やすだ đŸ˜ēãŗょうたろうぎブログīŧˆäģŽīŧ‰

厉į”°é‹˛å¤Ē郎(ツイッã‚ŋãƒŧã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗト@visco110)ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ã§ã™ã€‚ãƒ–ãƒ­ã‚°åč€ƒæĄˆä¸­ã€‚

į—…å› äēē間čĢ– あるいはæŠĩ抗ぎį”ŖåŖ°ãŽãŸã‚ãŽå°‘ã—ã ã‘é•ˇã„į‰ŠčĒž

 

 


â€ģæŗ¨æ„īŧã€€į­†č€…はåŒģį™‚ぎ専門åŽļではãĒく、ぞたåŊ“č¨˜äē‹ã¯æ–‡åŒ–å˛ã‚¨ãƒƒã‚ģイãĢåąžã™ã‚‹ã‚‚ãŽã§ã‚ã‚ŠåŒģå­Ļįš„内厚ãĢč˛Ŧäģģã‚’č˛ ã†ã‚‚ãŽã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚æ˛ģį™‚ãĢé–ĸする判断は専門抟é–ĸãĢごį›¸čĢ‡ãã ã•ã„。

 

 

Îą.はじめãĢ

 

 

 č‡Ē分ぎį—…気ぎ成įĢ‹ãĢč‡Ē分č‡ĒčēĢがčƒŊ動įš„ãĢé–ĸ与しãĻいるということをæœŦæ°—ã§č€ƒãˆã‚‹äēēがいたら、それãĢよãŖãĻį—…気ぎį†čĢ–が変わるだけでãĒく、そぎäēēぎ世į•Œã¨ãŽé–ĸäŋ‚も一変するだろう。åŊŧぎå€Ģį†įš„、厗教įš„、æ”ŋæ˛ģįš„ãĒ態åēĻも変化するãĢ違いãĒい。
 īŧˆãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧ『į—…いとäēē』īŧ‰

 

 åļį„ļãĢもæœŦį¨ŋã§ã¯æŽĄã‚Šä¸Šã’ãĻいãĒいが、ã‚ĒãƒĒãƒ´ã‚Ąãƒŧãƒģã‚ĩック゚『åĻģをå¸Ŋå­ã¨ãžãĄãŒãˆãŸį”ˇã€ã¨ã„えば、č„ŗį§‘å­ĻãƒģåĨ‡į—…エッã‚ģイぎ古典įš„åč‘—ã§ã‚ã‚‹ã¨ã„ã†čŠ•äžĄãĢį•°čĢ–ã‚’åˇŽã—æŒŸã‚€č€…ã¯å°‘ãĒい。しかし、いつだãŖたかネットぎãƒŦビãƒĨãƒŧã§ã€ã‹ãŽã€Œåč‘—ã€ãĢ寞するč‹Ļč¨€ã‚’į›ŽãĢしたことがある。
 į´°ã‹ã„æ–‡č¨€ã¯åŋ˜ã‚ŒãĻしぞãŖたが、それはおよそæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎであãŖた。

 「これはįžäģŖぎエãƒŦãƒ•ã‚ĄãƒŗトãƒģマãƒŗãĢも喊えられるずきčĻ‹ä¸–į‰ŠčĄŒį‚ē、æ‚Ŗč€…ãŸãĄãĢたいする間æŽĨįš„搞取ではãĒã„ãŽã‹ã€‚č‘—č€…ã¯ã“ãŽä¸–į•Œįš„ロãƒŗグã‚ģナãƒŧãĢよãŖãĻ垗た富や名åŖ°ã‚’、これぞでおれくらいæ‚Ŗč€…ãŸãĄãĢ還元したぎだろうかīŧŸã€

 č€ŗがį—›ã„čŠąã§ã‚ãŖた。
 「æ‚Ŗ者ãĢたいする偏čĻ‹ã‚’ãĒくす」とか「äēē間į†č§Ŗã‚’æˇąã‚ã‚‹ã€ã€ã„ã‚ã°å•“č’™ãŽãŸã‚ã ã¨č¨€ãˆã°ã„ãĄãŠã†ãŽå¤§įžŠååˆ†ã¯åž—られるだろう。あるいはäēēはもともとヤジã‚Ļマįš„ãĒį”Ÿãį‰Šã§ã‚り、åĨŊåĨ‡åŋƒã¨ã¯æœŦčŗĒįš„ãĢįŒĨ雑ãĒもぎであるīŧˆįĒãčŠ°ã‚ã‚Œã°įŸĨįš„åĨŊåĨ‡åŋƒã¨čĻ—きは同じčĩˇæēã‚’もつīŧ‰ã¨é–‹ãį›´ã‚‹æ‰‹ã‚‚ある。あるいはもãŖと単į´”ãĢ、ã‚ĒãƒĒãƒ´ã‚Ąãƒŧãƒģã‚ĩック゚īŧˆã‚„こうしたジãƒŖãƒŗãƒĢぎ書き手īŧ‰ã¯ã“れだけæ‚Ŗ者ãĢå°Ŋくしただとか、そもそもæ‚Ŗ者ãĢč¨ąå¯ã‚’å–ãŖãĻいるといãŖた「反čĢ–」も、そぎ気ãĢãĒれば可čƒŊかもįŸĨれãĒいâ€Ļâ€Ļãã†ã„ã†čŠąã˜ã‚ƒã­ãƒŗだわ。
 思うãĢこぎį„Ąåå­ãĢよる告į™ēãĢは、そぎようãĒæ­ŖåŊ“化ãƒģč¨€ã„é€ƒã‚ŒãĢよãŖãĻはおうしãĻã‚‚æ‰“ãĄæļˆã›ãĒい核がある。そしãĻそれはįŸĸぎようãĢčĒ­č€…たる我々ぎåŋƒãĢぞでéŖ›ãŗæĨãĻã€åšžč¨ąã‹ãŽå‚ˇį—•ã‚’ぎこすぎである。

 かたや「į—‡äž‹ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãĢはおこか中äēŒį—…åŋƒã‚’くすぐるåĻ–しい魅力がある。「į—‡äž‹ã€ãŽã˛ã¨ã¤ã˛ã¨ã¤ãŒäēē間į˛žįĨžãŽéš ã•ã‚ŒãŸéĸãĢついãĻãŽč˛´é‡ãĒ手がかりであることはåĻ厚できãĒい。

 æœŦį¨ŋは古äģŠæąčĨŋぎさぞざぞãĒ「į—‡äž‹ã€ã‹ã‚‰ã‚¤ãƒŗ゚ピãƒŦãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚’åž—ãĻいるが、書きãĒがらそぎ魅力と、先čˆŦぎ非é›ŖīŧˆéŽå‰°ãĢå€Ģį†įš„ãĒきらいはあるãĢしãĻもīŧ‰ã¨ãŽã‚いだで嚞たãŗもåŋƒãŒæēれ動いた。
 したがãŖãĻæœŦį¨ŋはそぎį„Ąåå­â€•â€•ã„やそれよりも、大半がすでãĢこぎ世ãĢãĒい「į—‡äž‹ã€ãŽä¸ģãŸãĄãĢ捧げられる。

 

 

 

 

1.ピテãƒĒãƒŧæ‚Ŗč€…ã¯æ€Ē我をしãĒい

 

 

a.čģĸ換性障åŽŗぎįž¤ã‚Œ

 

 はじめãĢ違和があãŖた。
 ロバãƒŧトãƒģヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗとイã‚ĸãƒŗãƒģã‚ˇãƒ§ãƒƒãƒˆãŽã€ŽåąãĒいåŒģč€…ãŸãĄã€ã¨ã„ã†ã€ã„ã‚ã°åŒģå­Ļぎéģ’æ­´å˛ãŽįˇčĻ§ã¨ã„うずきæœŦぎãĒかで、「ピテãƒĒãƒŧ」ãĢついãĻæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒ記čŋ°ãŒã‚ãŖた。

 

 æŗ¨į›Žã™ãšãã“とは、ピテãƒĒãƒŧ性ぎįĨžįĩŒéšœåŽŗは晎通、可čƒŊãĒč§Ŗ剖å­Ļįš„åž‹ãĢ寞åŋœã—ãĻいãĒいということである――たとえば、手ぎ掌部分だけãĢį”Ÿãšã‚‹įŸĨčĻšå–Ēå¤ąã‚’čĩˇã“すようãĒįĨžįĩŒãŽį•°å¸¸ã¯å­˜åœ¨ã—ãĒい。ピテãƒĒãƒŧ性ぎčĻ–čĻšå–Ēå¤ąãĢãĒãŖたäēēはį‰ŠãĢ衝įĒã™ã‚‹ã“とはãĒく、ピテãƒĒãƒŧ性ぎį—™æ”Ŗをčĩˇã“したäēēは倒れãĻもæ€Ē我することはãĒい。
 īŧˆãƒ­ãƒãƒŧトãƒģヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗäģ–ã€ŽåąãĒいåŒģč€…ãŸãĄã€ã€äģĨ下å¤Ē字は厉į”°ãĢよるīŧ‰

 

 これはおういうことだろう。
 「ピテãƒĒãƒŧ性ぎį—™æ”Ŗをčĩˇã“したäēēは倒れãĻもæ€Ē我をしãĒã„ã€ã¨ã„ã†ãŽã¯ã€č¨€ã„æ–šã‚’å¤‰ãˆã‚Œã°æ€Ē我をしãĒいようãĢ倒れãĻã„ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã ã€‚ã“ã†č¨€ã†ã¨æ€ã‚ãšã€ŒčŠį—…ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒé ­ã‚’ã‚ˆãŽã‚‹ã€‚ã‚‚ã—æ‚Ŗč€…ãŒæ„č­˜ã—ãĻわざと倒れãĻいるãĒã‚‰ã°čŠį—…といãŖãĻåˇŽã—æ”¯ãˆãĒいだろう。
 だがピテãƒĒãƒŧã¯čŠį—…ではãĒい。つぞりæ‚Ŗč€…ãŒæ„å›ŗįš„ãĢ倒れãĻいるわけではãĒいぎである。

 

ピテãƒĒãƒŧãĢよるã‚Ģã‚ŋãƒŦãƒ—ã‚ˇãƒŧæ‚Ŗ者

Haunting portraits of disturbed female patients show true horror of infamous 19th century mental asylum - Mirror Online

 

 とãĒるとæ‚Ŗč€…ãŽå†…ãĢã‚ã‚‹æ„č­˜å¤–ãŽãĒãĢかがį—™æ”Ŗをåŧ•ãčĩˇã“しãĻいるとč§Ŗ釈するãģかãĒくãĒる。前期フロイトはそれを「į„Ąæ„č­˜ã€ã€åžŒæœŸãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆã¯äŋŽæ­Ŗを加えãĻ「エ゚」とå‘ŧんだ。
 フロイトぎį†č§Ŗでは、į„Ąæ„č­˜ã¯æ„č­˜ãĢよãŖãĻįĻã˜ã‚‰ã‚ŒãŸæ€č€ƒãƒģトナã‚Ļマが周į¸ãĢčŋŊいやられることãĢよãŖãĻį”Ÿã˜ã‚‹īŧˆãĒおエ゚は、とくãĢ抑圧されたわけではãĒã„ãŒé€šå¸¸ã¯æ„č­˜ã•ã‚ŒãĒい領域、䞋えば〈åŋĢ-不åŋĢぎ内部įŸĨčĻšã€‰ãĒおがあることからį„Ąæ„č­˜æĻ‚åŋĩãĢäŋŽæ­Ŗが加えられたもぎīŧ‰ã€‚こぎようãĒ「抑圧されたį„Ąæ„č­˜ã€ãŒã„わばįŠ¯äēēとãĒり、čĻ–čĻšå–Ēå¤ąã‚„į—™æ”Ŗぎãģか、さぞざぞãĒčēĢäŊ“į—‡įŠļをåŧ•ãčĩˇã“すというわけだ。
 かくしãĻ「į„Ąæ„č­˜ã€ã¯ãƒ’゚テãƒĒãƒŧというį–žį—…ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã•ã„ãĢåŋ…į„ļįš„ãĢčĻčĢ‹ã•ã‚Œã‚‹æĻ‚åŋĩといえるが、いãŖãŊうで「それはį„Ąæ„č­˜ãŽã—わざãĒã‚“ã ã‚ˆã€ã¨č¨€ãŖãĻおけばãĒんでもčĒŦ明した気ãĢãĒれるマジックワãƒŧドãĢãĒりかねãĒい。「į„Ąæ„č­˜ã€ãŽå­˜åœ¨ã‚’名指すことは、ピテãƒĒãƒŧį†č§ŖãĢとãŖãĻ最初ぎ一歊ãĢすぎãĒい。

 

 ところでįžäģŖãĢį›Žã‚’向けると、ピテãƒĒãƒŧはすでãĢæ­ģんだį—…気だとčĻ‹åšã•ã‚ŒãĻいる。そもそもįĨžįĩŒį—‡ã¨ã„うį”¨čĒžč‡ĒäŊ“がDSM-â…ĸäģĨ降はæļˆãˆåŽģãŖãĻいるぎである。
 それはピテãƒĒãƒŧというį—…名がさぞざぞãĒ意å‘ŗå†…åŽšã‚’æŒãĄã™ãŽãŸã“ã¨ã€åĨŗæ€§č”‘čĻ–ぎåĢ意があることぎäēŒã¤ãŽäē‹æƒ…ãĢよるīŧˆJīŧDãƒģãƒŠã‚ˇã‚Ē『ピテãƒĒãƒŧ į˛žįĨžåˆ†æžãŽį”ŗし子』ぎ姉歯一åŊĻãĢよるč¨ŗč€…ã‚ã¨ãŒãã‚’å‚į…§īŧ‰ã€‚įžåœ¨ã€ã‹ã¤ãĻピテãƒĒãƒŧとå‘ŧばれãĻいたもぎはį—‡įŠļåˆĨãĢäģĨ下ぎ三つãĢ再įˇ¨æˆã•ã‚ŒãŸã€‚すãĒã‚ãĄã€

 

 ãƒģčģĸ換性障åŽŗīŧˆčēĢäŊ“éĸãĢįžã‚Œã‚‹ã‚‚ぎīŧ‰

 ãƒģč§Ŗé›ĸ性障åŽŗīŧˆį˛žįĨžéĸãĢįžã‚Œã‚‹ã‚‚ぎīŧ‰

 ãƒģäēēæ ŧ障åŽŗīŧˆãƒ‘ãƒŧã‚ŊナãƒĒテã‚Ŗ障åŽŗとも。į¤žäŧšį”Ÿæ´ģや寞äēēé–ĸäŋ‚ãĢ支障をきたすčĒįŸĨãƒģ感情ぎ偏りīŧ‰

 

 である。したがãŖãĻ、上čŋ°ãŽã€Œį‰ŠãĢãļつからãĒいピテãƒĒãƒŧ性čĻ–čĻšå–Ēå¤ąã€ã‚„ã€Œå€’ã‚ŒãĻもæ€Ē我をしãĒいピテãƒĒãƒŧ性į—™æ”Ŗ」は、įžåœ¨ã§ã¯čģĸ換性障åŽŗãĢåˆ†éĄžã•ã‚Œã‚‹ã€‚

 ãĒお「čģĸ換性障åŽŗãĒおきわめãĻį¨€ãĒį—…気だろう」と多くぎäēēは思うかもįŸĨれãĒい。げんãĢį­†č€…ぎįŸĨり合いをčĻ‹æ¸Ąã—ãĻもįĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡ãĒおと違ãŖãĻぞãŖたくおį›ŽãĢかからãĒいし、ネットでも「10万äēēあたり11īŊž300äēē」といãŖたčĒŦ明がčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚

 

www.atgp.jp


 だが一斚で、ジェãƒŧム゚ãƒģãƒĸãƒĒã‚ŊãƒŗはそぎįŊšæ‚ŖįŽ‡ãĢついãĻ銚くずき数を提į¤ēしãĻいる。

 

 変換į—‡īŧˆåŽ‰į”°īŧščģĸ換性障åŽŗと同じConversion Disorderīŧ‰ã¯ã€åŒģį™‚ãĢかかるäēēãŸãĄãŽãĒかではよくãŋられ、成äēēぎį´„1/3ãĢはäēēį”Ÿã§å°‘ãĒくとも1つäģĨ上ぎį—‡įŠļがį”Ÿã˜ã‚‹ã€‚ã—ã‹ã—ã€ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢヘãƒĢã‚šãĢかかるæ‚Ŗč€…ãŒå¤‰æ›į—‡ã¨č¨ē断されることは非常ãĢぞれである――もしかしたら10,000äēēãĢ一äēēį¨‹åēĻかもしれãĒい。これは、č‹Ĩい嚴äģŖでよくį™ēį—‡ã™ã‚‹į–žæ‚Ŗであり、į”ˇæ€§ã‚ˆã‚Šã¯åĨŗ性ãĢå¤šã„ã¨æ€ã‚ã‚Œã‚‹ã€‚æ•™č‚˛æ°´æē–がäŊŽãåŒģå­Ļįš„įŸĨč­˜ãŒäšã—ãã€åŒģį™‚がį™ēåą•é€”ä¸ŠãĢある地域ぎæ‚Ŗ者ãĢ多い傞向ãĢある。
 īŧˆã€Žį˛žįĨžį§‘č¨ē断æˆĻį•Ĩ ãƒĸãƒĒã‚Ŋãƒŗ博åŖĢぎDSM-5åžšåē•æ”ģį•Ĩ case130』īŧ‰

 

 3äēēãĢ1äēēというぎはあぞりãĢäģ–ぎ推厚からかけé›ĸれãĻいãĻį–‘わしくもãĒるが、とãĢかくč‡ĒčĻšãƒģč¨ē断されãĒいだけでかãĒりよくあるį–žį—…だと捉える専門åŽļもいることはį•™æ„ã—ãĻおきたい。

 

 それãĢしãĻも「åŒģå­Ļįš„įŸĨč­˜ãŒäšã—ãã€åŒģį™‚がį™ēåą•é€”ä¸ŠãĢある」ãģおįŊšæ‚ŖしやすくãĒるとはおういうことだろうか。ぞるで「č§Ŗ剖å­Ļįš„ãĢそぎようãĒį—‡įŠļがčĩˇã“るはずがãĒい」とįŸĨãŖãĻしぞうともはやそぎį—‡įŠļをčĩˇã“すことがå‡ēæĨãĒくãĒるぎではãĒã„ã‹ã¨æ€ã‚ã›ã‚‹ã€‚ãĄã‚‡ã†ãŠã€Žãƒˆãƒ ã¨ã‚¸ã‚§ãƒĒãƒŧ』で、崖からéŖ›ãŗå‡ēしたトムが、čļŗ場がãĒいことãĢ気äģ˜ããžã§ã¯čŊ下せずãĢいられるようãĢ。


b.į—…因はおこãĢある


 さãĻäģŠå›žãŽč¨˜äē‹ã¯ãšã¤ã ã‚“ピテãƒĒãƒŧを垊樊させようというぎではãĒいし、ピテãƒĒãƒŧぎãŋã‚’å–ã‚Šæ‰ąã†ã¤ã‚‚ã‚Šã‚‚ãĒいぎだが、しばしピテãƒĒãƒŧã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãĢこだわることãĢは意įžŠãŒã‚るようãĢ思える。
 エテã‚ŖエãƒŗヌãƒģトãƒĒã‚ĸは『ピテãƒĒãƒŧãŽæ­´å˛ã€ãŽįĩãŗで、「ピテãƒĒãƒŧはæ­ģんだ。そぎ通りである」としつつも「ピテãƒĒãƒŧはč‡Ē分と一įˇ’ãĢ数々ぎčŦŽã‚’åĸ“å ´ãĢ持ãŖãĻ行ãŖた」とčŋ°ãšãĻいる。

 

 古典古äģŖからずãŖã¨æ‚˛åŠ‡įš„ãĒčģŊč”‘ãŽåąé™ēをおかさせたäģŽæ­ģįŠļæ…‹ã€åąˆåŧˇãĒį”ˇãŸãĄãŒãŠã•ãˆã‚‹ã“とができãĒいãģãŠãŽã€ã‹ã‚ˆã‚ã„å¨˜ãŸãĄãĢよãŖãĻį”Ÿãŋå‡ēされåĸ—å¤§ã—ãŸč…•åŠ›ã€äŊ•æ™‚間もそぎぞぞãĢå›ē厚されたå§ŋå‹ĸ、ã‚ĩãƒŧã‚Ģã‚šãŽæ›˛čŠ¸å¸ĢではãĒいå°ŧåƒ§ãŸãĄãŽã€é ­ãŒã‹ã‹ã¨ãĢつきそうãĢãĒるåŧ“ãĒりīŧˆã‚ĸãƒĢクãƒģドãƒģã‚ģãƒĢクãƒĢīŧ‰ãĢそりかえãŖたčēĢäŊ“、さらãĢ、ãŗãŖくりäģ°å¤Šã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĒį§ģ動をčĩˇã“すäŋĄã˜ãŒãŸã„å§ŋå‹ĸã€č…•ãŽã‚ãĄã“ãĄãĢå¤Ēい針をつきåˆēしãĻもį›ŽãŒã•ã‚ãĒいあぎį„Ąæ„ŸčĻšã€čēĢäŊ“ぎ一斚からäģ–æ–šãĢį§ģる感čĻšč„ąå‡ē。これらすずãĻぎäē‹åŽŸã¨čĻ‹ãžã”うことがãĒかãŖた大å‹ĸãŽč‡¨åēŠåŒģがčĻŗ察したäģ–ぎäē‹åŽŸã¯ã€ã‚ã‚Œã‚ã‚ŒãĢとãŖãĻは䞝į„ļčŦŽã§ã‚る。
 īŧˆã‚¨ãƒ†ã‚ŖエãƒŗヌãƒģトãƒĒã‚ĸ『ピテãƒĒãƒŧãŽæ­´å˛ã€īŧ‰

 

The circular arc – “arc de cercle”, Paul Richer, Études cliniques sur l’hystÊro-Êpilepsie ou grand hystÊrie (Paris, 1885). 

 

 į­†č€…ãĢそぎčŦŽã‚’č§ŖくčƒŊ力はおそらくãĒいであろう。しかし、これぞで多くぎäēēãŗとがそれãĢついãĻį ”įŠļã—ã€č€ƒãˆãĻきたことãĢついãĻ、せめãĻそぎあらぞしãĒりともįŸĨらずãĢいられようか。そしãĻããŽã†ãˆã§åšžč¨ąã‹ãŽč€ƒå¯Ÿã‚’åŠ ãˆãŸã„ã€‚ããŽã•ã„ã€Œå€’ã‚ŒãĻもæ€Ē我をしãĒいピテãƒĒãƒŧ性į—™æ”Ŗ」或いは「į‰ŠãĢãļつからãĒいピテãƒĒãƒŧ性čĻ–čĻšå–Ēå¤ąã€ã¨ã„ã†č¨˜čŋ°ã‚’į›ŽãŽåŊ“たりãĢしたさいぎ違和ぎ感čĻšãŒã€ã‚ã‚Œã‚ã‚ŒãŽå‡ēį™ēį‚šã¨ãĒる。

 さãĻヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗã‚‰ãŽč¨˜čŋ°ãĢæˆģろう。åŊŧらは冒頭ãĢåŧ•į”¨ã—た「倒れãĻもæ€Ē我をしãĒいピテãƒĒãƒŧ性éēģį—ē」ぎ前垌でæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢčĒžãŖãĻいる。

 

 ピテãƒĒãƒŧぎæēæŗ‰ãŽäē‹äž‹ã¨ã—ãĻ、最もはãŖきりしãĻいるぎは、性įš„ぞたはæ”ģ撃įš„ãĒčĄå‹•ã¨į¤žäŧšįš„ãĒįĻåˆļとぎ間ぎčģ‹čŊĸである。
 īŧˆãƒ­ãƒãƒŧトãƒģヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗäģ–ã€ŽåąãĒいåŒģč€…ãŸãĄã€īŧ‰

 

 そしãĻãƒĸãƒĒã‚Ŋãƒŗぎ指摘と同čļŖ旨だが、よりäģ”į´°ãĢ、

 

 こぎį—‡įŠļは、į”ˇæ€§ã‚ˆã‚Šã‚‚åĨŗ性ãĢ多くčĻ‹ã‚‰ã‚Œã€æ•™č‚˛įš„ã€čˇæĨ­įš„、įĩŒæ¸ˆįš„、įŸĨįš„地äŊãŽäŊŽã„äēēぎ斚が、より嚸運ãĒäēēよりもãĒりやすい傞向がある。晎通十äģŖ垌期からčĻ‹ã‚‰ã‚Œã€ä¸‰åæ­ŗを過ぎãĻ始ぞることはį¨€ã§ã‚る。į ”įŠļぎįĩæžœã€ãƒ’゚テãƒĒãƒŧがéēäŧã™ã‚‹ã¨ã„うįĸē原ãĒč¨ŧ拠はčĻ‹å‡ēされãĻいãĒい。こぎį—‡įŠļが同一åŽļ族内でį™ēį”Ÿã™ã‚‹ã¨ã„うことはãĒいようである。ぞた、双į”Ÿå…ãŽä¸€æ–šãŒãƒ’゚テãƒĒãƒŧæŒãĄã§ã‚ã‚Œã°ã€ã‚‚ã†ä¸€æ–šãĢそぎ傞向がčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã„うことはごくį¨€ã§ã‚る。ピテãƒĒãƒŧåĨŗ性ぎčĻĒ族ぎį”ˇæ€§ã¯ã€åį¤žäŧšįš„性æ ŧ、ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ䞝存、č–Ŧį‰Šäšąį”¨ãŽäēēがやや多いことがčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĻã„ã‚‹ã€‚č‹ąå›Ŋぎį˛žįĨžį§‘åŒģぎ大多数は、ピテãƒĒãƒŧはéēäŧæ€§ã§ã¯ãĒいという意čĻ‹ã§ä¸€č‡´ã—ãĻいる。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 というį‰šåž´ã‚’挙げãĻいる。
 ここではäēŒã¤ãŽã“とがäē¤äē’ãĢ指摘されãĻいる。一つは「ピテãƒĒãƒŧはéēäŧį—…とはčĻ‹åšã•ã‚ŒãĒい」ということ、もう一つは「ピテãƒĒãƒŧぎį™ēį—‡ãĢはį¤žäŧšãĢよるįĻåˆļやãĒãĢかしらぎ不嚸、不遇、į’°åĸƒãŽæ‚Ēさ、åŽļæ—ãŽå•éĄŒãĒおがé–ĸäŋ‚しãĻいる」ということだ。
 こぎäēŒã¤ã¯å¯†æŽĨãĢįš‹ãŒãŖãĻおり、あきらかãĢある斚向性をもãŖたčĒ­ãŋをčĒ˜ã†ã€‚つぞり「ピテãƒĒãƒŧはæ‚Ŗč€…ãŽæ„å›ŗせざるもぎであるãĢもかかわらず、そこãĢはäŊ•ã‚‰ã‹ãŽæŠ—č­°ã€æŠĩ抗、逃éŋéĄ˜æœ›ã¨ã„ãŖãŸãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジがčžŧめられãĻいるぎではãĒいかīŧŸã€ã¨ã„うčĒ­ãŋである。
 さらãĢčŋŊã„æ‰“ãĄã‚’ã‹ã‘ã‚‹ã‚ˆã†ãĢヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗらはいう。

 

 多くぎ場合、į—‡įŠļはかãĒりįŸ­æ™‚æ—ĨãŽã†ãĄãĢįĒį„ļæļˆå¤ąã™ã‚‹ã€‚だが垀々ãĢしãĻ、栚åē•ãĢある原因は掋る。同一ぎ、ぞたį•°ãĒãŖたåŊĸをとãŖた、æŦĄãŽčģĸ換がおこるぎが晎通である。とりわけ、それらãĢより多くぎもぎを垗るäēēぎ場合ãĢは。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 ピテãƒĒãƒŧぎ「栚åē•ãĢある原因」は、おそらくは外部ぎį’°åĸƒãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã„ã†ã‚ã‘ã§ã‚ã‚‹ã€‚ãã—ãĻぞたčĻæŗ¨æ„ãƒ¯ãƒŧドがå‡ēãĻきた――「それらãĢより多くぎもぎを垗る」、すãĒã‚ãĄį–žį—…刊垗である。
 æŦĄįĢ ã§ã¯ãžãšã€ã“ぎį–žį—…刊垗ãĢついãĻč§ĻれãĻおく。

 

 

2.į–žį—…åˆŠåž—ã¨čŠį—…

 

 

 į–žį—…刊垗(gain from illness)ã¯ã€ã€Žå—åąąå ‚åŒģå­Ļå¤§čžžå…¸ã€ã§ã¯ã€Œæ‚Ŗč€…ãŒį„Ąæ„č­˜įš„ãĢį›´æŽĨįš„あるいは間æŽĨįš„ãĢį–žį—…からåŧ•ãå‡ēすあらゆるæē€čļŗ」と厚įžŠã•ã‚Œã‚‹ã€‚äģ–ぎåŒģå­Ļčžžå…¸ã§ã‚‚ãģãŧ同様である。

 たとえばį—…æ°—ãŽãŸã‚ã€čĄŒããŸããĒいäŧšį¤žã‚„å­Ļæ Ąã‚’äŧ‘めることはį–žį—…åˆŠåž—ã¨č¨€ãˆã‚‹ã ã‚ã†ã€‚ãžãŸæ°—ãŒäš—ã‚‰ãĒいį´„束をキãƒŖãƒŗã‚ģãƒĢå‡ēæĨることもį–žį—…åˆŠåž—ã¨č¨€ãˆã‚‹ã€‚ã‚­ãƒŖãƒŗã‚ģãƒĢされる「į´„束」ãĢは、時としãĻ劚į´„や恒䚅įš„ãĒčģĸ勤といãŖたäēēį”ŸãĢとãŖãĻきわめãĻ重大ãĒもぎもåĢぞれる。
 ぞたäŧ‘æĨ­čŖœå„ŸãĒおもよくį–žį—…刊垗ぎ䞋としãĻ挙げられる。

 

ã€€å¤ąæĨ­äŋé™ēや障åŽŗåš´é‡‘ãŽéĄžã„ã‚’į–žį—…刊垗とå‘ŧãŗうるかおうかは、į­†č€…としãĻはäē›ã‹į–‘問である。というぎもそれらは厚įžŠä¸Šã€į–žį—…ãĢよãŖãĻčĸĢãŖたåŋƒčēĢおよãŗįĩŒæ¸ˆįš„æå¤ąãĢ寞するčŖœåĄĢãĒぎであり、刊垗というより「マイナ゚をã‚ŧロãĢæˆģす」もぎだからである。喊えるãĒã‚‰ã€ã‚ąã‚Ŧをすればį„Ąæ–™ã§įĩ†å‰ĩč†ãŒã‚‚ã‚‰ãˆã‚‹ã¨ã—ãĻもそぎためãĢã‚ąã‚Ŧã‚’ã—ãŸãŒã‚‹č€…ã¯ã„ãĒいということだ。
 ただしįžåŽŸãĢã¯ã€ã“ã†ã—ãŸã‚ąãƒŧã‚šãĢおいãĻそこかしこãĢ刊垗īŧˆ=æē€čļŗīŧ‰ãŒį”Ÿã˜ã‚‹ã“とはむしろåŊ“į„ļといãŖãĻいい。そもそも受įĩĻした金銭とそれãĢよãŖãĻ垗たäŧ‘暇をåŽŗ密ãĢ「æ˛ģį™‚ぎãŋ」ãĢäŊŋうことは不可čƒŊである。

 

 そしãĻ芐į—…ãĢよる刊垗はį–žį—…刊垗ãĢはåĢぞれãĒã„ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚‚č¤‡æ•°ãŽåŒģå­Ļčžžå…¸ã§ä¸€č‡´ã—ãĻいる。
 これはäēēãĢよãŖãĻはį›´æ„ŸãĢ反するかもįŸĨれãĒい。つぞり「ãģんもぎぎį—…æ°—ã ã‚ã†ã¨čŠį—…だろうと、į—…気であるというäŊ“čŖã§åˆŠåž—が垗られるãĒらį–žį—…刊垗ãĒぎではãĒã„ã‹ã€ã¨č€ƒãˆãŒãĄã ãŒãã†ã§ã¯ãĒい。すãĒã‚ãĄåžŒč€…ã¯"æŦēき"ãĢよãŖãĻ刊垗を垗ãĻいるぎであãŖãĻį—…æ°—ãĢよãŖãĻ刊垗を垗ãĻいるわけではãĒい、というぎが゚ã‚ŋãƒŗダãƒŧドãĒč§Ŗ釈である。

ã€€ãŸã¨ãˆã°ã€ŽåąãĒいåŒģč€…ãŸãĄã€ãŽåˆĨãŽé …ã§ã¯ã€čŠį—…ã‚’ã‚‚ãĄã„ãĻåĨŗを捨ãĻるæ—ĨæœŦäēēãŽé€¸čŠąãŒį´šäģ‹ã•ã‚ŒãĻいるが、それはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎである。

 

 īŧˆåŽ‰į”°č¨ģīŧšãƒžãƒĒãƒŧãƒģ゚トã‚Ļプ゚がīŧ‰ã‚˛ãƒŧベãƒĢ教授ぎį ”įŠļ厤でį ”įŠļしãĻいるときãĢ、フジãƒģã‚ąãƒŗジロã‚Ļ[藤äē•åĨæŦĄéƒŽīŧŸ]という名ぎ三十七æ­ŗぎæ—ĨæœŦäēēį ”įŠļč€…ã¨įŸĨり合ãŖた。äēŒäēēは恋ãĢčŊãĄã€ãƒžãƒĒãƒŧがイゎãƒĒã‚šãĢ帰るときフジは垌をčŋŊãŖãĻきた。こぎé–ĸäŋ‚は、マãƒĒãƒŧがマãƒŗチェ゚ã‚ŋãƒŧ大å­ĻぎčŦ›å¸ĢをしãĻいる間も、フジがæ—ĨæœŦãĢ帰å›ŊしãĻ垌十å…Ģãƒļ月ぎåˆĨé›ĸぎ間もįļšã„た。äēŒäēēは一䚝〇七嚴ãĢįĩåŠšã™ã‚‹į´„束で、同嚴七月ãĢマãƒĒãƒŧはæ¨ĒæĩœãĢ向けãĻå‡ēį™ēした。そこでåŊŧåĨŗは、いわばマダムãƒģバã‚ŋフナイぎčŖčŋ”ã—ãŽæ‚˛é‹ãĢé€ĸうことãĢãĒãŖた。フジはåŋƒå¤‰ã‚ã‚Šã—ãĻいたようだãŖた。フジは、åĨåēˇã‚’åŽŗしãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ã„ã€ã¯ãĻは、äŧãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã“ろでは、ハãƒŗã‚ģãƒŗį—…ãĢãĒãŖたとしãĻ、éĸį›Žã‚’つãļすことãĒく、こぎもはや望んでいãĒいé–ĸäŋ‚から逃れようとはかãŖた。一嚴半æ—ĨæœŦãĢæģžåœ¨ã—た垌、マãƒĒãƒŧã¯æ‚˛ã—ã„åŋƒã‚’いだいãĻイゎãƒĒã‚šãĢ帰ãŖた。
 īŧˆãƒ­ãƒãƒŧトãƒģヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗäģ–ã€ŽåąãĒいåŒģč€…ãŸãĄã€īŧ‰

 

藤äē•åĨæŦĄéƒŽã¨ãƒžãƒĒãƒŧãƒģ゚トã‚Ļプ゚

 

 ãĒãĢã‚„ã‚‰éˇ—å¤–ãŽã€Žčˆžå§Ģ』ぎようãĒčŠąã ãŒã€ã“ã†ã—ãŸã‚ąãƒŧ゚はį–žį—…åˆŠåž—ã¨ã¯č¨€ã‚ãĒい。

 

 こぎようãĢį–žį—…åˆŠåž—ã¨čŠį—…はåŒēåˆĨしãĒければãĒらãĒいが、世ぎ中ãĢは一é€ŖぎできごとぎãĒかãĢä¸Ąæ–šãŒé–ĸäŋ‚しãĻãã‚‹ã‚ąãƒŧ゚というぎもやはりあるようãĢ思う。

 これはį­†č€…ぎčēĢčŋ‘ãĢ原際ãĢあãŖたことだが、あるčĻĒéĄžãŒč‡Ē動čģŠãĢ䚗り、åŽļãŽæ•ˇåœ°ã‚’å‡ēãĻã™ããŽčˆ—é“ã§æ­Šã„ãĻいたéĢ˜éŊĸåĨŗ性とæŽĨč§Ļäē‹æ•…ã‚’čĩˇã“した。
 さいわいåĨŗ性ãĢこれといãŖたæ€Ē我はãĒãã€ã„ãĄãŠã†æ¤œæŸģぎため数æ—Ĩはå…Ĩé™ĸしたがすぐ退é™ĸしãĻよし、ということãĢãĒãŖた。čĻĒéĄžãŒčĻ‹čˆžã„ãĢゆくと、åŊŧåĨŗはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒことをčĒžãŖた。
 「わたしはå¤Ģと子䞛ぎ三äēē暎らしだが、åŽļ族はéŖŸå™¨ã‚’æĩã—台ãĢå‡ēすことすらせず、åŽļäē‹ã‚„雑į”¨ã‚’全部やらされåĨ´éšˇãŽã‚ˆã†ãĢこきäŊŋわれãĻいたぎでいいäŧ‘暇ãĢãĒãŖた。しかも、äģŠãžã§å†ˇãŸã‹ãŖたå¤Ģぎ態åēĻががらãŖと変ãŖãĻ、ぞいãĢãĄäēŒåēĻ三åēĻとčĻ‹čˆžã„ãĢきãĻはãĒんやかやと気éŖãŖãĻくれる。おうやらわたしがいãĒくãĒãŖãĻåŽļぎことがãĒãĢもåģģらずãĢį„ĻãŖãĻいるらしい。それであãĒたãĢé ŧãŋがあるんだけお、æœŦåŊ“はもうäŊ•ã¨ã‚‚ãĒいが、あãĒたぎäŋé™ēでもうしばらくå…Ĩé™ĸしãĻいãĻいいかīŧŸã€
 čĻĒéĄžã¯åŋĢčĢžã—、ついでãĢč¨€ã†ã¨ã“ãŽäē‹æ•…をきãŖかけãĢå…č¨ąã‚’čŋ”上した。

ã€€ã“ãŽčŠąãŽå‰åŠã¯ãžã•ãĢį–žį—…刊垗である。
 フロイトはį–žį—…刊垗をįŦŦ一æŦĄį–žį—…刊垗(primaru gain)とįŦŦäēŒæŦĄį–žį—…刊垗(secondary gain)ãĢåˆ†éĄžã—ãĻいる。

 

 įŦŦ一æŦĄį–žį—…刊垗とは、į—‡įŠļぎ最初ぎå‡ēįžã¨ã€į—‡įŠļåŊĸ成を導く動抟とがé–ĸäŋ‚しãĻいるもぎである。すãĒã‚ãĄã€į–žį—…がæ‚Ŗ者ãĢとãŖãĻぎį„Ąæ„č­˜įš„åŋƒį†įš„ãĒæē€čļŗとãĒã‚Šã€ä¸åŽ‰ã‚„č‘›č—¤ã‚’æ„č­˜ã—ãĒいことでį˛žįĨžįš„ãĒ厉厚ぎ手æŽĩとãĒãŖãĻいる場合である。
 īŧˆã€Žå—åąąå ‚åŒģå­Ļå¤§čžžå…¸ã€€įŦŦ19į‰ˆã€īŧ‰

 

 įŦŦäēŒæŦĄį–žį—…刊垗とは、すでãĢåŊĸ成されたį—‡įŠļから垗られる刊į›Šīŧˆäž‹ãˆã°ã€į—…気ぎためãĢåŽļ族から大切ãĢされるãĒおīŧ‰ã§ã‚り、åŊ“初ぎį—‡įŠļからはäēˆæ¸Ŧã™ã‚‹ã“ã¨ã‚„æą‚ã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããĒいもぎである。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 つぞりこぎéĢ˜éŊĸåĨŗæ€§ãŽã‚ąãƒŧ゚はįŦŦäēŒæŦĄį–žį—…刊垗ãĢあたる。ぞたå­Ļæ Ąã‚„äŧšį¤žã‚’äŧ‘めるといãŖたこともįŦŦäēŒæŦĄį–žį—…刊垗ãĢあたるが、åŽļäē‹ã‚‚そこãĢåĢぞれãĻもよいはずである。
ã€€ã ãŒã“ãŽčŠąãŽåžŒåŠã¯â€•â€•æƒ…įŠļ酌量ぎäŊ™åœ°ã¯å……分ãĢあるが――あきらかãĢ芐į—…ãĢæŽĨčŋ‘しãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ã‚ã–ã‚‹ã‚’åž—ãĒいīŧˆã‚‚ãĄã‚ã‚“å€Ģį†įš„ãĒå•éĄŒãŒį”Ÿã˜ã‚‹ãģおぎことではãĒã„ã€‚ã“ã“ã§ã„ã†ã€ŒčŠį—…」とはあくぞで厚įžŠä¸ŠãŽã“とであるīŧ‰ã€‚
 ãĒおį–žį—…刊垗ãĢついãĻは、æ˛ģį™‚ぎさぞたげãĢãĒるīŧˆé€€é™ĸしたがらãĒいīŧ‰ã“とや、į¤žäŧšåžŠå¸°ã—ãĢくくãĒã‚‹å•éĄŒãŒæŒ‡æ‘˜ã•ã‚ŒãĻいる。
 įˇã˜ãĻį–žį—…åˆŠåž—ã¨čŠį—…ã¯é•ã†ã‚‚ãŽã§ã¯ã‚ã‚‹ãŒã€ã—ã°ã—ã°ä¸Ąč€…ãŽįˇšåŧ•ãã¯é›Ŗã—ãã€ãžãŸå‰č€…ã¯åžŒč€…ã‚’čĒ˜į™ēする原因とãĒりうる、ということだろう。

 

 さãĻ地ãĒらしが済んだところでそろそろæœŦč…°ã§č€ƒå¯ŸãĢå…ĨることãĢする。そぎためãĢは、新しい思æƒŗやį—‡äž‹ã‚’å‘ŧãŗčžŧむåŋ…čĻãŒã‚る。įŦŦ三įĢ ã¨įŦŦ四įĢ ã§ã¯ã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧとグロデックといういずれもきわめãĻį‹Ŧč‡Ē性ぎåŧˇã„čĢ–者ãĢよるį—…å› čĢ–、およãŗそれãĢåŗしたį—‡äž‹ã‚’æŽĄã‚Šä¸Šã’ã‚‹ã€‚

 

 

3.ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧぎį—…å› čĢ–

 

 

a.撤退としãĻぎ〈į—…い〉

 

 ヴã‚Ŗクトãƒŧã‚ĸãƒģフりãƒŗãƒģãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧ(1886īŊž1957)はかãĒã‚Šå•éĄŒåĢãŋぎäēēį‰Šã§ã‚る。たしかãĢåŒģå­Ļå˛ãĢ名を掋すį”Ÿį†å­Ļč€…ã§ã¯ã‚ã‚‹ãŒã€åŊŧã¯ã˛ã¨ã“ã¨ã§č¨€ãˆã°é ­ãŽã„ã„æ¤æžã§ã‚ãŖãŸã€‚ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧはæˆĻ前からæˆĻ垌ãĢč‡ŗるぞで一č˛ĢしãĻ、「éēäŧįš„ãĢåŠŖį­‰ãĒį”Ÿå‘Ŋ、į”Ÿãã‚‹ãĢ値しãĒいį”Ÿå‘Ŋがある」とãŖãŸč€ƒãˆã‚’å´Šã—ãĻいãĒいãĩしがある。

 

von Weizsacker,Viktor(1886-1957)


 ぞたåˆĨãŽå•éĄŒã¨ã—ãĻã€ã“ã‚Œã‹ã‚‰æŽĄã‚Šä¸Šã’ã‚‹åŊŧぎį—…å› čĢ–は、同時äģŖぎį´°čŒå­Ļãƒģéēäŧį ”įŠļぎ成果をį„ĄčĻ–こそせãŦもぎぎ、そぎčĢ–æ—¨ãĢはそこかしこãĢéŖ›čēã¨č¨€ã„たくãĒるようãĒįŽ‡æ‰€ãŒčĻ‹ã‚‰ã‚Œã€ãŠã†ã—ãĻもįĨžį§˜ä¸ģįžŠįš„ãĒ運å‘ŊčĢ–č€…ã¨ã„ãŖãŸå°čąĄã‚’åĻめãĒい。

 それでも、ピテãƒĒãƒŧ-čģĸ換性障åŽŗぎようãĒåŋƒčēĢį—‡īŧˆåŽŸå› ã¨ãĒるčēĢäŊ“į–žæ‚ŖがčĻ‹åŊ“たらãĒいãĢもかかわらず、さぞざぞãĒčēĢäŊ“į—‡įŠļã‚’č¨´ãˆã‚‹į—…態ぎįˇį§°īŧ‰ã¨ã€Œį„Ąæ„č­˜ã€ãŽé–ĸäŋ‚ã‚’č€ƒãˆã‚‹ãĢあたãŖãĻã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧぎį—…å› čĢ–はきわめãĻ重čĻãĒį¤ē唆を投げかけãĻいると思えるぎでæ•ĸえãĻæŽĄã‚Šä¸Šã’ã‚‹ã€‚

 

 さãĻãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧ『į—…å› čĢ–į ”įŠļ』ãĢついãĻはäģĨ前ãĢ一åēĻã€ãƒ–ãƒ­ã‚°ã§å–ã‚Šæ‰ąãŖたことがある。

 

visco110.hatenablog.com

 

 čĒ­ãŋãĢčĄŒã‹ãšã¨ã‚‚ã‚ã‹ã‚‹ã‚ˆã†ãĢčŋ°ãšã‚‹ãĒらば、åŊŧぎį—…å› čĢ–ぎéĒ¨å­ã¯ã„つãĒんぎį—…æ°—ãĢかかるかはæąēしãĻåļį„ļではãĒく、æ‚Ŗč€…ãŽäēēį”ŸãĢおける意å‘ŗがあるというもぎだ。

 そぎさいãĢåŊŧãŒæŽĄã‚Šä¸Šã’ã‚‹į–žį—…は、ピテãƒĒãƒŧīŧˆãĒおåŊŧがピテãƒĒãƒŧとしãĻå–ã‚Šæ‰ąãŖãĻいるį—‡äž‹ã¯ã™ãšãĻčģĸ換性障åŽŗであるīŧ‰ãŽãŋãĒã‚‰ãšæ‰æĄƒį‚Žã€å°ŋå´Šį—‡ã€į™ēäŊœæ€§é ģč„ˆã¨ã„ãŖたåŽĸčĻŗįš„ãĢč¨ē断可čƒŊãĒもぎが大半である。たとえばåŊŧã¯æ‰æĄƒį‚ŽãĢついãĻæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒį—‡äž‹ã‚’挙げãĻいるīŧˆã™ãšãĻ半分ãģãŠãŽé•ˇã•ãĢčĻį´„したīŧ‰ã€‚

 

 あるč‹ĨいåĨŗ性は、十嚴もぎあいだ同じį”ˇã‹ã‚‰æą‚劚を受けįļšã‘、ついãĢæ‰ŋčĢžã—たもぎぎ、äŊ•åēĻã‚‚æ‰æĄƒį‚ŽãŒå†į™ēするためįĩåŠšåŧå‰ãĢæ‰æĄƒč…ēã‚’åˆ‡é™¤ã™ã‚‹æ‰‹čĄ“ã‚’å—ã‘ãŸã¨ã“ã‚ã€å¤–į§‘åŒģぎミ゚で上向å’Ŋé ­å‹•č„ˆã‚’å‚ˇã¤ã‘ã‚‰ã‚Œã€å‡ēčĄ€å¤šé‡ã§æ‰‹čĄ“å°ãŽä¸Šã§æ­ģんでしぞう。

 

 åˆĨぎåĨŗæ€§ã¯ã€ã˛ãŠãå†…æ°—ã§č‡†į—…ãĒぎだがãĒんとかįĩåŠšã—たところ、įĩåŠšåŧãŽåžŒãŽãƒ›ãƒ†ãƒĢでå¤ĢãĢã˛ãŠãäžŽčžąã•ã‚Œã€įŋŒæ—Ĩからæŋ€ã—ã„æ‰æĄƒį‚ŽãĢかかãŖãĻしぞう。そぎためįĩåŠšæ—…čĄŒã¯ä¸­æ­ĸとãĒり、äēŒäēēはぞもãĒくé›ĸ劚する。åŊŧåĨŗはį„ĄčƒŊで器量ぎ小さいå¤Ģからč§Ŗ攞されたことを喜んだが、一åēĻはįĩåŠšã—ãĻį‹ŦįĢ‹ã—たいという望ãŋは断たれ、それäģĨæĨã‚ã‚‰ã‚†ã‚‹å¸Œæœ›ã‚’å¤ąãŖたという思いで暎らしãĻいる。

 

 あるåĩåˇŖ摘å‡ēæ‰‹čĄ“ã‚’å—ã‘ãŸä¸‰åå‰åžŒãŽåĨŗ性は、少しé›ĸれたéƒŊ市でįŸĨり合ãŖたį”ˇã‚’一į›Žã§åĨŊきãĢãĒり、そぎ晊ãĢダãƒŗ゚をするが、č‡Ē分は子䞛をį”ŖめãĒいåĨŗだとåŊŧãĢ告げãĒくãĻはãĒらãĒいことで思い悊ãŋ、įŋŒæ—Ĩã‹ã‚‰æ‰æĄƒį‚ŽãĢかかる。そぎためį”ˇã¨ãã‚ŒäģĨ上čĻĒ密ãĢãĒることはãĒかãŖたが、いぞは恋愛をすãŖãąã‚ŠčĢĻめ厉厚しãĻいる。

 

 č‹ĨいåĨŗæ€§ãŒé‡ã„æ‰æĄƒį‚ŽãĢかかãŖãĻč¨ē察ãĢæĨる。č¨ē察ぎあと、åŒģč€…ãŒã€Œãšã„ãļんįĢ‹æ´žãĒæ‰æĄƒį‚ŽãĢかかãŖãŸã‚‚ãŽã ã€ã¨č¨€ãŖたら、åĨŗ性は「子おもができるよりぞしだわ」とčŋ”した。åŊŧåĨŗは前æ—ĨãĢ恋äēēã‹ã‚‰č‚‰äŊ“é–ĸäŋ‚ã‚’čŋĢられたぎを断ãŖãĻいた。

 

ã€€é‰„é“å“Ąã§ã‚ã‚‹å¤Ģが遠斚ãĢčģĸ勤することãĢãĒり、åĻģは母čĻĒからé›ĸれãĻå¤ĢãĢついãĻčĄŒãæąēåŋƒãŒã¤ã‹ãĒかãŖãŸã€‚ãã†ã“ã†ã™ã‚‹ã†ãĄãĢå¤Ģã¯é‡ã„æ‰æĄƒį‚Žã‹ã‚‰åˆäŊĩį—‡ã‚’きたし、勤務不čƒŊã§é€€čˇã™ã‚‹ã“ã¨ãĢãĒãŖた。いぞåŊŧは、åĻģとåĻģぎ母čĻĒとともãĢ一įˇ’ãĢ暎らしãĻいる。

 

 こうしたį—‡äž‹ã‚’挙げãĒãŒã‚‰ã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧがčĢ–じたぎはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒことであãŖた。

 

 あるįŠļæŗãŒä¸Žãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚ã‚ã‚‹æ°—æŒãĄãŒį”Ÿã˜ãĻくる。įˇŠåŧĩがéĢ˜ãžã‚‹ã€‚čģĸ抟が先鋭化する。į—…気がそぎįĩæžœã¨ã—ãĻå…Ĩりčžŧãŋ、それとともãĢ、そぎ垌でīŊ¤æąēį€ãŒã¤ã„ãĻいる。新しいįŠļæŗãŒäŊœã‚Šå‡ēされãĻ厉厚がč¨Ēã‚Œã‚‹ã€‚åž—ãŸã‚‚ãŽã¨å¤ąãŖたもぎがčĻ‹ã‚ãŸã›ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒる。こぎ全äŊ“ã¯ãžã‚‹ã§ã˛ã¨ã¤ãŽæ­´å˛ãŽãžã¨ãžã‚ŠãŽã‚ˆã†ãĢ、äē‹æ…‹ãŽæ€Ĩåą•é–‹ã¨čģĸ抟įš„ãĒ中断と栚æœŦįš„ãĒ変換īŧˆWendung,kritische Unterbrechung,Wandlungīŧ‰ã‚’åĢんでいる。
 īŧˆãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧ『į—…å› čĢ–į ”įŠļ』īŧ‰

 

 ãĒるãģおįĸēかãĢã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãŒæŒ™ã’ã‚‹æ‰æĄƒį‚ŽãŽį—‡äž‹ãĢは「čģĸ抟įš„ãĒ中断」すãĒã‚ãĄäēēį”ŸãŽč‘›č—¤įŠļæŗã‹ã‚‰ãŽæ’¤é€€ã‚’意å‘ŗするもぎが多い。それãĢよãŖãĻæ‚Ŗč€…ãŽäēēį”ŸãĢある切断įˇšãŒį”Ÿã˜ã‚‹ã€‚æ‚Ŗč€…ã¯ãã‚Œãžã§ã¨ã¯é•ãŖたį”Ÿâ€•â€•æ™‚ãĢはæ­ģ――をčŋŽãˆã‚‹ãŽã ã€‚
 そしãĻãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧは「おぎį—‡äž‹ã‚’とãŖãĻãŋãĻもį–žį—…刊垗とでもいうずきもぎがåŋ…ずčĻ‹å‡ēされる」とäģ˜ã‘加えãĻいる。æ‚Ŗč€…ãŒæ­ģäēĄã—ãŸã‚ąãƒŧã‚šãĢおいãĻもīŧŸã€€įĸēかãĢæ­ģãĢはäŊ•ãŽåˆŠåž—ã‚‚ãĒã„ã¨č€ƒãˆã‚‹ãŽã¯ãƒŠã‚¤ãƒŧヴであろう。

 

b.器厘がäēēį”ŸãĢé–ĸ与する――äēŒã¤ãŽéŖ›čē

 

 ここぞでãĒらぞださãģおぎéŖ›čēã¯ãĒく、į´åž—するかおうかはåˆĨとしãĻåŊŧぎčĢ–旨はį†č§Ŗされうるであろう。

 先ãģおčŋ°ãšãŸã‚ˆã†ãĢ、åŊŧが『į—…å› čĢ–į ”įŠļ』でį—‡äž‹ã‚’挙げãĻčĢ–じãĻいるぎはピテãƒĒãƒŧã€æ‰æĄƒį‚Žã€å°ŋå´Šį—‡ã€į™ēäŊœæ€§é ģč„ˆã¨ã„ãŖたもぎだが、åŊŧはピテãƒĒãƒŧãĢついãĻčĢ–じãĻいるįŽ‡æ‰€ã§ã€ãƒ’゚テãƒĒãƒŧはそぎ限į•Œã‚’čļ…えãĻぞれãĢ「įĸē原ãĢ器čŗĒįš„」とčĻ‹åšã•ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĒč‚ēãƒģ腎臓ãƒģįšŽč†šãƒģįĩč†œãĒおぎå‡ēčĄ€ã‚„ã€æ°´į–ąåŊĸ成、いãŧ、į™ēį†ąã€å°ŋįŗ–ぎようãĒį—‡įŠļをåŧ•ãčĩˇã“すことがある、とčŋ°ãšãĻいる。åŊŧはそれを「ピテãƒĒãƒŧãŽč‡¨åēŠįĩŒé¨“を持ãŖãĻいるãĒらčĒ°ã§ã‚‚įŸĨãŖãĻいることだ」という。

 įĸēčĒã—ãĻおこう。æœŦį¨ŋではぞずはじめãĢ、ピテãƒĒãƒŧ性į—™æ”Ŗæ‚Ŗč€…ãŒå€’ã‚ŒãĻもけãŖしãĻæ€Ē我をしãĒいこと、あるいはピテãƒĒãƒŧ性čĻ–čĻšå–Ēå¤ąč€…ãŒį‰ŠãĢãļつからãĒã„ã“ã¨ã‚’č€ƒå¯ŸãŽįĢ¯įˇ’とした。æŦĄãĢã€Œã“ã‚Œã‚‰ã¯čŠį—…ではãĒい」ことをįĸēčĒã—たīŧˆãĒかãĢは騙されるåŒģč€…ã‚‚ã„ãŸã‹ã‚‚įŸĨれãĒいが、全äŊ“としãĻピテãƒĒãƒŧ=芐į—…ではãĒいīŧ‰ã€‚そしãĻ、だとすればそこãĢはæœŦäēēぎ内ãĢã‚ã‚‹ã‘ã‚ŒãŠã€Œæ„č­˜ã€ã§ã¯ãĒいäŊ•ã‚‰ã‹ãŽã‚¨ã‚¤ã‚¸ã‚§ãƒŗã‚ˇãƒŧ、「į„Ąæ„č­˜ã€ã¨ã˛ã¨ãžãšã¯å‘ŧãŗうるもぎがé–ĸ与しãĻいるとæƒŗ厚するしかãĒい、というフロイトぎį†čˇ¯ã‚’įĸēčĒã—た。
ã€€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧは、そぎようãĒフロイトぎピテãƒĒãƒŧčĢ–ぎパナダイム下ãĢおいãĻå¤§čƒ†ãĢč­°čĢ–ã‚’æ‹Ąåŧĩし、ここで挙げたようãĒ「įĸē原ãĢ器čŗĒįš„」ãĒį–žæ‚ŖãĢぞでæ‚Ŗč€…ãŽäēēį”Ÿã‚„åŋƒį†ãŽåæ˜ ã‚’čĻ‹ãĻとるぎである。それがįŦŦ一ぎéŖ›čēã§ã‚る。

 

 ここで「エイジェãƒŗã‚ˇãƒŧã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’į”¨ã„たぎは、構į¯‰ä¸ģįžŠãƒ‘ナダイムãĢåąžã™ã‚‹ã€Œã‚¨ã‚¤ã‚¸ã‚§ãƒŗã‚ˇãƒŧ」æĻ‚åŋĩがäģŠå›žãŽãƒ–ログテãƒŧマと少ãĒからãŦé–ĸäŋ‚ãĢあるからである。エイジェãƒŗã‚ˇãƒŧとは「構造とä¸ģäŊ“ãŽéš˜čˇ¯ã‚’įĒį ´ã™ã‚‹ãŸã‚ãĢ」å‰ĩりå‡ēされたもぎであり、「čŋ‘äģŖぎä¸ģåŽĸäēŒå…ƒčĢ–を克服するためãĢ、厌全ãĢč‡Ēį”ąãĒã€Œč˛ čˇãĒきä¸ģäŊ“」でもãĒく、厌全ãĢ受動įš„ãĒåŽĸäŊ“でもãĒい。åˆļį´„ã•ã‚ŒãŸæĄäģļãŽã‚‚ã¨ã§ã‚‚čĄŒäŊŋされるčƒŊ動性を指す」というīŧˆã€ŽæˆĻäē‰ã¨æ€§æš´åŠ›ãŽæ¯”čŧƒå˛ã¸å‘けãĻ』所収、上野千éļ´å­ã€ŒæˆĻäē‰ã¨æ€§æš´åŠ›ãŽæ¯”čŧƒå˛ãŽčĻ–åē§ã€īŧ‰ã€‚ピテãƒĒãƒŧãĢせよ、あるいはこれからčĻ‹ãĻゆくことãĢãĒるäģ–ぎさぞざぞãĒã€ŒčĄ¨å‡ēã€čĄŒį‚ēãĢせよ、それらはæ­ŖéĸきãŖãĻįĢ‹ãĄå‘かうことぎå‡ēæĨãĒいįŠļæŗãĢおける、可čƒŊãĒæŠĩ抗、ãĒいしį•°č­°čĄ¨æ˜Žãƒģ防衛ãƒģ撤退ぎčŠĻãŋであり、ぞさãĢ「åˆļį´„ã•ã‚ŒãŸæĄäģļãŽã‚‚ã¨ã§ã‚‚čĄŒäŊŋされるčƒŊ動性」といえる。

 

 こんãĢãĄã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãŽæ­´å˛įš„čŠ•äžĄã¯ã€Œé–“é•ãŖãŸã“ã¨ã‚‚ãŸãã•ã‚“č¨€ãŖたけれお"免į–Ģ力"というį™ēæƒŗぎパイã‚Ēニã‚ĸだãŖた」というようãĒもぎである。
 åŊŧãŽč­°čĢ–をマイãƒĢドãĢč¨€ã„æ›ãˆã‚‹ãĒら「čŊãĄčžŧんだりéĢ˜ã„įˇŠåŧĩįŠļ態がįļšã„たりやけãŖãąãĄãĢãĒると、į”Ÿæ´ģãŒäšąã‚Œã€æ „é¤ŠãŒåãŖたり、不æŊ”ãĢãĒãŖたり、įĄįœ ä¸čļŗãĢãĒãŖたりしãĻ免į–Ģ力が下がり、į—…æ°—ãĢãĒりやすくãĒる。それãŖãĻ半分望んだことだよね」とãĒる。おお、ãĒんだか一気ãĢå¸¸č­˜įš„ãĢãĒãŖた。
ã€€ã“ã†ã„ã†č¨€čĒŦã§ã‚ã‚Œã°åˇˇãĢたくさんあãŖãĻ、おそらくそぎ通りãĒぎだろう。たとえばäģĨä¸‹ãŽč¨˜äē‹ãŽã‚ˆã†ãĒ。

 

www.macrophi.co.jp

 

 さきãģお「いつãĒんぎį—…æ°—ãĢかかるかãĢはæ‚Ŗč€…ãŽäēēį”ŸãĢおける意å‘ŗがある」とčŋ°ãšãŸãŒã€ã€Œã„つ」į—…æ°—ãĢã‹ã‹ã‚‹ã‹ã¨ã„ã†å•éĄŒãĢついãĻは、こぎようãĒ合į†įš„č¨€ã„æ›ãˆãŒå¯čƒŊである。
ã€€ã‚ˆã‚Šå•éĄŒãŒå¤§ãã„ãŽã¯ã€ŒãĒんぎ」į—…æ°—ãĢã‹ã‹ã‚‹ã‹ã§ã‚ã‚‹ã€‚ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧはį—…気ぎį¨ŽéĄžãĢ寞しãĻも、あくぞでåŋƒį†å­Ļįš„分析ぎį­†é‹’ã‚’įˇŠã‚ãĒい。これがįŦŦäēŒãŽéŖ›čēã§ã‚る。

 

 ツグミは吠えることができãĒいし、įŠŦはäēēぎようãĢはしゃずれãĒい。中å›Ŋäēēはéģ’äēēãŽč¨€č‘‰ã‚’ã‚‚ãŖãĻいãĒã„ã€‚ã ã‹ã‚‰ã‚ã‚‹å™¨åŽ˜ãŒčŠąãĢå‰˛ãŖãĻはいãŖたとしãĻも、そぎ器厘ãĢとãŖãĻ可čƒŊãĒčŠąã—ã‹ã§ããĒいぎだ。器厘とそぎ抟čƒŊはそれį‹Ŧč‡Ēぎäģ•æ–šã§ãŽčĄ¨įžæ‰‹æŽĩとしãĻ限厚され、å›ē厚されãĻいる。それが「お喋り」ぎäģ˛é–“å…Ĩりをする場合ãĢ、それぞれč‡Ē前ぎäģ•æ–šãŒã‚るぎだ。
 īŧˆãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧ『į—…いとäēē』īŧ‰

 

ã€€ãŸã¨ãˆã°æ‰æĄƒį‚Žã§ã‚ればæ‚Ŗč€…ãŒäģ–ぎį—…気ではãĒくぞさãĢæ‰æĄƒį‚ŽãĢãĒãŖたことが重čĻãĒぎであり、それは性器過į¨‹ãŽį‰šæŽŠãĒæŒĢ折ぎäģ•æ–šīŧˆæˇąãäžŽčžąã•ã‚Œå‚ˇã¤ãã“とīŧ‰ãŒå…ƒæĨぎ場所でぎį™ēįžã‚’åĻ¨ã’ã€ãã‚ŒãŒæ‰æĄƒč…ēぎãģうãĢį§ģ動したぎだ、といãŖãŸč­°čĢ–ã‚’åą•é–‹ã™ã‚‹ã€‚ãĒãĢã‚„ã‚‰ãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆãŽæąŽæ€§æŦ˛čĒŦぎæ‚Ēしきéēį”Ŗã¨ã„ã†æ„Ÿã‚‚ã‚ã‚Šã€å¸¸č­˜įš„ãĢは受け厚れがたい。

 

 

 逆ãĢいえばフロイト洞としãĻはこれはæ­Ŗįĩąįš„ãĒį™ēæƒŗである。というぎも性įš„æŦ˛å‹•ãĢį”ąæĨするãƒĒビドãƒŧがčēĢäŊ“į—‡įŠļをåŧ•ãčĩˇã“すというエネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡įš„、あるいはįĩŒæ¸ˆå­Ļįš„ともį§°ã•ã‚Œã‚‹čĒŦ明äŊ“įŗģをフロイト洞は有しãĻいるからだ。

 「感情ぎエネãƒĢã‚Žãƒŧが元æĨå‘ã‹ã†ãšãå¯žčąĄãĢ向かえãĒい場合ãĢやむãĒくåˆĨãŽå¯žčąĄãĢ向かう」というぎは我々がæ—Ĩ々原感することである。たとえばやつあたりだとか、čĒ°ã‹ãĢムナムナしたけれおそぎį›¸æ‰‹ã¨ã¯ã‚ģック゚å‡ēæĨãĒいぎで手čŋ‘ãĒį›¸æ‰‹ã¨ã™ã‚‹ã¨ã„ãŖたようãĒīŧˆã‚¯ã‚ēīŧīŧ‰ã€‚
ã€€ã‚ã‚‹ã„ã¯č…šãŒįĢ‹ãŖãŸãŽã§ãƒ¤ã‚ąå–°ã„ã™ã‚‹ã¨ã‹ã€æ‚˛ã—ã„ã‹ã‚‰ã‚Ģナã‚Ēã‚ąã‚ĒãƒŧãƒĢする、といãŖたčŗĒįš„čģĸ換もありうる。2010åš´äģĨ降ぎæ—ĨæœŦã§ã¯éžčĄŒå°‘åš´īŧˆ20æ­ŗæœĒæē€ãŽåˆ‘æŗ•įŠ¯æ¤œæŒ™č€…数、およãŗč§Ļæŗ•å°‘åš´īŧ‰ãŽæŋ€æ¸›ãĢ反比䞋するかぎようãĢ10äģŖč‡ĒæŽēįŽ‡ãŒåĸ—加しãĻいるというįĩąč¨ˆãŒãģんぎ数æ—Ĩ前ãĢãƒãƒƒãƒˆã§čŠąéĄŒãĢãĒãŖãĻã„ãŸãŒã€éžčĄŒã¨č‡ĒæŽēがį›¸äē’ãĢčģĸ換可čƒŊãĒもぎであるäģĨ上、そこãĢとりたãĻãĻä¸æ€č­°ã¯ãĒい。

 したがãŖãĻãƒĒビドãƒŧ=性įš„æŦ˛å‹•ã§ã‚るとか、į§ãŒčŋ°ãšãŸæ‰æĄƒį‚ŽãŽį—‡äž‹ã¯ãģãŧそれであるというようãĒ断厚さえ控えãĻいただければ、感情がエネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡ã‚„įĩŒæ¸ˆãŽčĢ¸æŗ•å‰‡ãŽã‚ˆã†ãĒ性čŗĒを持ãŖãĻいるというぎはさãģãŠå¸¸č­˜å¤–ã‚ŒãĒčŠąã§ã¯ãĒい。

ã€€ã“ã†ã—ãŸãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧぎį—…å› čĢ–をおこぞで是とするぎかはいぞすぐ判断することはå‡ēæĨãĒい。それはæœŦį¨ŋãŽč­°čĢ–ã‚’é€˛ã‚ãĻゆくãĒかであらためãĻįˇåˆįš„ãĢ判断したい。というぎも、少し先取りしãĻčŋ°ãšã‚‹ãĒらばæŦĄįĢ ã§æŽĄã‚Šä¸Šã’るグロデックは、時äģŖとしãĻã¯ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãĢå…ˆčĄŒã™ã‚‹ã‚‚ãŽãŽå†…åŽšįš„ãĢã¯ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧぎ意čĻ‹ã‚’さらãĢæŠŧã—é€˛ã‚ã€å–€čĄ€ãŽãģã‹č„ąæ¯›ã€č‚Ĩæē€ã€įšŽč†šãŽåŽšã•ã‚„éĒ¨æŠ˜ãĢぞでåŋƒį†å­Ļįš„分析を加えãĻいるからである。

 

c.čĄ¨čąĄã™ã‚‹č…•

 

 前į¯€ãžã§ã§ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãŽã€č‰¯ãã‚‚æ‚Ēくも大いãĢå•éĄŒåĢãŋãĒį—…å› čĢ–ぎéĒ¨å­ã¯äŧã‚ãŖたと思う。
 そんãĒåŊŧは、ヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗらが「倒れãĻもæ€Ē我をしãĒい」とčŋ°ãšãŸã‚ぎピテãƒĒãƒŧ性į—™æ”ŖãĢついãĻ、æŦĄãŽã‚ˆã†ãĒčĻŗå¯Ÿã‚’č¨˜ã—ãĻいる。

 

 ãƒģč…•ã‚’æŒãĄä¸Šã’ã‚‹ã“ã¨ã¯ã§ããĒいぎãĢã€æŒãĄä¸Šã’ãŸå§ŋå‹ĸでとめãĻおくことはできるæ‚Ŗč€…ã‚‚ã„ã‚‹ã€‚

 

 ãƒģæ­ŠčĄŒå›°é›ŖãĒæ‚Ŗč€…ãŒãƒ™ãƒƒãƒ‰ã‹ã‚‰é™ã‚Šã‚‹ã¨ãã€ãĩだんはå‘Ŋäģ¤ã—ãĻもäŧ¸ã°ã›ãĒã„č†ãŒã€äŧ¸ãŗたぞぞぎå§ŋå‹ĸãĢãĒãŖãĻいることもある。

 

 ãƒģæ‚Ŗ者ãĢæĄæ‰‹ã‚’ã•ã›ã‚‹ã¨ã€ä¸ģ働į­‹ã¨æ‹ŽæŠ—į­‹ãŽįĨžįĩŒæ”¯é…ãã‚Œč‡ĒäŊ“は十分ãĢåŧˇãčĄŒã‚ã‚ŒãĻいるぎãĢä¸Ąč€…ãŒį›¸æŽēしãĻいãĻ指ぎ運動も手掌ぎ圧čŋĢもčĩˇã“らãĒいということもときおきある。

 

 もãŖとも、こぎようãĒįŸ›į›žã¯ã‚ˆãįŸĨられãĻいる。ヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗらが「ピテãƒĒãƒŧ性ぎįĨžįĩŒéšœåŽŗは晎通、可čƒŊãĒč§Ŗ剖å­Ļįš„åž‹ãĢ寞åŋœã—ãĻいãĒã„ã€ã¨č¨˜ã—ãĻいることは冒頭でčĻ‹ãŸã¨ãŠã‚Šã§ã‚る。JīŧDãƒģãƒŠã‚ˇã‚Ēもぞた、ピテãƒĒãƒŧは「čēĢäŊ“įš„åą€åœ¨æ€§ãĢついãĻはč§Ŗ剖やį”Ÿį†ãŽãŠã‚“ãĒ原則ãĢも垓わãĒい」という。
 こぎį¨ŽãŽæŒ‡æ‘˜ã¯ã€å¤ãã¯įĨžįĩŒį§‘åŒģぎジョã‚ŧフãƒģパパãƒŗã‚šã‚­ãƒŧ(1857-1932)ãĢよるもぎがある。

 

 パパãƒŗã‚šã‚­ãƒŧã¯ã€ã‚ˇãƒŖãƒĢã‚ŗãƒŧãĢよãŖãĻ分é›ĸされたįĨžįĩŒå­Ļįš„垴候īŧˆã‚ĩイãƒŗīŧ‰ã€ã™ãĒã‚ãĄã‚ĢãƒŦãƒŗぎ意å‘ŗでぎ「įĨžįĩŒį—‡ã€ãŽãĒかãĢピテãƒĒãƒŧをとおめãĻおくことを可čƒŊãĢした垴候は、原際ãĢはäēēåˇĨぎį”Ŗį‰Šã§ã‚ることをあきらかãĢした。ピテãƒĒãƒŧはįĨžįĩŒį—…å­ĻãĢæ‰€åąžã—ãĻいãĒい。それは、åŋƒį†įžčąĄãŽį´”į„ļたるį”Ŗį‰Šã§ã‚る。つぞり暗į¤ēである。
 īŧˆã‚¨ãƒ†ã‚ŖエãƒŗヌãƒģトãƒĒヤ『ピテãƒĒãƒŧãŽæ­´å˛ã€īŧ‰

 

 こうしたäē‹æƒ…は「čģĸ換性障åŽŗ」とå‘ŧばれるようãĢãĒãŖたįžåœ¨ã‚‚ãģãŧ同じである。ãƒĸãƒĒã‚Ŋãƒŗは「変換į—‡ãŽį—‡įŠļは一čˆŦįš„ãĢ、われわれãĢį†č§Ŗ可čƒŊãĒčēĢäŊ“įš„ãĒ原因ãĢよるč§Ŗ剖įš„ãĒパã‚ŋãƒŧãƒŗãĢæ˛ŋわãĒい」といい、靴下型感čĻšéšœåŽŗという䞋を挙げãĻいる。

 

 靴下型感čĻšéšœåŽŗstocking anesthesiaでは、æ‚Ŗč€…ã¯ä¸‹č…ŋã‚’å›˛ã‚€ã‚ã‚‹ãƒŠã‚¤ãƒŗぞでぎčļŗぎį—ēã‚Œã‚’č¨´ãˆã€ãã‚Œã¯ã€åŽŸéš›ãŽčļŗぎįĨžįĩŒãŽãƒ‘ã‚ŋãƒŧãƒŗとはį•°ãĒるもぎであり、そぎようãĒナイãƒŗでį—ēれがį”Ÿã˜ã‚‹ã¯ãšãŒãĒい。
 īŧˆã€Žį˛žįĨžį§‘č¨ē断æˆĻį•Ĩ ãƒĸãƒĒã‚Ŋãƒŗ博åŖĢぎDSM-5åžšåē•æ”ģį•Ĩcase130』īŧ‰

 

https://collections.nlm.nih.gov/ext/dw/101741910/PDF/101741910.pdf

 

 æŦĄãĢ「ロã‚ļãƒĒãƒŗドぎį—‡äž‹ã€ã‚’į´šäģ‹ã™ã‚‹ã€‚
 ãƒĸãƒĒã‚Ŋãƒŗがčģĸ換性障åŽŗとしãĻ挙げるこぎį—‡äž‹ã¯ãžã•ãĢ典型įš„ãĒフロイトįš„į–žį—…を思わせるもぎで、不勉åŧˇãĒがら2016åš´ãĢDSM-5ぎæŗ¨é‡ˆæ›¸ã¨ã—ãĻåˆŠčĄŒã•ã‚ŒãŸæœŦ書ãĢおいãĻ、æœĒだãĢこぎようãĒフロイトįš„世į•ŒãŒį”ŸããĻいることãĢį­†č€…はčģŊã„čĄæ’ƒã‚’čĻšãˆãŸã€‚それはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎだīŧˆä¸‰åˆ†ãŽä¸€ãģおãĢčĻį´„したīŧ‰ã€‚

 

 ロã‚ļãƒĒãƒŗドãƒģã‚šãƒŧナãƒŗは18æ­ŗぎとき、大å­ĻでåĨŗæ€§å•éĄŒãĢついãĻぎčŦ›įžŠãĢ参加した。そこでã‚ģã‚¯ã‚ˇãƒŖãƒĢãƒãƒŠã‚šãƒĄãƒŗトãĢついãĻぎデã‚Ŗã‚šã‚Ģãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗãŒčĄŒãĒわれ、意čĻ‹ã‚’æą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã‚ŋイミãƒŗグで吃éŸŗをį™ēį—‡ã—た。原因がわからãĒいというロã‚ļãƒĒãƒŗドãĢ、å­Ļį”Ÿį›¸čĢ‡ãŽæ‹…åŊ“č€…ã¯ã€ŒãŸã¨ãˆã°ã€ã‚ãĒたが小さかãŖた頃、čĒ°ã‹ãĢ性įš„é–ĸäŋ‚ã‚’æą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã“ã¨ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã§ã—ãŸã‹īŧŸã€ã¨å°‹ã­ãŸã€‚
 åŊŧåĨŗは思いå‡ēした。
 むかし、įˆļぎ同僚ãĢåĻģをäēĄãã—たį”ˇãŒãŠã‚Šã€įˆļはたãŗたãŗåŊŧを夕éŖŸãĢ招いãĻいた。あるæ—Ĩこぎ同僚がワイãƒŗをéŖ˛ãŋすぎãĻしぞいãƒĒビãƒŗグぎã‚Ŋãƒ•ã‚Ąãƒŧで寝ることãĢãĒãŖた。åŊŧはそぎ夜中ãĢロã‚ļãƒĒãƒŗドぎ寝厤ãĢäžĩå…Ĩし、ロã‚ļãƒĒãƒŗドは性įš„æš´čĄŒã‚’å—ã‘ãŸã€‚
 įŋŒæ—Ĩ母ãĢããŽčŠąã‚’ã™ã‚‹ã¨ã€æ¯ã¯ã€ŒãœãŖたいãĢįˆļãĢ言ãŖãĻはいけãĒい」とロã‚ļãƒĒãƒŗドãĢ告げた。įˆļがそれをįŸĨãŖたらäŊ•ã‚’するかわかららãĒい、と母はį•ã‚ŒãŸãŽã ãŖた。
 そぎæ—ĨäģĨæĨ、同僚はäēŒåēĻとåŽļãĢæĨることはãĒかãŖた。

 

 ãƒĸãƒĒã‚Ŋãƒŗは「ロã‚ļãƒĒãƒŗドぎ吃éŸŗは典型įš„ãĒ変換į—‡ãŽį—‡įŠļである」とčŋ°ãšãĻいる。
 æ­Ŗį›´å‡ēæĨすぎãĻいると感じるãģおだ。かつãĻ「ぜãŖたいãĢįˆļãĢ言ãŖãĻはãĒらãĒい」とå‘ŊじられたīŧˆåŖを封じられたīŧ‰ã“とが、デã‚Ŗã‚šã‚Ģãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗã§ããŽč¨˜æ†ļがį”ĻりそうãĢãĒãŖたįžŦ間ãĢ"吃éŸŗ"ãĢįŊŽãæ›ãˆã‚‰ã‚ŒãŸã¨ã„うぎだから。

 

Stuttering Discrimination and the Workplace

 

ã€€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãĢčŠąã‚’æˆģす前ãĢこぎį—‡äž‹ãĢついãĻ指摘しãĻおきたいぎは、ロã‚ļãƒĒãƒŗãƒ‰ã¯ã€ŒčŠąã›ãĒかãŖた」ぎではãĒくãĻã€ŒčŠąã•ãĒã„ã“ã¨ã‚’čĄŒãĒãŖた」ぎだということである。これはおういうことか。さしあたãŖãĻさきãģãŠãŽãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧぎæ‚Ŗč€…ãŒä¸ģ働į­‹ã¨æ‹ŽæŠ—į­‹ãŽį›¸æŽēをčĩˇã“しãĻいたことをæƒŗčĩˇã•ã‚ŒãŸã„。

 

ã€€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧは、抈éĒ¨īŧˆã¨ã†ã“つīŧ‰įĨžįĩŒãŽéƒ¨åˆ†įš„æå‚ˇãŽãŽãĄãĢピテãƒĒãƒŧãĢãĒãŖたæ‚Ŗč€…ã‚’æ˛ģį™’ã—ãŸã•ã„ã€čĄŒį‚ēとしãĻ「手éĻ–ã‚’äŧ¸åą•ã€ã•ã›ã‚‹ã“とは不可čƒŊだが、ãĒãĢかåˆĨぎ運動をさせ、そぎ運動ぎãĒかãĢ「手éĻ–ぎäŧ¸åą•ã€ãŒåĢぞれるようãĢã—ãŸãŽãĄã€ã€Œã„ãžã‚ãĒたは手éĻ–ã‚’äŧ¸åą•ã•ã›ãĻいた」ことを告げることãĢよãŖãĻæ˛ģį™‚劚果を上げたとčŋ°ãšãĻいる。
ã€€ã“ãŽã“ã¨ã‚’ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢč€ƒå¯Ÿã—ãĻいる。

 

 æ‚Ŗč€…ã¯æĄã‚‹čƒŊ力をå–Ēå¤ąã—ãŸãŽã§ã¯å…¨į„ļãĒãã€æĄã‚‹ã‹ã‚ã‚ŠãĢåˆĨぎことをしたぎである。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 同じ意å‘ŗでわれわれは、上ãĢč§Ļã‚ŒãŸã‚‚ã†ã˛ã¨ã‚ŠåˆĨぎピテãƒĒãƒŧæ‚Ŗč€…ãŒæ‰‹ã‚’æĄã‚‹ã‹ã‚ã‚ŠãĢそぎ拎抗į­‹ã‚’同じåŧˇã•ã§åƒã‹ã›ãŸãŽãĢついãĻも、åŊŧãŒæ‰‹ã‚’æĄã‚‰ãĒかãŖãŸã¨ã¯č¨€ã‚ãĒã„ã§ã€ã€ŒæĄã‚‹ã€ã‹ã‚ã‚ŠãĢåˆĨぎことを、つぞり「動かさãĒいこと」を、拎抗į­‹ã‚’įˇŠåŧĩさせることãĢよãŖãĻ行ãĒãŖãŸã€ã¨č¨€ã‚ãĒければãĒらãĒい。
 īŧˆãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧ『į—…å› čĢ–į ”įŠļ』īŧ‰

 

ã€€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãĢとãŖãĻぎピテãƒĒãƒŧīŧˆčģĸ換性障åŽŗīŧ‰ã‚’čĒ­ãŋč§ŖくéĩがここãĢある。さきãģおロã‚ļãƒĒãƒŗドãĢついãĻã€ŒčŠąã›ãĒかãŖたぎではãĒくãĻčŠąã•ãĒã„ã“ã¨ã‚’čĄŒãĒãŖた」とčŋ°ãšãŸãŽã¯ãã†ã—た意å‘ŗである。

 æœŦį¨ŋでは「į„Ąæ„č­˜ã€ã¨ã„ã†č¨€ã„æ–šã¯ã‚ãžã‚ŠįŠæĨĩįš„ãĢį”¨ã„ãĒいがīŧˆå˜ãĒるナベãƒĒãƒŗグでįĩ‚ã‚ã‚‹åąé™ēがあるということぎäģ–ãĢ、垌ãģおäģŖæ›ŋã™ã‚‹č¨€č‘‰ãŒåšžã¤ã‹å‡ēãĻくるためīŧ‰ã€ã€Œä¸ģäŊ“がčƒŊ力をå–Ēå¤ąã—ãŸã€ãŽã§ã¯ãĒく、「ä¸ģäŊ“a(=æ„č­˜)はčƒŊ力をäŋæŒã—ãĻã„ã‚‹ãŒã€ãã‚Œã‚’čĄŒäŊŋしようとするとä¸ģäŊ“bīŧˆ=į„Ąæ„č­˜īŧ‰ãŒé˜ģæ­ĸする」、それがピテãƒĒãƒŧ-čģĸ換性障åŽŗãŽãƒĄã‚Ģニã‚ēムãĒぎだと、ここぞでぎį†čˇ¯ã‹ã‚‰äģŽåŽšã—うるだろう。

 「ピテãƒĒãƒŧæ‚Ŗč€…ã¯å€’ã‚ŒãĻもæ€Ē我をしãĒい」というぎも、į„Ąæ„č­˜ãŽæ„å›ŗīŧˆã‚„ã‚„įŸ›į›žã—ãŸč¨€ã„æ–šã ãŒīŧ‰ã¨ã—ãĻæ­ŠčĄŒã‚’é˜ģもうとは思ãŖãĻいるがæ€Ē我をさせようとは思ãŖãĻいãĒいということãĒぎではãĒいか。
 こぎことをčĒŦ明するためãĢã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧã¯ã€ŒčĄ¨čąĄã€ã¨ã„ã†æĻ‚åŋĩをčĻčĢ‹ã™ã‚‹ã€‚

 

 そぎようãĒ比čŧƒã‹ã‚‰ã‚ã‹ã‚‹ã“とは、æ‚Ŗč€…ãŒæœ€åˆãŽæŽĩ階ではåŊŧãŽæ„č­˜įš„ãĢčĄ¨čąĄã—ãŸã€Œæ‰‹éĻ–ã‚’æŒãĄä¸Šã’ã‚‹ã€čĄŒį‚ēã‚’čĄŒãĒã‚ãšã€ããŽåžŒãã‚Œã‚’æĄæ‰‹ãŽä¸€éƒ¨ã¨ã—ãĻåŽŸčĄŒã—ãŸã¨ããĢã¯ã€ãã‚Œã‚’čĄ¨čąĄã—ãĻいãĒかãŖたということである。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 ピテãƒĒãƒŧではčĻæą‚ã•ã‚ŒãŸčĄŒį‚ēãŽé‚čĄŒãŽäģŖį†ã¨ã—ãĻ、åˆĨãŽã€ã‚ã‚‹ã„ã¯åå¯žãŽčĄŒį‚ēãŒé‚čĄŒã•ã‚Œã‚‹ã“ã¨ãĢãĒる。そしãĻäģ–æ–šã§ã¯ã€ã‚ã‚‹čĄŒį‚ēãŽé‚čĄŒãŒåˆĨãŽčĄŒį‚ēãŽčĄ¨čąĄã‚’æ——å°ãĢしãĻįžã‚ŒãŸã‚Šã€ãã“からぞたåŧ•ãé›ĸされたりすることもある。しかしこれらぎ変化はすずãĻ、遊åŋœ[čĻæą‚]ã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ å†…éƒ¨ãŽå¤‰æ›ãĢčŖäģ˜ã‘られãĻいる。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

ã€€ã€ŒčĄ¨čąĄã€ã¯ã“ã“ãžã§ãŽč­°čĢ–よりæŠŊ蹥åēĻぎéĢ˜ã„č¨€č‘‰ã§ã‚ã‚‹ãŒã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãŒããŽč‡¨åēŠįĩŒé¨“からį”¨ã„ã‚‹ãĢč‡ŗãŖたåŋ…į„ļ性はäē†č§Ŗされるであろう。
ã€€ã“ãŽã€ŒčĄ¨čąĄã€ã‚’ã€ã¨ã‚Šã‚ãˆãšã‚ˇãƒŗプãƒĢãĢこうč§Ŗ釈しãĻおこう。ä¸ģäŊ“b(=į„Ąæ„č­˜)は"手éĻ–ã‚’æŒãĄä¸Šã’ã‚‹"ã¨ã„ã†ã€ŒčĄ¨čąĄã€ã‚’įĻã˜ãŸã„ぎであãŖãĻã€å…ˇäŊ“įš„ãĢおぎį­‹č‚‰ã‚’動かすīŧˆå‹•ã‹ã•ãĒいīŧ‰ã¨ã„ãŖたãƒŦベãƒĢãĢé–ĸåŋƒã‚’払ãŖãĻいるわけではãĒい」と。

 

d.äēēとしãĻčģ¸ãŒãļれãĻいる

 

ã€€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãĢついãĻãŽæ¤œč¨Žã‚’ã—ã‚ããã‚‹ãĢあたãŖãĻ、åŊŧが挙げãĻã„ã‚‹ã‚ã‚‹č–čˇč€…ãŽį—‡äž‹ã‚’æŽĄã‚Šä¸Šã’ãŸã„ã€‚ãã‚Œã¯æŦĄįĢ ãŽå†’é ­ã§æ‰ąã†ã“ã¨ãĢãĒるį—‡äž‹ã¨ã€ã•ãžã–ぞãĒį‚šã§čˆˆå‘ŗæˇąã„éĄžäŧŧをčĻ‹ã›ãĻいる。
 そぎč‹Ĩã„č–čˇč€…ã¯ã€ãžãšįœŧįƒãŽåˇĻ側外čģĸįĨžįĩŒãŽéēģį—ē、およãŗ複čĻ–īŧˆã‚‚ぎが多重ãĢčĻ‹ãˆã‚‹į–žį—…īŧ‰ãŒįžã‚Œã€ããŽãŽãĄäēŒåš´é–“でだんだんとåˇĻ側ぎ頭部、およãŗįœŧãŽå‘¨å›˛ãĢæŋ€ã—いį—›ãŋをæĨすようãĢãĒãŖた。

 

Pin page

 

 åŊŧはã‚ĸフãƒĒã‚Ģでäŧå°Žã—ãŸã„ã¨ã„ã†č¨ˆį”ģを持ãŖãĻいたが断åŋĩせざるを垗ず、そればかりでãĒく単į´”ãĒミã‚ĩを挙げることすら不可čƒŊãĢãĒãŖãĻいた。
 そこで䞋ãĢよãŖãĻåŊŧぎ過åŽģが掘りčĩˇã“されãĻゆくと、あきらかãĢãĒãŖたぎは、文įŒŽå­Ļč€…ã§ã‚ãŖたæ‚Ŗč€…ãŽįˆļが、息子をč‡Ēらと同じå­Ļ者ãĢするためãĢåŊŧがįĨžå­Ļをå­ĻãļことãĢåŧˇãåå¯žã—ãĻいたことであãŖた。
 ただし、åŊŧはおうしãĻã‚‚č–čˇč€…ãĢãĒりたいぎでæ•ĸえãĻčĻĒãĢ逆らãŖたわけではãĒい。むしろåŊŧぎč‹Ļ悊は、čĻĒぎæŠŧしつけãĢåæŠ—ã™ã‚‹ã“ã¨ã‚ã‚Šãã§ã€ã˜ã¤ã¯č–čˇč€…ãĢそれãģおãĒりたかãŖたわけではãĒいぎではãĒいかīŧŸã€€ã¨ã„うč‡Ēåˇąã¸ãŽį–‘いãĢあãŖた。

 

 つぞりåŊŧãŽčˇæĨ­é¸æŠžã¯åŧˇåŧ•ãĢ行ãĒわれたわけで、選択というよりīŧˆįˆļãĢ寞するīŧ‰æŠ—č­°ãŽæ„å‘ŗをもãŖãĻいたぎではãĒかãŖたか。いずれãĢせよそぎ選択がもたらしたæąē断は、叙階åŧãĢぞでč‡ŗる、それとともãĢį—…気ぎ成įĢ‹ãĢč‡ŗã‚‹ããŽåžŒãŽčĄŒį¨‹ã‚’指しį¤ēすもぎだãŖた。過åŽģはåŋ˜ã‚ŒãĒくãĻはãĒらãĒい。もう垌ろを振り向いãĻはいけãĒい。前をčĻ‹ã‚‹ã“と、それが大切だ。しかしこぎįĻæ­ĸとå‘Ŋäģ¤ã¯ã€į—‡įŠļをåŊĸ成することでčŗŧã‚ã‚ŒãŸã€‚č¤‡čĻ–ぎį—‡įŠļは、過åŽģをすãŖかり攞æŖ„しãĒいでただ抑圧しただけ、æœĒæĨã‚’ããĄã‚“ã¨æ‰ãˆãĒいで意地をåŧĩãŖãĻ手ãĢå…Ĩã‚ŒãŸã ã‘ã€ã¨ã„ã†ã“ã¨ãŽčĄ¨įžã§ã¯ãĒいぎか。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

ã€€ãã“ãžã§ã˛ãŸã‚€ããĒもぎが内ãĢあるわけでもãĒいぎãĢčĄŒããŒã‹ã‚Šä¸Šã—ãŒãŋついãĻいるå¤ĸと、ボã‚ŋãƒŗぎ掛け違えを是æ­ŖすることãĒくį„Ąį†įŸĸį†åŋ˜ã‚Œã‚‹ã“とãĢした過åŽģとぎ間ぎãļれ。つぞりはäēēとしãĻčģ¸ãŒãļれãĻã„ã‚‹ã‹ã‚‰č¤‡čĻ–ã‚’æ‚ŖãŖたというわけである。ぞたしãĻも、あぞりãĢå‡ēæĨすぎãĻいるīŧ

 

youtu.be

 

ã€€ã“ã†ã—ãŸč­°čĢ–はįĩåą€ã€č‡Ēį„ļį§‘å­Ļįš„ãĢč¨ŧ明されるもぎではãĒいだけãĢ「それãŖãĻあãĒたぎ感æƒŗã§ã™ã‚ˆã­ã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻしぞえばそれぞでãĒぎかもįŸĨれãĒい。だがここぞでčĻ‹ãĻきたようãĢã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧはそぎį—…å› čĢ–を通しãĻã˛ã¨ã‚Šã˛ã¨ã‚ŠãŽäēēį”ŸãĢは意å‘ŗãŒã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’č¨´ãˆã‚ˆã†ã¨ã—ãĻいるぎである。

 ぞとめよう。「ä¸ģäŊ“bīŧˆ=į„Ąæ„č­˜īŧ‰ã€ã¨æœŦį¯€ã§ã˛ã¨ãžãšå‘ŧã‚“ã ã‚‚ãŽãŒã€ŒčĄ¨čąĄã€ã¨ã„ã†æ„å‘ŗぎæŦĄå…ƒã§æ€č€ƒã—ãĻいるとするãĒらば、それãĢよãŖãĻåŧ•ãčĩˇã“されるį–žį—…も意å‘ŗをもつぎであり、したがãŖãĻ常ãĢåĨåēˇã¨į–žį—…、æ­ģぎあいだぎ゚ペクトナムをæēれ動くさだめぎわれわれぎį”Ÿã‚‚ぞた、同様ãĢ意å‘ŗを持つはずãĒãŽã â€•â€•ãã‚ŒãŒãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧぎį—…å› čĢ–からわれわれが受け取るずき核åŋƒã§ã‚る。

 ということで、åŊŧぎ有名ãĒパãƒŗチナイãƒŗをåŧ•į”¨ã—ãĻã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãĢå¯žã™ã‚‹č€ƒå¯Ÿã‚’ã˛ã¨ãžãšæŽĒくこととしたい。

 

 åļį„ļをäŊ“įŗģ化したり分子į‰Šį†å­Ļįš„ãĒį˛žįĨžã§įĩąč¨ˆįš„ãĢ整į†ã—たりしãĻãŋãĻも、į—…気ぎ成įĢ‹æ§˜åŧã¯å™čŋ°ã§ããĒい。įĩąč¨ˆįš„手æŗ•ã¨ã„うもぎはむしろ、意å‘ŗぎあるå‡ēæĨäē‹ã‹ã‚‰åļį„ļを取り除いãĻしぞう。夏ぎ夜、į¯įĢãĢé›†ãžã‚‹čšŠãŽįž¤ã‚Œã‚’įœēめãĻãŋると、そぎ一匚一匚ぎæŦ˛æœ›ã‚„éŖ›čĄŒįĩŒčˇ¯ã‚„運å‘Ŋやį ´æģ…はそれぞれåˆĨã€…ã ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄãĢãĒる。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

ãĒぜīŧŸãĒãĢīŧŸč‡Ēį„ļぎ大å›ŗ鑑īŧīŊœHondaWoods 元気ãĒæŖŽã‚’æŦĄä¸–äģŖぎためãĢ、地域ぎためãĢ。

 

 

4.グロデック 「į„Ąæ„č­˜ã€ã‚’čļ…えãĻ

 

 

a.äē¤é€šäē‹æ•…ぎį˛žįĨžåˆ†æžīŧŸ

 

 野間äŋŠä¸€ã€ŽčēĢäŊ“ãŽå“˛å­Ļã€ã¯ã€č‘—č€…č‡ĒčēĢãŽč‡¨åēŠãĢã‚ˆã‚‹å°čąĄæˇąã„į—‡äž‹ã‹ã‚‰ã¯ã˜ãžã‚‹ã€‚
 そぎį—‡äž‹ã‚’čĒ­ãŋč§ŖくãĢあたり、野間は「åŋƒčēĢåŒģå­Ļぎįˆļ」とå‘ŧばれ、ぞたフロイトぎ「エ゚」æĻ‚åŋĩãŽã‚‚ã¨ã‚‚ã¨ãŽæå”ąč€…ã§ã‚ã‚‹ã‚˛ã‚ĒãƒĢグãƒģグロデック(1866-1934)ぎ思æƒŗを援į”¨ã—ãĻいるīŧˆä¸Ąč€…ぎ「エ゚」æĻ‚åŋĩぎ違いãĢついãĻã¯ãŽãĄãģおčŋ°ãšã‚‹īŧ‰ã€‚

 そぎæ‚Ŗč€…ã¯ã€į—‡įŠļとしãĻã¯ä¸Ąč…•ã€ã¨ããĢåŗč…•ãŽæŒ¯æˆĻīŧˆéœ‡ãˆīŧ‰ã‚’č¨´ãˆãĻ野間ぎį˛žįĨžį§‘č¨ē察厤をč¨Ēれたという。
 åŊŧはč‡Ē動čģŠãŽčĄįĒäē‹æ•…ãĢよりčģŊåēĻぎ頸椎æģæŒĢīŧˆã‚€ãĄã†ãĄį—‡īŧ‰ã‚’čĩˇã“したが、頸部į—›ã‚„æģį—›ãŒæļˆå¤ąã—ãŸãŽãĄã€ä¸Ąč…•ãŽæŒ¯æˆĻがå‡ēįžã—た。しかし頸部MRI検æŸģã§ã‚‚čĄ€æļ˛å­Ļįš„でもį•°å¸¸ã¯čĻ‹ã‚‰ã‚Œãšã€ã€ŒæœŦ態性振æˆĻ」がį–‘われãĻÎ˛éŽæ–­č–Ŧを投与されたが、それも劚果がãĒかãŖたぎでį˛žįĨžį§‘ãĢ送られãĻきたぎだãŖた。
 はじめåŊŧは、č‡Ē分がį˛žįĨžį§‘ãĢかかるいわれãĒおãĒいとãĩãĻくされãĻいたが、ãŧつãŧã¤ã¨čŠąã‚’čžãã†ãĄãĢ、äē¤é€šäē‹æ•…およãŗã€ŒåŽŸå› ä¸æ˜Žã€ãŽä¸Ąæ‰‹ãŽæŒ¯æˆĻãĢいたるぞでぎįĩŒįˇ¯ãŒæĩŽã‹ãŗ上がãŖãĻきた。

 

 こぎį”ˇæ€§ã¯å°‚é–€å­Ļæ Ąã‚’å’æĨ­åžŒã€å¤§æ‰‹ãŽåģēį¯‰äŧšį¤žãĢ勤務した。しかし、įŽĄį†č€…ãĢäŊŋわれるだけぎそこでぎäģ•äē‹ãĢæē€čļŗできãĒかãŖた。三十æ­ŗを過ぎãĻからäģ•äē‹ãŽåˆé–“ã‚’ãŦãŖãĻ勉åŧˇã—ãĻåģēį¯‰åŖĢぎčŗ‡æ ŧを取り、四十前ãĢかねãĻからぎå¤ĸであãŖãŸč¨­č¨ˆäē‹å‹™æ‰€ã‚’įĢ‹ãĄä¸Šã’た。į‹ŦįĢ‹ã‹ã‚‰äēŒåš´ãŒįĩŒéŽã—ãĻ、もうすぐčģŒé“ãĢ䚗りそうだというぞさãĢそぎ時ãĢ遭遇したぎが、䞋ぎäē¤é€šäē‹æ•…だãŖたぎだ。せãŖかく取りäģ˜ã‘たäģ•äē‹ãŒã™ãšãĻキãƒŖãƒŗã‚ģãƒĢãĢãĒãŖただけでãĒく、手ぎ震えぎためãĢčŖŊå›ŗができãĒã„ã¨ã„ã†č‡´å‘Ŋįš„ãĒįŠļ態ãĢé™ĨãŖãĻしぞãŖた。
 īŧˆé‡Žé–“äŋŠä¸€ã€ŽčēĢäŊ“ãŽå“˛å­Ļ』)

 

 だとすればãĒんとも不運ãĒčŠąã§ã‚ã‚Šã€åŒæƒ…ãĢå ĒえãĒい。
 だがさらãĢčŠąã‚’čžã„ãĻã‚†ãã†ãĄãĢ、åŊŧぎįŠļæŗãĢはåˆĨぎ側éĸがあることがæŦĄįŦŦãĢあきらかãĢãĒãŖãĻいãŖた。
ã€€čŠąã¯æ˜”ãĢさかぎãŧるīŧˆäž‹ãĢよãŖãĻčĻį´„しãĻčŋ°ãšã‚‹īŧ‰ã€‚


 åŊŧはåšŧいころからčēĢäŊ“はäēē一倍大きかãŖたが、čĻ‹ãŸį›Žã¨ã¯čŖč…šãĢįšŠį´°ãĒåŋƒã‚’持ãŖãĻおり、įˆļčĻĒや兄からはいつもéĻŦéšŋãĢされ、å­Ļæ Ąã§ã¯ã„ã˜ã‚ã‚‰ã‚ŒãŒãĄã§ã‚ãŖた。受験ãĢã‚‚å¤ąæ•—ã—ã€æ°—ãŽåŧˇã„åĻģからはé ŧりãĒいとčĻ‹åšã•ã‚ŒãĻいた。
 そうしãĻåŊŧは、いつしか「č‡Ē分がæąē断しãĻčĄŒå‹•ã‚’čĩˇã“せばåŋ…ãšå¤ąæ•—ã™ã‚‹ã€ã¨åŋƒãŽåŖ°ãŒå›ãã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻいた。だがそぎ反éĸ、「č‡Ē分ぎ力でãĒãĢかをやり遂げたい」というæƒŗいもæ—Ĩåĸ—しãĢåŧˇããĒãŖãĻゆくぎだãŖた。

 åŊŧãĢとãŖãĻ設計äē‹å‹™æ‰€ã‚’įĢ‹ãĄä¸Šã’ることは、åĻģã‚„å‘¨å›˛ã‚’čĻ‹čŋ”し、はじめãĻč‡Ē分ぎ手で成功を掴ãŋ取るという重大ãĒ挑æˆĻであãŖた。

 

 だが、えãĻしãĻįžåŽŸã¯åŽŗしい。

 

 į”ˇæ€§ã¯ã€ã€Œã‚‚うすぐčģŒé“ãĢäš—ã‚Šãã†ã ã€ã¨ã„ã†å°čŠžã‚’äŊ•åēĻもčĻĒしいįŸĨäēēãĢčĒžãŖãĻいたが、それはåŽĸčĻŗįš„でæ­ŖįĸēãĒįŠļæŗčĒč­˜ã¨ã¯ã‹ã‘é›ĸれãĻいた。äē‹æ•…åŊ“時、åĻģはįŦŦäēŒå­ã‚’čēĢごもãŖãĻいた。そしãĻåŊ“ぎäē¤é€šäē‹æ•…は、じつはį”ˇæ€§ãŽį„ĄčŦ€ãĒčŋŊいčļŠã—ãĢよるもぎだãŖた。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 こうしたäē‹æƒ…ã‚’é‘‘ãŋれば、åŊŧぎäē¤é€šäē‹æ•…およãŗ振æˆĻは、たんãĒる不運とはぞた違ãŖたå§ŋをあらわしãĻくる。野間はいう。

 

 そう、įĩŒæ¸ˆįš„ãĢč‹ĻしくãĒり、åĻģからも――į”Ÿæ´ģéĸã§ãŽå…ˇäŊ“įš„援劊はともかく――į˛žįĨžįš„援劊をもらえãĒいįŠļæŗãŽä¸­ã§ã€ãĒんとかæĨ­į¸žã‚’掋そうとå–ļæĨ­æ´ģ動ãĢ明け暎れるį”Ÿæ´ģだãŖた。į–˛åŠ´ã‚‚ピãƒŧクãĢ達しãĻいただろうし、æŗ¨æ„åŠ›ã‚‚čŊãĄãĻいたãĢ違いãĒい。こぎようãĒįŠļæŗã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€ã‚‚ã—äģŽãĢäģŠå›žãŽäē¤é€šäē‹æ•…を免れãĻいたとしãĻも、旊晊、åˆĨぎäē‹æ•…ãĢ遭ãŖたぎではãĒいか、とæƒŗ像したくもãĒる。すãĒã‚ãĄã€į”ˇæ€§ãŒäē¤é€šäē‹æ•…ãĢ遭遇したぎは、単ãĒる"åļį„ļãŽæ‚˛åŠ‡"ではãĒく、į”ˇæ€§č‡ĒčēĢがįŸĨらずįŸĨらずãĢå‘ŧãŗ寄せた、į”ˇæ€§ãŽäēēį”ŸãĢおける"åŋ…į„ļ"だãŖãŸã€ã¨č€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã‚‚å¯čƒŊãĒぎだ。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

See 35 vintage car wrecks from the days before seat belts & airbags - Click Americana

 

 そしãĻここでもぞた、「į–žį—…刊垗」ãĢついãĻぎ指摘がある。

 

 こぎようãĒį­‹æ›¸ãã‹ã‚‰čĻ‹ã‚Œã°ã€ãžãšã“ぎį”ˇæ€§ã¯ã€äē¤é€šäē‹æ•…というチãƒŖãƒŗã‚šã‚’åˇ§ãŋãĢ刊į”¨ã—ãĻ、č‡Ē分ぎäē‹æĨ­ãŒã†ãžãã„かãĒいåŖ原をäŊœã‚ã†ã¨ã—た、と、とりあえずはčĻ‹ãĒすことができる。いわゆる「į–žį—…刊垗」だ。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 ここで前įĢ ãŽč‹Ĩã„č–čˇč€…ãŽį—‡äž‹ã¨æ¯”ずãĻãŋã‚ˆã†ã€‚ä¸Ąč€…ãŽå…ąé€šį‚šã¯æŦĄãŽã‚ˆã†ãĒもぎだ。

 

 ãƒģåŽļæ—ã‚„å‘¨å›˛ãŽåå¯žã‚’æŠŧし切ãŖたåŧˇåŧ•ãĒ聡æĨ­é¸æŠž

 ãƒģそれãĢäŧ´ã†åŧˇã„葛藤

 ãƒģäē‹æ•…ãƒģį—…いãĢよãŖãĻįĩæžœįš„ãĢ間違いをčĒã‚ã‚‹ã“とãĒく撤退可čƒŊãĒįŠļæŗãŒį”Ÿã˜ã‚‹

 

 こうしãĻčĻ‹ã‚‹ã¨ã€ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧと野間が各々ぎį—‡äž‹ãĢ寞しãĻãģãŧ同じ、「į„Ąæ„č­˜ã€įš„ãĒäŊ•č€…かぎ働きかけãĢよãŖãĻこぎようãĒč‡Ēåˇąãƒģį—…いがåŧ•ãčĩˇã“されãĻいるとč§Ŗ釈するぎは、ごくč‡Ēį„ļã§ã‚ã‚‹ã¨ã„ã†å°čąĄã‚’ã‚‚ã¤ã€‚
 ぞた「äē¤é€šäē‹æ•…がįĩæžœã¨ã—ãĻįŠļæŗã‹ã‚‰ãŽéŋé›ŖãĢãĒる」という意å‘ŗでは、įŦŦäēŒįĢ ã§æŒ™ã’たéĢ˜éŊĸåĨŗ性ぎ䞋もあãĻはぞる。「åŊŧåĨŗはäē¤é€šäē‹æ•…というチãƒŖãƒŗã‚šã‚’åˇ§ãŋãĢ刊į”¨ã—ãĻ、不åšŗį­‰ãĒåŽļåē­å†…労働をã‚ĩボã‚ŋãƒŧジãƒĨするåŖåŽŸã‚’ã¤ãã‚ã†ã¨ã—ãŸã€ã¨čŠ•ã—ã†ã‚‹ã§ã‚ã‚ã†ã‹īŧŸ

 

 ãĒおčĻĒéĄžã‚’åē‡ãŠã†ã¨ã—ãĻ言ãŖãĻいるわけでは全くãĒく、たぞたぞåŊ“äē‹č€…からčĻ‹čžãã—たäē‹äž‹ã¨ã—ãĻæ‰ąãŖãĻいるãĢすぎãĒいことをåŧˇãį”ŗしæˇģえãĻおく。そぎčĻĒéĄžã¨ãŽé–ĸäŋ‚ã¯č‰¯åĨŊで、åˆĨãŽæ–‡č„ˆã§ã¯å°Šæ•Ŧできるéĸも多々あるぎだが、æœŦäģļãĢé–ĸしãĻぎãŋč¨€ãˆã°ã€Œãã†ãĒる前ãĢå…č¨ąčŋ”上しろよ、バãƒŧã‚Ģã€ã¨č¨€ã‚ã–ã‚‹ã‚’åž—ãĒい。

 

ã€€ãžãŸé‡Žé–“ã¯ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧと同様、「į—‡įŠļ選択」という指摘もしãĻいる。すãĒã‚ãĄã€

 

 こぎį”ˇæ€§ãŒäē‹æĨ­ãĢčĄŒãčŠ°ãžãŖたįĩæžœã€äē‹æ•…ãĢ遭遇せざるを垗ãĒいようãĒところぞでč‡Ē分をčŋŊいčžŧãŋ、そしãĻäģ•äē‹ã‚’言ãŖãŸã‚“æ‰“ãĄåˆ‡ã‚ŠãĢするためãĢ、äģ•äē‹ä¸Šæœ€ã‚‚重čĻãĒ手ぎ震えがį—‡įŠļとしãĻ選択された、というį†č§Ŗだ。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 もう一つį•™æ„ã—ãĻおくずきポイãƒŗトとしãĻ、野間はåŊŧぎį—‡įŠļぎãĒかãĢジェãƒŗダãƒŧįš„ãĒč‘›č—¤ãŒã‚ã‚‹ã¨ã„ã†ã€‚ã™ãĒã‚ãĄã€åŊŧぎåŗ手ぎ震えは「į”ˇæ€§įš„力åŧˇã•ã¨åĨŗ性įš„įšŠį´°ã•ãŽã‚いだをæēれ動く、こぎį”ˇæ€§ãŽčŋˇãˆã‚‹į”Ÿãæ§˜ã‚’そぎぞぞäŊ“įžã—ãĻいる」ぎだという。


 これら一é€Ŗぎ"čĒ­ãŋ"はåŒģå­Ļįš„ãĒ専門įŸĨというよりはæ—Ĩå¸¸ãŽæ€č€ƒãĢčŋ‘く、村čŊįš„ãƒģ因įŋ’įš„ですらある。「あぎäē‹æ•…はぞあ、æŊŽæ™‚ãŖãĻことãĒんだろうねえ」「į—…æ°—ãĢãĒãŖたおかげでį„Ąį†ã‚’やめられた」äē‘々。
 したがãŖãĻ感čĻšįš„ãĢはäē†č§Ŗされやすい反éĸ、å­Ļč€…ã‚„č­˜č€…ãŒå¤§įœŸéĸį›ŽãĢ「č‡Ē動čģŠäē‹æ•…ぎåŋƒį†įš„分析」をčĒžã‚‹ã“とãĢついãĻは、æŠĩæŠ—æ„Ÿã‚’æŠąãäēēも多いであろう。そこãĢおうしãĻも合į†įš„æ€č€ƒãŽį¯„į–‡ã‚’é€¸č„ąã—ãŸã‚‚ãŽã‚’æ„Ÿã˜ã‚‹ã“ã¨ã¯åĻめãĒい。そぎ領域――åŊ“時はč‡Ē動čģŠč‡ĒäŊ“が少ãĒかãŖたぎでč‡Ē動čģŠäē‹æ•…ではãĒいãĢせよ、「äē‹æ•…」ぎåŋƒį†įš„分析――ãĢãžã§č¸ãŋčžŧんでいるぎがグロデックである。

 

b.〈エ゚〉は遍在する

 

 グロデックは、時äģŖįš„ãĢã¯ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧãĢæ•°ååš´å…ˆčĄŒã™ã‚‹ãĢもかかわらず、åŊŧよりもさらãĢå¤§čƒ†ãĢč­°čĢ–ã‚’æŽ¨ã—é€˛ã‚ãĻいる。

 

GroddeckīŧŒGeorg Walter(1866-1934)


 というぎも、グロデックが『čēĢäŊ“ぎį˛žįĨžåˆ†æžãĢついãĻ』でåŋƒį†įš„分析を加えãĻいるį—‡äž‹ã¯ã€įĨžã‚’į€†įĨžã—たことãĢよりかつãĻ村で「į€†įĨžč€…」とあだ名されãĻいたį›˛äēēとč‡Ēåˇąã‚’åŒä¸€åŒ–ã—ãŸã“ã¨ãĢよるįļ˛č†œå‡ēčĄ€ã ã¨ã‹ã€åĻšãŽæ­ģã‚’æœ›ã‚€æ°—æŒãĄã‚’æŠ‘åœ§ã—ãŸįĩæžœãŽå–€čĄ€ã¨ã„ãŖãŸã‚‚ãŽâ€•â€•ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧも「ぞれãĢ」であれば「įĸē原ãĢ器čŗĒįš„」とčĻ‹åšã•ã‚Œã‚‹å‡ē血į­‰ã‚’čĩˇã“ã™ã¨č¨€ãŖãĻいたが――さらãĢそれãĢは収ぞらず、

 

 たとえばå¤ĒãŖãŸč€…ãĢついãĻ、åĻŠå¨ åšģæƒŗがあãŖたり、æē€ãŸã•ã‚Œã‚‹ã“ã¨ã‚’åž…ãĄæœ›ã‚“ã§ã„ã‚‹įŠēč™šæ„ŸãŒã‚ãŖたり、分厚いįšŽč†šã‚’åŋ…čĻã¨ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĒįšŠį´°ã•ãŒã‚ãŖたりするぎではãĒいか、といãŖたようãĢ、čēĢäŊ“įš„į‰šåž´ãĢもãĒんらかぎį›Žįš„がある可čƒŊ性をį¤ēしãĻいる。『į—…いぎ意å‘ŗ』では、éĒ¨æŠ˜ã¨ã„ã†å¤–å‚ˇãĢぞでåŋƒį†įš„č§Ŗ釈を与えãĻいる。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 というぎである。ぞたグロデックは、čŋ‘čĻ–ãĒおぎį”Ÿåž—įš„ãĒį‰šåž´ã§ã•ãˆã‚‚åŋƒį†įš„č§Ŗ釈ぎį¯„į–‡ã¨ã™ã‚‹ã€‚これをおぎようãĢį†č§ŖすればいいぎだろうかīŧŸ
 グロデックãĢよると、われわれぎåŋƒčēĢは元æĨã˛ã¨ã¤ãŽã‚‚ãŽã§ã‚ã‚Šã€ãã‚Œã¯ã€ˆã‚¨ã‚šã€‰ã¨ã„ã†åŠ›ãĢよãŖãĻ支配されãĻいる。そしãĻさぞざぞãĒį—‡įŠļは、そぎ〈エ゚〉ぎ意å›ŗãĢよãŖãĻį”Ÿã˜ã‚‹ã¨ã„う。
 グロデックぎ〈エ゚〉はåŋƒčēĢをともãĢ司るæĻ‚åŋĩである。あくぞでåŋƒįš„抟構ぎãŋãĢåąžã™ã‚‹ã€ã€Œį„Ąæ„č­˜ã€ãŽåžŒįļ™æĻ‚åŋĩである垌期フロイトぎ「エ゚」とは大きãĒ違いがあり、そぎį‰šåž´ãĢよãŖãĻグロデックぎ〈エ゚〉は、åēƒį¯„かつį›´æŽĨįš„ãĢčēĢäŊ“-器厘ãĢ働きかけることを可čƒŊとする。

 

 〈エ゚〉æĻ‚åŋĩぎäŊŋį”¨ã‚’めぐãŖãĻ、フロイトとグロデックぎ間ãĢはキãƒŖ゚ぎčŒļį•Ēでは済ぞされãĒいãƒŦベãƒĢぎįĸēåŸˇãŒį”Ÿã˜ãŸã€‚フロイトが『č‡Ē我とエ゚』(1923)ã‚’åˆŠčĄŒã—ãŸã¨ãã€ã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯ã¯ã“ã‚Œã‚’č‡Ēらぎ〈エ゚〉æĻ‚åŋĩぎå‰ŊįĒƒã€ã—ã‹ã‚‚č‚åŋƒãŽéƒ¨åˆ†ã‚’取りこãŧしたåŠŖ化į§ģ植だと感じた。だがフロイトãĢは圧倒įš„ãĒįŸĨ名åēĻãŒã‚ã‚Šã€ãžãŸä¸Ąč€…ã¯å¸ĢåŧŸãĢčŋ‘いé–ĸäŋ‚でもあãŖたぎで、下手ãĢ騒いでも世間ãĢåŖ˛åčĄŒį‚ēだと取られかねず、グロデックはかãĒã‚ŠåŠ‰æ›˛ãĒč¨€ã„å›žã—ã§ãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆã‚’éžé›ŖしãĻいる。たとえばåŊŧはäēŒäēēぎé–ĸäŋ‚ã‚’čž˛å¤Ģīŧˆãƒ•ãƒ­ã‚¤ãƒˆīŧ‰ã¨é‹¤īŧˆã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯īŧ‰ãĢ喊え、「į§ã‚’äŊŋい捨ãĻãĢするつもりですか」という意å‘ŗぎ書į°Ąã‚’送ãŖた。いãŖãŊうフロイトは、č‡Ēらぎ「エ゚」æĻ‚åŋĩがグロデックãĢį”ąæĨすることを渋々čĒã‚ã¤ã¤ã‚‚「それいãŖたら元々はニãƒŧチェぎį™ēæƒŗでしょ」とか「ã‚ĸップデãƒŧトしãĻあげたぎãĢパクãŖãŸã¨ã‹č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã¨æ‚˛ã—ã„ãĒあ」といãŖた意å‘ŗぎ受けį­”えをしãĻいる。こぎįĸēåŸˇã¯ã¤ã„ãĢäēŒäēēぎį”Ÿå‰ãĢč§ŖæąēされることはãĒかãŖたīŧˆã“ぎあたりぎäē‹æƒ…はäē’į››å¤Ģ『エ゚ぎįŗģč­œã€€æ˛ˆéģ™ãŽčĨŋ洋思æƒŗå˛ã€ãĢčŠŗしいīŧ‰ã€‚

 

 そぎためグロデックは垌世「åŋƒčēĢåŒģå­Ļぎįˆļ」とį§°ã•ã‚ŒãĻいるãĢもかかわらず、åŊŧč‡ĒčēĢは「åŋƒčēĢį—‡ã€ã¨ã‹ã€Œåŋƒå› ã€ã¨ã„ãŖãŸč¨€č‘‰ã‚’äŊŋわãĒかãŖた。åŋƒãŒåŽŸå› ã§čēĢäŊ“ãĢį—‡įŠļをきたすという捉え斚はåŋƒčēĢäēŒå…ƒčĢ–įš„だからだ。そうではãĒく、åŊŧãĢとãŖãĻはåĨåēˇã‚‚į—…æ°—ã‚‚īŧˆį”Ÿåž—įš„ãĒį‰šåž´ã‚„äē‹æ•…でさえīŧŸīŧ‰ã€Œã€ˆã‚¨ã‚šã€‰ãŽįžčąĄåŊĸ態」、すãĒã‚ãĄåŋƒã§ã‚‚ありäŊ“でもある〈エ゚〉がäŊ•ã‚‰ã‹ãŽį›Žįš„ぎためãĢ襨ãĢįžã‚ŒãĻåŊĸをãĒしたもぎãĒぎである。

 したがãŖãĻ、グロデックはåĨåēˇã¨į—…気ぎåŒēåˆĨをも拒åĻした。čēĢäŊ“ãĢčĩˇã“ることぎすずãĻが「〈エ゚〉ぎįžčąĄåŊĸ態」であるäģĨ上、äēē間ãĢとãŖãĻį—…気ぎãŋがイãƒŦã‚ŽãƒĨナãƒŧãĒわけではãĒいからだ。

 

 äģŠå›žčĒ­ã‚“だį¯„å›˛ã§ã¯ã€į—…原äŊ“į­‰ãŽå¤–在įš„į—…å› ãŽå­˜åœ¨æ„Ÿã¯ã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯ãŽč¨€čĒŦぎãĒかではきわめãĻå¸Œč–„ã§ã‚ã‚Šã€æ­Ŗį›´ã‹ãĒり゚ピåēĻがéĢ˜ããƒ¤ãƒã‚ã§ã‚ã‚‹ã¨ã„ã†å°čąĄã‚’å—ã‘ãŸã“ã¨ã¯åĻめãĒい。ãĒおこぎテãƒŧマãĢついãĻã¯ä¸‹č¨˜ãƒ–ãƒ­ã‚°ã§æ¤œč¨Žã—ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã€‚

 

visco110.hatenablog.com

 

 ぞたį˛žįĨžį–žæ‚ŖãĢ限ãŖãĻč¨€ãˆã°ã€ãƒŠã‚Ģãƒŗ洞が「すずãĻぎäēēはįĨžįĩŒį—‡č€…かį˛žįĨžį—…č€…ã€å€’éŒ¯č€…īŧˆ+č‡Ē閉į—‡č€…īŧ‰ãŽã„ずれかãĢåˆ†éĄžã•ã‚Œã‚‹ã€ã¨ã—ã€ã€ŒåĨå¸¸č€…ã¯į—…į›¸æœŸã§ã¯ãĒいį˛žįĨžį–žæ‚Ŗ者ãĢすぎãĒい」、įĒãčŠ°ã‚ã‚Œã°ã€ŒåĨå¸¸č€…ã¯å­˜åœ¨ã—ãĒい」というčĻ‹č§Ŗを持つことãĢ通ずる。そもそもナã‚Ģãƒŗ洞はč‡ĒæŽēすらæ‚Ēいことと思ãŖãĻいãĒいãĩしがあるīŧˆCãƒģã‚ĢãƒĒã‚ŦãƒĒ゚『åĻ„æƒŗはãĒぜåŋ…čĻã‹ã€ãĢおけるčŗĒį–‘åŋœį­”ã‚’čĻ‹ã‚ˆīŧ‰ã€‚å’˛ãã‚‚čŠąã€æ•Ŗã‚‹ã‚‚čŠąã¨ã„ãŖたところか。ただし、こうした態åēĻが「į˛žįĨžåˆ†æžå­Ļはå€Ģį†įš„ニヒãƒĒã‚ēムである」といãŖた扚判įš„ぞãĒざしを向けられるゆえんでもあることãĢはį•™æ„ã™ã‚‹åŋ…čĻãŒã‚る。

 

 あらためãĻåŋƒčēĢ一åĻ‚ã‚’čĒŦいたå­Ļč€…ã¯ã€ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯äģĨ外ãĢも数多くいただろう。しかし、グロデックぎ慧įœŧは、åŋƒčēĢぎ栚åē•ãĢã˛ã¨ã¤ãŽåŽŸį†ã‚’äģŽåŽšã—たことだ。それこそぞさãĢ、「それ」としか名指すことぎできãĒいようãĒ"äŊ•ã‚‚ぎか"であり、グロデックはそれを〈エ゚〉とå‘ŧんだぎだãŖた。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 こぎ〈エ゚〉こそがわれわれがæŽĸįŠļしãĻいる、ピテãƒĒãƒŧ性į—™æ”Ŗæ‚Ŗč€…ã‚’ã€Œæ€Ē我をさせãĒいようãĢčģĸ倒させた」もぎ、そぎäģ–čĻ‹ãĻきたようãĒæ‰æĄƒį‚Žã‚„吃éŸŗã‚„č¤‡čĻ–や振æˆĻや時ãĢはäē¤é€šäē‹æ•…すらå‘ŧãŗ寄せる、われわれが「į„Ąæ„č­˜ã€ã¨įĸē厚įš„ãĢčĒžã‚‹ãŽã‚’慎重ãĢéŋけãĻいた、われわれぎ内ãĒるäģ–č€…ãŽæ­ŖäŊ“ãĒぎかもįŸĨれãĒい。
 だが〈エ゚〉もぞた、「į„Ąæ„č­˜ã€ã¨åŒæ§˜ãĢたんãĒるナベãƒĒãƒŗグãĢãĒãŖãĻã—ãžã†åąæƒ§ãŒãĒきãĢしもあらずだがâ€Ļâ€Ļ

 

c.äē‹æ•…ãƒģį–žį—…はčĒžã‚Šã‹ã‘る、ただし明け斚ぎå¤ĸぎようãĢ

 

 ではį›´æŽĨ、グロデックぎテク゚トをčĻ‹ãĻãŋることãĢする。
 åŊŧは『į—…いぎ意å‘ŗ』ãĢおいãĻéĒ¨æŠ˜ãĢついãĻčĒžã‚‹ã¨åŒæ™‚ãĢ、éĒ¨æŠ˜ã‚’åŧ•ãčĩˇã“したčģĸ倒という「äē‹æ•…」ãĢついãĻもäģ”į´°ãĢåŋƒį†įš„č§Ŗ釈を加えãĻいる。
 『į—…ぎ意å‘ŗ』ぎãģか多くぎテク゚トãĢおいãĻグロデックぎčĒžã‚ŠåŖはčģŊく、ãĒãĢã‚„ã‚‰åˆ†æžã‚„č­°čĢ–というよりは、あれやこれやぎイマジネãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ=į‰ŠčĒžįš„č§Ŗ釈ぎ提į¤ē、いや単ãĢæĨŊしいお喋りをしãĻいるだけといãŖãŸå°čąĄã™ã‚‰ã‚ã‚‹ã€‚ãŸã¨ãˆã°čģĸãļįžŦ間ぎ銚きãĢついãĻは、

 

 čģĸ倒ぎときぎ銚きがčĒžãŖãĻいるぎは、こぎčļŗ場は重čĻã§ã‚る。よãŖãĻ外įš„内įš„ãĒįĻæ­ĸãĢもかかわらずそれを攞æŖ„したり攞æŖ„しようとしたりするぎはčģŊįŽ‡ã§ã‚る、そしãĻいぞč‡Ē分はčļŗ場ぎ攞æŖ„ぎためãĢã‚ã‚‹åąé™ē、あるįŊĒãĢč„…ã‹ã•ã‚ŒãĻいる、ということãĒぎです。
 īŧˆã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯ã€Žã‚¨ã‚šã¨ãŽå¯žčŠąã€æ‰€åŽã€Œį—…いぎ意å‘ŗ」īŧ‰

 

 だとか、

 

 čģĸå€’ã¯ã˛ã¨ã¤ãŽå‘Šį™Ŋでもありぞす――「わたしはぞãŖすぐãĒå§ŋå‹ĸをäŋã¤æ¨ŠåˆŠã€ã™ãĒã‚ãĄå…¨ãäēē間であるという樊刊をå–Ēå¤ąã—ãŸã€‚ã‚ãŸã—ã¯ãã‚“ãĒãĢåŧˇãã¯ãĒい」。あるいは、čģĸå€’ã¯ã˛ã¨ã¤ãŽæ‡‡éĄ˜ã§ã™â€•â€•ã€Œé‹å‘Ŋよ、įĨžã‚ˆã€ã‚ãĒたがäēē々を導いたようãĢは、わたしを導きįĩĻうãĒ、わたしをぞだįĢ‹ã¤ã“ともできãŦ、あãĒたぎ怒りãĢも値しãĒい子おもとãŋãĒしたぞえ」「わたしをįŊ°ã—įĩĻうãĒ、わたしは力ãĒくåšŗäŧã—ãĻいるではãĒいか。わたしをčĻ‹æ¨ãĻįĩĻうãĒã€ã‚ãŸã—ã¯ã˛ã¨ã‚Šã§įĢ‹ã¤ã“とはできãĒいぎだから」。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 といãŖたčĒŋ子であり、ぞたčģĸんだį—›ãŋãĢついãĻは、

 

 すãĒã‚ãĄã€æąãŒã•ã‚‰ãĢ歊もうと望むãĒらば、すãĒã‚ãĄã€æąãŒã“ã‚Œãžã§ã‚ˆã‚Šã‚‚ã•ã‚‰ãĢ厭わしいことをį‚ēそうと望むãĒらば、äŊ™ã€æąãŽã‚¨ã‚šã¯ã€įĩļ寞įš„ãĒ力でもãŖãĻæ•°é€ąé–“ã ã‘æąã‚’ä¸å…ˇãŸã‚‰ã—ã‚ã‚ˆã†ã€‚ã„ãžãžã§ãŽį”Ÿæ´ģからčēĢã‚’ã˛ãã€åēŠãĢäŧã—、子おもãĢæˆģã‚‹ãŒã‚ˆã„ã€‚ãã†ã™ã‚Œã°ã€æąã¯æąã‚’æ°—ãĨかう母čĻĒをčĻ‹ã„だすことであろう。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 とか、

 

 これをčĻ‹ã‚ã€‚わたしはæ¨ĒたわãŖãĻいる。わたしは子おもãĒぎだ。įĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚Šå‰ãĢå‡ēでよ、あãĒãŸãŸãĄã¯å­ãŠã‚‚ã‚’æ•‘ã†įžŠå‹™ãŒã‚るぎだ。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 というようãĒã“ã¨ã‚’č¨€ã†ã€‚
 â€Ļâ€ĻãĄã‚‡ãŖと垅ãĻ、ãĒんだかやたらとã‚Ēã‚ŽãƒŖãŖãĻるãĒīŧŸã¤ãžã‚Šãã‚ŒãŒãŠå‰ã‚‰ãŽæœŦéŸŗãŖãĻことかīŧŸ

 

イãƒŗã‚ŋãƒŧネットãĢおける「ã‚Ēã‚ŽãƒŖり」ぎ䞋。
https://kouhey.blog.jp/archives/17409627.html

 

https://kouhey.blog.jp/archives/17409627.html

 

https://kouhey.blog.jp/archives/17409627.html


 ぞた「į—‡įŠļ選択」ãĢé–ĸすると思われる部分も、ãĒãĢやらéĨ’čˆŒã‹ã¤ãƒĻãƒŧãƒĸナ゚である。

 

 äēē間は歊くためãĢčļŗをもãŖãĻいぞす。したがãŖãĻ、čļŗぎéĒ¨æŠ˜ã‚„そぎäģ–、下č‚ĸãĢį”Ÿã˜ã‚‹ã‚らゆるį–žæ‚Ŗぎ意å‘ŗは、エ゚が一時ぎあいだ歊かãĒいãģã†ãŒã„ã„ã¨č€ƒãˆãĻいる、ということãĢãĒるぎです。手ぎį—…気ぎ場合は、こぎ手をäŊŋうことãĢ寞するエ゚ぎįĻæ­ĸをäģŽåŽšã™ã‚‹ã“とができぞす。それはもしかするとį›—ãŋã‚’čĄŒãĒã†åąé™ēがあるためかもしれãĒいし、あるいはč‡Ēæ…°čĄŒį‚ēや暴力や、į‹ŦčŖįš„ãĒエ゚が垗į­–ではãĒいとãŋãĒすようãĒ、ãĒãĢかãģã‹ãŽčĄŒį‚ē、ãĒãĢかãģかぎåšģæƒŗãŽåąé™ēがあるためかもしれぞせん。čēĢäŊ“ぎ開åŖéƒ¨ã‚„ããŽå‘¨å›˛ãĢį”Ÿã˜ã‚‹į—…気ぎ場合は、エ゚がãĒãĢかをãŋずからぎ内部ãĢå…Ĩれたり逆ãĢ外ãĢå‡ēしたりしたくãĒい、ということがį—…気ぎ意å‘ŗとしãĻ存在する可čƒŊ性がありぞす。į™ēį–šã¯ã€äēēを威嚇する――そしãĻぞたčĒ˜æƒ‘する――意å‘ŗをもãŖãĻいぞす。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

吞åŗ å‘ŧ世晴『éŦŧæģ…ãŽåˆƒã€ã€‚čŠį—…というより「〈エ゚〉ぎįžčąĄåŊĸ態」ぎ可čƒŊ性īŧŸ

 

 こぎようãĢしãĻäē‹æ•…およãŗį—‡įŠļ選択ぎ逐一ãĢ意å‘ŗがäģ˜ä¸Žã•ã‚ŒãĻゆくぎだが、あくぞでåŒģč€…ã§ã¯ãĒくæ‚Ŗč€…ã ã‘ãŒč‡Ēらぎ〈エ゚〉ぎãĩるぞいãĢついãĻč§Ŗ釈し、čĒžã‚‹ã“とができるというぎがåŊŧぎ゚ã‚ŋãƒŗ゚である。
ã€€ã“ã†č¨€ã†ã¨ã€å¤ĸや易やã‚ŋロットãĒお判じį‰Šįŗģ占い全čˆŦãĢå…ąé€šã™ã‚‹ã€ã€Œã‚ã‚‰ã‹ã˜ã‚æ„å‘ŗがįĸēåŽšã—ãŸå¯žčąĄã‚’čĒ­ãŋč§ŖくぎではãĒく、čĒ­ãŋč§Ŗく過į¨‹ãĢおいãĻå¯žčąĄãŽæ„å‘ŗがįĸē厚する」というæŗ•å‰‡ã‚’、グロデックはäē‹æ•…ã‚„į–žį—…ãĢåŋœį”¨ã—ãĻいるぎだともčĻ‹åšã›ã‚‹ã€‚äē‹æ•…ã‚„į–žį—…は「〈エ゚〉ぎįžčąĄåŊĸ態」としãĻ意å‘ŗはあるが、そぎ意å‘ŗとはæ‚Ŗč€…ãŒčĒ­ãŋč§Ŗく過į¨‹ãĢおいãĻįĸē厚する、といãŖたようãĢ。

 

visco110.hatenablog.com

 

visco110.hatenablog.com

 

 だが「äē‹æ•…ãƒģį–žį—…č§Ŗ釈とはæ‚Ŗč€…ãŒč‡Ēらぎäēēį”ŸãŽį‰ŠčĒžã‚’į´ĄãŽå‡ēすプロã‚ģã‚šãĒぎだ」とįĩčĢ–ãĨけるぎは、〈エ゚〉ぎ働きをã‚ŋロットã‚Ģãƒŧドぎä¸Ļãŗや、å¤ĸぎさいぎč„ŗ嚚ぎ不čĻå‰‡ãĒニãƒĨãƒŧロãƒŗæ´ģå‹•ãŽéĄžã„ã¨åŒä¸€čĻ–することãĢãĒる。čŋ‘いもぎではあるがやはりそれは嚞分かįŸŽå°åŒ–しãĻおり、ピテãƒĒãƒŧ性į—™æ”Ŗæ‚Ŗč€…ã‚’ã€Œæ€Ē我をさせãĒいようãĢ倒す」ようãĒ、ãĒãĢかしらįžåŽŸãĢ働きかける思惑と力を持ãŖた存在とはかけé›ĸれãĻいる。

 したがãŖãĻæœŦį¨ŋはぞだįĩ‚わるわけãĢはいかãĒい。æŦĄįĢ ã§ã¯ã€ã€ˆã‚¨ã‚šã€‰ãŽåŠ›ãŒé€†ãĢ最大限ãĢį™ē揎された場合ãĢおうãĒるぎかを再ãŗį—‡äž‹ã¨ã¨ã‚‚ãĢčĻ‹ãĻゆくが、そぎ前ãĢã€ã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯ãŽæ¤œč¨ŽãĢã˛ã¨ãžãšãŽåŒē切りをつけãĒければãĒらãĒい。

 

d.į”Ÿæ°—čĢ–vs抟æĸ°čĢ–というį–‘äŧŧ寞įĢ‹

 

 グロデックぎ思æƒŗ、とりわけそぎ〈エ゚〉æĻ‚åŋĩはį”Ÿæ°—čĢ–ぎåŊąéŸŋãŒč‰˛æŋƒã„といわれる。
 一čˆŦįš„ãĢį”Ÿæ°—čĢ–とは、「有抟äŊ“ãĢはį”Ÿå‘Ŋæ´ģå‹•ã‚’æŽ¨é€˛ã™ã‚‹ãĒんらかぎ非į‰ŠčŗĒįš„ãĒ力が存在する」というįĢ‹å ´ã‚’指す。だがこぎįĢ‹å ´ã¯åĻ厚įĨžå­Ļįš„である。すãĒã‚ãĄį”Ÿå‘ŊãĢついãĻぎ「į‰ŠčŗĒįš„ãĒ」į ”įŠļが成果を上げるごとãĢ、į”Ÿæ°—čĢ–č€…ã¯ã€Œãã‚Œã§ã‚‚"į”Ÿå‘Ŋ"そぎもぎぎäŊ•ãŸã‚‹ã‹ã¯č§Ŗ明されãĻいãĒい」と、į„Ąé™ãĢゴãƒŧãƒĢポ゚トを垌退させįļšã‘ることがå‡ēæĨるからだ。
 そうしãĻおきãĒがら、į”Ÿæ°—čĢ–č€…ã¯į”Ÿå‘ŊãĢついãĻį›´æŽĨčĒžã‚‹ã™ãšã‚’持たãĒã„ã€‚ã“ãŽéš˜čˇ¯ã‚’æŒ‡ã—ãĻマトã‚ĨナãƒŧãƒŠã¨ãƒ´ã‚ĄãƒŦナは「æŽĸįŠļすずきå›ē有ぎįžčąĄé ˜åŸŸãĢ気ãĨき、ãĒおこぎįžčąĄãĢついãĻ比喊įš„ãĢしかčĒžã‚‹ã“とぎできãĒい厙吊りįŠļ態」īŧˆãƒžãƒˆã‚Ĩナãƒŧナīŧãƒ´ã‚ĄãƒŦナ『ã‚Ēãƒŧトポイエãƒŧã‚ˇã‚šã€īŧ‰ã¨æŒ‡æ‘˜ã—ãĻいる。
 たしかãĢãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚Ģãƒŧやグロデックはį”Ÿæ°—čĢ–įš„であり、「į„Ąæ„č­˜ã€ã‚„〈エ゚〉は比喊ãĢäģ–ãĒらãĒã„ã€‚ãã‚Œã‚’å—ã‘åŽšã‚Œã¤ã¤åą•é–‹ã—ãĻいるæœŦį¨ŋも、そこかしこで「比喊įš„ãĢしかčĒžã‚‹ã“とぎできãĒい厙ãĨりįŠļ態」ãĢãļãĄåŊ“たãŖãĻいる。

 だがį”Ÿæ°—čĢ–vs抟æĸ°čĢ–はį–‘äŧŧ寞įĢ‹ãĢすぎãĒいとする意čĻ‹ã‚‚ある。我がå›ŊãĢおけるã‚Ēãƒŧトポイエãƒŧã‚ˇã‚šį ”įŠļぎįŦŦ一äēēč€…ã§ã‚ã‚‹æ˛ŗæœŦ英å¤Ģは、äēŒã¤ãŽčĻŗį‚šã‹ã‚‰ã€Œį”Ÿæ°—čĢ–と抟æĸ°čĢ–はそもそも寞įĢ‹ã—ãĒい」とčĢ–じãĻいる。įŦŦ一ãĢ、

 

 「力」を動力å­Ļįš„構æƒŗãĢしたがãŖãĻ、それじたいは非įŠē間įš„であり、しかもį‰ŠčŗĒをįŠē間内ãĢもたらす原į†ã ã¨ãŋãĒすことができる。æ–Ĩ力やåŧ•åŠ›ã¨åŒæ§˜ã€åŠ›ã¯įŠē間内ぎ存在ではãĒくむしろį‰ŠčŗĒをįŠē間化する原į†ã§ã‚るため、おんãĒãĢč§Ŗ剖å­Ļįš„ãĢæŽĸしãĻもčĻ‹ãˆã‚‹ã¯ãšãŒãĒいぎである。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 有抟äŊ“ぎįŠē間įš„ãĒã‚ã‚Šã‹ãŸããŽã‚‚ãŽã‚’å•éĄŒãĢしãĻおり、įŠē間内ãĢį‰ŠčŗĒを前提とする力å­ĻčĢ–īŧˆæŠŸæĸ°čĢ–īŧ‰ã¨ã¯ã€æ§‹æƒŗからしãĻã™ã‚ŒãĄãŒãŖãĻしぞう。したがãŖãĻį”Ÿæ°—čĢ–はæļˆæģ…しãĒいだけではãĒく、æœŦæĨ抟æĸ°čĢ–と寞įĢ‹ã—ãĻもいãĒいぎである。
 īŧˆæ˛ŗæœŦ英å¤Ģ『ã‚Ēãƒŧトポイエãƒŧã‚ˇã‚šã€€įŦŦ三世äģŖã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ã€īŧ‰

 

 ぞさãĢ我々がčĻ‹ãĻきたピテãƒĒãƒŧæ‚Ŗč€…ãŽį—…因も、「おんãĒãĢč§Ŗ剖å­Ļįš„ãĢæŽĸしãĻもčĻ‹ãˆã‚‹ã¯ãšãŒãĒい」もぎであãŖた。グロデックãĢとãŖãĻぎ「į”Ÿæ°—」である〈エ゚〉ãĢしãĻも、たとえå­ĻäŧšãĢįžį‰Šã‚’持ãŖãĻゆくことはå‡ēæĨãĒいãĢしãĻも、「だから存在しãĒい」と一čļŗéŖ›ãŗãĢįĩčĢ–ãĨけられるもぎではãĒく、æ–Ĩ力やåŧ•åŠ›ã‚’įžį‰Šã¨ã—ãĻ提į¤ēできãĒã„ã“ã¨ã¨åŒã˜ã ã¨č¨€ãˆã‚‹ãŽã§ã¯ãĒいだろうかīŧŸ

 そしãĻįŦŦäēŒãŽį†į”ąã€‚

 

 力å­ĻãĢåŧžæ€§åŠ›ãŒã‚り、化å­ĻãĢはčĻĒ和力があるが、たとえ元į´ ã‚’分č§ŖしãĻも、これらぎ力を原験することはできãĒい。č§Ŗ剖å­Ļįš„ãĢ原験できãĒいことは、ことさら不刊ãĒč¨ŧ拠ではãĒい。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 įĩŒé¨“į§‘å­Ļįš„æŽĸįŠļがį„Ąå‰æãĢé€˛čĄŒã§ããĒいäģĨ上、įĩŒé¨“į§‘å­Ļįš„æŽĸįŠļãĢよãŖãĻはčĒŦ明できãĒいãĒんらかぎ前提が掋る、というäē‹æ…‹ãĢ寞åŋœã—ãĻいる。しかしこうしたäē‹æ…‹ã¯ã€ã‚らゆるįĩŒé¨“į§‘å­ĻãĢおいãĻį”Ÿã˜ã‚‹äģĨ上、æœŦæĨここでも抟æĸ°čĢ–とį”Ÿæ°—čĢ–ぎ寞įĢ‹å›ŗåŧã¯æˆįĢ‹ã—ãĻはいãĒい。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 つぞるところ、逆ãĢį”Ÿå‘ŊをčĒžã‚‹ãŽãĢ抟æĸ°čĢ–ぎįĢ‹å ´ã‚’č˛Ģ垚しようとしãĻも旊晊čĒŦ明不可čƒŊãĒポイãƒŗトãĢč‡ŗるぎであり、そこでéģ™ã‚‹ã‹ã€ãã“から先はį”Ÿæ°—čĢ–įš„ãĒ比喊čĒžã‚Šã‚’受け厚れるしかãĒくãĒã‚‹ãŽã§ã‚ã‚‹ã€‚ã‚°ãƒ­ãƒ‡ãƒƒã‚¯ãŽč›Žå‹‡ã¯ã„ã‚ã°åŋ…į„ļであãŖた。

 これãĢéŧ“čˆžã•ã‚Œã¤ã¤ã€ã•ã‚‰ãĢč€ƒå¯Ÿã‚’é€˛ã‚ã‚ˆã†ã€‚ã‚ˆã†ã‚„ããƒ’ã‚šãƒ†ãƒĒãƒŧをé›ĸれ、æŦĄãŽįĢ ã§æ‰ąã†ãŽã¯ã€ŒãƒãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト」およãŗ「憑䞝įžčąĄã€ã§ã‚る。

 

 

5.å°žå´ŽčąŠã¨ãƒãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト

 

 

a.下åĨŗæˆĻč¨˜â€•â€•ã€Œæą čĸ‹ãŽåĨŗ」とäē•ä¸Šå††äē†

 

ã€€æąŸæˆ¸æœĢ期ãĢã€Œæą čĸ‹ãŽåĨŗ」とå‘ŧばれるäŋ—äŋĄãŒã‚ãŖãŸã€‚ã“ã‚Œã¯æą čĸ‹å‡ēčēĢぎ下åĨŗを雇ãŖたåŽļではさぞざぞãĒæ€Ēį•°ãŒčĩˇã“るというもぎであるīŧˆä¸‹åĨŗīŧåŽļäē‹é›‘äē‹ã‚’させるためãĢ雇ãŖたåĨŗ性。åĨŗ中と同įžŠīŧ‰ã€‚

 å‡ē典としãĻã¯æ šå˛¸éŽŽčĄ›ã€Žč€ŗčĸ‹ã€ãŒæœ€ã‚‚古く、それãĢã‚ˆã‚Œã°ã€æ šå˛¸ãŒčŠ•åŽšæ‰€īŧˆįžåœ¨ãŽæœ€éĢ˜čŖåˆ¤æ‰€ãĢ芲åŊ“īŧ‰ãĢ勤めãĻいた頃、同僚であãŖた大įĢšæ „č”ĩãĒる書åŊšãŽįˆļčĻĒぎäģŖãĢã€åą‹æ•ˇãŽåą‹æ šãĢ大きãĒįŸŗがčŊãĄãĻきたり、čŒļįĸ—が勝手ãĢ長æŠŧīŧˆãĒげしīŧ‰ã‚’čļŠãˆãĻéšŖãŽéƒ¨åą‹ãĢéŖ›ã‚“でいãŖたり、台所ぎåē­ã§įąŗをついたところį›Žã‚’é›ĸしたすきãĢåē§æ•ˇãŽåē­ãžã§å‹•ã„ãĻいたり、夊上から騒がしいéŸŗするがčĒŋずãĻもäŊ•č€…もおらず、čĒŋãšãŸč€…ãŽéĄ”ãŒį…¤ã ã‚‰ã‘ãĢãĒãŖたりと、さぞざぞãĒæ€Ēį•°ãŒčĩˇã“ãŖたという。

 

厎崎é§ŋį›ŖįŖ『とãĒりぎトトロ』

 

 そこでįĨžä¸ģã‚„åąąäŧãĢåŠŠã‘ã‚’æą‚ã‚č‰˛ã€…ã¨įĨˆįĨˇãĒおしたが、いãŖこうãĢ鎎ぞる気配がãĒãã€ã‚ã‚‹č€äēēが「もしかしãĻæą čĸ‹æą å°ģあたりぎåĨŗをåŦäŊŋãŖãĻはいãĒいかīŧŸã€ã¨å°‹ã­ã‚‹ãŽã§ä¸‹åĨŗãĢå‡ēčēĢã‚’å°‹ã­ãŸã¨ã“ã‚ã€æĄˆãŽåŽšæą å°ģæ‘ãŽč€…ã§ã‚ãŖた。そこでさãŖそく暇をå‡ēすと、æ€Ēį•°ã¯ã´ãŸã‚Šã¨æ­ĸんだという。

 åŊ“時はこうしたäē‹äģļãŒã‚ãĄã“ãĄã§čĩˇãã‚‹ã¨ã•ã‚Œã€å›Ŋ文å­Ļč€…ãŽéˆ´æœ¨æŖ ä¸‰ã¯ã€Œį”ˇã‚ˆã‚ŠåĨŗãĢįĨŸã‚‹æą čĸ‹ã€ã¨ã„ã†ããŽé ƒãŽåˇæŸŗをį´šäģ‹ã—ãĻいるīŧˆåšŗå‡Ąį¤žæąæ´‹æ–‡åēĢį‰ˆã€Žč€ŗčĸ‹ã€č„šæŗ¨īŧ‰ã€‚ぞた厎į”°į™ģも『åĻ–æ€Ēぎ民äŋ—å­Ļ』ぎãĒかで、「下åĨŗãŒéƒ¨åą‹æŒ¯å‹•ã“ã„ã¤æą čĸ‹ã€ã¨ã„う、ãĒãĢやらč­Ļ察ポ゚ã‚ŋãƒŧãŋたいãĒノãƒĒãŽåˇæŸŗをåŧ•į”¨ã—ãĻいる。

 

 これは原際ãĢあãŖãŸčŠąã ã‚ã†ã‹ã€‚å°‘ã—æ°—ãĢãĒるぎは『č€ŗčĸ‹ã€ãŽæŒŋčŠąãŽãĒã‹ã§ã€æ šå˛¸ã‹ã‚‰ãŋãĻ大įĢšæ „č”ĩぎįˆļがいわゆる「友達ぎ友達」――ジãƒŖãƒŗãƒģハロãƒĢドãƒģブãƒĢãƒŗãƒ´ã‚Ąãƒŗが「典型įš„ãĒéƒŊ市äŧčĒŦぎčĒžã‚Šæ‰‹ã€ã¨æŒ‡æ‘˜ã—たフりã‚ĸフ(friend of a friend)ãĢį›¸åŊ“することだ。したがãŖãĻ、もしã‚ŋã‚¤ãƒ ãƒžã‚ˇãƒŗで大įĢšæ „č”ĩãĢčŠąã‚’čžãã¨ã€Œã„ã‚„ã‚ã‚Œã¯įˆļではãĒくįˆļぎ友äēē某ãĢčĩˇã“ãŖたことだ」という可čƒŊ性がある。æŦĄãĢ栄č”ĩぎįˆļãĢäŧšã„ãĢã‚†ãã¨ã€ã€ŒããŽčŠąã¯å‹äēē某ではãĒく、そぎ兄ãĢčĩˇã“ãŖたことだ」というようãĒâ€Ļâ€Ļ

 だが『č€ŗčĸ‹ã€ãŽčŠąããŽã‚‚ぎはともかくとしãĻも、これãĢéĄžã™ã‚‹äē‹äģļぎ少ãĒからずは原際ãĢčĩˇã“ãŖたことである。というぎも明æ˛ģ期ãĢãĒり、「お化け博åŖĢ」としãĻįŸĨられãĻã„ãŸå“˛å­Ļ館īŧˆįžãƒģæąæ´‹å¤§å­Ļīŧ‰å‰ĩįĢ‹č€…ぎäē•ä¸Šå††äē†ã‚’はじめ、č­Ļå¯Ÿã‚„æ–°čžč¨˜č€…ãĒおãĢよる原地čĒŋæŸģãŽč¨˜éŒ˛ãŒåšžã¤ã‚‚æŽ‹ã•ã‚ŒãĻいるからだ。

 

äē•ä¸Šå††äē†(1858-1919)


 čĒŋæŸģやčŗ‡æ–™æ¤œč¨ŽãŽįĩæžœã€å††äē†ãŽå‡ēしたįĩčĢ–はきわめãĻå¸¸č­˜įš„ãĒもぎであãŖた。

 

 äē•ä¸Šã¯ä¸‹åĨŗが故意ãĢįŸŗを投げたり、čŒļįĸ—ãĒおをįŠē中ãĢ攞り上げたりするとįĩčĢ–ãĨけãĻいる。こうした下åĨŗはį”°čˆŽã‹ã‚‰å‡ēãĻきãĻį”ēでį”Ÿæ´ģしãĻいる。とくãĢいろいろとæŦ˛æą‚不æē€ãŒãŸãžã‚‹é›‡äēēぎį”Ÿæ´ģを送ãŖãĻいるぎである。そぎãƒĒã‚ĸã‚¯ã‚ˇãƒ§ãƒŗとしãĻæ‚Ē戯をしたぎではãĒいか、とæƒŗ像されãĻいる。
 īŧˆåŽŽį”°į™ģ『åĻ–æ€Ēぎ民äŋ—å­Ļ』īŧ‰

 

 じãŖさい、åŊ“時ぎポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト騒動では青æŖŽãƒģäēŦéƒŊãƒģéšŋ児åŗļãĒおぎ各地で下åĨŗがįŠ¯äēēとしãĻæ•ãžã‚‹ã¨ã„ã†éĄ›æœĢが多かãŖたīŧˆã¨ã“ろで、全å›ŊãĢごåŊ“地į‰ˆãŽã€Œæą čĸ‹ã€ãŒã‚ãŖたぎではãĒいかとæƒŗ像したくãĒるīŧ‰ã€‚

 たとえば円äē†ãŒæ˜Žæ˛ģäēŒåäē”åš´ãĢč‡ĒらčĒŋæŸģした、é§ŋæ˛ŗ台īŧˆåŊ“時はæ­ĻåŽļåą‹æ•ˇãŒåģēãĄä¸Ļんでいたīŧ‰čĨŋį´…æĸ…į”ēäē”į•Ē地ぎ䚅äŋæ¸…åŗčĄ›é–€ãŽåŽļでは、

 

 そぎ嚴ぎ十一月å…Ģæ—Ĩぎ夜から、䚅äŋåŽļぎå…ĨりåŖãĢæĄˆå†…ã‚’äšžã†åŖ°ãŒã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖた。čĒ°ãŒæĨたぎかと思いįŽ„é–ĸãĢå‡ēãĻãŋるとčĒ°ã‚‚いãĒい。こんãĒことが数æ—ĨつãĨく。čĒ°ã‹ãŽã„たずらと思い、そぎぞぞãĢしãĻいたが、やがãĻįŸŗやį ‚刊がåŽļぎãĒかãĢ投げčžŧぞれるようãĢãĒãŖた。
 īŧˆæžåąąåˇŒã€Žã†ã‚ã•ãŽé čŋ‘æŗ•ã€īŧ‰

 

 というäē‹äģļがčĩˇãã‚‹ã€‚やがãĻ「įĨžį”°é€Ŗ雀į”ēぎį¨˛čˇã€ã¨åäš—ã‚‹į‹ãŒé€Ŗæ—Ĩč¨ĒれるようãĢãĒり、障子ごしãĢäŧščŠąã‚’したり、小さãĒãŠč“å­ã‚’ãã‚ŒãŸã‚Šã€ä¸‰å‘ŗįˇšãĢあわせãĻīŧˆå§ŋはčĻ‹ã›ãšãĢīŧ‰č¸ŠãŖたり、æœĒæĨや吉å‡ļを占ãŖたりするようãĢãĒãŖた。
 円äē†ã¯ã“ぎåŽļを三åēĻč¨Ēれ、

 

 ãƒģį‹ãŒããŽåŽļãĢしかįžã‚ŒãĒいこと

 ãƒģį‹ã¨ä¸‹åĨŗが同時ãĢčŠąã•ãĒいこと

 ãƒģį‹ãŽč¨€č‘‰ãĢæąäēŦ下į”ēãŽč¨›ã‚ŠãŒã‚ã‚‹ã“ã¨

 ãƒģįĨžãĢしãĻは三å‘ŗįˇšãĢあわせãĻč¸Šã‚‹ãĒお下品ãĒこと

 ãƒģ占いãĢしãĻも下åĨŗがįŸĨりうるį¨‹åēĻぎį°Ąå˜ãĒことばかりであること

 ãƒģ鎨ãĒおを䞛えるとすずãĻéŖŸãšãĻしぞうこと

 

 į­‰ã€…から「æ­ŖäŊ“は下åĨŗぎしわざである」と推į†ã—た。
 そしãĻ「čĒ­åŖ˛æ–°čžã€ãĢį™ēčĄ¨ã•ã‚ŒãŸããŽæŽ¨į†ãĢもとãĨき、åˆĨãŽč€…ãŒäš…äŋåŽļぎ台所ぎæŠŧå…ĨれãĢäēēをåŋã°ã›ã€ä¸‹åĨŗぎお金ぎäģ•æĨ­ã§ã‚ることをįĒãæ­ĸめた。

 

 お金は、おåĸ—という嚴上ぎåĨŗ性ãĢ、į‹ãŽčŠąãŒäŧã‚ã‚‹ã¨äŋĄč€…ã‚‚åĸ—え、いずれčŗŊéŠ­ã‚‚ä¸ŠãŒã‚Šã€å„˛ã‹ã‚‹ã‹ã‚‰ã¨åŖčĒŦかれたぎだとč‡Ē䞛した。 
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 そんãĒã‚ã‘ã§ã€Œæą čĸ‹ãŽåĨŗ」įŗģãŽčŠąã¯ãģãŧ下åĨŗしわざであãŖたと判断せざるを垗ãĒいぎだが、それを故意ãĢやãŖたと取るかおうかãĢはį–‘問がある。

 というぎも、たとえば同じįžčĄŒįŠ¯é€Žæ•ãĢしãĻもæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒäē‹äž‹ã¯äŊ•ã‚’意å‘ŗするぎか。これは大æ­Ŗ時äģŖぎéšŋ児åŗļでčĩˇããŸäē‹äž‹ã ã€‚

 

 市内永į”°į”ēåąąä¸‹č™Žäš‹åŠŠæ°ãŽåŽļã§ä¸æ€č­°ãĒå‡ēæĨäē‹ãŒį›¸æŦĄã„でčĩˇã“ãŖãŸã€‚ãĄã‚‡ã†ãŠæ˜Ĩぎæ—Ĩぎ吚くéĸ¨ã‚‚ãĒぞãŦるく、äēēぎ気も変ãĢãĒろうとするįœŸãŖæ˜ŧ間ぎこと、æœēぎ上ぎįĩĩå…ˇãŒã‚šãƒŧッとæļˆãˆãĻäē•æˆ¸ãŽãĒかãĢčĄ€ãŽã”ã¨ãæēļけãĻしぞãŖた。そしãĻ化į˛§į“ļãŒã˛ã¨ã‚Šã§ãĢčĩ°ã‚Šã ã—、ハッと思うと大きãĒįŸŗがã‚ŗロã‚ŗロとåē§æ•ˇãĢころがりčžŧんできたという。
 åŽļæ—ã¯ã¨ã†ã¨ã†ã„ãŸãŸãžã‚Œãšå†ˇæ°´į”ēへį§ģčģĸしãĻ、やれやれと厉åŋƒã—ãĻ胸æ’Ģで下ろし、そぎæ—Ĩばかりはäē‹ã‚‚ãĒく過ぎた。čŋ‘éšŖぎäēēもそぎåŽļåą‹æ•ˇãĢäŊ•ã‹ãŽå› į¸ãŒã‚ãŖたぎだろうと噂しãĻいた。ところがįŋŒæ—ĨãĢãĒると金魚é‰ĸから金魚が一匚å§ŋをæļˆã—た。さらãĢæŦĄãŽæ—Ĩ、下駄が一čļŗおこかへæļˆãˆãĻしぞãŖた。そぎぞたįŋŒæ—Ĩ、朝からčŒļį›†å¤§ãŽå¤§ããĒįŸŗがį¸å´ãĢã‚ŗロã‚ŗロとčŊãĄã€į ‚がバナバナと障子ãĢåŊ“たり、雨戸がã‚Ŧã‚ŋãƒĒと開きįŸŗがéŖ›ãŗčžŧむというį‰Šé¨’さ。
 īŧˆåŽŽį”°į™ģ『åĻ–æ€Ēぎ民äŋ—å­Ļ』īŧ‰

 

 だがこぎäē‹äģļも、ツãƒĢåĨŗという下åĨŗぎしわざであることがį™ēčĻšã™ã‚‹ã€‚å•éĄŒã¯ããŽæ™‚ãŽæ§˜å­ã ã€‚

 

 čĻ‹åŧĩã‚ŠãŽåˇĄæŸģがį›Žã‚’įšŋぎごとくãĢしãĻčĻ‹ã¤ã‚ãĻいると、įĒåĻ‚ツãƒĢåĨŗぎåŊĸį›¸ãŒå¤‰ãŖた。čĩ¤éģ’ã„ãĄãĸれ毛を逆įĢ‹ãĻ、į›Žã¯į•°æ§˜ãĢčŧãã€ã‚たかも一寸ばかりもéŖ›ãŗå‡ēしたようで、åŖをきりりとįĩã‚“でåē­ãŽį‰‡éš…ãĢčĄŒãã€éŖ›éŗĨぎようãĢį ‚ã‚’æ‘‘ã‚€ã‚„åą‹å†…į›ŽãŒã‘ãĻバナバナと投げčžŧんだという。そしãĻã€ã‚ã¨ã¯ã‚ąãƒ­ãƒĒとしãĻį ´éĄ”一įŦ‘。č–ŦįŊã‚’さげãĻ台所ãĢå…ĨãŖãĻくる。そしãĻ、そこãĢ揃えãĻあãŖãŸåˇĄæŸģãŽčĄ¨äģ˜ããŽä¸‹é§„ã‚’ãƒ’ãƒ§ãƒƒã¨æ‘‘ã‚“ã ã¨ããŽéĄ”ã¤ããŽã‚‚ãŽã™ã”ã•ãĢã€ã•ã™ãŒãŽåˇĄæŸģもゞッとčēĢぎ毛がįĢ‹ãŖたという。
 īŧˆäē•ä¸Šå††äē†ã€ŽãŠã°ã‘ぎæ­ŖäŊ“』īŧ‰

 

https://matcha-jp.com/jp/7181

 

ã€€ã€Œã•ã™ãŒãŽåˇĄæŸģã€ã¨ã„ã†ãŒå°‘ã€…ããŽåˇĄæŸģは小åŋƒč€…だãŖたぎではãĒかろうか。あるいは円äē†ãĢよるčĒ‡åŧĩがあるぎかもįŸĨれãĒいが、とãĢかくåĨŗがåšŗ常ぎ態åēĻではãĒかãŖたことがäŧēえる。
 だが故意でãĒいとしたらäŊ•ãĒぎかīŧŸã€€ããŽįžŦ間ãĢãģんとうãĢäŊ•ã‹ãŒå–り憑いたぎだろうかīŧŸ

 

b.霊įš„äšžé›ģæą 

 

 äē•ä¸Šå††äē†ã¯ã€Œã“ぎéšŋ児åŗļぎå‡ēæĨäē‹ã¯ä¸€į¨ŽãŽį™ēį‹‚įš„ãĢåąžã™ã‚‹ã‚‚ãŽã§ã‚ã‚‹ã€ã¨ã—ã€ã€ŒæŠ•įŸŗį‹‚」と名äģ˜ã‘た。


 こぎことでæƒŗčĩˇã•ã‚Œã‚‹ãŽã¯ã€DSMãĢ扚判įš„ãĒ意čĻ‹ã¨ã—ãĻしばしば「DSMはãĒんでもかんでもį˛žįĨžį–žæ‚ŖãĢしãĻしぞう」という指摘があることだ。「子䞛が逆上がりがå‡ēæĨãĒいãĒらば、åŋ…čĻãĒぎは"į™ē達性協čĒŋ運動障åŽŗ"といãŖたč¨ē断とãƒĒã‚ŋãƒĒãƒŗやプロã‚ļックぎ投č–ŦではãĒく、遊切ãĒäŊ“č‚˛æŒ‡å°ŽãĒぎではãĒいかīŧŸã€äē‘々。
 ぞた20世į´€æœĢãĢãĒãŖãĻį˛žįĨžį—…į†ãŽé–žå€¤ãŒããŖと下がり、それぞでį—…į†ã¨čĻ‹åšã•ã‚ŒãĒかãŖたもぎがæŦĄã€…とį—…į†ãŽäģ˛é–“å…Ĩりを果たしたぎは、åŋƒį†å­Ļįš„ã‚ĩãƒŧビ゚が中į”Ŗ階į´šãŽæ°—晴らし化したこと、それãĢともãĒうåŋƒį†åŖĢãƒģã‚Ŋãƒŧã‚ˇãƒŖãƒĢワãƒŧã‚Ģãƒŧã¨ãŽéĄ§åŽĸį˛åž—įĢļäē‰ãĢおけるį˛žįĨžį§‘åŒģぎ思惑がある、とエドワãƒŧドãƒģã‚ˇãƒ§ãƒŧã‚ŋãƒŧは『į˛žįĨžåŒģå­ĻãŽæ­´å˛ã€ãŽãĒかで指摘しãĻいる。つぞり゚トãƒŦã‚šã‚„į”Ÿæ´ģå•éĄŒã€ã‹ã¤ãĻはį—…į†ã¨ãžã§ã¯čĻ‹åšã•ã‚ŒãĒかãŖたäēēé–“čĄŒå‹•į­‰ã‚’できるかぎりį—…į†ã¨å†åŽšįžŠã™ã‚‹ã“とãĢよãŖãĻ、į˛žįĨžį§‘åŒģはã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグ市場ãĢ参å…Ĩできるぎである。たとえばトムãƒģã‚Ŋãƒŧヤãƒŧįš„ãĒį†ąä¸­ã¯ã‹ã¤ãĻはč‹Ĩč€…ãŽč‡Ēį„ļãĒæ°—æŒãĄã¨čĻ‹åšã•ã‚ŒãĻいたが、įžåœ¨ã§ã¯å¤šå‹•ã ã¨ã‹æŗ¨æ„æŦ é™Ĩ障åŽŗとčĻ‹åšã•ã‚Œã‹ã­ãĒい。

 

 äē•ä¸Šå††äē†ãŽã€ŒæŠ•įŸŗį‹‚」は嚞分「とりあえずį—…名つけとけ」といãŖãŸå°čąĄã‚’åĻめãĒいが、æœŦį¨ŋぎčĢ–旨をここぞでčŋŊãŖãĻきたčĒ­č€…ãĒらåˆĨぎ"čĒ­ãŋ"も可čƒŊであろう。

 つぞりもぎを投げる、隠す、æ€ĒéŸŗをįĢ‹ãĻるį­‰ã€…といãŖたポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トįš„ã€ŒčĄ¨å‡ē」もぞた、ピテãƒĒãƒŧぎį—‡äž‹ã§čĻ‹ãĻããŸãŽã¨åŒæ§˜ãŽã€čĄŒãčŠ°ãžãŖたįŠļæŗã‹ã‚‰ãŽæ’¤é€€æˆĻ術ãĒぎではãĒいか、そしãĻそれをさせãĻいるぎは、グロデックぎ〈エ゚〉ぎようãĒ内ãĒるåˆĨぎä¸ģäŊ“ãĒぎではãĒいか、ということだ。

 ぞたツãƒĢåĨŗãŽã€Œã‚ã¨ã¯ã‚ąãƒ­ãƒĒとしãĻį ´éĄ”一įŦ‘」というįŽ‡æ‰€ã‚‚čĻ‹éŽã”しãĻはãĒらãĒã„ã€‚ã¨ã„ã†ãŽã‚‚ã€ã‚ã‚ŠãŒãĄãĒことだがåŊ“時ぎ下åĨŗãŸãĄãĢ「äģŠãŽåĨ‰å…ŦãĢæē€čļŗしãĻいるか」と尋ねãĻぞわれば、「よくしãĻもらãŖãĻいるぎでæē€čļŗだ」とį­”ãˆã‚‹å‰˛åˆãŒéĢ˜ã„であろうことは厚易ãĢæƒŗ像できるからだ。
 これãĢついãĻはフりイヤãƒŧぎįĩåŠšį”Ÿæ´ģãĢ寞する指摘がわかりやすい。

 

 たとえば、åŠĻäēēãĢ寞しãĻ、įĩåŠšį”Ÿæ´ģが嚸įĻã§ã‚るかãĒいかをたずねるčĒŋæŸģがあるが、åŠĻäēēãŸãĄãŒčŗĒå•č€…ãĢ寞しãĻ、嚸įĻã ã¨į­”えるé ģåēĻがéĢ˜ã„ぎである。ä¸ģ題įĩąčĻšãƒ†ã‚šãƒˆīŧˆåŽ‰į”°č¨ģīŧšč¤‡æ•°ãŽįĩĩをį”¨ã„čĸĢ験者ãĢį‰ŠčĒžã‚Šã‚’äŊœã‚‰ã›ã‚‹æŠ•åŊąæŗ•ãŽä¸€ã¤ã€‚1935åš´ãĢヘãƒŗãƒĒãƒŧãƒģマãƒŦãƒŧらãĢよãŖãĻį™ēčĄ¨ã•ã‚ŒãŸīŧ‰ãŽã‚ˆã†ãĢ、より垎åĻ™ãĒæ–šæŗ•ãŒį”¨ã„られる場合ãĢは、抑圧された不æē€ã‚„、æ”ģ撃įš„čĄå‹•ãŒå¤šãã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒį¤ēされる。ãĢもかかわらず、åŠĻäēēは、つねãĢ嚸įĻãĢįĩåŠšã—ãĻいるぎだとãŋせかけるずきだというčĻį¯„ãĢしたがãŖãĻいるぎである。そしãĻ、原際ãĢ、かれらは嚸įĻãĢįĩåŠšã—ãĻいると思いčžŧんでいるぎだ。しかし、åŖé ­ãŽå ąå‘ŠãŽįœŸåŊは、パãƒŧ゚ナãƒĒテã‚ŖãŽã‚ˆã‚Šã‹ãã•ã‚ŒãŸåą¤ã‚’į…§å°„するåŋƒį†å­Ļįš„čĒŋæŸģぎ手æŽĩãĢよãŖãĻ、たしかめられãĒければãĒらãĒい。
 īŧˆL.S.フりイヤãƒŧ『į˛žįĨžåˆ†æžã¨å€Ģį†ã€īŧ‰

 

ã€€ã€Œæ„č­˜ã¯čĻį¯„を内éĸ化する」という意å‘ŗãĢおいãĻã€æ„č­˜ã“ãč‡Ēらであるという単į´”ãĒ態åēĻをčŋ‘äģŖäēēはもはや取ることはå‡ēæĨãĒい。これはフロイトぎčļ…č‡Ē我æĻ‚åŋĩãĢかぎらず、デãƒĨãƒĢã‚ąãƒ ã‚„G.H.ミãƒŧド、パãƒŧã‚Ŋãƒŗã‚ē、バãƒŧã‚Ŧãƒŧīŧ†ãƒĢックマãƒŗį­‰ãĢよãŖãĻįš°ã‚Ščŋ”し指摘されãĻきたことである。

 そもそもčĻį¯„とは一厚期間持įļšã—æŠŊčąĄåŒ–ã•ã‚ŒãŸį¤žäŧšæ¨ŠåŠ›ãĢäģ–ãĒらãĒい。それãĢ逆らãŖãĻはį”ŸããĻゆけãĒã„ãŒéšˇåž“ã•ã›ã‚‰ã‚ŒãĻいるとčĒã‚ã‚‹ãŽã¯åąˆčžąãĒぎで、あたかもそれをč‡Ēら望んでいるかぎようãĢæŒ¯ã‚‹čˆžã†ã†ãˆãĢé€˛ã‚“ã§äŋĄã˜ã•ãˆã‚‚する。それが「内éĸ化」である。

 

8 men stand in front of this Ceiba or kapok tree, Slavery in Belize

 

 したがãŖãĻ「反抗しãĻも勝ãĻãŖこãĒい」とか「よりįĢ‹å ´ãŒč‹ĻしくãĒるだけだ」といãŖた力é–ĸäŋ‚ã‚„ã€ã€Œčˇã‚’å¤ąãŖたらéŖŸãšãĻčĄŒã‘ãĒい」といãŖたį”Ÿå­˜ãŽå•éĄŒã€ãžãŸįĩåŠšã§ã‚れば「こぎįĩåŠšãŒéŽãĄã ãŖたとčĒã‚ãŸããĒい」といãŖた名čĒ‰ãŽå•éĄŒãŒæ šåē•ãĢあるぎであり、そぎおうãĢもãĒらãĒさからč‡Ē尊åŋƒã‚’厈ãŖãĻいるぎが「内éĸ化」であるäģĨ上、äģ–äēēぎ「内éĸ化」を指摘するとたいãĻいブチゎãƒŦられることãĢãĒりįĩļ寞ãĢやめたãģうがいい。

ã€€ã¨ã‚‚ã‚ã‚Œã€æ„č­˜ã¯ä¸ģäŊ“ã‚’æŦēく。それゆえãĢここでは投įŸŗする〈エ゚〉ぎãģうがむしろ抑圧されたæœŦéŸŗをäģŖčĄŒã—ãĻいる。だからこそäē‹ãŒã™ã‚ã°ã€Œã‚ąãƒ­ãƒĒ」と、ãĩたたãŗæ„č­˜ãŒįĩąåˆļを取りæˆģすぎである。

 さãĻãã†ã“ã†ã™ã‚‹ã†ãĄãĢ下åĨŗは、äē‹ãŒéœ˛å‘ˆã™ã‚‹ãĢしろしãĒいãĢしろįĩæžœã¨ã—ãĻ暇をå‡ēされることãĢãĒã‚ŠãŒãĄã ã€‚ãŠãã‚‰ãå¤šããŽã‚ąãƒŧã‚šã§ã¯å‘¨å›˛ã‚‚ãĒんとãĒく察しがついãĻいるぎではãĒいだろうか。「ぞあãĒんか霊かį‹ã‹ã‚¤ã‚ŋã‚ēナかよくわからんけお、あいつãĢ暇をå‡ēせばたãļん収ぞるんじゃãĒいかãĒ」というようãĢ。

 

 į›Žã‚’čĨŋãĢčģĸじãĻãŋよう。
 ã‚ŗãƒĒãƒŗãƒģã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚Ŋãƒŗぎ『ポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト』は、äē›ã‹č‘—者ãĢビジネ゚ビãƒĒãƒŧバãƒŧぎį–‘ã„ãŒã‚ã‚‹ã¨ã¯ã„ãˆã€čąŠå¯ŒãĒäē‹äž‹ã‚„å…ˆäēēぎ思į´ĸをčŠŗį´°ãĢč¨˜ã—ãŸå¤§č‘—ã§ä¸€čĒ­ãŽäžĄå€¤ãŒã‚る。
 たとえば同書ぎ冒頭で、少嚴少åĨŗがčĩˇã“すさぞざぞãĒ「čļ…čƒŊ力」とも取れるようãĒįžčąĄãŒåˆ—挙されãĻいるが、それらはぞるで、æœŦį¨ŋぎ冒頭ãĢåŧ•ã„たエテã‚ŖエãƒŗヌãƒģトãƒĒヤぎ「ピテãƒĒãƒŧがåĸ“å ´ãĢé€ŖれãĻいãŖた数々ぎčŦŽã€ãŽãƒĒフãƒŦイãƒŗであるかぎようである。

 

 思æ˜Ĩ期ãĢピテãƒĒãƒŧ性ぎį—‡įŠļをあらわした一äēēぎ少åĨŗã¯ã€æ‰‹ã§č‰˛ã‚’æ­Ŗã—ãč­˜åˆĨã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããŸã€‚čƒŒä¸­ãĢå‚ˇã‚’č˛ ãŖた十一æ­ŗãŽå°‘åš´ã¯ã€ã˛ã˜ã§čžãã“ã¨ãŒã§ããŸã€‚åˆĨぎ思æ˜Ĩ期ぎ少åĨŗは、į›Žã‚’包帯でčĻ†ã†ã¨ãŠãĒかでæœŦをčĒ­ã‚€ã“とができた。åˆĨぎピテãƒĒãƒŧį—‡ãŽåĨŗ性はį›ŽãŒXįˇščƒŊ力をもつようãĢãĒり、č‡Ēåˆ†ãŽč…¸ãĢč™ĢがčĻ‹ãˆã‚‹ã¨č¨€ãŖた――原際ãĢč™Ģぎ数を数えãĻä¸‰åä¸‰åŒšã„ã‚‹ã¨č¨€ãŖた。やがãĻぴãŖたりこれだけぎ数ぎč™Ģを排æŗ„した。ピテãƒĒãƒŧį™ēäŊœã‚’æ‚Ŗうč‹Ĩいį”ˇæ€§ã¯äēēぎåŋƒã‚’čĒ­ã‚€ã“とができ、į›Žã‚’かたく包帯でčĻ†ãŖãĻį´™ãĢかかれたįĩĩã‚„č¨€č‘‰ã‚’å†įžã§ããŸã€‚
 īŧˆã‚ŗãƒĒãƒŗãƒģã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚Ŋãƒŗ『ポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト』īŧ‰

 

 ピテãƒĒãƒŧīŧã€€ãƒ’゚テãƒĒãƒŧīŧã€€ãƒ’゚テãƒĒãƒŧīŧã€€ãƒãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トãĢčŠąã‚’į§ģčĄŒã•ã›ãŸã¤ã‚‚ã‚Šã ãŖたが、おうやらこぎテãƒŧマãĢはおこぞでもピテãƒĒãƒŧがäģ˜ãįēã†ã‚ˆã†ã§ã‚る。

 ポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トあるところãĢå°‘åš´å°‘åĨŗあり、ということはポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トはエネãƒĢã‚Žãƒŧぎ䞛įĩĻæēã‚’åŋ…čĻã¨ã—、åŊŧらåŊŧåĨŗらがそぎ䞛įĩĻæēã¨ãĒãŖãĻいるぎではãĒいかというぎがã‚ŗãƒĒãƒŗãƒģã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚Ŋãƒŗぎ中åŋƒã¨ãĒるčĢ–į‚šãŽä¸€ã¤ã§ã‚る。

 

The Bizarre Case of the Electric Poltergeist Girl

 

 ぞたã‚ŗãƒĒãƒŗãƒģã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚Ŋãƒŗはäģ–ãĢもéĸį™Ŋい指摘をしãĻいる。åŊŧãĢよれば、そもそもčĨŋæŦ§ãĢおけるåšŊ霊įžčąĄ(haunting)は通常、かãĒã‚ŠãŽé•ˇæœŸé–“ã€ã¨ããĢは数世į´€ãĢわたãŖãĻ多くぎäēēぎ前ãĢå§ŋをčĻ‹ã›ã‚‹ã€‚しかるãĢポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト(poltergeist)は、器į‰Šã‚’åŖŠã—たりãĒおたいへん騒がしいくせãĢそぎæ´ģ動期間は六ãƒļ月をčļŠã™ã“とはぞれであるというぎだ。ãĒるãģお、įĸēかãĢį›¸åŊ“ãĢį›ŽįĢ‹ãĄãŸãŒã‚ŠãĒわりãĢは栚気ãĢæŦ ã‘るぎである。ポãƒĢさんは。

 

é’åąąå‰›æ˜Œã€ŽåæŽĸåĩã‚ŗナãƒŗ』

 

 さらãĢã‚ŗãƒĒãƒŗãƒģã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚Ŋãƒŗは「䞛įĩĻæēã¨ãĒるäēēはįĨžįĩŒįš„ãĢ不厉厚ãĒå ´åˆãŒå¤šã„ã€ã¨ã‹ã€ŒåŽŸå› ã¨æ€ã‚ã‚Œã‚‹č€…ãĢ暇をå‡ēすとそぎ間はポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トįžčąĄãŒåŽãžã‚‹ã€ã¨ã„ãŖたこともæ‰ŋįŸĨしãĻおり、æ­Ŗį›´ã€Œãã“ぞで気äģ˜ã„ãĻるぎãĢãĒんでイã‚ŋã‚ēナだと思わãĒいんだ」と少々そぎå§ŋå‹ĸがį–‘わしくãĒãŖãĻくる。

 ãĒおポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トįžčąĄãŽå‘¨å›˛ãĢはかãĒらずéĩとãĒるäēēį‰ŠãŒã„ãĻ、ぞあぞあぎįĸēįŽ‡ã§ã€Œč‹Ĩい」「åĨŗ性」であり、ぞたįĨžįĩŒį—‡ã‚„ピテãƒĒãƒŧをæ‚ŖãŖãĻいるというčĻŗ察は、古くはハãƒĒãƒŧãƒģプナイ゚というåŋƒéœŠį ”įŠļãŽå¤§åžĄæ‰€ãŒæå”ąã—ãĻいる。ピãƒŧã‚ŋãƒŧãƒģヘイニãƒŗグãĢよれば、

 

 į•ĸįĢŸãƒãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トは、「æĩŽã‹ã‚Œé¨’ぐį˛žã€ã¨ã—ãĻįŸĨられるようãĢãĒãŖãĻおり、そぎ十中å…Ģ䚝ãĢ思æ˜Ĩ期ぎ子īŧˆå°‘嚴か少åĨŗīŧ‰ãŒã‹ã‚‰ã‚“でいる。そしãĻむずãĒるかãĒ、こういうつãĒがりがあるせいで、かãĒりぎポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧã‚¤ã‚šãƒˆãŽčŠąãŒã€č‹Ĩč€…ãŽį§˜å¯†ãŽæ´ģ動ということでį‰‡ãĨけられãĻしぞãŖãĻいる。ただåˆĨčĒŦもあãŖãĻ、ポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トはč‹Ĩ者į‰šæœ‰ãŽã‚¨ãƒãƒĢã‚ŽãƒŧがãĒいとæ´ģ動できãĒいぎだとか。それは、プナイ゚がさらãĢこう書いãĻいるとおりである。
 「ポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トは、į”Ÿį†å­Ļ者ãĢはいぞだãĢįŸĨられãĻいãĒいæŗ•å‰‡ãĢよãŖãĻ、į”Ÿč€…からエネãƒĢã‚Žãƒŧを抜きとることができる。そうしたį”Ÿč€…は、č‹Ĩč€…ãŽã°ã‚ã„ãŒå¤šã„ã€‚ã‚‚ãŖã¨č¨€ã†ãĒらば、ãĩつうは思æ˜Ĩ期ぎ少åĨŗで、とくãĢį˛žįĨžéšœåŽŗãĢ悊んでいることが多いīŧˆåžŒį•Ĩīŧ‰ã€
 īŧˆãƒ”ãƒŧã‚ŋãƒŧãƒģヘイニãƒŗグ『世į•ŒéœŠį•Œäŧæ‰ŋäē‹å…¸ã€ã€ã€Œã€å†…はハãƒĒãƒŧãƒģプナイ゚『イãƒŗグナãƒŗド全土ぎポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚ト』īŧ‰

 

 という。ただプナイ゚ぎ、受動įš„ãĢエネãƒĢã‚Žãƒŧを抜き取られãĻいる――いわば霊įš„äšžé›ģæą â€•â€•ã¨ã„ã†ãƒ‹ãƒĨã‚ĸãƒŗã‚šãĢはéĻ–č‚¯ã—ã‹ã­ã‚‹ã€‚ãĒぜãĒらポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トぎ霊はそもそもč‡Ēåˇąå†…ãĢあるもぎ、æœŦį¨ŋで「į„Ąæ„č­˜ã€ã‚„〈エ゚〉とå‘ŧんできたもぎかもしれãĒいからだ。
ã€€ã“ãŽå•éĄŒæ„č­˜ã‚’ã‚­ãƒŧプしつつ、æŦĄãĢ憑䞝ãĢついãĻčĻ‹ãĻãŋよう。

 

c.憑䞝というäē€čŖ‚

 

 åŒģ者ãĢかかãŖãĻもãĒおらãĒいį—…気を、一čˆŦぎäēēãŗとは《障り》ぎį—…、つぞりäŊ•ã‹ãŒéšœãŖãĻいることãĢよãŖãĻį”Ÿã˜ãŸį—…æ°—ã¨č€ƒãˆã‚‹ã€‚ã“ãŽã€ŒäŊ•ã‹ã€ã¨ã¯ã€čļ…č‡Ēį„ļįš„存在や力ぎäŊœį”¨ãĢよãŖãĻį”Ÿã˜ãŸã€ã¨ã„うことをæŧ į„ļと意å‘ŗしãĻいるãĢすぎãĒい。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 こぎ「障り」とか「もぎ」とかいãŖたæĻ‚åŋĩは、〈意å‘ŗされたもぎ〉をæŦ ã„た〈意å‘ŗするもぎ〉だけぎæĻ‚åŋĩとしãĻぎ、ãƒŦヴã‚Ŗīŧã‚šãƒˆãƒ­ãƒŧ゚ぎいう「マナ」ãĢčŋ‘いæĻ‚åŋĩとãŋることができる。民äŋ—į¤žäŧšãĢ、一時įš„ãĢではあるが意å‘ŗäŊ“įŗģぎäē€čŖ‚がį”Ÿã˜ãŸãŽã§ã‚る。「もぎ」というæĻ‚åŋĩは、そぎäē€čŖ‚ã‚’åŋœæ€Ĩå‡Ļį†ã™ã‚‹ãŸã‚ãĢį”¨ã„る、ãŋせかけぎčĒŦ明であり、į ´åŖŠã•ã‚ŒãŸæ„å‘ŗäŊ“įŗģ、čĒŦ明äŊ“įŗģぎかりそめぎįĢ‹ãĻį›´ã—である。
 īŧˆå°æžå’ŒåŊĻ『憑霊äŋĄäģ°čĢ–』īŧ‰

 

 憑霊įžčąĄãĢは「į˛žįĨžį–žæ‚Ŗぎ昔ãĒりぎį†č§Ŗぎしかた」というéĸがあることは周įŸĨである。とくãĢæ—ĨæœŦãĢおいãĻはそうした傞向がåŧˇã„。
 たとえば厎æœŦåŋ é›„ãĢよる「憑䞝įŠļæ…‹ãŽč‡¨åēŠã‚šãƒšã‚¯ãƒˆãƒŠãƒ ã€īŧˆä¸‹å›ŗīŧ‰ã€‚こぎåˇĻ側はäēŒåä¸–į´€åŠã°ãŽJãƒģãƒŦãƒŧãƒĢミットãĢよるčĒŋæŸģで、ヨãƒŧロッパではåŋƒå› ååŋœãƒ’゚テãƒĒãƒŧ及ãŗãĻんかんぎãŋが憑䞝ととれるį—‡įŠļをきたすが、æ—ĨæœŦãĢおいãĻはåŗ側ぎようãĢ、さぞざぞãĒį˛žįĨžį–žæ‚Ŗį”ąæĨぎ憑䞝į—‡įŠļがčĩˇã“る。「憑きį‰ŠãŽå›Ŋæ—ĨæœŦã€ã¨č¨€ãˆã‚‹ã‹ã‚‚ã—ã‚ŒãĒい。

 

憑䞝įŠļæ…‹ãŽč‡¨åēŠã‚šãƒšã‚¯ãƒˆãƒŠãƒ ã€‚『きつねつきぎį§‘å­Ļ』より

 

 éĢ˜æŠ‹į´ŗ吞『きつねつきぎį§‘å­Ļ』ãĢおいãĻį´šäģ‹ã•ã‚ŒãĻいるæŦĄãŽį—‡äž‹ã¯ã€ãŠãŽã‚ˆã†ãĒįŠļæŗä¸‹ã§äēēæ ŧ変į•°ã¨ã—ãĻぎ憑䞝įžčąĄãŒčĩˇã“るかをåĻ‚原ãĢį¤ēしãĻいる。䞋ãĢよãŖãĻčĻį´„しãĻčŋ°ãšã‚‹ã€‚

 

 ä¸ģåŠĻFさんはįĩåŠšã—ãĻäēŒåäē”嚴、å¤Ģと姑ぎ三äēēで暎らしãĻいるが、性æ ŧはおとãĒしく、å¤Ģや姑ãĢåŖį­”えしたこともãĒい。だがå¤Ģはé€ŖįĩĄã‚‚ãĒしãĢ帰厅しãĒいことがざらãĢあり、åŽļåē­ãŽã“とはいãŖã•ã„éĄ§ãŋãĒいäēēį‰Šã ãŖた。
 あるæ—Ĩ、įã—く旊く帰厅したå¤ĢãŒã€ŒæŽƒé™¤ãŒčĄŒãåąŠã„ãĻいãĒい」と文åĨをいãŖた。するとFさんはæ€ĨãĢč’ã€…ã—ã„åŖčĒŋãĢãĒãŖãĻ「おぞえぎようãĢできぎæ‚ĒいやつはこぎåŽļãĢ帰ãŖãĻくるãĒīŧã€ã¨æ€’éŗ´ã‚Šã€ã™ã”いåŊĸį›¸ã§ãĢらãŋつける。そしãĻ銚くå¤ĢãĢ「わたしは××īŧˆäēĄįžŠįˆļīŧ‰ã§ã‚る」と名䚗ãŖたぎである。
ã€€ããŽã†ãĄã€ŒåĢãĢ隠れãĻã‚ŗã‚Ŋã‚ŗã‚Ŋæ‚ĒいことをしãĻīŧã€ãĒおといい、手あたりしだいãĢį‰Šã‚’投げだした。
 Fさんは、įŋŒæœãĢãĒるといつもぎようãĢ朝éŖŸãŽæē–å‚™ãĒおをごくãĩつうãĢやãŖãĻおり、昨夜ぎことをčĻšãˆãĻいãĒいが、å¤ĸãĢäēĄįžŠįˆļがあらわれたようãĒ記æ†ļがうãŖすらとある。

 

 しãĻãŋればäģļぎ「投įŸŗį‹‚」ぎåĨŗãĢしãĻも、いたずらをしãĻいるときãĢはåŋƒįĨžå–Ēå¤ą-トナãƒŗã‚šįŠļ態ãĢあãŖたぎであり、ä¸ģčĻŗįš„ãĢはäŊ•č€…かãĢ取り憑かれãĻãã‚Œã‚’čĄŒãĒãŖãĻいたぎではãĒいだろうかīŧŸ
 じãŖã•ã„ã€Œæą čĸ‹ãŽåĨŗ」ãĢéĄžã™ã‚‹äē‹äž‹ã¯ã€åŊ“初はį‹ã‚„土į€ãŽįĨžãŽã—わざč§Ŗ釈されãĻいた。「įĨžį”°é€Ŗ雀į”ēぎį¨˛čˇã€ã‚„ã€Œæą čĸ‹æ‘ぎ氏įĨžã€ã¯ã€ã€Œį„Ąæ„č­˜ã€ã‚„〈エ゚〉を民間äŋĄäģ°įš„čĒžåŊ™ã§čĄ¨ã—たもぎといえる。 

 ところでさきãģお書きそãŗれたが、『č€ŗčĸ‹ã€ãĢãŠã‘ã‚‹æą čĸ‹ãŽåĨŗはじつはä¸ģäēēãĢよãŖãĻ肉äŊ“é–ĸäŋ‚ã‚’åŧˇčĻã•ã‚ŒãĻいたというã‚Ēチがつく。äģ”į´°ãĢčĻ‹ã‚‹ãģおčģĸ換性障åŽŗã¨ãŽå…ąé€šį‚šãŒčĻ‹å‡ēされるぎであるīŧˆéŽåŽģぎ性įš„čĸĢåŽŗがį™ēį—‡ãŽåŽŸå› ã¨ãĒãŖたロã‚ļãƒĒãƒŗドぎį—‡äž‹ã‚’æƒŗčĩˇã•ã‚ŒãŸã„īŧ‰ã€‚そういえばäģĨ前『クãƒŧãƒĒエãƒģジãƒŖポãƒŗã€ãŽč¨˜äē‹ã§ã€ã€Œæ‚Ē魔ãĢ取り憑かれるäēēぎ8å‰˛ã¯éŽåŽģãĢäŊ•ã‚‰ã‹ãŽæ€§įš„č™åž…ã‚’å—ã‘ãĻいる」というもぎがあãŖた。

 

courrier.jp

 

 こうしたčĸĢåŽŗįĩŒé¨“からį˛žįĨžįš„ãĒå‚ˇã‚’č˛ ã†ã“ã¨ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€åž€ã€…ãĢしãĻčĸĢåŽŗč€…ã¯äē‹äģļåŊ“時と変わらãŦ抑圧įš„ãĒã€ã‚ã‚‹ã„ã¯åąé™ēãĒįŠļæŗãĢįŊŽã‹ã‚ŒãĻいるという意å‘ŗでも、恐怖ãĒã‚ŠåąˆčžąãĒり怒りãĒり逃éŋéĄ˜æœ›ã¨ã„ãŖたåŧˇã„åŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧã‚’æŠąãˆčžŧんでおり、それがį™ēæ•Ŗã™ã‚‹å ´ã‚’æą‚ã‚ãĻピテãƒĒãƒŧや憑䞝といãŖãŸčĄ¨å‡ēãĢįš‹ãŒã‚Šã‚„ã™ã„ã¨č€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚

 ともあれ、こぎようãĒ非常手æŽĩãĢよãŖãĻåŊŧåĨŗは、æ­ŖåŊ“ãĒæ–šæŗ•ã§ã¯åŖãĢå‡ēしãĻčĻæą‚することさえé›Ŗしい暇を垗ることがå‡ēæĨた――それが同じ場所ãĢはäēŒåēĻとæˆģれãĒいもぎであãŖたとしãĻも。憑䞝もぞた「〈エ゚〉ぎįžčąĄåŊĸ態」ãĒぎである。

 ただし「憑きもぎ」ぎæ˛ģį™‚ぎčŠĻãŋが、"čĸĢæ†‘äžč€…ãŽæ­ģ"ã¨ã„ã†æ‚˛åŠ‡įš„ãĒįĩæœĢをčŋŽãˆã‚‹äž‹ã‚‚æ•°å¤šãã‚ã‚‹ã“ã¨ã¯č¨˜æ†ļãĢį•™ã‚ã‚‹ãšãã§ã‚る。こぎå‘ŊがけぎčŠĻãŋは常ãĢ成功するわけではãĒい。

 

 一䚝七〇嚴十äēŒæœˆå…Ģæ—Ĩ朝、青æŖŽįœŒæ´ĨčģŊ郡蟹į”°į”ēで、母čĻĒīŧˆå››åä¸ƒæ­ŗīŧ‰ãŒã‚¤ã‚ŋã‚ŗīŧˆįĨˆįĨˇå¸Ģīŧ‰ãŽãŠå‘Šã’ã‚’äŋĄã˜ãĻ、頭į—›ã‚’č¨´ãˆã‚‹é•ˇį”ˇīŧˆåå…Ģæ­ŗīŧ‰ãĢäš—ã‚Šį§ģãŖたというæ‚Ē霊をčŋŊã„æ‰•ãŠã†ã¨ã€é•ˇį”ˇã‚’ãĒぐりæŽēしãĻしぞãŖた。母čĻĒは「七æ—Ĩ夜、かわいそうãĒぎでæˇģ寝しãĻいたところ、å…Ģæ—Ĩ午前é›ļ時ごろãĢãĒãŖãĻ、息子ãĢ乗į§ģãŖたįĨžæ§˜ãŒã€æ¯å­ã‚’とるというぎで息子とãĢらめãŖこした。äēŒæ™‚ごろãĢãĒãŖãĻįĨžæ§˜ã‚’čŋŊå‡ēすためãĢ息子と取ãŖįĩ„合いãĢãĒり、ä¸ģäēēも娘も手äŧãŖãĻįĨžæ§˜ã‚’čŋŊå‡ēそうとしたが、įĨžæ§˜ãĢぞけたためæ­ģんでしぞãŖãŸã€ã¨éŒ¯äšąįŠļ態でčŋ°ãšãŸã¨ã„う。
 īŧˆå‰į”°įĻŽåžã€Žæ—ĨæœŦぎ憑きもぎ』īŧ‰

 

 一䚝六䚝嚴䚝月七æ—Ĩぎ午垌、į§‹į”°įœŒį”ąåˆŠéƒĄãĢäŊã‚€ã‚ã‚‹č€åŠ†īŧˆä¸ƒåä¸‰æ­ŗīŧ‰ãĢ憑いたį‹ã‚’čŋŊいå‡ēãã†ã¨ã€é•ˇį”ˇīŧˆäē”十äēŒæ­ŗīŧ‰ã‚‰åŽļ族やčĻĒæˆšãŽč€…ãŸãĄãŒãĒぐãŖたり、かãŋついたりしãĻ、æ­ģãĒしãĻしぞãŖたīŧˆã€Œæœæ—Ĩæ–°čžã€ä¸€äšå…­äšåš´äšæœˆå…Ģæ—Ĩ朝刊ãĢよるīŧ‰ã€‚
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

web.archive.org

 

www.j-cast.com


d.åŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡ãƒģå†č€ƒ

 

 フロイトぎãƒĒビドãƒŧがエネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡įš„、ãĒいしįĩŒæ¸ˆå­Ļįš„といえるãƒĸデãƒĢを持ãŖãĻいることãĢついãĻはすでãĢįŦŦ3įĢ bį¯€ã§č§Ļれた。
 フロイト-ãƒ´ã‚Ąã‚¤ãƒ„ã‚ŧッã‚ĢãƒŧぎピテãƒĒãƒŧčĻŗは、そぎようãĒãƒĒビドãƒŧがčēĢäŊ“ぎ、元æĨ向かうずきįŽ‡æ‰€īŧˆæ€§å™¨éŽį¨‹ã ã¨ã‹īŧ‰ã¨ã¯åˆĨぎįŽ‡æ‰€ãĢ向かうことãĢよãŖãĻピテãƒĒãƒŧがį™ēį—‡ã™ã‚‹ã¨ã„うもぎだãŖた。こぎį¯€ã§ã¯ããŽã‚ˆã†ãĒãƒĒビドãƒŧやグロデックぎ〈エ゚〉、あるいはãƒŦヴã‚Ŗīŧã‚šãƒˆãƒ­ãƒŧ゚ぎ「マナ」į­‰ã€…ã‚’ã˛ã¨ãžãšã€Œåŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧ」とįˇį§°ã™ã‚‹ã“とãĢする。

 すでãĢčĻ‹ãĻきたとおり、こぎåŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧはį–žį—…としãĻだけではãĒくäŊ“外ãĢã€ŒčĄ¨å‡ē」される場合があり、それがåŋƒįĨžå–Ēå¤ąįŠļ態ãĢおけるポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トや憑䞝といãŖたįžčąĄåŊĸæ…‹ã‚’ã¨ã‚‹ã€ã¨ã„ã†ãŽãŒã“ã“ãžã§ãŽčŠąãŽæĩã‚Œã§ã‚る。

 

Magic The Gathering

 

ã€€å“˛å­Ļ者ãƒģį˛žįĨžåˆ†æžå­Ļč€…ã§ã‚ã‚‹ã‚ĻãƒŗベãƒĢトãƒģã‚ŦãƒĒãƒŗベãƒĢテã‚Ŗã¯ã€ãƒ´ã‚ĄãƒŦãƒŗテã‚Ŗãƒŧナãƒģドã‚ĨãƒĢã‚ŊãĢ䞝拠し、イã‚ŋãƒĒã‚ĸčĒžãĢおいãĻ怒りãƒģ憤怒がäēēæ ŧ化され、あたかもč‡Ēåˇąå†…ãĢおけるäģ–č€…ãŽã‚ˆã†ãĢ「憤怒ãĢ駆られãŦようãĢ」したり、「怒りぎエネãƒĢã‚Žãƒŧをåģē設įš„ãĒ行į‚ēへと導いたり」、「įˆ†į™ēã™ã‚‹ãžã§æ€’ã‚Šã‚’č˛¯ã‚ã‚‹ã€ã¨ã„ãŖた力å­Ļįš„č¨€ã„æ–šãŒéŠį”¨ã•ã‚Œã‚‹ã“とを指摘しãĻいる。
ã€€ãžãŸæ€’ã‚Šã¯ã—ã°ã—ã°æ°—čąĄå­Ļįš„īŧˆč’ã‚Œæ¨Ąæ§˜ãŽæ°—åˆ†ã€é›ˇãŽã‚ˆã†ãĒ大åŖ°īŧ‰ã€æ°—äŊ“力å­Ļįš„īŧˆåœ§į¸Žã•ã‚ŒãŸæ€’りがįˆ†į™ēする、æŽģきįĢ‹ãĻられた怒りがæļˆãˆã‚‹īŧ‰ã€æŽĩ階įš„æˆé•ˇåŠ›å­Ļįš„īŧˆæ€’ã‚ŠãŒæ˛¸ãįĢ‹ãĄã€æēĸれå‡ēるīŧ‰ãĢč¨€ã„čĄ¨ã•ã‚Œã‚‹ã¨ã‚‚čŋ°ãšãĻいるが、それらは厚易ãĢįŋģč¨ŗされãĻいることでもわかるようãĢ、æ—ĨæœŦčĒžã§ã‚‚ぞãŖたくäē‹æƒ…は同じである。
 そぎうえでã‚ŦãƒĒãƒŗベãƒĢテã‚Ŗは、感情全čˆŦãĢついãĻæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢčŋ°ãšãĻいる。

 

 原際、情åŋĩというもぎはおれもčēĢäŊ“ぎ原動力であり、過åēĻãĢ抑åˆļされたりæ­ĸめおもãĒくį™ē揎されるとčēĢäŊ“ãĢåŽŗを及ãŧすもぎである。垓ãŖãĻįĒãį ´ã‚‰ãĒいį¨‹åēĻãĢ我々ぎ「č‡Ē我」ぎ内åŖã‚’圧čŋĢする圧į¸Žã•ã‚ŒãŸæ€’りぎ感情はį™ŒãŽã‚‚とãĢãĒると思われãĻいるし、ぞたそれを一気ãĢį™ēæ•Ŗã™ã‚‹ã¨čĄ€åœ§ãŒä¸ŠãŒã‚Šåŋƒč‡“や卒中ぎį™ēäŊœã‚’åŧ•ãčĩˇã“すことãĢãĒる。
 そういうわけでã‚ĸãƒĒ゚トテãƒŦ゚からニãƒŧチェãĢč‡ŗã‚‹ãžã§ãŽå“˛å­Ļč€…ãŸãĄã¯ãŋãĒ、čēĢäŊ“ぎåĨåēˇã¨į˛žįĨžãŽãƒãƒŠãƒŗ゚は、情åŋĩをæŠŧしæŽēしたりぞしãĻそれを除åŽģしようとãĒぞしãĒいで、むしろそれらを遊åēĻãĢ襨å‡ēすることでäŋãŸã‚Œã‚‹ã¨ã„うことをįš°ã‚Ščŋ”ã—č€ƒå¯Ÿã—čŋ°ãšãĻæĨた。
 īŧˆã‚ĻãƒŗベãƒĢトãƒģã‚ŦãƒĒãƒŗベãƒĢテã‚Ŗ『七つぎ大įŊĒと新しいæ‚Ēåžŗ』īŧ‰

 

 äē›ã‹éģ’æŋとチョãƒŧã‚¯ãŽåŒ‚ã„ãŽã™ã‚‹åŠŠč¨€ã§ã¯ã‚ã‚‹ãŒã€ã‚ŦãƒĒãƒŗベãƒĢテã‚Ŗぎいう「原動力としãĻぎ情åŋĩ」とはぞさãĢæœŦį¯€ã§ã€Œåŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧ」とå‘ŧんでいるもぎである。
  さらãĢã‚ŦãƒĒãƒŗベãƒĢテã‚ŖはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒこともčŋ°ãšãĻã„ã‚‹ãŒã€ã“ã‚Œã¯ã‚ã‚Œã‚ã‚ŒãŽč­°čĢ–ãĢとãŖãĻåĨŊéƒŊ合すぎãĻ恐į¸ŽãĒãģおである。

 

 性įš„ãĒ隠喊も数々ある。「金įŽ‰ãŒã¤ãļれたīŧˆã„よいよ頭ãĢæĨた、ぎ意īŧ‰ã€ã€ã€ŒäŋēãŽé™°čŒŽã‚’čĩˇãŸã›ãĻくれたãĒīŧˆč¨ŗæŗ¨īŧšã‚¤ã‚ŋãƒĒã‚ĸčĒžãŽã€Œé™°čŒŽ:”cazzoâ€ã€ã¯æ„Ÿå˜†čŠžã¨ã—ãĻäŊŋã‚ã‚Œã‚‹ã¨æ€’ã‚Šã‚„æ†¤æ…¨ã‚’čĄ¨ã—ã€å‹•čŠž"incazzare"をäŊŋうこぎ文は、怒らせãĻくれたãĒ、ぎ意īŧ‰ã€ã€‚たしかãĢ古äģŖã‚ŽãƒĒã‚ˇã‚ĸčĒžãŽorgiaīŧˆorgheÊ:バッã‚Ģã‚šįĨ­ã€ã‚‰ã‚“ãĄãã€äšąäē¤īŧ‰ã¯ã€Œæ€’ã‚Šã€ã€ã€Œæ†¤æ€’ã€ã‚’ã‚‚čĄ¨ã™ãã‚‰ã„ã ã‹ã‚‰ã€æ†¤æ€’ãŽæƒ…ã¨ã‚ģã‚¯ã‚ˇãƒĨã‚ĸãƒĒテã‚Ŗぎ間ãĢは隠されたčĻĒčŋ‘é–ĸäŋ‚があるぎだ。

 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 ナãƒŗボãƒŧæ€’ã‚ŠãŽäšąäē¤ã¨ã„うわけだ。
 こぎようãĒ「åŋƒįš„エネãƒĢã‚ŽãƒŧãŽčĄ¨å‡ē」というæŦĄå…ƒã§æ‰ãˆã‚‹ãĒらば、原åŽļぎåŖãĢįŠ´ã‚’ã‚ã‘ã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã€å¤œãŽæ ĄčˆŽã§įĒ“ã‚Ŧナ゚をåŖŠã—ãĻぞわることも、ポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トįžčąĄãĢきわめãĻčŋ‘ã—ã„čĄŒį‚ēã§ã‚ã‚‹ã¨č¨€ãˆã‚‹ã€‚ã¤ãžã‚Šå°žå´ŽčąŠã¨ãƒãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トはãģãŧ同じことãĒãŽã§ã‚ã‚Šã€ä¸Ąč€…ãŽé•ã„ã¯ãŠãŽãĻいおåŋƒįĨžå–Ēå¤ą-トナãƒŗã‚šįŠļ態ãĢあãŖたかという゚ペクトナムãĢ過ぎãĒいぎではãĒいか。そういえば『卒æĨ­ã€ãŽæ­ŒčŠžãŽãĒかãĢは、「äŋēãŸãĄãŽæ€’ã‚ŠãŠã“ãĢ向かうずきãĒぎか」というぞさãĢã‚ŦãƒĒãƒŗベãƒĢテã‚Ŗįš„ãƒģエネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡įš„フãƒŦãƒŧã‚ēもある。

 

www.youtube.com

 

 それãĢしãĻも、いãŖたいå­Ļæ Ąã‚„æ•™å¸ĢぎäŊ•ãĢそんãĒãĢ抑圧を感じãĻいるぎだという気もするが、思æ˜Ĩ期とはえãĻしãĻそういうもぎãĒぎだろう。吉æœŦ隆明はæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢčŋ°ãšãĻいる。

 

 čĻĒはくだらãĒい、ぎつぎãĢは、å­Ļæ Ąã¯ãã ã‚‰ãĒい、教å¸ĢはくだらãĒい、ということãĢãĒるが、こぎ時期īŧˆé’嚴前期īŧ‰ãŽäēē間ãĢとãŖãĻ、くだるようãĒčĻĒや教å¸Ģでありうるもぎは、おこãĢもいるわけがãĒいということãĢãĒる。ãĒぜãĒらば、〈かれ〉がčĻŗåŋĩįš„ãĢåĻčĒã—、寞įĢ‹ã—ãĻいるぎは、ãģんとうはこぎ世į•ŒãŽå…¨äŊ“であãŖãĻ、たぞたぞ、čēĢčŋ‘ãĢいたčĻĒや教å¸Ģは、そぎéƒŊ合ぎいい䞛įŠ ãĢãģかãĒらãĒいからである。
 īŧˆå‰æœŦ隆明『書į‰ŠãŽč§ŖäŊ“å­Ļ』īŧ‰

 

 そうしãĻ青嚴は吉æœŦãŽã„ã†ã€ˆé éš”å¯žčąĄæ€§ã€‰â€•â€•é ããĢあるį†æƒŗãŽå¯žčąĄãĢį„Ļがれ、į›—んだバイクでčĩ°ã‚Šå‡ēã™ãŽã§ã‚ã‚‹ã€‚čĄŒãå…ˆã‚‚ã‚ã‹ã‚‰ãšãĢ。

 歌čŦĄæ›˛ã¤ã„でãĢč¨€ãˆã°ã€globeぎ「Can't Stop Fallin' in Love」ãĢå‡ēãĻくる「ãŋんãĒæŗŖいãĻいる やり場ぎãĒいæƒŗã„ã€ã¨ã„ã†ãã ã‚Šã‚‚ã˛ã˜ã‚‡ã†ãĢエネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡įš„である。æēœãžãŖたæƒŗã„ã¯å¯žčąĄã‚„åŊĸを変えãĻ襨å‡ēされる――もしそうãĒらãĒければ、内ãĢįą ã‚‚ãŖãĻį–žį—…とãĒる。

 したがãŖãĻ、暴力やįŠ¯įŊĒやãƒĒプバやæ”ŋæ˛ģæ´ģ動やč‡ĒæŽēãƒģč‡Ēå‚ˇã‚„æ€§įš„攞į¸Ļや䞝存į—‡ã‚„æ˜‡č¯īŧˆæœ‰æ„įžŠãĒæ´ģ動へぎčģĸ換īŧ‰į­‰ã€…もぞた――これらぎãĒかãĢはãƒĒプバぎようãĢおうãĢもį¤žäŧšįš„ãĢ受け厚れé›Ŗいもぎもあるが――åŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧäŋå­˜å‰‡ã€ãĒいしįĩŒæ¸ˆå­Ļįš„ãƒĸデãƒĢでį†č§Ŗしうる。


 たとえばãƒĒ゚トã‚Ģットと映į”ģ『エクã‚Ŋã‚ˇã‚šãƒˆã€ãŽã‚ˆã†ãĢãĒãĢかが憑䞝しãĻčēĢäŊ“ãĢå‚ˇã‚’ã¤ã‘ã‚‹ã“ã¨ã¯į´™ä¸€é‡ã§ã‚ã‚‹ã—ã€æ˜”ã€Žã‚˛ãƒŧãƒĄã‚šãƒˆã‚ĸイナãƒŗド』という、雑čĒŒã€Žã‚˛ãƒŧãƒĄã‚šãƒˆã€ãŽčĒ­č€…投į¨ŋæŦ„ぎãŋをįˇé›†ã—た大判ぎムックæœŦを手ãĢ取ãŖたことがあり、そぎãĒかãĢ「わたしはイナイナするとč‡Ē分ぎéĢĒぎ毛を抜きぞす。一åēĻãĢ10æœŦくらい抜くこともありぞす」というčļŖ旨ぎ投į¨ŋがあり少åĨŗマãƒŗã‚Ŧéĸ¨ãŽįĩĩ柄でåĨŗぎ子が「īžŒīžžīžīŊ¯(*´∀`*)īž‰īŊĄ+゜*īŊĄã€ãŋたいãĒノãƒĒでéĢĒぎ毛を抜いãĻいるイナ゚トがæˇģえãĻあãŖたが、äģŠãĢしãĻ思えば「それãŖãĻâ€Ļâ€Ļã€ã¨ã„ã†čŠąã§ã‚ã‚‹ã€‚

 

ã‚Ļã‚ŖãƒĒã‚ĸムãƒģフãƒĒãƒŧドキãƒŗį›ŖįŖ『エクã‚Ŋã‚ˇã‚šãƒˆã€

 

 

6.分čŖ‚į—…はäēēåˇĨį—…īŧŸ

 

 

a.į¤žäŧšå…ąčŦ€å› čĒŦ

 

 

 「äēēは一äēēでį”Ÿãã‚‰ã‚ŒãĒい」ãĒおというおためごかしはもうįĩæ§‹ã€‚
ã€€ã“ãŽč¨€č‘‰ã¯ã€ã‚‚ã†ãšã„ãļん昔ãĢãĒるが、パイã‚ģãƒŗがゎãƒŖãƒŗブãƒĢãĢはぞãŖãĻ一時間ãĢ一回é›ģčŠąãŒã‹ã‹ãŖãĻくるįŠļ態ãĢãĒãŖたさい、äģŠåžŒã¯įœŸéĸį›ŽãĢį”Ÿãã‚‹ã‹ã‚‰ã¨é ŧãŋčžŧぞれãĻチワワや中古čģŠãŒč˛ˇãˆã‚‹ãĻã„ãŠãŽé‡‘ã‚’č˛¸ã—ãŸãŽã ãŒã€ããŽéŽį¨‹ã§å˜˜ãŒã‚ãŖたりīŧˆåŽŸéš›ãĢはã‚ĩナ金äģĨ外ãĢåˆĨぎ友äēēãĢも金を借りãĻおりそãŖãĄãŽčŋ”済ãĢ充ãĻãĻいた。ãĒんでそれをį§ãŒįĢ‹ãĻæ›ŋãĒきゃãĒらんぎだđŸ’ĸīŧ‰ã€į­†č€…からぎ借å‡ēし中ãĢもあれがæŦ˛ã—いこれがæŦ˛ã—いとį‰ŠæŦ˛į™ēč¨€ã‚’é€Ŗį™ēしたりしãĻ、けãŖãã‚‡ãč˛¸ã—ãŸé‡‘ã¯čŋ”ãŖãĻきたもぎぎそぎ垌、åŊŧぎ金銭感čĻšã‚’はじめさぞざぞãĒå¸¸č­˜æ„ŸčĻšãŽæŦ åĻ‚ãĢついãĻ、おうしãĻもäŧščŠąãŒã“ãĄã‚‰ã‹ã‚‰ãŽčĒŦ教ãŖãŊくãĒる場éĸがåĸ—え、ぞた先čŧŠ-垌čŧŠé–ĸäŋ‚ãĢãĩさわしいæ•Ŧæ„ã‚’æŒãĄįļšã‘るぎがé›ŖしくãĒãŖたことがおそらく少ãĒからずį­†č€…ぎ態åēĻãĢæģ˛ãŋå‡ēãĻīŧˆãã“は反įœã—ãĻいるīŧ‰ã€ã¤ã„ãĢパイã‚ģãƒŗがキãƒŦãĻį­†č€…ãĢįĩļäē¤ã‚’åŽŖč¨€ã™ã‚‹ã¨ã¨ã‚‚ãĢč¨€ã„æ”žãŖãŸč¨€č‘‰ã ã€‚
 「äēēは一äēēでį”Ÿãã‚‰ã‚ŒãĒい、だからお前はč‡Ēåˆ†ãŽč€ƒãˆã‚’äŋēãĢæŠŧしつけるãĒã€ã§ã‚‚é‡‘ã¯č˛¸ã—ãĻね」というわけ。そぎパイã‚ģãƒŗとはそれãŖきりãĢãĒãŖたが、数嚴垌ãĢå…ąé€šãŽå‹äēēぎįĩåŠšåŧãĢåŊŧだけå‘ŧばれãĻいãĒかãŖたぎはäŊ•æ•…ãĒんだろう(ãƒģĪ‰ãƒģ)īŧŸ

 

įĻæœŦäŧ¸čĄŒã€Žčŗ­åšéģ™į¤ē録ã‚Ģイジ』


 したがãŖãĻį­†č€…ã¯ã€æ€č€ƒãŽåŒčĒŋåœ§åŠ›ã‚’æą‚ã‚ãĻくる「äēēは一äēēでį”Ÿãã‚‰ã‚ŒãĒい」というį‰Šč¨€ã„ぎäģŖわりãĢã“ã†č¨€ã„ãŸã„ã€‚ã€Œäēēはäģ–äēēをæŽēしãĻはãĒらãĒい」と。
 ãĒãĢをåŊ“たり前ぎことを――と思われるかもįŸĨれãĒいが、ここでいう「æŽēす」とはåēƒį¯„ãĒ意å‘ŗをåĢむ。つぞりäģ–äēēぎį”ŸãŽæŠ‘圧ãƒģ圧æŽēãĢæļˆæĨĩįš„ãĢであれ加担しãĻはいけãĒいということだ。
 これは友達įš„ãĢäģ˜ãåˆãŖãŸã‚Šã‚ąã‚ĸするįžŠå‹™ã‚’意å‘ŗしãĒい。そうではãĒく、č‡Ēã‚‰ãŒå‚ä¸Žã™ã‚‹ã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŒčĒ°ã‹ã‚’抑圧ãƒģ圧æŽēしãĻいると気äģ˜ã„た時ãĢ、それを回しįļšã‘ãĻはãĒらãĒã„ã€ããŽã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŽä¸€éƒ¨åˆ†ã§ã‚ã‚‹č‡ĒčĻšã‚’持ãĻということである。
 一äŊ“ãŠã†ã„ã†ã‚ąãƒŧã‚šã‚’æƒŗ厚しãĻいるぎかīŧŸã€€æœ€įĩ‚įĢ ã§ã¯ãã‚Œã‚’嚞つかčŋ°ãšãĻ、少しばかりäģŠåžŒãŽãƒ’ãƒŗトをさぐãŖãĻãŋる。

 

 į”°åŗļæ˜­æ°ã¯ã€æ–‡č—æ˜Ĩį§‹äŧį”ģå‡ēį‰ˆã ã¨ã‹čŋ‘äģŖæ–‡čŠ¸į¤žã¨ã„ãŖたč‡Ēč˛ģå‡ēį‰ˆįŗģぎå‡ēį‰ˆį¤žã‹ã‚‰äŊ•å†Šã‹æœŦをå‡ēしãĻいるį˛žįĨžį§‘åŒģだが、たぞたぞåŊŧぎ『į˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…ぎãĒおし斚』を古書åē—でčŗŧã„ã€čˆˆå‘ŗæœŦäŊã§ä¸€čĒ­ã—たところたいへんį¤ē唆ãĢ富む内厚だãŖたぎでここãĢį´šäģ‹ã—たい。
 į”°åŗļ氏ぎį˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…īŧˆįžãƒģįĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡īŧ‰čĻŗは、įĢ¯įš„ãĢč¨€ã†ã¨åˆ†čŖ‚į—…とはäēēåˇĨį”Ŗį‰Šã ã¨ã„うもぎである。
 これはį¤žäŧšå…ąčŦ€å› čĒŦīŧˆå…­ååš´äģŖãĢおけるč„ŗį—…į†ãŽåŒåŽšãĢ寞するæŒĢ折から、そぎ反動ãĢよãŖãĻį”Ÿãžã‚ŒãŸæŊŽæĩã€‚į˛žįĨžį–žæ‚Ŗをæ­Ŗ常åŋƒį†å­Ļぎåģļé•ˇãŽį¯„å›˛ãĢ外æŒŋできるぎではãĒいかというį™ēæƒŗをもつīŧ‰ãŽéĄžã„ã§ã‚ã‚‹ã€ã¨ã˛ã¨ãžãšã¯åŽĸčĻŗįš„ãĢäŊįŊŽãĨã‘ã‚‹ã“ã¨ã¯ã§ãã‚‹ã ã‚ã†ã€‚ã“ãŽč€ƒãˆã‚’įĒãčŠ°ã‚ã‚‹ã¨ã€ãƒŦイãƒŗぎæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒå§ŋå‹ĸãĢčĄŒãį€ãã€‚

 

 分čŖ‚į—…というįŠļ態ãĒお存在しはしãĒいぎです。分čŖ‚į—…というãƒŦッテãƒĢをč˛ŧられることは一つぎį¤žäŧšįš„äē‹åŽŸã§ã‚り、こぎį¤žäŧšįš„äē‹åŽŸã¨ã¯ä¸€ã¤ãŽæ”ŋæ˛ģįš„å‡ēæĨäē‹ã§ã™ã€‚
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 分čŖ‚į—…というãƒŦッテãƒĢをč˛ŧられたäēē間は、äģ–č€…ãŽį›ŖįŖ下ãĢ、それもæŗ•åž‹įš„ãĢ是čĒã•ã‚Œã€åŒģå­Ļįš„ãĢ樊čƒŊを与えられ、道įžŠįš„ãĢįžŠå‹™äģ˜ã‘られたäģ–č€…ãŽį›ŖįŖ下ãĢおかれぞす。こうした一é€Ŗぎį¤žäŧšįš„čĄŒį‚ēをæ­ŖåŊ“化しãĻいるぎはį¤žäŧšãŽæŒ‡äģ¤ãĒぎです。
 īŧˆR.D.ãƒŦイãƒŗ『åŧ•ãčŖ‚かれたč‡Ēåˇąã€īŧ‰

 

 į­†č€…はこうした分čŖ‚į—…ãĢたいする構į¯‰ä¸ģįžŠįš„įĢ‹å ´ãĢ全éĸįš„ãĢčŗ›åŒã™ã‚‹ã‚ã‘ではãĒいが、原際ãĢį”°åŗļæ°ãŽč¨˜čŋ°ãĢč§Ļã‚Œã‚‹ã¨ã€ãžã‚čĄ€č‚‰ãŒé€šãŖãĻã„ã‚‹ã¨ã§ã‚‚č¨€ã†ã‚“ã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã­ã€ãĒãĢやらčĒ­ãžã›ã‚‹åŠ›ãŒã‚り、それがåŧˇã„čĒŦ垗性としãĻæˆ‘ã€…ãŽčƒ¸ãĢčŋĢãŖãĻくるぎである。
 į”°åŗļ氏はいう。

 

ã€€å¸¸č­˜ã¨ã¯äŊ•ã§ã‚るか。į”Ÿæ´ģå…ąåŒäŊ“ぎãƒĢãƒŧãƒĢであり、åšŗ均įš„ãĒ"きぞり"である。åšŗ均からはãŋå‡ēしたäēē間は、åšŗ均という枠ぎ中へ再ãŗæˆģさãĒいと"きぞり"ãŽãƒĄãƒŗツがæŊ°ã‚Œã‚‹ã€‚
 å…Ĩé™ĸæ˛ģį™‚īŧˆį˛žįĨžį—…é™ĸãĢ限るīŧ‰ã¯ã€å€‹ã€…ぎæ‚Ŗč€…ã‚’äž‹ãˆã°ã€äšæ™‚ãĢ寝かせãĻ六時ãĢčĩˇã“す。これはå…Ĩé™ĸæ˛ģį™‚ãŽå¸¸č­˜ã¨ãĒãŖãĻã„ã‚‹ã€‚ã¤ãžã‚Šã€æ˛Ąå€‹æ€§åŒ–ã§ã‚ã‚Šã€"åšŗ均"をčĻæą‚する。夜中ぎ十äēŒæ™‚ãĢčĩˇããĻいると、įœ‹č­ˇåŠĻからįĄįœ č–Ŧぎ投与を受ける。そぎ指į¤ēはåŒģå¸Ģがå‡ēす。åŒģå¸Ģもįœ‹č­ˇåŠĻも、そぎæ‚Ŗč€…ãŽå€‹äēēįš„äē‹æƒ…よりも、į—…é™ĸというį”Ÿæ´ģå…ąåŒäŊ“ぎãƒĢãƒŧãƒĢをå„Ē先させる。つぞり"å¸¸č­˜"で個をå‡Ļį†ã™ã‚‹ã€‚
 全ãĻぎäēē間が䚝時ãĢ寝ãĻ、六時ãĢčĩˇãã‚‹į­ˆã¯ãĒい。į—…é™ĸã¯ã€ã—ã‹ã—ãã‚Œã‚’č¨ąã•ãĒい。個をæļˆã—、枠を尊重する。しかも"å…Ĩé™ĸãƒģäŧ‘養ãƒģ加į™‚"という大įžŠååˆ†ã‚’かざしãĻ、個をæŠŧしæŊ°ã™ã€‚
 į˛žįĨžį—…ã‚’æ˛ģį™‚する専門ぎį˛žįĨžį—…é™ĸが、æ­ŖãĢこぎ様ãĒぎである。
 ぞしãĻそれäģĨ前ぎ、いわゆる晎通ぎæ­Ŗå¸¸č€…é”ãŒãŸã‚€ã‚ã—ãĻいるį¤žäŧšãĢæ–ŧいãĻおや、である。
ã€€ä¸–é–“æ§˜ã¨ã„ã†å¸¸č­˜ãŽé‡‘į¸›ã‚ŠãĢあãŖãĻいるčĻĒは、č‡Ēåˆ†ãŽå­ã‚’å¸¸č­˜ãŽæž å†…ã§č‚˛ãĻる。これはごくåŊ“į„ļぎäē‹ã§ã‚るが、įĩæžœã¯å¤§å•éĄŒã‚’提䞛しãĻしぞãŖた。į„Ąį‚ēãƒģč‡Ē閉ãƒģ意æŦ˛æ¸›é€€ãĒおと、ã‚ĢãƒĢテãĢ記čŧ‰ã•ã‚Œã‚‹ã€į˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…というäēēåˇĨį”Ŗį‰Šã‚’äŊœãŖãĻしぞãŖた。
 æ­ŖãĢ分čŖ‚į—…は、äŊœã‚‰ã‚ŒãŸį—…æ°—ãĒぎである。į´”į˛‹ã§åĻĨ協をįŸĨらãĒã„ã€æ„Ÿå—æ€§ãŽé‹­ã„æƒ…æ„ŸčąŠã‹ãĒäēē達を、䚝十䚝äēēãŽå¸¸č­˜ãŒæŠŧしæŊ°ã—たįĩæžœã§ã‚る。
 īŧˆį”°åŗļ昭『į˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…ぎãĒおし斚』īŧ‰

 

 åŧ•į”¨éƒ¨åˆ†ãŽæœ€åžŒãŽãã ã‚Šã¯ãžã‚‹ã§æ–°į´„č–æ›¸ãŽã‚ˆã†ã§ã‚ã‚‹ã€‚ã‚ãŸã—ã¯äšåäšåŒšãŽįžŠãŽãŸã‚ã§ã¯ãĒく、一匚ぎįž¤ã‚Œã‹ã‚‰ã¯ãã‚ŒãŸįžŠãŽãŸã‚ãŽį‰§įĢĨである、äē‘々。たしかãĢ、そもそもį¤žäŧšãŒã€Œã“こからここぞではæ­Ŗ常である」という枠をčĻåŽšã™ã‚‹ã‹ã‚‰ã“ãæž ã‹ã‚‰é€¸č„ąã—ãŸã‚‚ãŽãŒ"į•°å¸¸"とされるぎであãŖãĻ、æ˛ģį™‚とはæ­Ŗ常ぎ枠内ãĢæ‚Ŗč€…ã‚’æŠŧしæˆģすことãĢäģ–ãĒらãĒい、というぎは䞋えばįŦŦ4įĢ bį¯€ã§č§ĻれたようãĢナã‚Ģãƒŗ洞ぎåŸēæœŦįš„パナダイムでもある。

 

b.教į§‘書ãĢčŧ‰ã›ãŸã„ãƒŦベãƒĢぎãƒĸナハナ


 では原際ãĢ、į”°åŗļ氏がį´šäģ‹ã™ã‚‹į—‡äž‹ã‚’čĻ‹ãĻãŋよう。

 

 あるäēŒåäēŒæ­ŗぎåĨŗ性が、大å­Ļį—…é™ĸでį˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…とč¨ē断された。įĩæžœã¯å…Ĩé™ĸであãŖた。į§ãŒåˆč¨ēした。そしãĻä¸€é€ąé–“åžŒãĢ退é™ĸさせた。ãĒぜãĒら、そぎæ‚Ŗč€…ã¯åˆ†čŖ‚į—…ではãĒかãŖたからである。一䚝å…ĢäēŒåš´åä¸€æœˆįžåœ¨ã€é€ąä¸€å›žãŽé€šé™ĸã§č‰¯ããĒりつつある。į—…名は分čŖ‚į—…である。
 そぎåŽļ族は? 姉は逃čĩ°ã—ãŸã€‚æ¯ã¯æ˛ˆéģ™ã—た。įˆļはīŧŸã€€ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ中毒æ‚Ŗč€…ã§ã‚ã‚‹ã€‚æ¯ã¯ã€æœŦäēēã¨å§‰ã‚’æŠąãã‹ã‹ãˆãĻäēŒåäēŒåš´é–“、毎晊å¤ĢãŽé…’äšąã‚’éŋけãĻ逃げåģģãŖãĻきたぎである。åŊŧåĨŗは、「おįˆļã•ã‚“ãŒæ€–ã„ã€ã¨č¨€ãŖた。į§ã¯åŊŧåĨŗãĢ分čŖ‚į—…ぎč¨ē断を下した。そしãĻ、投č–Ŧしæŗ¨å°„もした。しかしæœŦåŊ“ãĢæ˛ģį™‚しãĒければãĒらãĒいぎは、įˆļぎã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ中毒であり、そしãĻãĒぜįˆļをã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ中毒ãĢčŋŊいčžŧんだか、という原因をæŽĸしå‡ēさãĒければ、åŊŧåĨŗは"分čŖ‚į—…"でありįļšã‘ã‚‹äē‹ã¨ãĒる。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 æœŦį¨ŋぎ冒頭でåŧ•ã„たイã‚ĸãƒŗãƒģヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗらぎ指摘、「ピテãƒĒãƒŧæ‚Ŗč€…ãŽčĻĒ族ぎį”ˇæ€§ã¯ã€åį¤žäŧšįš„性æ ŧ、ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ䞝存、č–Ŧį‰Šäšąį”¨ãŽäēēがやや多い」というぎを思いå‡ēされたい。おぎれã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢめâ€Ļâ€Ļīŧ
 ぞたヤãƒŗグã‚Ŋãƒŗã‚‰ã¯ã“ã†ã‚‚č¨€ãŖãĻいた。「多くぎ場合、į—‡įŠļはかãĒりįŸ­æ™‚æ—ĨãŽã†ãĄãĢįĒį„ļæļˆå¤ąã™ã‚‹ã€‚だが垀々ãĢしãĻ、栚åē•ãĢある原因は掋る。同一ぎ、ぞたį•°ãĒãŖたåŊĸをとãŖた、æŦĄãŽčģĸ換がおこるぎが晎通である。とりわけ、それらãĢより多くぎもぎを垗るäēēぎ場合ãĢは」。銚くずきことãĢ、ピテãƒĒãƒŧと分čŖ‚į—…という大きãĒ隔たりがあるãĢもかかわらず、これはぞるで、そぎぞぞį”°åŗļ氏ぎæ‚Ŗ者ãĢ寞するč¨ē断であるかぎようãĢéŸŋくではãĒいか。

 

 į”°åŗļ氏が挙げるåˆĨぎį—‡äž‹ã§ã¯ã€A子というæ—ĸ劚åĨŗ性ぎį˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…æ‚Ŗ者ãĢついãĻã€åŒåą…ã™ã‚‹įžŠįˆļã‹ã‚‰åąŠã„ãŸæ‰‹į´™ãŒį´šäģ‹ã•ã‚ŒãĻいるが、これがぞたãĒã‚“ã¨ã‚‚čƒ¸įŗžãĒ内厚で、č‡Ēč˛ģå‡ēį‰ˆã‚‰ã—いį”Ÿã€…しさīŧˆīŧŸīŧ‰ãĢæē€ãĄãĻおりčĒ­ãŋåŋœãˆãŒã‚る。

 

 į”°åŗļ先į”Ÿã¸
 前į•Ĩ、AãĄã‚ƒã‚“īŧˆA子さんぎことīŧ‰ãŒé•ˇã„é–“ãŠä¸–čŠąãĢãĒãŖãĻいることを感čŦã—ãĻいぞす。ここ半嚴čŋ‘く比čŧƒįš„åŽ‰åŽšã—ãŸåŒåą…į”Ÿæ´ģがつãĨいãĻいぞしたが、いぞぎところ不厉厚ぎįŠļæŗã¨ãĒãŖãĻいぞす。
 そぎįŠļæŗã¯ã€å…ˆį”ŸãŒå•č¨ēぎãĒかでご存じぎことと思いぞすが、į§ãŽį†č§ŖしãĻいる限į•Œã¨ã€å°šä¸æ˜ŽįĸēãĒį‚šãĒおをį”ŗし上げãĻ、先į”ŸãŽã”指導が頂ければ嚸いと存じぞす。
 æœŦäēēãŒåŒåą…åŽļ族とぎįŸ›į›žã‚’、おäē’いがį†č§Ŗしあう斚向でぎåŠĒ力がæĨĩめãĻã‚ˆã‚ãã€æ€č€ƒæ–šæŗ•ã€į™ēæƒŗがæĨĩįĢ¯ãĒč‡Ēåˇąä¸­åŋƒãŽã‚‚ぎとãĒãŖãĻおり、č‡Ē分äģĨ外ぎ意čĻ‹ã‚’å…¨éĸįš„ãĢ拒åĻã™ã‚‹å‚žå‘ãŒã¤ã‚ˆã„ãŸã‚å¯žčŠąãŒä¸­ã€…æˆįĢ‹ã—ãĒいというįŠļæŗã§ã™ã€‚そぎため垓æĨも、äģŠå›žã‚‚原įˆļ母ãĢæĨãĻもらいå‡ēæĨるだけæœŦäēēぎ意čĻ‹ã‚’きいãĻもらい、そぎ中ãĢおんãĒ小さãĒæ­ŖåŊ“性をãĩくむ意čĻ‹ã‚‚į”Ÿã‹ã™ã‚ˆã†åŠĒ力もこころãŋぞした。
 īŧˆä¸­į•Ĩīŧ‰
 ここでį§ãŒč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã“とは、æœŦäēēぎč‡Ēåˇąä¸­åŋƒãŽåį‹­ãĒ思æƒŗãƒģäēēį”ŸčĻŗは、æœŦäēēぎį˛žįĨžį™ē達過į¨‹ãĢ大きãĒåŊąéŸŋを与えãĻきたåšŧ児期から成äēēぞでぎåŽļåē­é–ĸäŋ‚、とくãĢ原įˆļぎ思æƒŗとäēēæ ŧぎ限į•ŒãŒã€ã‹ãĒり大きく、äģŠã‚‚æœŦäēēぎį˛žįĨžã¨æ€æƒŗぎ栚åē•ãĢæ¨ĒたわãŖãĻいるためではãĒã„ã‹ã¨č€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚ãã‚Œã¯åŋ…æ­ģãĢãĒãŖãĻæ™Šåš´ã‚ˆã†ã‚„ãåą€é•ˇã¨ã¯ãĒãŖたが、同僚だãŖたåŊšäēēからあぞりäŋĄé ŧé–ĸäŋ‚を持つことぎå‡ēæĨãĒかãŖたåŧąį‚šã¨ã€į¤žäŧšäēēとしãĻぎプナイドをåŽļ族や、地域ぎį”Ÿæ´ģぎ中で協čĒŋ力ぎį ´įļģしãĻ、孤į‹Ŧ感をäēē一倍å‘ŗわうという半į”ŸäģĨ上をįĩŒéŽã—ãĻきたことです。æœŦäēēぎį”Ÿãæ–šãŒã€įˆļぎ意åŋ—ã¨å…¨ããĄãŒã†įĩŒå–ļč€…ãŽé•ˇį”ˇã¨ãŽįĩåŠšã€é•ˇį”ˇīŧˆåŽ‰į”°č¨ģīŧšA子ぎ兄īŧ‰ãŒåŊšäēēぎ道を希望せず、äģŠã‚‚å¸‚å†…ãŽé­šåą‹ã•ã‚“ãŽåž“æĨ­å“Ąã¨ã„う収å…Ĩもäēēä¸ĻäģĨ下というįŠļæŗã‚’、子䞛ãĢもčŖåˆ‡ã‚‰ã‚ŒãŸã¨ã„ã†å¤ąæœ›īŧŸã€€ãŽåŋƒį†ã‹ã‚‰č„ąå´å‡ēæĨãĒいこともプナイド感をäē‹åŽŸä¸Šã†ãĄãã ã‹ã‚ŒãŸé‡å¤§ãĒčĻå› ã ã¨ã‚‚čĻŗじられぞす。
 æœŦäēēは、成äēēäģĨ垌も、そぎį”Ÿã„ãŸãĄãŽä¸­ã‹ã‚‰čēĢãĢつけたäēēį”ŸčĻŗを更ãĢ一æŽĩとį™ēåą•ã•ã›ã‚‹ã“ã¨ãŒå‡ēæĨず、原įˆļãŸãĄãŽį”Ÿãæ–šã‚’分析įš„ãĢæ¤œč¨Žã—ã€ã‚ˆã‚ŠéĢ˜ã„もぎをčēĢãĢつけることがå‡ēæĨず、又į§é”åŽļ族ぎ、それと全く寞į…§įš„ãĒį”Ÿãæ–šã‹ã‚‰ã‚‚掆お吸収することもå‡ēæĨãšã€ã¨ã„ã†æˇˇčŋˇãĢあるぎではãĒいかとį§ã¯åˆ†æžã—ãĻいぞす。これはæĨĩめãĻå¸¸č­˜įš„ãĒ判断だと思ãŖãĻいぞす。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

 いかがだろうか。
 あぞりãĢ一į›Žįž­į„ļãĒためか、į”°åŗļ氏はこぎįžŠįˆļ氏ãĢついãĻことさらčĢ–čŠ•ã¯ã—ãĻいãĒい。むしろ「įŠ¯äēēã¯ã€ä¸–é–“æ§˜ã§ã‚ã‚Šå¸¸č­˜ã§ã‚ã‚ŠããŽå…ˆé ­ã‚’äŊ•äēēかぎ大äēē達が歊いãĻいる」というようãĢ、æ‚Ēč€…ã•ãŒã—ãŽį™ēæƒŗを戒めãĻさえいる。

 

https://www.newyorker.com/cartoons/random/share/2928977


 įžŠįˆļぎä¸ģčĻŗįš„善意ãĢį–‘いはãĒく、ぞたA子はおそらく原際ãĢįĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡ã¨č¨ē断されるį—‡įŠļをきたしãĻいるぎだろうが、それãĢしãĻも、そりゃį—…ãŋたくもãĒるというようãĒきわめãĻ樊威ä¸ģįžŠįš„かつį‹Ŧ善įš„ãĒäēēį‰Šã§ã‚ã‚Šã€ãŠãã‚‰ãã¯å‘¨å›˛ãŽäēēį‰Šã‚‚多かれ少ãĒかれぎį’°åĸƒã§ã‚る。こぎようãĒįœŸįļŋでéĻ–ã‚’įĩžã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĒč‹Ļしãŋもã‚ĸãƒĢ中ぎåŽŗãĢã˛ã‘ã‚’å–ã‚‰ãĒい。

 

c.昔ãĢはæˆģれãĒいけれおâ€Ļâ€Ļ

 

 æœŦįĢ ãŽå†’頭で、「"äēēは一äēēでį”Ÿãã‚‰ã‚ŒãĒい"ã¨č¨€ã†äģŖわりãĢ"äēēはäģ–äēēをæŽēしãĻはãĒらãĒい"ã¨č¨€ã„ãŸã„ã€ã¨čŋ°ãšãŸã€‚最垌ãĢ、そぎヒãƒŗトとãĒりうるようãĒエピã‚Ŋãƒŧドをį´šäģ‹ã™ã‚‹ã€‚
 それは民äŋ—å­Ļč€…ãƒ™ãƒŗジãƒŖミãƒŗãƒģポãƒŧãƒĢãŽå ąå‘ŠãĢよる、グã‚ĸテマナぎ小村ãĢäŊã‚€ãƒžãƒĒã‚ĸというåĨŗ性ぎį˛žįĨžį—…į—‡įŠļおよãŗそぎæ˛ģį™‚ぎ䞋である。

 

 マãƒĒã‚ĸはįĒéŖ›ãĒæŒ¯ã‚‹čˆžã„ãĢよãŖãĻ村äēēからį–Žã‚“じられãĻいたが、ついãĢåšģčĻšã‚’äŧ´ã†æ˜Žã‚‰ã‹ãĒį˛žįĨžį—…įŠļ態をį™ēį—‡ã—ãĻしぞãŖた。åŊŧåĨŗは、č‡Ē分がį˛žéœŠãĢよãŖãĻéģ„æŗ‰ãŽå›ŊãĢつれãĻčĄŒã‹ã‚Œã‚‹ã¨æ€ã„čžŧãŋ、外を歊き回りãĒがらも、いつもį‹Ŧã‚Šč¨€ã‚’č¨€ãŖãĻいたが、それはį˛žéœŠã¨ã‚„り合ãŖãĻいたぎだãŖた。
 īŧˆå˛Ąį”°å°Šå¸ã€Žįĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡ã€īŧ‰

 

ã€€å˛Ąį”°å°Šå¸ã¯ã€ã“れはčĨŋ洋į˛žįĨžåŒģå­Ļįš„ãĢは「č§ŖäŊ“型ぎįĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡ãŒæ€Ĩ性憎æ‚Ēをčĩˇã“したもぎ」とč¨ē断されるところであるとčŋ°ãšãĻいる。
 それãĢ寞し、土į€ãŽã‚ˇãƒŖãƒŧマãƒŗはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒčĻ‹įĢ‹ãĻと寞åŋœã‚’čĄŒãĒãŖた。

 

 åŊŧåĨŗはロã‚Ģīŧˆloca 気ãĩれīŧ‰ã§ã‚り、åŊŧåĨŗぎčēĢå†…ãŽč€…ãŸãĄãŒæ­ŖしくãĒã„čĄŒå‹•ã‚’ã—ãŸãŸã‚čļ…č‡Ēį„ļįš„ãĒ力が封印をč§ŖかれãĻしぞい、åŊŧåĨŗã‚’č‹›ã‚€ã‚ˆã†ãĢãĒãŖたとč¨ēæ–­ã—ãŸã€‚ã‚ˇãƒŖãƒŧマãƒŗはįĨˆįĨˇã‚’čĄŒãĒい、åŊŧåĨŗぎčēĢå†…ãŽč€…ã™ãšãĻがįŠæĨĩįš„ãĢé–ĸä¸Žã™ã‚‹ã“ã¨ã‚’æą‚ã‚ãŸã€‚åŊŧåĨŗぎįŠļ態はįˆļčĻĒぎåŽļãĢ帰ることがåŋ…čĻã§ã‚ãŖたが、åŽļãĢæˆģãŖãĻä¸€é€ąé–“ã§å›žåžŠã—ãŸã€‚
 īŧˆãƒĒチãƒŖãƒŧドãƒģワãƒŧナãƒŧ『įĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡ã‹ã‚‰ãŽå›žåžŠã€īŧ‰

 

Plants, Shamans, and the Spirit World

 

 こうした寞åŋœã¯ã€į—…äēēを回垊させるうえで重čĻãĒéĩとãĒるįŸĨæĩが駆äŊŋされãĻã„ã‚‹ã¨å˛Ąį”°ã¯ã„う。åŊŧãĢよればそぎポイãƒŗトは、

 

 ãƒģæ‚Ŗ者æœŦäēēã‚ˆã‚Šã‚‚å‘¨å›˛ãĢ原因があãŖãĻåŊŧåĨŗはそぎįŠ į‰˛č€…であることがį¤ēされること

 ãƒģそれãĢよãŖãĻ、æ‚Ŗč€…ãŽå•éĄŒã‹ã‚‰åŽļ族ãƒģå…ąåŒäŊ“ãŽå•éĄŒãĢčĻ–į‚šã‚’į§ģčĄŒã•ã›ã‚‹ã“ã¨

 ãƒģすずãĻぎé–ĸäŋ‚者ãĢįŠæĨĩįš„ãĒé–ĸä¸Žã‚’æą‚ã‚ãĻいること

 

 である。
 ここでいう「įŠæĨĩįš„ãĒé–ĸ与」と、先į¨‹ãŽįžŠįˆļ氏ぎようãĒパã‚ŋãƒŧナãƒĒ゚テã‚ŖックãĒ態åēĻとはåŽŗ密ãĢåŒēåˆĨしãĒければãĒらãĒい。ここãĢあるぎはčĻį¯„ぎæŠŧしつけではãĒく、č‡Ēã‚‰ã‚‚ããŽä¸€éƒ¨ã§ã‚ã‚‹å…ąåŒäŊ“ãŽå•éĄŒãĢ寞する内įœįš„čĻ–į‚šã§ã‚る。

 

 こぎ䞋ãĢかぎらず、さぞざぞãĒ地域ぎ土į€įš„æ˛ģį™‚ã‚’čĒŋæŸģしたį ”įŠļč€…ãŒį•°åŖ同éŸŗãĢčĒã‚ãĻいることぎ一つは、æ‚Ŗč€…ã ã‘ãĢå•éĄŒãŒã‚ã‚‹ã¨ã¯æąēしãĻãŋãĒさず、æ‚Ŗ者ãĢčĩˇããĻいるčļ…č‡Ēį„ļįš„ãĒįžčąĄã¯ã€åŽļæ—ã‚„å…ąåŒäŊ“ãŽå•éĄŒã ã¨å—ã‘æ­ĸめるį‚šã§ã‚る。これãĢよãŖãĻ、æ‚Ŗč€…ã¯ã€Œį‹‚äēē」だとか「į˛žįĨžį—…æ‚Ŗč€…ã€ã¨ã„ãŖたįƒ™å°ã‚’æŠŧされることãĒく、むしろįŠ į‰˛č€…としãĻ受けæ­ĸめられる。集å›Ŗ全äŊ“が、そぎäēēぎ回垊ãĢかかわることãĢよãŖãĻ、それぞであãŖたわだかぞりや不äŋĄã‚‚č§Ŗæļˆã•ã‚Œã€ã‚€ã—ろæœŦäēēをãŋんãĒがįŠæĨĩįš„ãĢ受けå…ĨれるようãĢãĒる。つぞり、こうしたæ˛ģį™‚とは、æœŦäēēã ã‘ã‚’å…ąåŒäŊ“から切りé›ĸす斚向ではãĒく、むしろ「再įĩąåˆã€ã‚’はかるå–ļãŋãĒぎである。
 æ—ĨæœŦもそぎ一つであるčŋ‘äģŖįš„ãĒį¤žäŧšãŒčĄŒãĒãŖãĻいる寞åŋœã¨ãŽé•ã„は歴į„ļとしãĻいる。
 īŧˆåŒæ›¸īŧ‰

 

ã€€å˛Ąį”°ã¯ã“ぎ項を「ãĒぜį™ēåą•é€”ä¸Šå›Ŋぎãģうが回垊įŽ‡ãŒéĢ˜ã„ぎか」と名äģ˜ã‘ãĻいる。むろん、いぞぎæ—ĨæœŦでそãŖくり同じことがå‡ēæĨるわけではãĒい。

 思うãĢäēēįš„æĩå‹•æ€§ãŽäŊŽã•ã‚„貨åšŖįĩŒæ¸ˆãŽæĩ¸é€åēĻぎäŊŽã•ãŒã€ã“ぎ土į€įš„å‡Ļæ–šįŽ‹ãĢ劚果を与えãĻいるéĸはåĻめãĒい。つぞりæ‚Ŗ者ãĢã—ã‚å‘¨å›˛ãĢしろ、「åĢŒãĒらå‡ēãĻいけ」ということがé›Ŗしいぎである。čŋŊ攞されãĻもãĒかãĒかäģ–所ãĢæēļけčžŧめãĒいし、ぞたčŋŊæ”žã—ãŸå´ã‚‚č˛´é‡ãĒäēē手がすぐčŖœå……されるわけでもãĒい。さらãĢ商æĨ­ãŒį™ē達しãĻおらずおäē’いãĢé–ĸわらずãĢį”ŸããĻいくということもé›Ŗしいį­‰ã€…ãŽæĄäģļがあãŖãĻ、包摂-再įĩąåˆãĢあるį¨ŽãŽã­ã°ã‚Šåŧˇã•ã€ã€Œä¸€įˇ’ãĢやãŖãĻčĄŒã‹ã–ã‚‹ã‚’åž—ãĒいぎだから歊ãŋ寄ろう」というエãƒŗパワãƒŧãƒĄãƒŗトがį”Ÿã˜ã‚‹ãŽã§ã‚ã‚‹ã€‚č¨€ã†ãžã§ã‚‚ãĒくæ—ĨæœŦぎįžäģŖį¤žäŧšã¯ã“ぎįœŸé€†ã§ã‚ã‚Šã€ã“ã‚Œã¯ä¸€é•ˇä¸€įŸ­ã¨ã„うずきであるīŧˆäēēįš„æĩå‹•æ€§ã¨äēē間é–ĸäŋ‚ぎ変化ãĢついãĻã¯ä¸‹č¨˜ãƒ–ãƒ­ã‚°ã§čŋ°ãšãŸã“とがあるīŧ‰ã€‚

 

visco110.hatenablog.com

 

 つぞり、ずつだん途上å›ŊぎäēēãŸãĄãŽåŋƒãŒį´ æ™´ã‚‰ã—くわれわれぎåŋƒã¯č’åģƒã—ãĻいる、と一æĻ‚ãĢč¨€ãˆã‚‹ã‚‚ãŽã§ã¯ãĒい。「ãŋんãĒ昔ãĢæˆģればいい」というようãĒ三丁į›ŽãŽå¤•æ—Ĩåšģæƒŗ、『æ—ĨæœŦãŽæ¯åšã€ãŽčĄ¨į´™ãŋたいãĒ世į•Œã‚’įžŽåŒ–しãĻも、おだいį„Ąį†ãĒčŠąã§ã¯ã‚ã‚‹ã€‚ã‚‚ãŖã¨ã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ čĢ–įš„ãĢč€ƒãˆãĒければãĒらãĒい。

 

æ—ĨæœŦäŧšč­°ãŽæŠŸé–ĸčĒŒã€Žæ—ĨæœŦぎ息吚』īŧįĢšä¸­äŋŠčŖ•æ°čĄ¨į´™į”ģ。æ”ŋæ˛ģįš„ä¸ģåŧĩはともかくとしãĻį”ģéĸ¨ã˜ãŸã„ã¯č°ˇå†…å…­éƒŽã‚„ã€ŽLOã€ãŽčĄ¨į´™ã‚’åŊˇåŊŋさせ、åĢŒã„ではãĒい。

 

 しかし、少ãĒくともæœŦį¨ŋでさぞざぞčĻ‹ãĻきた、ピテãƒĒãƒŧīŧˆčģĸ換性障åŽŗīŧ‰ã€åŋƒčēĢį—‡ã€äē‹æ•…、憑䞝įžčąĄã€į˛žįĨžåˆ†čŖ‚į—…īŧˆįĩąåˆå¤ąčĒŋį—‡īŧ‰ã€ããŽäģ–ã‚ã‚Œã“ã‚ŒãŽã€ŒčĄ¨å‡ē」ぎ受けæ­ĸめ斚としãĻã€ãžãŸå…ąåŒäŊ“と個äēēとぎつねãĢįˇŠåŧĩを孕むé–ĸäŋ‚ãĢとãŖãĻ、こぎようãĒ包摂ぎ可čƒŊ性が、部分įš„ãĢでも、あるいはã‚ĸãƒŦãƒŗジしãĻでも、äŊ•ã‹ã—らįžåŽŸãŽå‡Ļæ–šįŽ‹ãĢįš‹ãŒã‚‹ãŽã§ã¯ãĒいかとį­†č€…はäŋĄã˜ã‚‹ã€‚さもãĒくばį˛‰į •ã‚るぎãŋである。

 それは、もしあãĒたがæ‚Ŗč€…ã§ãĒいぎãĒã‚‰ã€å…ąåŒäŊ“ãŽå•éĄŒãƒģ抑圧構造ãĢ、č‡Ēらもそぎ一部分であるというč‡ĒčĻšã‚’持ãŖãĻ内įœįš„čĻ–įˇšã‚’向けよということであり、もしあãĒたがæ‚Ŗ者č‡ĒčēĢ、ãĒいしäģŠãĢもįˆ†į™ēしそうãĒåŋƒįš„エネãƒĢã‚Žãƒŧをæēœã‚čžŧんでいるåŊ“äē‹č€…であるãĒらば、それがいつおぎようãĢ襨å‡ēされ、それãĢよãŖãĻおこãĢ向かい、ãĒãĢã‚’å¤ąã„ãĒãĢを手ãĢするぎか、内ãĒるåŖ°ãĢč€ŗを傞けることはäŊ•ã‹ã—らぎ指針とãĒるであろう。

 さãĻ「わたしはīŊžã‚’äŋĄã˜ã‚‹ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒå‡ēãĻくるぎは、いぞčĒžã‚Šã†ã‚‹ã“とはすずãĻčĒžã‚Šįĩ‚えたことを意å‘ŗする。ここから先はäŋĄäģ°ãŽé ˜åŸŸã§ã‚り、それはここでčŋ°ãšã‚‹ãšãã“とではãĒい。

 

Ί.おわりãĢ

 

 

 æœŦį¨ŋã§åˇĄã‚ŠäŧšãŖたぎはさぞざぞãĒæŠĩæŠ—ãŽã‹ãŸãĄã§ã‚ãŖた。ただし一つとしãĻæ•ĩãĢįœŸæ­Ŗéĸから挑むもぎはãĒく、いずれも通常ãĒらばとãĻもæŠĩ抗とはčĻ‹åšã•ã‚ŒãĒいようãĒæĨĩ小ぎあがきである。たとえ力及ばずともæ•ĩãĢæ­Ŗéĸから挑むことぎå‡ēæĨã‚‹č€…ã¯ã€ã™ã§ãĢåŧˇč€…であるぎだろう。
 ここãĢ゚パãƒĢã‚ŋク゚はいãĒい。あるもぎはį—´æ„šãŽã‚ˆã†ãĢ、あるもぎはį›—äēēぎようãĢ、あるもぎは子䞛ぎようãĢã€ãžãŸã‚ã‚‹ã‚‚ãŽã¯č™šã—ãé¨’ãŽã€ã‚ã‚‹ã‚‚ãŽã¯ã‚„ãļれかãļれで、あるもぎはæēœã‚æ¯ã‚’つきãĒがら、前も垌ろもわからずãĢ、いつå°ŊきるともįŸĨれずãĢæˆĻãŖãĻいる。įˇčĻ§ãĢはãģお遠いãĢしãĻã‚‚ã€ãã‚Œã‚‰ã‚’ã˛ã¨ã¨ãŠã‚ŠčĻ‹ãĻきたいぞ、かれらぎåŖ°ãĒきåŖ°ãŒã™ãšãĻいとおしく思える。

 そぎようãĒæĨĩ小ぎæŠĩ抗は、おうしãĻもįĩĩįŠēäē‹ãŽã‚ˆã†ãĢéŸŋくかもしれãĒい。そこで「きょうぎįĩĩįŠēäē‹ã§æ˜Žæ—Ĩを変えろ」とうたãŖたRYMESTERぎ「ゆめぎしぞ」を最垌ãĢåŧ•į”¨ã—ãĻ、おあとがよろしくãĒるようįĨˆã‚ŠãŸã„。ご清čĻ§ã‚りがとうございぞした。

 

 キミはå¤ĸæƒŗåŽļ ã‚ĒãƒŦはåĻ„æƒŗåŽļ

ã€€č¨€ãŖãĻãŋã‚Šã‚ƒãƒĄãƒ‡ã‚ŋイ同æĨ­č€…

 枯れ木ãĢčŠąå’˛ã‹ã™į‹ŧå°‘åš´

 札äģ˜ããŽå¤§æŗ•čžē吚き

 おきãĒãƒĒã‚ĸãƒĒ゚ト

ã€€å¤ąã›ã‚ãƒ‹ãƒ’ãƒĒ゚ト

 ãƒĒãƒĒã‚ˇã‚šãƒˆãŽãŠé€šã‚Šã 

 こぎ世į•Œã¯ã‚ŗトバをæŦ˛ã—ãĻる

 čĒ°ã‹ãŽč¨€ã†é€šã‚Šã  Listen...

 

 

www.youtube.com

 

 

 

å‚č€ƒæ–‡įŒŽ

ã€€å‚č€ƒæ–‡įŒŽã¯æœŦ文中ãĢåŧ•į”¨ãƒģč¨€åŠã—ãŸã‚‚ãŽãĢį•™ã‚ãŸã€‚ãžãŸč¨€åŠã—ãŸã‚‚ãŽã§ã‚‚æœŦį¨ŋぎテãƒŧマãĢé–ĸäŋ‚ãĒいもぎはįœã„た。ä¸ĻãŗはæœŦ文į™ģå ´é †ã ãŒåŒã˜č‘—č€…ãŽã‚‚ãŽã¯ä¸€įŽ‡æ‰€ãĢぞとめた。čŗŧå…ĨぎäžŋãŽãŸã‚čžžæ›¸éĄžãŽãƒĒãƒŗクは最新į‰ˆãĢã—ãŸã€‚ãŸã ã—å˜čĄŒæœŦãƒģ文åēĢį­‰č¤‡æ•°ãŽį‰ˆã§å‡ēãĻいるもぎはåŋ…ずしも最新į‰ˆã§ã¯ãĒく、į­†č€…がäŊŋį”¨ã—ãŸã‚‚ãŽã‚’æŽ˛čŧ‰ã—た。