やすだ 😺びょうたろうのブログ(仮)

安田鋲太郎(ツイッターアカウント@visco110)のブログです。ブログ名考案中。

Web3はデジタル社会主義の到来か?


 新春おめでとうございます。安田鋲太郎です(・ω・)ノ✨

 

 僕は春になるとテンションが上がって、まるで新入生のように様々な新しいことにチャレンジしたくなります。そんなわけで『WIRED』の最新号で最先端(?)の世の中の動向をキャッチしようかな、と買ってみたわけです。特集は「Web3 所有と信頼のゆくえ」。そうしたら、次のような言葉が飛び込んできたわけですね。

 

 プラットフォームに搾取されてきたWeb2.0時代のクリエイターはNFTを武器にWeb3へと〝大脱出〟しようとしている。作品の〝所有〟はクリエイターに戻りファンやパトロンは単なる支援者から作品をともに〝所有〟し、収益を得られる世界へと進出する。
 (『WIRED Vol.44 特集:Web3 所有と信頼のゆくえ』、以下太字は安田による)

 

 現在のわたしたちを取り巻く「Web2.0」は、中央集権型の時代だ。要するに、グーグルやフェイスブック(現在の社名はメタ)、アマゾンなどの圧倒的な力をもつ一握りの企業が所有する閉じたプラットフォーム上で通信と商業の大部分が展開され、中央集権型の政府規制当局による管理は名ばかりという状況だ。Web3は、そんな独占的支配から世界を解放するとされている。
 (同書)

 

 Web3上につくられたプラットフォームやアプリを所有するのは、集権化したゲートキーパーではなくユーザーたちだ。そうしたサーヴィスの開発と維持に協力することで、ユーザーたちがオーナーシップを獲得することになるのだ。
 (同書)

 

 なるほど、するってえと今のWeb2.0の世の中はGAFAに支配されてるけれど、新しいWeb3の世の中じゃ、クリエイターの作品も、アプリも、プラットフォームも、クリエイターやユーザーの手に戻ってくる、それで法外な(?)ショバ代に苦しまなくてもよくなるし、無慈悲な市場競争に晒されるのではなく、「わかってくれる」ユーザーたちと一緒に価値を作ってゆける、そういうコミュニティや経済圏がどんどん広がって来るってえわけだ。畢竟、我々の働き方や暮らしも変わらざるを得ない。大変な話ですよこれは。
 「只しそうなるか、Web2.0のような中央集権体制が維持されるかは、これはまったく我々の双肩にかかっているんだよ」みたいなことも言われているが、ともあれこいつは素晴らしい。もしそういう話なら大いにやっていただきたい。

 

 そして、そういうことを可能にする中核となる技術は暗合化通信やブロックチェーンなのだそうだ。ブロックチェーンとは何かというと、

 

 ブロックチェーンは情報を記録するデータベース技術の一種で、ブロックと呼ばれる単位でデータを管理し、それを鎖(チェーン)のように連結してデータを保管する技術

 ブロックチェーンとは?意味・定義 | ITトレンド用語 | NTTコミュニケーションズ

 

 であり、したがって

 

 参加者の中に不正を働く者や正常に動作しない者がいたとしても正しい取引ができ、改ざんが非常に困難で、停止しない、多数の参加者に同一のデータを分散保持させる

 【保存版】超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識|ビジネスブログ|ソフトバンク

 

 とのことだ。NFTとはブロックチェーン技術による代替不可能なデータ単位のことで、たとえば「NFTアート」といった場合にはクリエイターの作品を指したりする。

 

f:id:visco110:20220406205339j:plain

Blockchain Asset Ecosystem Idoneus Teams With Crypto Consultancy Firm C6 Advisors - IntelligentHQ

 

 おお、なんとなくWeb3のことが理解できてしまった(気がする)。
 他にも、一つの組織に雇用される必要はなくなり、複数のDAO(分散型自律組織。これもブロックチェーン技術を利用し、決まった管理者はおらず共同経営みたいな形をとるらしい)にモチベーションに応じて貢献するというような働き方が訪れたり、ゲームで暗合通貨を稼いで法定通貨に換金できたり、学びながら暗合通貨を得る(Learn to Earn)モデルが我々の幸福(well-being)を促進するといった話もあるが、とにかくどうだろう、専門的には色々言いたいことがあるかも知れないけれど、大まかにはWeb3とはそういう話だってことでいいんじゃないだろうか。

 

 *

 

 それにしても、テクノロジーそのものには意図がないかも知れないが、こうしたテクノロジーが人類にとって何を意味/示唆するのかという話になると、Web3をとりまく言説はどうしてもマルクスの疎外論を彷彿とさせる。これは決して牽強付会ではなく、今から示すように誰が見てもそうだし、おそらくWeb3の宣教者たちの根底となっているマインドに、疎外論やカリフォルニアンイデオロギーと通底するものがあるのだろう。
 たとえば『経済学・哲学手稿』の次のくだり。

 

 それは、労働が生産するところの対象、労働の産物は労働にたいして一つの異物として、生産者からは独立な一つの力として対峙してくるということにほかならない。労働の産物はある対象のうちに定着し、物的となった労働であり、労働の対象化である。労働の現実化はそれの対象化である。労働のこの現実化は国民経済的状態においては労働者の現実性の喪失、対象化は対象の喪失および対象への隷属、そして獲得は疎外として、手放すこととしてあらわれる。
 (マルクス『経済学・哲学手稿』)

 

 では「異物」として対象化され、手放された生産物は誰の手に渡るのか。そう、資本家の手に渡るのである。

 

 こうして、疎外され手放された労働を通して労働者は、労働とは無縁な、労働の外にいる人間のこの労働にたいするあり方を産み出す。労働者の労働にたいするあり方は、資本家――そのほかのどんな名で労働をさせる主がよばれようと、――の労働にたいするあり方を産み出す。それゆえに私的所有は手放された労働、労働者の自然と彼自身とにたいする外的なあり方の産物、結果、必然的帰結である。
 (同書)

 

 誤解なきように言っておくと、ここに出てくる「私的所有」というのは俗流マルクス解釈で言われるような「私有財産」のことではまったくない。『経済学・哲学手稿』の文脈における「私的所有」とは、労働者の生産物が彼自身から引き離され、(不当にも?)資本家のもとに所有されることを指す。
 次の文も、そのことを踏まえたうえで読まれるべきだ。

 

 疎外された労働の結果として生じてきた私的所有の普遍的本質を、真に人間的かつ社会的な所有にたいしてそれがどんなあり方をしているかという点で、規定すること。
 (同書)

 

 多くを説明する必要はないだろう。先ほど見たように、Web3の根本的なイシューの一つに生産物の所有をめぐる問題があった。典型的にはアーティストがGAFA的なものに占有されたプラットフォームを媒介しなければ収益を得ることが出来ない(『WIRED』は「搾取」という言葉さえ躊躇なく使っている)こと等だが、根底にあるのは、マルクスのいうような「真に人間的かつ社会的な所有」を実現しうるかどうかなのである。
 その具体的姿は未だに曖昧模糊とした部分もあるが、少なくとも、生産者やユーザーがそうしたコミュニティ/経済圏の共同主催者となり、したがってコミュニティとの一体感を感じながら日々の仕事とともに運営をしてゆくといったものになりそうだ。
 その点について、もう少し掘り下げて考えてみることにする。

 

f:id:visco110:20220406205456j:plain

 

 *

 

 文化人類学者マーヴィン・ハリスといえば、宗教であれ伝統的風習であれ、人間の信念体系ならばなんでも物質生活に還元して説明するという、恐るべき辣腕を振るう著者として知られている。
 彼は自らのアプローチを文化物質主義(Cultural Materialism)と呼んでいる。これは文化人類学的にいえば機能主義にかなり近しいが、僕はむしろマルクスの下部構造論を「実際にやってみた」学者、その可能性を追窮した人として畏敬している。
 そんな彼に『アメリカは、なぜ』(1981)という現代アメリカ社会について分析した本がある。この本の女性の社会進出や同性愛に対する否定的なニュアンスは問題なしとはしないが、さておき今回の記事の文脈に即して興味深い指摘がある。
 ハリスは問う。なぜアメリカは欠陥商品だらけなのか。

 

 かつて、扇風機はいつまでも使えるものだった。いまでは、プラスチック製の羽根はヒビが入りやすく、取り替えねばならない。電気掃除機のプラスチック製ハンドルはぐらぐらし、壊れる。コードがスイッチからはずれる。モーターは焼ける。クツヒモを買って一ヵ月後に、強く引っぱると、切れてくる。または、プラスチックの小さな口金が取れ、よれよれの端では穴を通らない。
 バンドエードがほしいため、救急箱を探す。「端を破り、ヒモを引いてください」と書いてある。ところが、ヒモは端にすべり、取れてしまう。同じ原理の書籍用小包袋がある。「つまみを引いてください」。つまみを引くとなかから汚い詰めものがいっぱい床の上に落ちてくる。
 (マービン・ハリス『アメリカはなぜ ひび割れ社会の文化人類学』)

 

 ハリスの一連の描写は、その集大成として欠陥自動車の問題に行き着く。
 ともあれ、そんな状態なので消費者はなにかと「手作り」というラベルを尊重し、職人の作ったものに高い金を払う。この点は現代の日本でも同様で、CMを見ると「職人が丹精を込めて一つ一つ手作りしました」とか「お客様の喜びが私たちの喜びです」的な訴えが、たんにこの商品は豪華であるとか高品質であるといったことよりも遙かに重視されている。
 その理由はもちろん、壊れにくく長持ちすることが期待されているからだが、では一体なぜ「手づくり」のものは長持ちが期待できるのだろうか?
 これについてハリスは興味深いことを言っている。彼によれば、我々が「手づくり」というラベルを尊重するのは、つくり手の技術が高いからではなく、むしろつくり手と使い手の間の社会的関係を連想させるからだというのだ。

 

 前史時代を通じ、つくられたものの最高度の信頼性と耐久性を保証したのは、つくり手と使い手が同一人物ないし肉親だという事実である。男は自分自身の槍と弓と矢と矢ジリをつくった。女は自分自身の籠と網袋を編み、獣皮や木の皮、繊維から自分の衣料をつくった。
 (中略)
 後年、テクノロジーが発達し、物質文化が複雑になると、部族や部落の異なったメンバーが陶器づくりとか、籠編み、カヌーつくりなどの職人専門職を採用した。多くの品物が物々交換や取引によって入手されたものの、つくり手と使い手の結びつきは相変わらず親密で、恒久的で、心が通っていた。
 (同書)

 

 そうなると、何故それがダメになったのかの理由も自ずとわかろうというものだ。
 現代の大量生産・大量消費社会においては、作ったものを使うのは赤の他人であるし、作る側も経営者と労働者に分かれ、労働者はさらに生産そのものに従事する人間、店員、セールスマン等々に細分化されている。そしてもちろん製作過程そのものにも細かい分業体制が敷かれている。
 こうして、品質に責任感を持たせていた個人的で親密な結びつきに、金銭関係が取って変わったのである。

 

 私の基本的主張はこうである。第二次大戦後、アメリカの製造会社がかつてなく大きく、複雑になり、それとともに疎外感を持つ無頓着な労働者と経営者が増えた結果、品質の問題は危機的状況に達した。これは、大企業だけが品質の問題をかかえているということではない。小企業も欠陥品をつくらないわけではないが、自由企業制度では、そんな企業は長続きしないだろう。大企業は疎外感を持つ労働者、管理職、欠陥品の山をつくり出すだけでなく、そのまま経営を続けやすい。
 (同書)

 

f:id:visco110:20220406205518j:plain

Good riddance to social media mass production

 

 このハリスによる議論がマルクスの疎外論を演繹したものであることは明らかであろう。
 ハリスは「製品に責任感を持たせた親密で個人的な結びつき」は「金銭関係に取って代えられた」と述べているが、実はマルクスも先の著書のなかで同様の発言をしている。引用しておこう。

 

 それゆえにまたわれわれは、労賃と私的所有が同一物であることをも見抜く。けだし労働の産物、労働の対象が労働そのものに賄うところの報酬としての労賃は労働の疎外の一つの必然的帰結にすぎないのだからであり、だからこそ労賃のかたちで労働は自己目的としてではなく、かえって賃金の下僕としてあらわれるのである。
 (マルクス『経済学・哲学手稿』)

 

 またハリスは別のところで、「マルクスの疎外論は工場労働者を念頭に置いているが、現代においてはホワイトカラー、ピンクカラー(当時のアメリカでは、主にキャリアではなく生計のために働く低賃金かつ単純技能職の女性勤労者を指す)も同じように疎外感を持ちうる」という意味の指摘をしている。

 

 さていっぽう、こうした議論がWEB3側にもあるかというと、実はあるのである。
 『WIRED』に収録されたギャヴィン・ウッド(イーサリアムの共同創設者)へのインタビューで彼が語ったWeb2.0の問題点は、マーヴィン・ハリスの議論と驚くほど似通っている。

 

 Web2.0のモデルは、インターネットが存在しなかった時代の社会モデルとほとんど変わらないと思います。500年前の人々は、基本的に地元の小さな村や町に閉じこもり、知り合いと取引をしていました。要するに、社会のメカニズムに依存することで、自分たちの期待が実現するはずだという確信を担保していたのです。期待とは例えば、このリンゴは腐っていないとか、この蹄鉄は3週間使っても壊れないといったことです。町の行き来は時間もお金もかかって大変なので、その仕組みはそれなりにうまく機能していました。人々が定住したいとか町から追放されたくないと考えていたことで、高い信頼性が築かれていたのです。
 でも、社会が大規模になると、都市や国、国際機関などが登場し、そうしたある種の〝ブランド〟の評判に基づく奇妙な社会システムに移っていきました。
 (中略)
 ぼくたちはこれを超えていかなければならない。でも残念なことに、この中央集権的なモデルにおいてWeb2.0が俄然と存在し続けているんです。
 (『WIRED Vol.44 特集:Web3 所有と信頼のゆくえ』)

 

 つまり作り手(クリエイター)と使い手(ユーザー)の紐帯を取り戻すこと、そのようなコミュニティ/通貨/経済圏の生成。
 これもまた、「生産者による生産物の所有」というイシューと同じように、GAFA的なもの=資本家によって現在は阻まれているのでNFTやDAOを武器に改革しなければならない、というのが彼らの世界観でありミッションなのだ。冒頭で、Web3の宣教者たちのマインドに疎外論やカリフォルニアンイデオロギーと通ずるものがあるのではないか、と述べたのはそのためである。
 ……まあ「Web3の宣教師」というとちょっと斜に構えたように聞こえるかも知れないのでそれは訂正しておく。ここまで見てきたかぎりでは、僕はWeb3の推進者たちには比較的好意的である。ただし、それは当記事で述べたような労働者解放的なマインドを失わないかぎりにおいてであることは言うまでもない。

 

 *

 

 実をいうと、インターネットと社会主義に共通性を見出すという発想はそれほど目新しいものでも奇抜なものでもない。むしろIT文明論のなかでは繰り返し表れるモチーフであると言える。その傍証を二つほど挙げておく。

 

 『WIRED』の創刊編集長であるケヴィン・ケリーはかつて、「デジタルカルチャーにはコミューン的な性質が広く深く浸透している」「階層構造からネットワークに、中央集権化した決定機関からシェアのデフォルトである分散化したウェブへ、という流れは過去30年にわたる文化の中心テーマだった」と述べている。
 ケリーは2016年の段階ですでに「デジタル版社会主義のようなものができあがりつつある」と予見していた。彼によれば、

 

 祖父の世代の、政治的な意味での社会主義を指しているのではない。実際のところ、この新しい社会主義と過去のものが違う点は挙げればきりがない。これは階級間闘争を意味するものではない。反アメリカ主義的なものではまったくなく、デジタル社会主義はアメリカの最新のイノベーションとなり得るものだ。昔ながらの政治的社会主義は国家の手段だったが、デジタル社会主義に国家は出てこない。新しいこの社会主義は政府のものではまるでなく、文化と経済の領域で機能している――いまのところは。
 (ケヴィン・ケリー『〈インターネット〉の次に来るもの』)

 

 とのことである。

 ケリーは「いわゆる社会主義」に対しては相当に警戒的であり、自らを社会主義者と思われぬよう慎重に予防線を張っている。どこまでが読者への配慮でありどこからが彼自身の信念なのかはわからないところがあるが、ともあれ「いわゆる社会主義」ではないものの、社会主義とも相通ずるシェア、協力、コラボレーション、集産主義といったものは「デジタル版社会主義」への確かなトレンドを指している、との見立てである。

 

 全米でベストセラーとなった(と帯に書いてある)ジョージ・ギルダー『グーグルが消える日』(2018)においても、「シリコンバレーの新マルクス主義者」にまつわる議論がある。
 ただし、ギルダーの場合はweb2.0を牽引したグーグルやその他「シリコンバレーの巨人たち」のことを「新マルクス主義者」と呼んでおり、「マルクスも新マルクス主義者も今の時代を最終的な姿だと思っているがそれは間違いで、その先があるんだぞ」(大意)と述べている。
 そしてギルダーによる「その先」というのはまさにブロックチェーン技術や暗号通貨のことであり、それによって「グーグルのネットワークモデルに対抗し、インターネットを再び分散型のネットワークに戻そう」とする、つまり彼もまた今回ブログで紹介したような話をしているのである。

 

f:id:visco110:20220406205608j:plain

Capitalism vs. Socialism | PolicyEd

 

 まあなにやら、ハリスにせよケリーにせよギルダーにせよ、社会主義やマルクス主義というと必ず「この点は間違っている」とか「私の言いたいことと完全に同じではないが」というように留保付きで言及するという、いかにもなアメリカ人仕草があるが、ともあれネットと社会主義の切っても切れない関係については、その気になればまだまだ傍証が示せるであろう。
 なおネットとグノーシス主義の関係については別に一文をしたためたことがあり(下記1)。そのグノーシス主義とマルクス主義とくに疎外論がきわめて近しいものであることについても書いたことがある(下記2)ので関心のある方は参照されたい。

 

visco110.hatenablog.com

 

visco110.hatenablog.com

 

 *

 

 最後に。
 忘れてはならないのは、Web3はけっきょく中央集権的なものの繰り返しになるのではないか、あるいはGAFA的なものが巧妙に姿を隠しながら支配を続けるのはないか、という危惧もちらほら耳にすることだ。
 僕自身は正直なところ、そこまでGAFAによって疎外されている自覚がない(ないんかい)ので、そのてんWeb3の推進者たちとの間では温度差があるのだが、もしGAFA的なものが現状で旨い汁を吸っているのなら、ぽかんと口を開けながらヘゲモニーが失なわれるのをただ見ている、なんてことは確かに考え難い。
 また、なにやら儲かりそうだからといって、昨日今日Web3を知ったような連中が専門家づらをしてコンサルティングしてまわったり、といった憂うべき状況もすでに起こりつつあるようだ(今回の『WIRED』のなかにそういう指摘をしている人もいる)。したがって未来はまったく楽観視は出来ない。それこそ我々一人一人の双肩にかかっている、らしいよ。

 

 ……といったところで今回のブログはここまでとします。
 あまりこういう話ばかりしているとアナログなものを求めたくなりますね。PCの壁紙を田舎の線路にして、youtubeで森林の音でも聴きます。ではまた(・ω・)ノシ

 

 

 

 なお当記事は『マルクス・エンゲルス8巻選集 第1巻』所収の「経済学・哲学手稿」から引用していますが、それは筆者の趣味なので、読むならばこちらのほうが標準的です。