やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

音楽の魔力/聖母マリアのカンティーガ集

 

 世間にとってとりたてて名盤というわけでもない、だが自分にとっては聴くたびに魔法のように別世界に誘ってくれる、奇跡のようなアルバムがある。

 数年に一度巡り逢うそうしたアルバムは、おそらくその時その時の僕の音楽的嗜好と精神状態が渇望しているものに、偶然にもぴたりと嵌っていて、いきなりこちらの心の懐に飛び込んでくるのだろう。
 そういうアルバムも、しばらく聴き倒していると魔法のような効力を失い、ただ音が流れているだけになる。そうして棚にしまわれるわけだが、間を置いて引っ張り出すと、魔力が甦っていたりする。

 僕にとっては、エイフェックス・ツインの『SELECTED AMBIETNT WORLS VOL.2』がそうしたアルバムのひとつだ。それから、ブライアン・イーノの『AMBIENT1 MUSIC FOR AIRPORTS』および『AMBIENT2 DAY OF RADIANCE』。それから、スティーブ・ライヒの『18人の音楽家のための音楽』。

 

 今挙げたようなアルバムと出会ったのはせいぜいここ10年くらいで、もっと付き合いの長いものもある。たとえばマドレデウスの『海と旋律』。それからペンタングルの『Cruel Sister』。エクトル・ザズーの『Lights in the Dark』。メメルスドルフの『無秩序の喜び 17世紀英国の2声部のコンソート』。ナクソスが出したバルトークの作品集の内の一枚『狂詩曲第1番、第2番/ピアノ五重奏曲』。

 なぜバルトークの他のアルバムではなくこれなのか? となるとたまたま中古レコードショップで目が合ったから、としか言いようがないのだが、ここに挙げたアルバムはいずれも僕にとって、冒頭で述べたような一瞬で心をどこかへ連れてゆく魔力を持っていて、何百回も繰り返し繰り返し聴いたものだ。

 

 こうしたアルバムの名前は、その気になればさらに挙げることも出来るがそれはさておき、共通項として、生活のなかで儀式的な役割を負うということが言える。
 仕事が終わり、家に戻って風呂に入り、食事や雑用を済ませてさあようやく自分の時間だというときに、その時その時の魔術的音楽をかけるのが、意識を切り替えるシグナルになっている。最初の音が流れた瞬間から、日常の煩雑事は霞のように消えてゆき、覚醒した、それでいてどこか夢想的な時間が始まる。

 

 *

 

 唐突だがきょう僕は、疲れで夕方から眠ってしまい、深夜になってふと目が醒めた。表は寒々とした11月の夜、さしたる悩みもせねばならぬ作業もない。それでしばらくぶりに、そうした《魔法の一枚》のうちのひとつを棚から取り出して再生してみた。 

 

Cantigas De Jerez

Cantigas De Jerez

  • アーティスト:Paniagua
  • 発売日: 2006/03/09
  • メディア: CD

 

www.youtube.com

 

 『ヘレスのカンティーガ』。このアルバムは、スペインの音楽家・古楽奏者であり、あの『古代ギリシアの音楽』で知られるグレゴリオ・パニアグアの弟であるエドゥアルド・パニアグアによるものだ。

 エドゥアルド・パニアグアはかなり精力的な活動家らしく、演奏しているMusica Antiguaは彼が1994年に結成した演奏グループであり、レーベルのPNEUMAも彼が設立したレーベル。しかもwikipediaによると、建築家も兼ねているらしい。

 

 この「プネウマ」(pneuma)は古代ギリシア語で「魂」(πνεῦμα)を意味するが、一説では中世の楽譜形式であったネウマ譜の「ネウマ」(neuma)も、語源を辿ればプネウマなのではないか、という。

 そうなるとこのレーベル名は「魂」と「ネウマ譜」をかけた素敵なダブルミーニングだということになるが、残念ながらネウマ=プネウマ説は定説ではない(ハワード・グッドールが『音楽の進化史』において主張しているが、とりたてて根拠を示していない)。定説ではネウマは古代ギリシア語で「つぶやき、合図、記号」(νευμα)を意味するようだ。まあ、そりゃ楽譜とは記号ですもんね。

 

f:id:visco110:20201113110018j:plain


 もう一つ、プネウマというとキリスト教の「精霊」、あの三位一体の一つであるところの精霊(ラテン語spiritus/英語Holy spirit)のことでもあるが、ここでグノーシス主義を齧ったことのある者は、キリスト教グノーシス主義の一派であるヴァレンティノス派の教義を思い浮かべずにはいられない。

 ヴァレンティノス派では、現世とは邪悪な神ヤハウェが創造した魂の牢獄であり、そこからの魂の救済が重要なテーマになるが、その救済に至る三段階を

 

 塵的な人間(プシューキコイ)

 心魂的な人間(コイコイ)

 霊的な人間(プネウマティコイ)

 

 と呼ぶ。この最後の、最高の段階に「プネウマ」という言葉が充てられているのであり、これはじつに厨二病的にアツい、ということは正直に申し述べておこう。

 

 *

 

 レーベル名の話でえらく脱線してしまった。

 さてこれはどういうアルバムなのか。あまり真面目な解説をするのはこのブログの主旨ではないが、手短に述べる。

 

 『ヘレスのカンティーガ』は、カスティリア王国の”賢王”(EL SABIO)アルフォンソ十世(1221-1284)によって編纂された、全420曲からなる「聖母マリアのカンティーガ(頌歌)集」のうち12曲を収録したもので、イベリア半島最南端に近い都市ヘレスの名を冠している。この都市はアルフォンソ10世がカスティリア王国に併合する以前はイスラムの支配下にあり、経済・軍事の要所であった。

 アルフォンソ十世は学術振興に意を砕いた王として知られており、「聖母マリアのカンティーガ集」のうちには宮廷楽師たち(なかにはマグレブ諸国出身の楽師も混ざっていたため、イスラム音楽の影響があり、たとえば西欧人の苦手な微分音程も散見される)に作曲させる傍ら、多忙ゆえにか僅かではあるが、自ら作詞作曲も手掛けた。 

 歌詞は大半が聖母マリアを讃える歌、とくに奇蹟物語が中心になっている。

 濱田滋郎によれば、

 

 教会音楽ではなく、宮廷内や一般の家庭で歌われることを目的として編まれた。そのせいか、旋律はしばしば民謡風の、素朴ながら生彩に富むものが多く、中世の歌として格別な魅力を感じさせる。譜はすべて一本の歌の旋律のみであるが、前記の細密画(安田:楽譜の余白にさまざまな絵が描かれている)に照らしてもこれらが管・弦・打の音につれて歌われたことは確実で、考証を経た正当な再現を通じて聴く〈カンティガス〉はまさしく耳と心の喜びである。
 (『現代思想 総特集:もう一つの音楽史』所収、濱田滋郎「祈りと踊りのはざまに 中世のイベリア」。太字は安田による)

 

 という。

 只しここでいう「正当な再現」というのが、エドゥアルド・パニアグアとMusica Antiguaによるものに当て嵌まるかどうかはわからない。

 というのも、濱田を含め何冊かの古楽ガイドを見ても、パニアグア作品が推薦されているのをあまり見かけないからだ。同じ「聖母マリアのカンティーガ集」でも、たいてい別の人の手によるものが推薦されている。まあこれは僕がよく知らないだけなのかも知れないが。

 また、古楽自体がどの程度「当時の音楽」を再現しているかについては、つねに議論があることを読者諸賢はご存じであろう。

 なにしろ遠い昔の、誰も実際に聴いたことのない音楽だ。なかにははっきりと古楽を訝しむ向きさえある。その古楽のなかでも相当古い年代に属する十三世紀の音楽ともなれば、いくら緻密な考証を重ねたといっても、最終的には憶測に頼らねばならぬ面が少なからずあるのは避けられない。そういう意味では、兄の『古代ギリシアの音楽』ほどではないにせよ、エドゥアルド・パニアグアの作品にもある種の「怪しさ」はある。

 

 エドゥアルド・パニアグアは、PNEUMAレーベルから「聖母マリアのカンティーガ」シリーズを次々と出しており、僕も他に『カスティリア・イ・レオンのカンティーガ』(これもヘレスと同様、地名である)、『フランドルのカンティーガ』、『動物のカンティーガ』、『海のカンティーガ』など何枚か持っているが、10年ほど前だろうか、『へレスのカンティーガ』が気に入ったので他も聴きたいと思いネットで注文したところ、当時は国内での扱いがなく、スペインから送ってきたため到着まで2カ月ほどかかったことを覚えている。

 

f:id:visco110:20201113110911j:plain

 か、カンティガいしないでよね!

 

 *

 

 ところでパニアグアによる同シリーズのアルバムを何枚も聴いていると、やがて同工異曲の感が沸いてくることは否めない。
 金田敏也が、ノートルダム楽派のオルガヌム様式のことを「ミニマル・ミュージックにも通じるところがある」と評していて、なるほどなと唸ったことがあるが、「聖母マリアのカンティーガ集」にも同じことが言える。

 どうやら僕は、なにかにつけミニマリズム的なものを好む癖があるようなのだ。それについては以前ブログに書いた。

 

visco110.hatenablog.com

 

 最近、ジジェクが金太郎飴呼ばわりされることすら一種のミニマリズム的魅力に見えてくるのだがそれはさておき。


 音楽というのは、衣食住や性・労働・睡眠など比べると、直接的には命や生活に関わらない(言ってみればただの空気の振動にすぎない)ぶん、どうしても二の次になりがちだ。

 しかし音楽とは、ただの趣味というにはどこかしらそれ以上のものがある。音楽はつねに人々の暮らしやアイデンティティと強く結びついていた。民族には民族特有の音楽が、国には国の音楽が、またそれぞれの生業や階層に応じた民衆の音楽があり、子守りや祭りさいの歌、求愛の歌、歴史を記憶に留める歌、死者を悼む歌もある。生活の全域に音楽があり、人々にカタルシスや心の区切り、生活のリズムを与えていた。

 冒頭で述べたような魔術的力をときに発揮し、われわれの気分や生活の調子、ときには体調にさえ影響を及ぼすのもとくに奇異とするには及ばず、音楽とはもともとそのような力を持っているものなのだろう。

 

 

 

Cantigas De Jerez

Cantigas De Jerez

  • アーティスト:Paniagua
  • 発売日: 2006/03/09
  • メディア: CD