やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

誰もが幻聴を聞くことについて

 

 統合失調症、といえば妄想や幻覚を主な症状とする精神疾患である。長年にわたって日本を代表する精神病理学者であった中井久夫は、この統合失調症の回復期にある患者が週に一、二回、数十分から二、三時間ほど妄想や幻覚を"軽度再燃"してしまうのを何度も診てきたという。
 しかしどういう状況で"軽度再燃"が起こりやすいのかについては、一見どうしてそれが、と思えるケースもある。中井がある時期に関心を抱いたのは、当時研究仲間であった安永浩の論文「分裂病症状機構に関する一仮説――ファントム論について」による、自転車で人ごみのなかを突っ走ると"軽度再燃"が起こりやすいという報告についてであった(「分裂病」はいうまでもなく、統合失調症の旧称)。
 中井の解説よれば、自転車で人ごみのなかを突っ走れば、追い抜く人々の会話が断片的に聞こえてくる。

 

 この切れ切れに耳に入ってきた人のことばは、それ自体はほとんどなにも意味しないのだが、いやそれゆえにと言うべきか、聴きのがせぬ何かの(たとえば自分への批評の)兆候となる。そこからさまざまな"異常体験"への裂け目がはじまる。
 (中井久夫『分裂病と人類』)

 

 つまり声は聞こえるのだが何を言っているかまでは聞き取れないので、「自分のことを悪く言ってるんじゃないか」と思えてきて、それがさらなる"異常体験"への引き金となってゆくわけだ。

 

f:id:visco110:20210407230216j:plain

 

 中井は、こうした断片的な会話から幻聴がつくられるような思考回路を「微分回路的認知の前景突出」という言葉で説明している。今回のブログは、この「微分回路的認知」について考えてみたい。

 

 *

 

 「微分回路的認知の前景突出」は統合失調症者の認知パターンによく当てはまるが、べつに健常者であっても、思考が微分回路的認知のモードに切り替わること自体は時々起きているという。というか、じつは健常者も数秒や数十秒といった長さでは統合失調症の体験(つまり妄想や幻覚体験)をしているのだ、というオランダの臨床精神医学者リュムケの指摘を中井は援用している。
 では健常者もたまにそういう状態になるという「微分回路的認知」モードって一体なんなの? という話なのだが、その性質については斎藤環による以下の説明がわかりやすいので引用しておく。
 
 「微分回路的認知」は、「先取り的な構え」とも言い換えられる。微分回路とは、「航空機の速度計」や蛙の視覚のように、過去の経験の蓄積に依存せず、刺激の変化分だけに反応する回路のことだ。ごく微妙な変化にも敏感に反応するかわりに、急激な変化や不意打ちには弱く、動揺しやすく不安定で、長期的には非常に疲労しやすいシステムである。
 (『ビューティフル・マインド』解説 by 斎藤環)

 

honz.jp

 

  「長期的には非常に疲労しやすいシステム」という言葉からも察せられるように、これはある種の緊急事態に特化したモードである。いっぽう平常時は「積分回路的認知」とか「比例回路的認知」と呼ばれ、こちらは入ってくる情報に過敏に反応せず、これまでの経験を参照してじっくり判断してゆくモードと言える。
 健常者が「微分回路的認知」モードになるのはどんな時か。典型的な例として中井は「山で道に迷った時」を挙げている。これはかなり緊張度が高まる状況と言えるだろう。どの道が正しい下山道なのか? それを示すかすかな兆候をさぐり、我々は必死にに周囲を観察する。その時われわれの感覚はまさに「航空機の速度計」のように過敏になっているだろう。夜道でいきなり「ワッ」と人を驚かすと心臓が止まるほどビックリするというあの状態もおそらく同様。そうした認知状態は妄想や幻覚にひじょうに接近する。
 次の例では、実際に健常者が幻聴を発症している。

 

 第一次大戦でドイツのロシア人捕虜集団が、自分たちの知らないドイツ語を、処刑を合議しているロシア語ととってパニックを起こしたことは有名。
 (同書)

 

 捕虜たちは統合失調症者ではない。だがこれは聞き間違いではなくれっきとした幻聴だ。冷静に考えればドイツ兵がロシア語で込み入った話をするはずもない。にもかかわらず、彼らの会話がロシア語で自分たちを処刑するかどうかという、怖ろしいが実際にはありもしない合議に聞こえてしまったのだから。

 リュムケ-中井のいう「健常者も短時間であれば統合失調症体験をする」というのはこうしたことだ。

 

 ようは微分回路的認知というのは「不安や恐怖により、ささいな兆候から過剰に情報を読み取ろうとしている状態」と理解してよいのではないか。
 素人の気安さで拡大解釈すれば、恋愛でも似たようなことが起こる。ご存じのとおり、既読がつくのがいつもより早いとか遅いとか、恋人の細かい表情、声色、言い回しにどんな意味があるのだろうかと延々と悩んだり、別の人を好きになったんじゃないかという疑念にしじゅう駆られたりする、あれである。各計器がビンビンになっているわけだ。
 また個人的には、幽霊や超常現象を「見て」しまうメカニズムにも、しばしば微分回路的認知が関わっているように思う。だがこれらについては、また別の機会に述べる(別の機会に述べるとは言っていない)。

 

 *

 

 そこでふと思ったのだが、これまで民俗学的に「前兆」とか「キザシ」と呼ばれていたものは、いわば微分回路的認知を外在化-共有したものと言えるのではないか。
 たとえば「前兆」についての次のような辞書的説明は、それが個人のものであるか共有されているかを別とすれば、ここまで見てきた微分回路的認知とよく似たことを言っている。

 

 前兆とそれが意味することとの関係は神秘的、超自然的であり、それぞれの社会で恣意的に定められている。しかし、前兆のなかには、たとえば動物の異常な行動と地震の関係、ハチの巣の位置と洪水の関係のように、長年の観察と経験に基づき、ほとんど自然的因果関係と考えられるものも少なくない。いずれにせよ前兆に対する信仰は、人知の及ばないことをなんとかして知りたいと欲する人間の心理に根ざしており、現代社会でも伝えられている。
 (『日本大百科全書』「前兆」、太字は安田による)

 

 さらに民俗学者の今野圓輔の記述には、こうした「キザシ」が幻覚や幻聴に近しいことがはっきり述べられている。

 

 キザシのもっとも発達し、また全国に共通しているのは、人間にとって、もっとも重大な関心事である死の予示、その前兆である。身近な存在であった犬や鶏、馬などの、常とは変わった挙動、カラス、狐、フクロウの鳴き声や植物の異常な現象などに、古風な人びとは、細心の注意を常に払っていて、少しでも早く、未来の変事を予知しようとしていたわけである。
 前兆の種類には、動植物の常ならぬ挙動、異状などのほか、神秘的な音響、たとえば山中の怪音、地鳴り、仏壇の鐘の物理的ではない場合の音や、火の玉、人魂、火柱、幻の人の姿などの幻覚、幻聴めいた現象があり、これらの他にも、人間の直感に類するもの――たとえば、老人の宗教家が、自分の死をありありと直感によって予知したという類――もある。
 (今野圓輔『日本迷信集』)

 

 言うまでもなく、「火事になる前には天井のネズミが一匹もいなくなる」とか「カラスは鳴き声で死ぬ人を報せる」といったことを信じていた人たちが統合失調症者であったわけではない。
 結局のところ、なんとか生き延びたい、現状を良くしたい、といった切実な願いはどうしても微分回路的認知に接近してゆくのであって、有効かどうか、合理的かどうかは別としてなんら異常なことではないし、それは時代や地域によっては(はっきり言えば昔の田舎では)共同体の集合知としてある種の権威を付与される場合さえある、ということなのだろう。

 

 *

 

 これまでの人生で、こりゃ統合失調症だなという人を数人見てきたのだが、なかには一時期親しくした友人だったり、四親等か五親等かそこらの(と、あいまいに書く)親戚も含まれる。
 発症してからの様子は完全にテンプレで、いわく「家中に盗聴器が仕掛けられている」とか「留守中に誰かが侵入した形跡がある、その証拠に机の上に置いてあったものの位置が微妙に変わっている」だとか「会社の人たちに監視されている」とか、驚くほど同じようなことを訴えてくる。
 こうした「狂気の凡庸さ」については、春日武彦の『ロマンティックな狂気は存在するか』がよく読まれたりして、今ではよく知られている。いちおう引用しておくと、

 

 狂気に陥ることをラジカルな形での異議申立てであるとか究極のクリエイティヴな形態として過大評価したがる気持ちは、ことに精神医療へ実際に携わったことのない者には顕著であるが、はっきり言って凡庸かつ月並みな狂気ばかりが横行している。そしてそれゆえに、そのあまりにも月並みであることこそが自ずと類型へ収束していくことを証明し、狂気の診断の拠り所となるのである。
 (春日武彦『ロマンティックな狂気は存在するか』)

 

 といった具合だ。
 ただそういうテンプレだとしても、友人やら親戚やらが罹患したことがあるとやはり気になるもので、折にふれ統合失調症についての文章を読んだりしていた。そして先日、その筋では古典的名著である『幻覚の基礎と臨床』のなかに、次のような患者の証言があるのを知ったのだった。

 

 「私は正しいのに、会社ではなにか私を悪く言つています。部長さんや皆が噂しています。会社から誰かが私の家に来て調べていつたに違いありません。そうでなければ、私の部屋のことを会社で言うわけがありません。私の部屋の中のことや貯金箱まで知つています。近くの二階家からでも望遠レンズで私のことを調べたに違いありません。聞こえてくるからわかります。会社全体がエレクトロニクスで、私に余計な心配をさせようとしていたんです」
 (高橋良、宮本忠雄、宮坂松衛編『幻覚の基礎と臨床』)

 

 これを読んだときは驚いた。統合失調症者の妄想がある程度テンプレなことは知っていたが、これは僕の親戚と言ってることがまったく同じだったのだ。いわく会社の人たちが自分のことを悪く言っている、会社の人間によって出掛けるときも家にいるときも常に監視されている、云々。
 この証言は「言っている」「噂している」「聞こえてくる」というような、おそらく幻聴であるところの記述が軸となっている。親戚にしてもそうだ。会社でみんなが自分のことを悪く言っているというのは、ようするにそういう幻聴なのだろう。

 

f:id:visco110:20210407231010j:plain

 

 なにやら「繋がった」気がした。中井久夫のいう「自転車で人込みのなかを突っ走ると……」という例。こまぎれの声からつくりだされる自分についての悪いうわさ。統合失調症の認知傾向によく当て嵌まるという「微分回路的認知の前景化」。おそらく、親戚の身に起きていたのはそういうからくりによる幻聴だったのではないか?

 

 現在、親戚の症状は少しずつ寛解しつつある。しかし一時期親しくした友人のほうは海外の諜報機関に監視されたりなんやらかんやらしているうちに、僕もエージェントだと疑われたのか、一方的に絶縁されてしまった。
 親戚にせよ友人にせよ発症前はまったく異常なところはなかった。誰の身の上にも起こりうることなのだろう。そしてリュムケ-中井の言うように、短い時間の単位では、健常者もたまに妄想・幻覚を体験するということで、正常と狂気の境界線というのはきわめて曖昧というか、まあ、はっきり言ってあってないようなものなのだろう。

 

分裂病の精神病理 1

分裂病の精神病理 1

新版 分裂病と人類 (UPコレクション)

新版 分裂病と人類 (UPコレクション)