やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

都市伝説

『D&D』は悪魔崇拝? アメリカ社会の「サタニスト恐怖」について

高校生の頃、『D&D』(ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ)はアメリカでは悪魔崇拝的なゲームではないかと疑いの目で見られていると聞いて、何故そんなことになるのかまったくわからなかった。当時の僕にはアメリカ社会のことなど知るよしもなかった。 「RPG…

集団妄想について

www.newsweekjapan.jp また「ハバナ症候群」が起こったようだ。 「ハバナ症候群」は2016年以降に報告されている、アメリカやカナダの外交官がキューバや中国といった赴任先で原因不明の体調不良に襲われるという事案だが、今度は在ドイツの米当局者が頭痛と…

【閲覧注意】死体から物をつくる話

さて101本目のブログなのだけど、今回は猟奇的な内容になりそうなので、そういうのが苦手な方はただちに引き返すことをおすすめする。人類の所業について、とりわけ理性の錯乱、いや錯乱的な理性とでも呼ぶべきものについて知見を広めたい方は、お読みいただ…

あの子はいまごろどうしてる 〈出離〉と〈懲罰〉考

まず、怖い話をひとつ。 時は昭和四十年頃、所は八王子。鈴村喜平さんの娘で当時高校一年生だった喜代子さんが行方不明になった。 それからしばらく後、鈴村家では奇妙なことが起こるようになった。頻繁に石鹸がなくなるのである。誰かが盗んでゆくのだろう…

予言、第六感、虫の報せについて

かつてロンドンに有名な手相見の女がいた。なんでも、よく当たるというのでかのウィンストン・チャーチルも彼女から助言をもらっていたという。そこで作家オスバート・シットウェルの友人であった士官たちが手相を見てもらったところ、彼女はなぜか突然、彼…

語るに落ちる

『賭博黙示録カイジ』の第一話、ヤクザの遠藤が路上に停めた車のタイヤを、カイジがバリバリに傷つける。カイジはそうやって時折、高級車を傷つけることによって不遇な身上のうさ晴らしをしているのだ。 ところが遠藤が「車がパンクしていた」と言ったとき…

トイレットペーパーとジジェク

新型コロナウィルスの影響でマスクがどこも品切れ・品薄状態になっていることは周知だが、それに続いてトイレットペーパーやティッシュペーパーがなくなるという噂が流れた。こちらについては、実際にスーパーや薬局でトイレットペーパーが消えたり「紙製品…

ある錯誤のパターン 必要条件と十分条件

たとえば「ロシア人は背が高い」ことを証明するためにはどうすればいいだろうか。背の高いロシア人を連れてきても無駄である。背の高いロシア人を100人連れてきても同じことだ。 「ロシア人は背が高い」という命題にたいし「背の高いロシア人」は必要条件…

「泥棒のマーキング」について

これは、あまり書きたい話題ではないし、喧々囂々と騒がれたくもない。じゃあなんで書くのかといえば、誰かが云っておかなければならないという義務感のようなものだ。したがって、なるべく手短に書いてネットの片隅に放置しておくことにする。たまに辿り着…