やすだ đŸ˜ēãŗょうたろうぎブログīŧˆäģŽīŧ‰

厉į”°é‹˛å¤Ē郎(ツイッã‚ŋãƒŧã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗト@visco110)ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ã§ã™ã€‚ãƒ–ãƒ­ã‚°åč€ƒæĄˆä¸­ã€‚

čĒžã‚‹ãĢčŊãĄã‚‹

 

 『čŗ­åšéģ™į¤ē録ã‚Ģイジ』ぎįŦŦä¸€čŠąã€ãƒ¤ã‚¯ã‚ļãŽé č—¤ãŒčˇ¯ä¸ŠãĢ停めたčģŠãŽã‚ŋイヤを、ã‚ĢイジがバãƒĒバãƒĒãĢå‚ˇã¤ã‘ã‚‹ã€‚ã‚ĢイジはそうやãŖãĻ時折、éĢ˜į´ščģŠã‚’å‚ˇã¤ã‘ã‚‹ã“ã¨ãĢよãŖãĻ不遇ãĒčēĢ上ぎうさ晴らしをしãĻいるぎだ。
ã€€ã¨ã“ã‚ãŒé č—¤ãŒã€ŒčģŠãŒãƒ‘ãƒŗクしãĻã„ãŸã€ã¨č¨€ãŖたとき、思わずã‚ĢイジはこうåŖčĩ°ãŖãĻしぞう。

 「しかし世ぎ中ãĢは、ã‚ŋチぎæ‚Ēいイã‚ŋã‚ēナするåĨ´ãŒã„ぞすねâ€Ļâ€ĻãŖたく」

ã€€ã™ã‚‹ã¨é č—¤ã¯äē‘う。

 「お前かīŧŸã€

 

f:id:visco110:20201230214402p:plain

 

  äŊ•æ•…ã‚Ģイジは、パãƒŗクがイã‚ŋã‚ēナãĢよるもぎだとįĸēäŋĄã—ãĻいたぎか。こぎ時ã‚ĢイジはįŠ¯äēēしかįŸĨりえãĒいことをåŖčĩ°ãŖãĻしぞãŖたぎである。
 さらãĢã‚ĢイジはäēŒé‡ãĢåĸ“įŠ´ã‚’掘る。「たしかãĢč‡Ē分はéĢ˜į´ščģŠãĢイã‚ŋã‚ēナをするが、ベãƒŗツ専門であãŖãĻ、ベãƒŗツäģĨ外ãĢはæąēしãĻ手をå‡ēさãĒい」と。
ã€€ã™ã‹ã•ãšé č—¤ã¯äē‘う
 ã€ŒãĒぜäŋēぎčģŠãŒãƒ™ãƒŗツじゃãĒいとわかãŖたīŧŸã€

 

 「問うãĢčŊãĄãščĒžã‚‹ãĢčŊãĄã‚‹ã€ã¨ã„ã†ãŽã¯éĸį™ŊいįžčąĄã ã€‚

 子䞛ぎ頃ãĢäēē気だãŖた『č­Ļ部čŖœã€€å¤į•‘äģģ三郎』ãĢはこうした、įŠ¯äēēがįŠ¯äēēでãĒければįŸĨりえãĒいことを思わずåŖčĩ°ãŖãĻしぞãŖãĻčĻŗåŋĩã™ã‚‹ã‚ˇãƒŧãƒŗがé ģå‡ēした。æ­Ŗį›´ã€å­äž›åŋƒãĢ「ぞたこぎパã‚ŋãƒŧãƒŗかīŧã€ã¨æ€ã„もしたぎだが、それだけこうした型ãĢã‚Ģã‚ŋãƒĢã‚ˇã‚šãŒã‚ã‚‹ã€čĻŗたäēēが゚ッキãƒĒする、ということãĒぎだろう。


 「掋åŋĩãĒことãĢ、お中元がį›—ぞれぞした」
 「äŋēじゃãĒいīŧã€€äŋēã¯ãƒĄãƒ­ãƒŗはåĢŒã„ãĒんだīŧã€
 「あãĒたはおうしãĻ中å‘ŗãŒãƒĄãƒ­ãƒŗだとわかãŖたんですかīŧŸã€
 「」

 

 īŧŠ

 

 さãĻそうした「čĒžã‚‹ãĢčŊãĄã‚‹ã€ã‚¨ãƒ”ã‚Ŋãƒŧãƒ‰ãŽã†ãĄã€åƒ•ãŒæ°—ãĢå…ĨãŖãĻいるもぎを嚞つかį´šäģ‹ã—たい。
 一つは数嚴前ãĢ原際ãĢčĩˇã“ãŖたäē‹äģļで、yahoo!ニãƒĨãƒŧ゚かäŊ•ã‹ã§čĻ‹ãŸã‚‚ぎだ。

 

 äē¤į•ĒãŽåˇĄæŸģが、éēå¤ąį‰Šã¨ã—ãĻåąŠã‘ã‚Œã‚‰ã‚ŒãŸč˛Ąå¸ƒã‹ã‚‰ãŠé‡‘ãŽä¸€éƒ¨åˆ†ã‚’ãƒã‚ŗãƒãƒã—ãŸã€‚č¨˜äē‹ãĢã‚ˆã‚‹ã¨ã€åˇĄæŸģはčŊとしä¸ģãĢčŋ”すさい
ã€€ã€Œč˛Ąå¸ƒã¯ã‚ãŖたがお金は一部抜かれãĻいた」
ã€€ã¨č¨€ãŖたそうである。


 こぎ愚かさ、うかつさがäŧã‚ã‚‹ã ã‚ã†ã‹ã€‚

ã€€æ—Šã„čŠąãŒå…¨éƒ¨æŠœã‘ã°ãƒãƒŦãĒかãŖたぎであるīŧˆé ã‹ã‚Šč¨ŧはåŊ造するとしãĻīŧ‰ã€‚あるいは一部分抜くãĢしãĻもäŊ•ã‚‚äē‘わãĒければバãƒŦãĒかãŖたはずである。
ã€€ã ãŒã“ãŽåˇĄæŸģ、小åŋƒã‹ã‚‰ã‹ã€ã‚るいは全部取るぎは可哀そうだと思ãŖたぎか、あるいは借金čŋ”済やら母ぎåŒģį™‚č˛ģやらぎåŋ…čĻæœ€å°é™ãŽéĄã ã‘ãĢį•™ã‚ãŸãŽã‹ã€ã¨ãĢかく一部分だけを抜き、そしãĻご丁寧ãĢ「一部分が抜かれãĻいた」とčĒŦ明したぎだãŖた。
 åŊ“į„ļãĒがら、čŊとしä¸ģはおかしいと気ãĨく。ãĒãœč˛Ąå¸ƒãĢå…ĨãŖãĻいるお金が「一部分抜かれた垌」だとわかるぎかīŧŸã€€æœŦåŊ“は嚞らå…ĨãŖãĻいたぎかįŸĨãŖãĻいるぎはネã‚ŗババしたįŠ¯äēēだけではãĒいぎかīŧŸ
 かくしãĻčŊとしä¸ģはåˆĨぎäē¤į•ĒãĢé€šå ąã—ã€ãƒã‚ŗãƒãƒã—ãŸåˇĄæŸģは逎捕されたぎだãŖた。

 ã€€ã€€ã€€

f:id:visco110:20201230213113p:plain

 

ã€€åƒ•ãŒã“ãŽčŠąãĢ愛į€ã‚’čĻšãˆã‚‹ãŽã¯ã€įŠ¯äēēãŸã‚‹åˇĄæŸģが厌全įŠ¯įŊĒをするãĢはあぞりãĢもäēē間くさく、そぎäēē間くささゆえãĢバãƒŦãĻしぞãŖたというところãĢ、ãĒんともいえãŦ哀愁を感じるからである。

 もしčēŠčē‡ãĒãå…¨éĄãƒã‚ŗババし、čŊとしä¸ģãĢも一切čĒŦ明しãĒい、よりįŠ¯įŊĒč€…ã¨ã—ãĻ遊æ­Ŗぎあるäēē間ãĒらば成功しãĻいたぎかもįŸĨれãĒã„ãŒã€ããĄã‚‰ãŽãģうがįĩæžœã¨ã—ãĻč‰¯ã‹ãŖãŸã¨ã¯č¨€ãˆãĒい。ところが、われらがポãƒŗã‚ŗツネã‚ŗãƒãƒåˇĄæŸģは、わざわざ一部しか取らず、しかもそぎことをご丁寧ãĢčŊとしä¸ģãĢčĒŦ明したためãĢ、かえãŖãĻäē‹ã‚’éœ˛čĻ‹ã•ã›ãĻしぞãŖたぎである。æ‚ĒいことをするぎãĢ向いãĻいるäēēと向いãĻいãĒいäēē、おãŖãĄãŒåš¸ã›ãĒんでしょうね。ぞあ反įœã—ãĻäēēį”Ÿã‚„ã‚ŠãĒおしãĻæŦ˛ã—いですね。

 

 īŧŠ

 

ã€€ãƒ­ã‚ˇã‚ĸぎジョãƒŧクãĢæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎがある。

 

 åĨŗæˆŋがæĩŽæ°—をしãĻいるところへ、äē­ä¸ģが帰ãŖãĻきた。銚いた間į”ˇã¯ã€ã‚わãĻãĻベッドぎ下ãĢかくれた。äŊ•ã‚‚ご存じãĒいäē­ä¸ģが、ベッドぎįĢ¯ãĢč…°ã‚’ãŠã‚ã—ãĻいると、äŊ•ã‚„ら下でã‚Ŧã‚ĩã‚Ŧã‚ĩį‰ŠéŸŗがするぎで、ãĻãŖきりåĨŗæˆŋが可愛がãŖãĻいるペットぎįŠŦが、もぐりこんでいると思い、
 「ã‚ŗã‚ˇã‚Ģかい」
ã€€ã¨æ‰‹ã‚’åˇŽã—ã ã™ã¨ã€ããŽé–“į”ˇã€äē­ä¸ģぎ手をペロãƒĒとãĒめ、
 「はい、ã‚ŗã‚ˇã‚Ģです」
 īŧˆéˆ´æœ¨å……ã€Žãƒ­ã‚ˇã‚ĸį‰ˆã€Œåƒå¤œä¸€å¤œã€ã€€ã“ばãĒしãĢãŋるã‚Ŋé€Ŗå˛ã€īŧ‰

 

 しかし、これはそれãģおéĸį™Ŋã„čŠąã§ã¯ãĒい。

 åŧˇã„ãĻ興čļŖãŽã‚ã‚‹éƒ¨åˆ†ã‚’č¨€ãˆã°ã€ŒįŠŦだと思ãŖãĻæ‰‹ã‚’čˆã‚ã•ã›ã‚‹ã¨ã˜ã¤ã¯äēē間だãŖた」というãƒĸチãƒŧブが、ジãƒŖãƒŗãƒģハロãƒĢドãƒģブãƒĢãƒŗãƒ´ã‚Ąãƒŗがį´šäģ‹ã™ã‚‹ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢぎéƒŊ市äŧčĒŦãĢよくå‡ēãĻくることくらいだろうīŧˆãã‚Œã¯é–“į”ˇã§ã¯ãĒく怖ろしいæŽēäēēéŦŧで、一夜明けるとįŠŦã‚„åŒåą…äēēがæŽēされãĻおり、「おåŦĸãĄã‚ƒã‚“ã€äēēだãŖãĻčˆã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚“ã ãœīŧã€ã¨ã„ã†ãƒĄãƒĸがčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹ã€ã¨ã„うもぎだīŧ‰ã€‚


 だがブãƒĢãƒŗãƒ´ã‚ĄãƒŗはそれとはåˆĨãĢ、「čĒžã‚‹ãĢčŊãĄã‚‹ã€ã¨ã„ã†äģŠå›žãŽãƒ–ログテãƒŧマãĢãĩさわしいéƒŊ市äŧčĒŦをį´šäģ‹ã—ãĻくれãĻいる。それはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎだ。

 

 ニãƒĨãƒŧヨãƒŧク市ぎある青嚴が最čŋ‘パãƒŧテã‚ŖでįŸĨり合ãŖたåĨŗ性とデãƒŧトをする。åŊŧåĨŗは地上四十äŊ•éšŽã‹ãŽčąĒč¯ãĒéĢ˜åą¤ã‚ĸパãƒŧトãĢäŊã‚“でいるåŊŧが旊くį€ãã™ãŽãŸãŽã§ã€åŊŧåĨŗは全くå‡ēかけるæē–備がå‡ēæĨãĻいãĒい。そこでåŊŧはåŊŧåĨŗがベッドãƒĢãƒŧムからå‡ēãĻãã‚‹ãŽã‚’åž…ãĄãĒがら、じゃれついãĻくるåŊŧåĨŗãŽã˛ã¨ãĒつãŖこいįŠŦãĢボãƒŧãƒĢを投げãĻやる。ボãƒŧãƒĢは投げるåēĻãĢå°‘ã—ãšã¤é ãã¸čĄŒããŒã€ããŽãŸãŗãĢįŠŦはįŒ›į„ļとそれをčŋŊいかけ、もう一åēĻ投げãĻもらおうと持ãŖãĻくる。それからåļį„ļ、č‹Ĩč€…ã¯ãƒœãƒŧãƒĢをåŧˇãæŠ•ã’すぎる。するとボãƒŧãƒĢははねãĻ開いたįĒ“からīŧˆã‚るいはバãƒĢã‚ŗニãƒŧや手すりčļŠã—ãĢīŧ‰ä¸‹ãŽé€šã‚ŠãĢčŊãĄã‚‹ã€‚ãã—ãĻįŠŦもボãƒŧãƒĢをčŋŊいかけãĻčˇŗãŗå‡ēすぎだ。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰ã€€
 åĨŗ性は数分įĩŒãŖãĻからå§ŋをįžã‚ã—、ペットãĢã€Œãƒã‚¤ãƒã‚¤ã€ã¨č¨€ã„īŧˆã€Œã‚ぎこはおこかそぎへんãĢ隠れãĻいるんだわ」īŧ‰ã€ã‚ĢップãƒĢはå‡ēかける。
 īŧˆã‚¸ãƒŖãƒŗãƒģハロãƒĢドãƒģブãƒĢãƒŗãƒ´ã‚Ąãƒŗ『チョãƒŧキãƒŗグãƒģドãƒŧベãƒĢマãƒŗ』īŧ‰

 

ã€€ã“ãŽčŠąãĢはã‚ĒチがついãĻいる。į´ æ™´ã‚‰ã—いデãƒŧトīŧˆåŊ“į„ļį´ æ™´ã‚‰ã—くãĒければãĒらãĒいīŧ‰ãŽã‚と、デã‚Ŗナãƒŧあるいは帰り道ぎさいãĢ、青嚴はãĩとįŠŦぎことを思いå‡ēし、こうåŖčĩ°ãŖãĻしぞうぎだ。
 「君ぎįŠŦãĒんだけお、少々気がæģ…å…ĨãŖãĻいたようだよ」

 

f:id:visco110:20201230213143j:plain

 

 はいčĒžã‚‹ãĢčŊãĄãžã—ãŸã­ã€‚

 įŠŦがč‡ĒæŽēをするかおうかはåŽŗ密ãĢはわからãĒい――ぞあしãĒã„ã¨ã¯æ€ã†â€•â€•ãŒã€ã“ãŽčŠąãŽãƒŸã‚Ŋは、青嚴が䞋ãĢよãŖãĻéģ™ãŖãĻおけばいいもぎを、勝手ãĢ「いいわけ」を始めるところãĢある。
 じきãĢåŊŧåĨŗは帰厅し、愛įŠŦがいãĒいことãĢ気ãĨくだろう。åŊ“æ—ĨかįŋŒæ—Ĩか、åĸœčŊæ­ģした愛įŠŦをčĻ‹ã¤ã‘ã‚‹ãŽã‚‚æ™‚é–“ãŽå•éĄŒã ã€‚

 そぎときåŊŧåĨŗã¯é’åš´ãŽč¨€č‘‰ã‚’æ€ã„å‡ēす。「君ぎįŠŦãĒんだけお、少々気がæģ…å…ĨãŖãĻいたようだよ」。ãĒるãģおįŠŦはéŦąį—…でéŖ›ãŗ降りč‡ĒæŽēしたというわけだâ€Ļâ€ĻãŖãĻ、そんãĒわけあるかīŧ

 

 おうやらこぎã‚ĢップãƒĢぎ前途は明るくはãĒいようである。

 

 īŧŠ

 

 さãĻįš†ã•ã‚“も、äŊ•ã‹įŠ¯įŊĒįš„ãĒことをする時ãĢはäŊ™č¨ˆãĒことをåŖčĩ°ã‚‰ãĒいようãĢãŠæ°—ã‚’ã¤ã‘ãã ã•ã„ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ãƒĢãƒŧãƒĢを厈ãŖãĻåšŗįŠãĢ暎らすぎが一į•Ēですよ、とはåŧˇããŠč–Ļめいたしぞす。
 ではäģŠæ—Ĩはこれくらいで。気ãĢå…ĨãŖたらéĢ˜čŠ•äžĄã¨ãƒãƒŖãƒŗネãƒĢį™ģéŒ˛ã€ã‚ã¨ãƒ„ã‚¤ãƒƒã‚ŋãƒŧīŧˆäģĨ下į•Ĩ