やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

飲み、打ち、買い、そしてヒトは狩る

 

 神話学者のジョルジュ・デュメジルは、ある時、日本の文化人類学者である船曳建夫に次のように語ったという。「インドの神話では、英雄たちは四つの楽しみを持っている。それは酒、博打、女、狩猟だ」。
 船曳はデュメジルに対し、「日本では"飲む・打つ・買う"とは言うが"狩る"はない」と答えた。しかし、考えてみれば日本人が狩りを楽しまなかったわけではない。近世にはすでにあったという「飲む・打つ・買う」という慣用句のなかには成程"狩る"は入っていないが、江戸の大名や将軍などは巻狩りや鷹狩りを大いに好んで行ったではないか。慣用句に入らなかったのは、狩りがそれ以外の三つとは違って簡単には出来ない、特権階級の娯楽だったためであろう、と彼は考えた。
 そして船曳は、文化人類学者らしく次のように考察を進める。

 

 一九六五年にシカゴで開かれた狩猟採集民についての広範囲にわたるテーマを扱ったシンポジウムは、狩猟採集という生業生態自体が消滅しつつある中で、狩猟採集民に関するスタンダードとなる知見をいくつも提出しているが、そのうち重要な一つは、狩猟採集といいながら、獲得される食物のカロリー比は、高緯度の海獣狩猟民を別とすると、採集された植物性の食料が動物性のそれに対して三倍から五倍を占める、というものであった。もし、動物性食物の獲得行動から漁労を除くと、狩りによる食物獲得の割合はさらに下がる。狩猟採集(Hunting Gathering)といいながら、ほとんどは採集を中心とした暮らしであったのだ。
 (『大航海 特集:ゲーム 戦争/IT革命/遊戯』所収、船曳建夫「狩猟からフットボール、採集からファンタジーへ」。太字は安田による。以下も同じ)

 

 さらに農耕文明の段階に入ると、

 

 それはすでにゲームといってよいもので、デュメジルの言にあるように、大きな楽しみの一つであり、そのような楽しみとしては、両性のあいだでは男に、社会的には支配階級に特権化されていた。
 (同書)

 

 すなわち狩猟は、文明のかなり早い段階から、カロリー獲得の手段としてではなくある種の剰余、ゲームだったのだ、というわけである。

 

f:id:visco110:20200902214445j:plain

 

 船曳の考察はここから、なぜ狩猟が「両性のあいだでは男、社会的には支配階級」のものであったのか、といった方向へ向かう。それはとても重要な問題ではあるのだが、本稿ではいったん措いて話を進めることにする。

 

 *

 

 この狩猟=遊戯の話を聞いて多くの人は、パスカル『パンセ』におけるウサギ狩りの話を思い浮かべるはずだ。パスカルのウサギ狩りについては、國分巧一郎の明解な要約を参照しよう。

 

 狩りとは何か? パスカルはこう言う。狩りとは買ったりもらったりしたのでは欲しくもないウサギを追いかけて一日中駆けずり回ることである。人は獲物が欲しいのではない。退屈から逃れたいから、気晴らしをしたいから、ひいては、みじめな人間の運命から眼をそらしたいから、狩りに行くのである。
 (國分巧一郎『暇と退屈の倫理学』)

 

 気晴らしであるからには、必ずしも狩猟である必要はない。実際にパスカルは、賭け事についてもまったく同趣のことを述べている(目的を果たすならば"打つ"でも"狩る"でも構わないわけだ)。だが、だからといって「何でもいい」わけではない。一つだけ条件がある。

 

 パスカルははっきり言っている。気晴らしには熱中することが必要だ。熱中し、自分の目指しているものを手に入れさえすれば自分は幸福になれると思い込んで、「自分をだます必要があるのである」。
 (同書)

 

 しかし実際のところ、狩猟的なものほど強烈に人を熱中させるものはなかなかないようだ。船曳建夫は、同テクストで狩猟の本質について次のように述べている。

 

 狩猟の本質は、世界が獲物の一点に集中すること、そしてそれが、予期せぬ動きをすることにある。その動く焦点を追いつめるために、人の行動は急速なピッチと協働を必要とし、それによって身体は「野生の自然」に絞り込まれ、いまや、その無意味であった「野生の自然」は、刻々移り変わる意味を発散する世界に変容し、そこから昂奮が引き出される。
 (船曳、同書)

 

 今日の我々のスポーツやゲームは、こうした狩猟的な昂奮をルーツとしている――というのが船曳の同テクストの主旨であるが、そう言われると大いに思い当たるふしがある。
 些か話が日常的かつ矮小になるので恐縮だが、いま僕が生活に退屈さ、ある種の閉塞感を感じているとすれば、まさにこうした狩猟的な享楽が欠けているためではないか――ということだ。つまり、かつては幾つか持っていたハンティング的な趣味が、さまざまな事情により、現在は不全をきたしているのである。

 

 *

 

 ここで僕が念頭に浮かべたのは、猟書趣味(ようするに古本屋をめぐって掘り出し物をあさること)、円高時代のクラシックCD-BOX漁り、エロ画像蒐集といったものだ。
 地方都市から古書街が消え、書籍の購入はもっぱらネット頼みとなった。それはとても効率的ではあるが、こと猟書の愉しみという点においては、オンライン販売は魅力に乏しいと言わざるを得ない。
 クラシックCDは今でも多数魅力的なものがリリースされているが、十年代前半の凄まじい価格破壊、それに伴いニワカでもクラシックCDを数千枚所持する者が続出した、あの頃の高揚感はもはやない。
 それからエロ画像蒐集……こればかりは今でもやろうと思えば可能だが、まあどうなんでしょうね、再開しますかね(笑)

 

 こうしたものはすべて「日常化された狩猟」と呼びうるが、興味深いことに、これらはすべて行動心理学でいうといころの「変率強化スケジュール」(Variable-ratio schedule)の要素を持っている。
 思うに、狩りと変率強化には密接な関係がある。変率強化とは、

 

 報酬(ご褒美)がもらえるかどうかが、いつも一定しない状況におくことにより、その行動を強化する方法である。たとえば、部下が同じような業績を上げても、いつも同じ対応はせず、ボーナスがもらえたり、逆に叱られたりするような状況におくことだ。
 (岡田尊司『インターネット・ゲーム依存症』)

 

 といったものである。別の文献では、

 

 スロットマシンは、ユーザーを飽きさせないために、ランダムに当たりが出るようにする「変動比率強化スケジュール」に基づいて報酬を与えているからだ。つまりギャンブラーは、その結果のランダムさに病みつきになってしまうのである。 
 (デイミアン・トンプソン『依存症ビジネス』)

 

 とあり、行動心理学のなかでも依存症を引き起こす仕組みとしてよく言及されている。
 デイミアン・トンプソンは、インターネットポルノもまた、変率強化の構造を持つがゆえに依存症者を生むとしている。

 

 ディーンという名の45歳になるアメリカ人の検査技師は、私にこんな話をした。
 「ぼくは過去5年間、インターネットポルノにかなり病みつきになってきた。ノートパソコンの前で過ごす時間は、年々長くなっている。でも、マスかきそのものについて言えば、その回数は少なくなっているんだ。なぜって、写真の整理にあまりにも時間がかかるんでね。(中略)スロットマシンに縛りつけられたみたいな感じがすることもある」
 ふだんの生活では、ディーンはOCD(安田註:強迫性障害 Obsessive Compulsive Disorder)の症状を示さない。だが、ポルノの写真と動画をひっきりなしに並べなおしてフォルダに整理するというのは、強迫的な行動に聞こえる。
 (中略)
 ヴァギナの毛を剃った何百人もの女性――彼がそそられる趣味――の写真のサムネイルをクリックしつづけていくとき、ディーンには、次の写真が自分の性的興奮をかきたてることになるかどうかはわからない(もちろん、それはウェブサイトのオーナーにもわからないが)。保存に値するほど興奮させられるのは、たとえば20枚に1枚しかないかもしれない。しかも、そういった写真はギャラリーにバラバラに散らばっているので、ディーンは疲れはてるまで、クリックしつづけることになる。
 (同書)

 

 狩猟もまた、獲物が取れるか取れないか、あるいはより価値の高い獲物が取れるかどうかは当然ながらそのつど違うのであって、これは変率強化の構造を持つと言えるだろう。
 そういえば、ナンパのことをかつてはガールハントと云ったが、これは直訳すると女狩り(!)である。ナンパは……まあ当ブログとしてはコンプライアンス的にお勧めできない(本稿では詳しく触れないが、このあたりにも船曳が、狩猟は「両性のあいだでは男、社会的には支配階級」的なものであるとし、暴力との関係で狩猟行為の分析を試みていることに必然性を見て取ることが出来るだろう。実際、トロフィールームといった言葉で画像検索してもらえば、狩猟の暴力性がビジュアル的にもよく了解されると思う)。

 

f:id:visco110:20200902214329j:plain

 

 してみると、狩猟は依存症を引き起こすということになりはすまいか? 実際のところ、デイミアン・トンプソン自身もまた、かつてクラシックCD蒐集の依存症にかかっていたことについて記しており、しかもそこでは、クラシックCD蒐集とインターネットポルノの蒐集が「同じような興奮が得られる」ものとして並置されているのだ。

 

 *

 

 結局、狩猟的なものは同時に依存症を引き起こすものでもあるというわけだ。それは我々の退屈を好奇心や探究心および興奮に置き換えてくれるが、同時に社会生活や心身の健康にダメージを与える危険をも含む。
 いわゆる「依存の分散」戦術――ハードな飲んだくれやハードな賭博者は破滅的だが、お酒も少々、賭博もほんの少し、またポルノもちょっとだけ、云々と分散することによって、それぞれを無害化しうる――というのは、まあ妥当な提案だが、面白味はない。

 

 現代人の娯楽の大半は、「飲む」「打つ」「買う」「狩る」がマイルドに均質化されたものといえる。「打つ」は公営ギャンブルやパチンコ、宝くじ、個人投資というかたちでマイルド化されているし、「買う」も商業AVやオンラインポルノから娯楽作品におけるちょっとしたお色気シーンまで、ハードな買春に対するマイルドな選択肢が豊富にある。スロヴェニア出身のラカン派マルクス主義者っぽく言えば、「破滅抜きのバクチ」や「接触抜きの買春」というわけだ。
 「狩る」の代表的な今日的形態は何であろうか? 真っ先に思い浮かぶのはネットゲームにおける「ガチャ」だ。その次は? 諸々のコレクションということになろうか。いずれにせよ、僕もちょっと、何かしらの狩猟的要素、変率強化的なものを呼び込んだほうが、もう少し楽しく過ごせるかも知れない。打倒閉塞感。
 大体言いたいことは尽きたので、このへんで筆を擱くことにする。

 

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実