やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

【閲覧注意】死体から物をつくる話

 

 さて101本目のブログなのだけど、今回は猟奇的な内容になりそうなので、そういうのが苦手な方はただちに引き返すことをおすすめする。人類の所業について、とりわけ理性の錯乱、いや錯乱的な理性とでも呼ぶべきものについて知見を広めたい方は、お読みいただければ何かしら得るところがあるかも知れない。

 

 *

 

 手元に中野美代子と武田雅哉の編による『世紀末中国のかわら版』という小冊がある。これは十九世紀末の清国の絵入り新聞であった『点石斎画報』から、いまの人の興味を惹きそうな記事を抜粋・収録したものである。
 『点石斎画報』というのは、云ってみれば当時の『東スポ』や『ザ・サン』や『ウィークリー・ワールド・ニュース』のような"信用のおけない"タブロイド紙のような存在であり、ご多分に漏れず超常現象から怪物から迷惑な隣人までごった煮状態で出てくるのだが、そのなかの一つに次のようなものがあった。いわく「スコットランド式死体利用法」なのだそうだが・・・・・・

 

 ヨーロッパ人は科学の力を尊び、あらゆる廃物を再利用してしまう。したがって、この世の中には捨てるものはほとんどないくらいだが、それは人間の死体にまで及ぶという。死体から油を採っては石鹸を作り、骨を削っては肥料にすべきである。と、これはイギリスのスコットランドの、とある化学士が提唱した説である。

 (中野美代子/武田雅哉の編『世紀末中国のかわら版』、以下太字は安田による)

 

f:id:visco110:20210820161304j:plain


 さて、中国人の考えでは死者の魂は平安を求めているから、埋葬を怠ったり、墓あばきをすることは大罪となる。これを法律に定めて、正しく国を治めることの一端とするのである。ではヨーロッパ人の科学は、国を治めるところにまで及んでいるのであろうかと問われれば、イエスと答えよう。つまり、死体がなくなれば、埋葬もいらなくなる。墓地がなくなれば耕地も広くなる。貧しい家では、親が死んだら死体を売ればよい。葬式にかける金がはぶけるうえに、お金が入る。その死体で石鹸を作って売った人には良い収入になるし、農民は良質の肥料によってもたらされた豊作を喜ぶ。国家は富み、人は潤い、世の中はバンバンザイ! これすなわちヨーロッパ人の科学なのである。
 (同書)


 武田雅哉の解説によると、『点石斎画報』はろくに取材もせず挿絵はほとんど絵師の空想で描いているそうで、この死体加工場にしてもこんなものが英国に実在したとは到底思えない。第一、記事からして「ある化学士が提唱した説である」としか言っておらず、そんな工場のことなどどこにも書いていないのである。
 フェイクニュースだとかポストトゥルースといった言葉が昨今しきりに取沙汰されているが、そういうレベルにすら及ばぬ話であり、売る側も読む側も「まあ面白けりゃいいか」の精神で真偽はどうでもよかったようだ。
 とはいえ、この「スコットランド式死体利用法」はまったく事実無根というわけでもない。というのも、英国とくにスコットランドあたりで死体から石鹸を作ったという話自体は、別の本で読んだことがあるからだ。しかも『点石斎画報』よりは幾らか信用の置けそうな本で。

 

 *

 

 その本というのは米国の人気サイエンス・ライターであるメアリー・ローチによる『死体はみんな生きている』だ。ローチはルース・リチャードソンの『Death,Dissection,and the Destitute』に次のような内容が書かれているという。

 

 リチャードソンは、ある解剖学者が人間の骨や脂肪を加工して、蝋燭や石けんをつくるときに用いる「鯨蠟のような物質」を作ったという記述を見つけた。
 (メアリー・ローチ『死体はみんな生きている』)

 

 これに続いて、ローチは他の文献も織り交ぜながら、十九世紀に解剖学用の死体が慢性的に不足しており死体泥棒が横行していたこと、そのため死体泥棒対策がなされた商品が売り出されたことを述べている。

 当時、教会へ通うような一般大衆は、やがて文字通りに墓から蘇って天国へ行くと信じていたため、遺体を掘り返されて解剖されることをかなり恐れていたのである(この点をとっても、『点石斎画報』におけるヨーロッパ人の思考を述べたくだりがいいかげんなことがわかる)。
 ローチは死体泥棒対策商品についてこう述べている。

 

 墓の上部や地下のコンクリートに棺を取り囲むように設置するモートセーフ(死体用金庫)という鉄製の檻もできた。スコットランドの教会は、鍵がかかる「死者の家」を墓場に建て、死体の組織や臓器が完全に崩壊して解剖学者が使えなくなるまで保管した。特許をとったスプリング締めの棺や、鉄製の死体留めのついた棺も発売され、二重や三重の棺も出現した。
 (同書)

 

f:id:visco110:20210820161348j:plain

モートセーフ。 

 

f:id:visco110:20210820161415j:plain

19世紀イギリスの死体泥棒。 

 

 死体泥棒はとりわけスコットランドで横行していたらしい。どうやら『点石斎画報』が死体加工場の舞台にスコットランドを選んだことは、偶然ではないようである。

 いずれにせよ、ローチ(が引用するリチャードソン)の記述を信じるならば、どの程度の規模かはわからないが死体から蝋燭や石鹸を作ることが十九世紀の英国(とくにスコットランド?)では実際に行われていたらしいのだ。
 『点石斎画報』はゼロから「スコットランド式死体利用法」という話を思い付いたわけではなく、一応はなんらかのソースをもとにしていたのであり、そのソースを空想と誇張で目一杯ふくらませて、あのような記事が出来上がったのだろう。「火のないところに煙は立たぬ」と言いうるか。

 

 *

 

 ところが、話を英国に限らなければ、解剖学者が盗まれた死体から石鹸や蝋燭その他さまざまなものを作る「死体クラフト」は、もっと大がかりで、ふてぶてしく、しかも実際にあったことが確実な事例が出てくるのである。
 それは十九世紀初頭のフランスのことである。ジャン=ピエール・ボーのこの記述はいよいよもって心臓の悪い方にはお勧めしない。

 

 第一帝政期、パリの墓地の過密状態(共同墓穴に一五から二〇の死体床)のせいで死体泥棒が横行し、日常的な出来事になっていた。それから恩恵を受けたのは解剖学の教室であったが、あまりに大量にもちこまれたので、解剖後の残骸をどう処理するのかという問題が生じた。この教室の管理者が、人間の脂肪を主な燃料にする暖炉を備えるようになった理由はこれである。その後、医学部と解剖学教室の下働きは、この脂肪をエナメル工、模造真珠づくり、いかさま医者(素人治療薬をつくるために)、荷馬車屋(車輪のすべりをよくするために)、ろうそく業者(とくに医学用の照明に使われ、ナポレオンとマリー=ルイーズの挙式の際にはルクサンブール宮殿の照明にも使われた)に売り渡すようになった。一八一三年にこの売買に終止符が打たれたとき、売人のアジトで二〇〇〇から三〇〇〇リットルもの人間の脂肪が見つかった。
 (中略)
 また、製本に使うために人間の皮膚が売買されるということもあった。
 (ジャン=ピエール・ボー『盗まれた手の事件 肉体の法制史』)

 

 【余談】

 幼い頃、ケガをすると祖母が馬油(バーユ)なるものを塗ってくれた。そのたびに祖母は「馬油はなんにでも効く」と誇らしげに語るのだった。少年の僕にはまるで魔法の薬みたいに思えたものだが、大人になってから馬油に治療薬としての効き目はないことを知った。いや知ったというよりも「察した」というべきか。 ただまあ、傷口を塞ぐ効果くらいはあったのだろう。
 ウマの脂肪はヒトの脂肪と似ているらしく、馬油を使った基礎化粧品や石鹸やシャンプーなどが現在も作られている。また『黄帝内経』や『本草綱目』によると馬油は「皮膚のひびわれを改善する」とのことで、日本製の馬油は中国人のいわゆる「爆買い」の対象になっている、といった話はwikipediaからまるっと引用しただけだが、祖母はそもそもアカギレを治すために馬油を持っていたのではないか? と昭和の主婦の大変さ、みたいなことを今にして思い至る。

 油というのは用途が多いもので、吾妻ひでおの『失踪日記』のなかにも、天プラ油でマヨネーズを作ったり、直接飲んだり、堅いうんこを出すのに使ったりして「万能だぞ天プラ油」というシーンが出てくる。


 とりまとめて言うと、油・脂肪の使い道はおおむね①暖房、②照明、②傷薬・ハンドクリーム、③潤滑油といったところで、たしかに「万能」という言葉が似合わなくもない。「万能」というのはなかなかワクワクする言葉で、こうして書いているうちにも、なんだか家じゅうのドアノブに油を差したり、馬油を買ってみたくなったりしてきた。まあ人の脂はちょっと、ノーサンキューだが。

 

 ボーはピエール・ルジャンドルの下で法史学と私法学の学位を取得したパリ第十大学の教授であり、以上の話ももちろん巻末に出典が記されている(La Chronique medicale,1910)。というか、この事件についてはあのパラン=デュシャトレも証人に加わっているそうなので、フランス人のあいだではわりと知られているのかも知れない。パラン=デュシャトレについては別のブログで触れたことがあるのでご紹介しておく。

 

visco110.hatenablog.com

 

 ・・・・・・ついさっきまで、スコットランドでちょっと石鹸を作ったためしがあるとかないとか取沙汰していたのが、フランスの蛮族どもは一気に数千リットルというので呆れてしまうが、これだけの脂肪を死体から取り出したなら、その光景は『点石斎画報』の空想による死体加工場に案外近いものだったかも知れない。

 

 *

 

 そういえば、日本でも明治四年(1872)に「土佐の膏(あぶら)取り一揆」が発生している。これは四月に戸籍法が発布され戸籍調査が行われたさい、役人が家々に番号のついた札を貼り付けてまわったことに対し、「政府が異人と結託して油を絞り取る」というデマが起こり暴動に繋がったものである。

 

 というのも、当時、高知にはじめて洋式の病院が建ち、種痘をおこなっていた。病室には鉄製のベッドが置かれた。このベッドがうわさの種になる。
 病室は、「異人の来て脂を取る所で、鉄製の寝台を鉄灸(魚を焼く鉄の網)と誤認し、患者は鉄灸の上で知らず知らず、脂を抜かれて、笑ひ笑ひ死ぬる」といううわさがもちあがる。
 うわさを決定的なものにしたのは、隅田教学という陰陽師が登場したためらしい。
 (松山巌『うわさの遠近法』)

 

f:id:visco110:20210820161512j:plain
 残念ながら土佐膏取り一揆の絵というのはなさそうなので、画像はイメージです。

 

 このブログをここまで読んできた方は次のことに気付かれるであろう。つまり異人はなんのために脂を取ろうとしたのか。
 正確には「土佐人のイメージする異人はなんでわざわざ人の脂なんかを取ろうとしたのか」ということなのだが、これは現代人には理解しづらくなっている点ではないかと思う。つまり当時の人は今よりもはるかに脂を貴重品と見ていたのであり、人から脂を絞り取るようなことがあっても不思議ではない、と考えたのではないか。
 そして、それを裏付けるかのようにイギリスやフランスで、死体から脂肪を取って云々という事が現実に起きていたのである。もちろん直接伝え聞いていたわけではないにしても、当時の土佐人はそこまで荒唐無稽なことを考えたわけではなく、彼らの恐怖にはそれなりのリアリティがあったのだ。

 

 【追記】カルロ・ギンスブルグは『闇の歴史』の冒頭で、人々がサバト(反キリスト教徒の夜宴)をどのようにイメージしていたか書いているが、瀆神や性的乱交といったお定まりのメニューに加え、「魔女や魔術師たちは家に帰る前に、子供の脂肪と他の材料で作らされた、妖術の軟膏を受け取る」と記している。

 ここでも、重要なのは「本当にそんなことがあったかどうか」ではなく、人々にとっての脂肪の価値、それゆえ不届者たちが子供から脂肪を搾り取ることもあり得る――とする観念である。

 

 *

 

 話を戻すと、先ほど引用したボーの「また、製本に使うために人間の皮膚が売買されるということもあった」という部分には註がある。それは次のようなものだ。

 

 これには、しばしばエロティックな意味合いがあった。女性の皮膚(とくに、胸部の皮膚)は猥雑本の表紙に使われた。文学的な形(サドの『ジュスティーヌ』の表紙)から犯罪的な形(1871年5月、イギリスのある貴族は銃殺されたパリ・コミューンの女闘士の皮膚が入手できれば巨額の報酬を支払うと申しでた)まで、さまざまな形のサディズムがそこにはみられた。皮膚が遺贈されることもあった。天文学者カミーユ・フラマリオンは、肺結核で死んだ女性ファンの肩の皮膚で自分の著作のカバーをつくった(La Chronique medicale,1898,p.132-137)。
 (ジャン=ピエール・ボー『盗まれた手の事件 肉体の法制史』)

 

 「おっぱいマウスパッドみたいな趣味が昔からあったんだなあ」とふと思ったりしたが、こちらは本物の素材を使っているのでその狂気はおっぱいマウスパッドの比ではない。部分性愛ここに極まれり、という感がある。
 おっぱいマウスパッドならぬおっぱいブックカバー、このことについて少し見て、このブログを終えることにしたい。
 マルタン・モネスティエは『図説乳房全書』のなかで次のように述べている。

 

 愛書家の中には、蔵書を人間の皮で装丁させる者たちがいつの時代にもいた。なめらかで張りのある女性の乳房の皮でできた書物は、もっとも洗練されたものであった。乳首と乳輪は、多くの場合、表紙を飾る一種の紋章となった。
 一九世紀にこの種の趣味人のために専門に仕事をしていた製本職人たちは、病院関係者と共謀して必要な素材を手に入れていた。一九〇六年には、クラマール病院の職員がフォーブル・サン・ジェルマンの製本職人に人間の皮を引き渡していたことがわかり、大スキャンダルになった。
 (マルタン・モネスティエ『図説乳房全書』)

 

 当人の許可なく勝手に使うのは言語道断、と一応言うべきか。発覚した二十世紀初頭というとそんなに昔でもなく、愛書狂の傲慢な欲望にたいする腹立たしさも若干覚える。
 だがカミーユ・フラマリオンの場合は事情が違う。というのも、彼の場合はあくまで、恋人が自らの意思で皮を贈ったからである。

 

 偉大な天文学者カミーユ・フラマリオン(一八四二~一九一五)が自ら『フィガロ』紙に語ったところによると、彼に恋していた一人の若いポーランドの伯爵夫人が、ある日彼に言ったそうだ。「いつか、あなたにさしあげるものがあります。受け取ってくれなければ、私を侮辱することになりますよ」。肺を患っていた彼女は、その後まもなく世を去った。ほどなくして、彼女の予告どおり、フラマリオンは「伯爵夫人の白くきめ細かな皮」を受け取った。それは、かつて彼を強く魅了した、すばらしい胸の部分であった。
 愛情深い伯爵夫人の最後の意志を尊重するために、フラマリオンはその皮をなめし、自著『天と地』の初版を装丁することにした。献辞にはつぎのような一節が書かれた。「あなたをかくも愛した者の、死を前にしての望みは、私の死後出版されるあなたの最初の本をこの皮でつくっていただくことです」
 (同書)

 

 こちらはボーのように奥ゆかしく「肩の皮膚で」とは書かずに、「すばらしい胸の部分」と直截的な書き方をしている。おそらく、こちらのほうが事実なのだろう。

 

f:id:visco110:20210820161544j:plain

 フラマリオンの寝室。ここでばばーんと人革装丁本の画像を載せるのは日和った。

 

 さて尻切れトンボおかまいなし、で終わろうとしたのだが、一つだけ思いついたことを述べておく。
 それは、フラマリオンと恋人の行為は狂気の沙汰と思えるかも知れないが、時代が違うので一概にそうとも決めつけられない、ということだ。
 もちろんこんなことをする人はいつの時代でもきわめて少数であろう。しかし歴史を繙くに、昔の人の愛情表現は時としてきわめて苛烈な場合がある。

 たしかホイジンガの『中世の秋』に、騎士が意中の恋人に愛を示すために自らの唇を引き裂いて口唇裂のような姿になったり、女は女で指の一部を切り取って贈った、という話があったと記憶している。また現代社会が死体を忌避し、なるべく見ずに済ますように万事つくられていることも、多くの論者によって指摘されており、昔の人とは死体にたいする感覚にかなりの相違が生じている可能性がある。そのように考えると、フラマリオンとその恋人の例はそこまで異常なことでもなかったのではないか、というようにも思えてくるのである。
 ただ、だからといって僕が恋人の皮が欲しいかどうかと問われると、実際にその時代にそういう立場で生きてみないことには、なんとも答えかねるけれども。

 

 

 

Death, Dissection and the Destitute

Death, Dissection and the Destitute

Amazon