨™ãĢ向かãŖãĻゆくことでåŋ…ずå¤ĸが遊うとしたら、遊ãŖãĻãĒいäēēはそれをしãĒかãŖたãŖãĻことīŧŸã€€å¤ąæĨ­č€…はåŠĒ力がčļŗりãĒかãŖたからīŧŸã€€į—…æ°—ãĢãĒã‚‹ãŽã¯č˛ ãŽã‚Ēãƒŧナをæēœã‚čžŧんだからīŧŸã€€ã¤ãžã‚Šã€ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗはæ”ŋæ˛ģįš„ãƒģį¤žäŧšįš„å•éĄŒã‚’å€‹äēēぎåŋƒãŽå•éĄŒãĢ還元する傞向を持ãŖãĻいる」
 「それはæœŦåŊ“å•éĄŒã ã¨æ€ã†ã‚ˆã€
 「įŦŦå››ãŽå•éĄŒã¯é‡‘ã‚‚ã†ã‘ãĢäŊŋわれること。č‡Ēåˇąå•“į™ēã‚ģミナãƒŧやポジテã‚Ŗブ商材をすずãĻåĻ厚するわけじゃãĒいわ。でも、äŋĄã˜ã‚„ã™ã„éĄ§åŽĸをã‚ĢãƒĸãĢしãĻé‡‘å„˛ã‘ã—ãĻるとしか思えãĒいäēēãŸãĄãŒã„ã‚‹ã§ã—ã‚‡īŧŸã€
 「ぞあåŊŧらは重čĻãĒįœŸåŽŸã‚’äŧæŽˆã—ãĻいるぎだと思ãŖãĻã„ã‚‹ã—ã€åŽŸéš›ãã‚Œã§å„˛ã‹ã‚Œã°ã€ã‚„ãŖãąã‚Šãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗぎ教えはæ­ŖしかãŖた、ということがč¨ŧ明されるぎで、åŊŧらぎãĒかではãĒんぎįŸ›į›žã‚‚ãĒいわけだ」
ã€€ã€Œã§ã‚‚éĄ§åŽĸはãŋんãĒå¤ĸが遊ãŖたかしらīŧŸã€€éŠãŖたäēēがいたとしãĻ、įĩåą€ãŠé‡‘を払うだけ払ãŖãĻ遊わãĒかãŖたäēēはそぎäŊ•å€ã„るぎかしらīŧŸã€
 「それãĢも同意する。æ”ŋæ˛ģįš„ãƒģį¤žäŧšįš„å•éĄŒã‚’æœŦäēēぎåŋƒãŽå•éĄŒãĢ還元したり、おうčĻ‹ãĻã‚‚å†…åŽšãŽč–„ã„ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗæœŦがベ゚トã‚ģナãƒŧãĢãĒãŖãĻるぎをčĻ‹ã‚‹ã¨æ†¤ã‚Šã‚’įĻã˜åž—ãĒいね」
 「そういうæœŦをブックã‚Ēãƒ•ã§č˛ˇãŖたりしãĻるでしょ、あãĒた」
 「ぞあそぎ、čĒ­ãŋ捨ãĻį¨‹åēĻãĢã¯čˆˆå‘ŗがあãŖãĻ。とãĢã‹ãã€æ¨ŠåŠ›č€…ã‹ã‚‰čĻ‹ã‚Œã°éƒŊ合ぎいいäēē間をäŊœã‚Šä¸Šã’るとか、ポジテã‚Ŗãƒ–åą‹ã•ã‚“ãŽã„ã„ã‚ĢãƒĸãĢãĒるといãŖãŸå•éĄŒã‚’æ…Žé‡ãĢéŋã‘ãŸä¸Šã§ã€ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗãĢはおこかしら有į›ŠãĒ部分があるんじゃãĒいかãŖãĻいうね」
ã€€ã€Œã˜ã‚ƒã‚ãã‚Œã‚’čžãå‰ãĢæœ€åžŒãŽå•éĄŒã‚’į‰‡äģ˜ã‘ãĻしぞいぞしょう。įŦŦäē”ãŽå•éĄŒã¯åŒčĒŋ圧力。全į„ļäģ–äēēãŽčŠąã‚’čžã‹ãšãĢ、äēŒč¨€į›ŽãĢはクヨクヨしãĻいãĻもäģ•æ–šãŒãĒã„ã€å•éĄŒį‚šã‚’洗いå‡ēしãĻ寞į­–ã‚’č€ƒãˆãĒければ、ãŋたいãĒことをやたらåŧˇčĒŋしãĻくるäēēãŖãĻいるでしょ」

 「ぞあいるねえ」

 「å…Ģ十嚴äģŖãĢã‚ĸãƒŧãƒĒãƒŧãƒģãƒ›ãƒƒã‚¯ã‚ˇãƒŧãƒĢドぎ有名ãĒį ”įŠļがあãŖãĻ、éŖ›čĄŒæŠŸãŽã€ã‚šãƒƒãƒãƒŧとかãŖãĻâ€Ļâ€Ļãģら、ãĒんãĻいãŖたãŖけ」
 「åŽĸåŽ¤äš—å‹™å“Ąã€
 「そうそう、åŽĸåŽ¤äš—å‹™å“Ąã¯å¸¸ãĢæ˜Žã‚‹ãæŒ¯ã‚‹čˆžã‚ãĒããĄã‚ƒã„ã‘ãĒいでしょīŧŸã€€ãã‚Œã§ã‚šãƒˆãƒŦ゚がハãƒŗパãĒいãŖãĻいうね」
 「うん」
 「それから、エãƒŧãƒŦãƒŗナイクぎこぎæœŦīŧˆã€Žãƒã‚¸ãƒ†ã‚Ŗブį—…ぎå›Ŋ、ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģ』īŧ‰ãŽãĒã‹ã§æœ€ã‚‚å°čąĄįš„だãŖたんだけお、あたしãĒã‚ŠãŽč¨€č‘‰ã§äē‘うと、įĩåą€ã€æ˜Žã‚‹ããĻæēŒå‰Œã¨ã—たäēēがåĨŊかれるãŖãĻいうぎはあるį¨ŽãŽč‡Ēåˇąæˆå°ąäēˆč¨€ã§ã‚る可čƒŊ性がéĢ˜ã„ぎよね。つぞりį¤žäŧšãŽãĒかでポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグãĢ染ぞるäēēがåĸ—えればåĸ—えるãģお、原際ãĢポジテã‚ŖブãĒäēēがåĨŊかれる世ぎ中ãĢãĒãŖãĻゆくわけ。ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãģãŠãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗがæĩ¸é€ã—ãĻいãĒいå›Ŋでは、į„Ąį†ã—ãĻæ˜Žã‚‹ãæŒ¯ã‚‹čˆžã‚ãĒくãĻもさãģおæĩŽãã“ともãĒい。ぞあæ—ĨæœŦãĒã‚“ã‹ã¯ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗへぎåŧˇčŋĢčĻŗåŋĩが、けãŖこうã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãĢčŋ‘い水æē–ぞでæĨãĻいると思うけれお」
 「あãŖすいぞせんビãƒŧãƒĢおかわり」

 

 īŧŠ

 

 「エãƒŧãƒŦãƒŗナイクぎįĩčĢ–は、けãŖきょくæĨŊčĻŗä¸ģįžŠã‚‚æ‚˛čĻŗä¸ģįžŠã‚‚ãƒ€ãƒĄã§ã€įžåŽŸã‚’曇りãĒきį›Žã§čĻ‹ãĒさい、世ぎ中ãĢはピãƒŗチもチãƒŖãƒŗ゚もあるし、å¤ĸは遊うかもįŸĨれãĒいし遊わãĒいかもįŸĨれãĒい、でもįĩåą€ãã†ã„うニãƒĨãƒŧトナãƒĢãĒčĒč­˜ãŒæœ€ã‚‚成功する可čƒŊ性をéĢ˜ã‚ã‚‹ã¨ã„う、これはč‡ŗæĨĩぞãŖとうãĒもぎだとあたしは思うãĒ」
 「そりゃそうかもįŸĨれãĒいけれお、ãĒんかロマãƒŗがãĒいãŖãĻいうか」
 「はīŧŸīŧˆåŠã‚ŽãƒŦīŧ‰ãƒ­ãƒžãƒŗãŖãĻãĒãĢīŧŸã€
 「あãƒŧいや、ãĒんãĻいうか、世ぎ中ãĢはį§‘å­ĻではčĒŦ明できãĒã„ä¸æ€č­°ãĒįžčąĄã ã¨ã‹ã€ã‚šãƒ”ãƒĒチãƒĨã‚ĸãƒĢãĒ領域ãŋたいãĒもぎが」
 「ãĒいよね」
 「いや、ãĒいãŖãĻã„ã†č¨€ã„æ–šã¯ãĄã‚‡ãŖと」
 「ぞあįžįŠļぎį§‘å­ĻでčĒŦ明ぎつかãĒいこともある、くらいぎおčŒļをæŋã—ãŸč¨€ã„æ–šãŽãģうが柔čģŸãĒ態åēĻだãŖãĻことãĢãĒãŖãĻるんでしょう。ãĒã„ã¨ã‹č¨€ã„åˆ‡ãŖãĄã‚ƒã†ã¨į§‘å­ĻをåĻ„äŋĄã—ãĻるとかãĒんとか。ぞあそういうことãĢしãĻおきぞしょう。そんでīŧŸã€
 「ロマãƒŗã¯č¨€č‘‰ãŽãƒãƒ§ã‚¤ã‚šãŒæ‚ĒかãŖた。ãĒんãĻいうかãĒ、意æƒŗ外ぎワクワクというか」
 「それãŖãĻã€ŠåŠ´æ°‘ã¯å¯“čŠąã¨åĨ‡čˇĄã‚’äŋĄã˜ã‚‹ã€‹ãŖãĻやつじゃãĒいぎīŧŸã€€ã“ã‚“ãĒつらいæ—Ĩ々ぎįš°ã‚Ščŋ”しだけれお、もしかしたらäŊ•ã‹ãŽé–“é•ã„ã§č˛ĄåŽã‚’æ‰‹ãĢå…ĨれãĻįŽ‹åĨŗ様とįĩåŠšã§ãã‚‹ã‹ã‚‚įŸĨれãĒいとか、魔æŗ•äŊŋいぎåŧŸå­ãĢãĒれるかもįŸĨれãĒいãŖãĻいう」
 「ãĒんかさあ、そういうčēĢã‚‚č“‹ã‚‚ãĒい世į•ŒčĻŗãŖãĻåŋƒãŒå¯‚寞としãĻきぞせんか」
 「あãĒたãŋたいãĢæœēãĢåē§ãŖãĻįžäģŖ思æƒŗがおうぎ、ã‚Ēã‚ĢãƒĢトがおうãŋたいãĒホワワãƒŗã¨ã—ãŸã“ã¨č€ƒãˆãĻたいäēēãĢとãŖãĻはéĸį™ŊくãĒいかもね。でも、おうãĒぎīŧŸã€€äģŠå›žãƒ‹ãƒĨãƒŧã‚ĩイエãƒŗã‚šįŗģぎæœŦをčĒ­ã‚“でį´åž—したīŧŸã€
 「いや、それが全į„ļãĒんだ。たとえばįŸŗåˇå…‰į”ˇã€Žãƒ‹ãƒĨãƒŧã‚ĩイエãƒŗ゚ぎ世į•ŒčĻŗ』ãĢいう、čĨŋæŦ§į¤žäŧšã¯æ°—候がåŽŗしかãŖたから、č‡Ēį„ļとäēēéĄžã¯å¯žįĢ‹ã™ã‚‹ã‚‚ãŽã ã¨æ‰ãˆã‚‰ã‚Œã€ããŽã¸ã‚“ãŒæąæ´‹ãŽã€č‡Ēį„ļとäēē間をé€ŖįļšäŊ“としãĻ捉える思æƒŗとは違う、éŖŸãšã‚‹ã‚‚ぎだãŖãĻåŽļį•œãŽč‚‰ã‚’éŖŸãšã‚‹ãŽãŒåˆį†įš„だãŖたから、äēēと動į‰Šã¨ãŽåĸƒį•Œįˇšã‚‚はãŖきりさせるåŋ…čĻãŒã‚ãŖãĻ、äēē間はとãĢかくč‡Ēį„ļとも動į‰Šã¨ã‚‚éš”įĩļしたį‰šåˆĨぎ存在だとする厗教がįĢ‹ãĄä¸ŠãŒãŖた、ãĒんãĻいう指摘はéĸį™ŊかãŖたんだけお」
 「ぞあそこはね」

 

f:id:visco110:20200423194158j:plain

 åŽļį•œã¨ã¯įĨžã‹ã‚‰ãŽč´ˆã‚Šį‰Šã§ã‚ã‚‹īŧ


 「けれお、åŋƒã¨į‰ŠäŊ“を切りé›ĸすという世į•ŒčĻŗからį”Ÿãžã‚ŒãŸčŋ‘äģŖ合į†ä¸ģįžŠãĢはčĻ‹ãˆãĒい部分があãŖãĻ、įžäģŖはそぎ限į•ŒãŒãŊつãŊつčĻ‹ãˆãĻきた時äģŖã ã€ã“ã“ã¯ã˛ã¨ã¤ã€Šé€ŖįļšäŊ“ぎ思æƒŗã€‹ã§ã‚ã‚‹æąæ´‹æ€æƒŗãĢį›Žã‚’向けるåŋ…čĻãŒã‚る、ãĒんãĻ芹ãĢãĒãŖãĻ、やれčĨ–だぎæŧĸæ–šč–Ŧだぎåĸ¨įĩĩだぎãŖãĻčŠąã‚’ã•ã‚ŒãĻも、ねえ」
 「おぞけãĢ量子力å­Ļãžã§æŒãĄå‡ēしãĻたわよね。ãĒんかã‚Ēã‚ĢãƒĢトぎäēēãŸãĄãŖãĻ量子力å­Ļã‚’ã‚ˆãæŒãĄå‡ēすわね」
 「ã‚Ēã‚ĢãƒĢトじゃãĒい、ニãƒĨãƒŧã‚ĩイエãƒŗ゚」
 「ニãƒĨãƒŧã‚ĩイエãƒŗã‚šīŧˆįŦ‘īŧ‰ã€
 「īŧˆįŦ‘īŧ‰ã¯ã¤ã‘ãĒくãĻいい」
 「ぞあいいわ。それで䞋ãĢよãŖãĻ、ミクロぎæŦĄå…ƒãĢおいãĻはčĻŗæ¸ŦすることãĢよãŖãĻčĻŗæ¸Ŧå¯žčąĄãĢåŊąéŸŋを与えãĻしぞう、とかãĒã‚“ã¨ã‹č¨€ãŖãĻ。そんãĒ感じでčĨŋ洋įš„ãĒ《非é€ŖįļšãŽæ€æƒŗã€‹ã‚’ã˛ãŖくりčŋ”そうとするんだけお、でもすずãĻã‚ĸãƒŦゴãƒĒãƒŧãĢすぎãĒいわけでしょ」
 「ぞあそうãĒんだよね。プマがåē­ã¨åŽ¤å†…ぎåĸƒį•Œįˇšã‚’曖昧ãĢしãĻいようが、æŧĸæ–šč–ŦãŒã˛ã¨ã¤ãŽæˆåˆ†ã‚’æŠŊå‡ēするぎではãĒくトãƒŧã‚ŋãƒĢとしãĻčēĢäŊ“ãĢ働きかけようが、īŧ¸įˇšãŒé›ģå­ãŽå‹•ãã‚’äšąãã†ãŒã€ã™ãšãĻã¯äž‹ãˆčŠąãĢすぎãĒい」
 「明けãĒい夜はãĒい、とかäē‘うぎと同じよね。そりゃ地įƒãŒč‡ĒčģĸしãĻるかぎりは垅ãŖãĻりゃå¤Ēé™Ŋぎ側を向くでしょうけおだからäŊ•īŧŸã€€ãŋたいãĒ。つぞり、けãŖきょくåŋƒãŒį‰ŠčŗĒãĢåŊąéŸŋを与えるãĒんãĻことは原č¨ŧできãĒã„ã€‚ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗãŒč‰¯ã„äē‹ã‚’čĩˇã“すということはあり垗ãĒい」
 「ぞあ、ã‚Ģãƒ—ãƒŠã‚„ã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãƒŧぎæŠŊ蹥įš„æ€č€ƒã¯čˆˆå‘ŗæˇąã„į‚šã‚’多々åĢむとは思うけれお」
 「世ぎ中ãĢはæŠŊčąĄã‚’ã‚‚ãĻあそãļよりもæĨŊしいäē‹ãŖãĻたくさんあるぎよīŧŸã€€ã‚ã€ã”ã‚ã‚“č¨€ã„éŽãŽãŸīŧŸã€
 「いぞさら気をéŖうãĒīŧã€€â€Ļâ€Ļぞあ大äŊ“パãƒŗチナイãƒŗはわかãŖた。でもさあ、速水åĨ朗も『č‡Ē分æŽĸしがæ­ĸぞらãĒい』ぎナ゚トでäē‘ãŖãĻたじゃãĒい。č‡Ēåˇąå•“į™ēã‚ģミナãƒŧやæĩˇå¤–攞æĩĒãĒお厉易ãĢポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグãĢ逃げčžŧむå§ŋå‹ĸを扚判しãĻきたけれお、ポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグそぎもぎをåĻ厚しãĻいるわけじゃãĒい、ãŖãĻ」
 「そうね。個äēēで前向きãĢãĒろうとしãĻるãļんãĢは、åˆĨãĢåĨŊきãĢすればīŧŸã€€ãŖãĻ思うけお」
 「そこãĒんだよ。そぎį§įš„ãĒæŽĩ階でぎポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗã‚°ãŽč‚¯åŽšã‚’čŠĻãŋたいんだよねâ€Ļâ€Ļあãƒŧ、でもとりあえずビãƒŧãƒĢおかわりしようかãĒ。ãĒんかé ŧむīŧŸã€
ã€€ã€Œãã†ã­ã€ã˜ã‚ƒã‚ã‚ˇãƒŖãƒŗテã‚Ŗã‚ŦフをもらおうかãĒ」

 

 īŧŠ

 

 「これぞでå‡ēãĻきたようãĒポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗã‚°ãŽå•éĄŒį‚šã‚’取り除いたときãĢ、それでも栚æœŦįš„ãĒポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグぎ《核》ãŋたいãĒもぎが掋るじゃãĒいīŧŸã€€æ­ģãŦぞでクヨクヨしãĻるãĒんãĻ僕č‡ĒčēĢはご免こうむりたいね。やãŖãąã‚Šå‰å‘ããĒãģうがį‰Šäē‹ã¯ã†ãžãčĄŒãã‚“じゃãĒいか、äēēį”ŸæĨŊしくãĒるんじゃãĒいかãŖãĻã„ã†æ°—æŒãĄã¯į†åąˆã§ã¯æ‹­ãˆãĒい」
 「それãŖãĻäŋĄäģ°å‘Šį™ŊīŧŸã€

 

f:id:visco110:20200423195224j:plain


ã€€ã€Œãƒžã‚¤ã‚ąãƒĢãƒģフロッã‚ĢãƒŧãŒã€ŽãƒĄãƒˆãƒ­ã‚ģã‚¯ã‚ˇãƒŖãƒĢ』でäē‘ãŖãĻるけお、ネã‚Ŧテã‚Ŗãƒ–æ€č€ƒã§ã¯äēēもé›ĸれãĻゆくしäģ•äē‹ã‚‚ä¸Šæ‰‹ãčĄŒã‹ãĒã„ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“æ‹äēēãĒんãĻå‡ēæĨやしãĒい。゚ポãƒŧツåŋƒį†å­Ļč€…ã„ã‚ãâ€Ļâ€Ļ」
 「あãƒŧはいはい。勝ãĻると思ãŖãĻる選手が勝つとは限らãĒã„ãŒã€č˛ ã‘ã‚‹ã¨æ€ãŖãĻã‚‹é¸æ‰‹ã¯č˛ ã‘ã‚‹ãŋたいãĒやつね」
 「そう。おんãĒãĢã˛ãŠã„įŠļæŗã§ã‚‚選択č‚ĸはある、ともフロッã‚Ģãƒŧã¯č¨€ãŖãĻいる」
 「あãĒたがそれをåĨŊきãĒぎはいいんだけお、でもそういうぎãŖãĻポジテã‚ŖブãĢãĒろうとするポジテã‚Ŗブさがåŋ…čĻã˜ã‚ƒãĒい。それはおこからæĨるぎīŧŸã€€į„Ąã‹ã‚‰ã¯į”Ÿãžã‚ŒãĒいわよ。エネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜ãŽæŗ•å‰‡įš„ãĢäē‘ãŖãĻも」
 「だから孤įĢ‹įŗģ外ぎエネãƒĢã‚Žãƒŧã‚’æŽĄã‚Šå…ĨれãĻるんじゃãĒいかãĒ。お金でãƒĸチベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚’č˛ˇã†ã€ãŋたいãĒ。č‡Ēåˇąå•“į™ē書ãĒんかぞさãĢそれだし、äģ–ãĢã‚‚č‰˛ã€…ã‚ã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚åŋœæ´ã‚Ŋãƒŗグとか。それらはすずãĻãŧãŖたくりというわけじゃãĒã„ã€‚ã€ŽãƒĄãƒˆãƒ­ã‚ģã‚¯ã‚ˇãƒŖãƒĢ』がそうであるようãĢ、ãĒかãĢã¯ãƒã‚¸ã‚ˇãƒŗぎå„Ēč‰¯å•†å“ã ãŖãĻある」
ã€€ã€Œã‚ã‚ã€ãŠé‡‘ã§å…ƒæ°—ãŒč˛ˇãˆãŸã‚Šã€į™’ã—ãŒč˛ˇãˆãŸã‚Šã¯ã™ã‚‹ã‚ã­ã€

 

f:id:visco110:20200423194036j:plain

 「čĩˇããĒさいよīŧã€ã€Œã§ã‚‚、äŊ•ãŽãŸã‚ãĢīŧŸã€


 「ポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグぎ思æƒŗを持つãŖãĻことは、毎回毎回外部からæŗ¨å…ĨするんじゃãĒくãĻ、そぎ元気をč‡ĒåŽļį™ēé›ģするようãĒもぎじゃãĒいかãĒ。しかも怒りや゚トãƒŦã‚šãŋたいãĒゴミãŋたいãĒもぎをポジテã‚ŖブãĒエネãƒĢã‚ŽãƒŧãĢčģĸ換するわけだから、これはもうåŋƒãŽãƒĒã‚ĩイクãƒĢというか」
 「う、うãƒŧんīŧŸã€
 「それでæœŦåŊ“ãĢ元気ãĢãĒるäēēもいれば、į„Ąį†ãĢポジテã‚ŖブãĢãĩるぞãŖãĻ゚トãƒŦ゚をためãĻしぞうäēēもいる。だから万äēēãĢč‰¯ã„ã¨ã¯č¨€ãˆãĒい。けれお、少ãĒくとも向いãĻいるäēēãĢã¯č‰¯ã„ã¯ãšã ã€
ã€€ã€ŒããŽã¸ã‚“ãŽčŠąãĢãĒãŖãĻくるとあたしぎįŽĄčŊ„å¤–ã­ã€‚ãžã‚ãã†č€ƒãˆã‚‹ãŽãŒåĨŊきãĒäēēはそうすればいいんじゃãĒいīŧŸã€€äģé™€ãŽč¨€č‘‰ã‚’čĒ­ã‚“でははãƒŧんと思うぎも、æ­ĻåŖĢ道ãĢかãļれるぎもそぎäēēぎč‡Ēį”ąã€‚ぞ、ポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグãĢé–ĸしãĻäē‘えば、エãƒŧãƒŦãƒŗナイクぎいうニãƒĨãƒŧトナãƒĢä¸ģįžŠãŒä¸€į•Ēいいと思うけれお」
 「エãƒŧãƒŦãƒŗナイクぎニãƒĨãƒŧトナãƒĢä¸ģįžŠã¯ã€ãƒã‚¸ãƒ†ã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗグぎ唯į‰ŠčĢ–įš„ãĒæ”šč‰¯į‰ˆã¨ã„う気がする。įĩåą€ã€ãƒ‹ãƒĨãƒŧトナãƒĢæ€č€ƒãŒä¸€į•Ēã†ãžãčĄŒããžãŖãĻäē‘うぎは、ãŋんãĒãŒã†ãžãčĄŒããŸã„ã¨č€ƒãˆãĻいることを前提ãĢしãĻいるわけだから。それãŖãĻすでãĢポジテã‚Ŗブでしょ」

ã€€ã€Œãã‚Œã¯ãĄã‚‡ãŖと感じる」
 「だとすると、ニãƒĨãƒŧトナãƒĢä¸ģįžŠã¯ã€ã‚ĢãƒĸられãĒいようãĢã€æ˛šæ–­ã—ãĒいようãĢ、č‡Ēåˇąč˛ŦäģģčĢ–や同čĒŋ圧力ãĢ与したりしãĒいようãĢ気をつけたポジテã‚Ŗブãƒģã‚ˇãƒŗキãƒŗã‚°ã¨č¨€ãˆã‚‹ã‚“ã˜ã‚ƒãĒいか。つぞりæˆĻčĄ“ãŒé•ã†ã ã‘ã§ã€æˆåŠŸåŋ—向であることãĢは変わりãĒい」
 「ぞあねえâ€Ļâ€Ļ」
 「それãĢ君だãŖãĻ、やãŖãąã‚Šå¤‰ãĢ拗ねたりいじけたりしãĻるäēēはåĢŒã§ã—ょ」
 「įĩŒé¨“įš„ãĢはそうかもįŸĨれãĒいわね」
 「明るくãĻâ€•â€•ã‚‚ãĄã‚ã‚“é¨’ãŒã—ããĒいį¨‹åēĻãĢだけお――陰æšŋãĒところがãĒくãĻ、ãģおよくč‡ĒäŋĄãŒã‚ãŖãĻčŊãĄį€ã„ãĻるäēēぎãģうがいいでしょ」
ã€€ã€Œč¨€č‘‰ã ã‘čžã‘ã°ãã†ãĒるãĢæąēぞãŖãĻるじゃãĒい」
 「じゃあ、そういうäēē間をį›ŽæŒ‡ã—ãĻæ‚ĒいはずがãĒい」
 「あãƒŧはいはいわかãŖたわ。それがあãĒたぎパãƒŗチナイãƒŗãŖãĻわけね。じゃあ、あとはãƒĒ゚ナãƒŧぎ判厚ãĢäģģせぞしょīŧŸã€
 「ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚¤ã€‚ã‚„ã‚Œã‚„ã‚Œã‚„ãŖとįĩ‚わãŖたãĒ。そうこうäē‘ãŖãĻã‚‹ã†ãĄãĢもう夜だよ。明æ—Ĩもäģ•äē‹ãĒんだけおãģんとåĢŒãĢãĒるよね。ブログもぞあ、ツイッã‚ŋãƒŧįĩŒį”ąã§å¤šå°‘čĒ­ã‚“でくれるäēēがいるけれお、そんãĒãĢ話題ãĢãĒるわけでもãĒいし、ホãƒŗトäŊ•ãŽãŸã‚ãĢやãŖãĻるんだか。éŖ˛ãžãšãĢはいられãĒいよ」
 「お前けãŖこうネã‚Ŧテã‚ŖブだãĒ」

 

ポジテã‚Ŗブį—…ぎå›Ŋ、ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģ

ポジテã‚Ŗブį—…ぎå›Ŋ、ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģ

ãƒĄãƒˆãƒ­ã‚ģã‚¯ã‚ˇãƒŖãƒĢ

ãƒĄãƒˆãƒ­ã‚ģã‚¯ã‚ˇãƒŖãƒĢ